TOP >shikimorinosukeマイページ

shikimorinosuke

さんのマイページ
shikimorinosuke
つぶやいた映画
289 本
総ツイート
312 件
マイページ閲覧数
6,786 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
3 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
289 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アベンジャーズ/エンドゲーム
    キャプテン・マーベル
    運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    グリーンブック
    ボヘミアン・ラプソディ
    華氏119
  • ザ・ビッグハウス
    孤狼の血
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
    タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜
    港町
    ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
  • ザ・シークレットマン
    空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎
    スリー・ビルボード
    スター・ウォーズ/最後のジェダイ
    ジャスティス・リーグ
    密偵
    サーミの血
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アベンジャーズ/エンドゲーム
      『アベンジャーズ/エンドゲーム』情報多いわー。もう一回あれ見直さなきゃ、と思わせられた時点でMCUに完敗のオレ。
      いいね

      良い
    • マグニフィセント・セブン
      『マグニフィセント・セブン』安心して楽しめる勧善懲悪。やっぱ七人の侍ってのは本当に偉大だ。今回のキャラの立て方は現代アメリカ的。オリジナルのオリジナル七人の侍のキャラ立ちは本当に素晴らしいと再々認識。
      いいね

      良い
    • グリーンブック
      『グリーンブック』外的世界を変えることは出来なかったが、確実に少なくとも1人の内的世界を変えることができた旅だった。そのことが徐々に波及して、差別や偏見を克服できる世の中になればいいと思った。
      いいね

      良い
    • キャプテン・マーベル
      『キャプテン・マーベル』小難しい内面描写やら、シリアスすぎるところは一切なし。起承転結の「転」がかなり早い段階であり、長めの「結」はエンドゲームへ向けての橋渡し的役割に徹している感じ。初めのシーンのスターウォーズ感はちと退屈だが佳作
      いいね

      良い
    • 運び屋
      『運び屋』ストーリーラインはすごくシンプル。イーストウッド監督作品の映像の質感が好み。佳作。
      いいね

      良い
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』仁義なき風に、日本版韓国ノワールのような、見応えたっぷりのヤクザ映画。
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:スパイダーバース
      『スパイダーマン:スパイダーバース』新感覚映像体験。アニメだからできる次元を超えたキャラの出会い。
      いいね

      良い
    • ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years
      『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』もともと魅力があり、才能があるのは勿論だけど、後に自我を持って、音楽にのめり込んだラバーソウル、リボルバー以降くらいが好き。
      いいね

      良い
    • スリー・ビルボード
      『スリー・ビルボード』ずっと息苦しく、心が痛くなりがらも、惹き込まれながら観た。こんなクソッタレな世の中でも、クソッタレじゃないところもあると思わせてくれる、そんな映画。
      いいね

      良い
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』ラストは号泣。こんな気持ちにさせる映画はない。そして楽曲こそが最高の遠心力。クイーンは様々なバリアを超えていく力を持ったバンドだ。最高!
      いいね

      良い
    • 華氏119
      『華氏119』民主主義はこうも儚く脆いものなのか。学生を中心とした草の根運動はとても感動的。多数決が民主主義なんてとんでもない。単なる一つの側面。アクションを起こすダイナミズムは、この国では冷笑されがちなので、果たしてどうなるのか。
      いいね

      良い
    • 華氏119
      『華氏119』オバマに対する期待と失望は落差が大きいだけに罪深いかも。嘘みたいな本当のホラーだな。憲法があるから、制度があるから私達は大丈夫と思わないことが肝要。創始者がどのような想いをこめて憲法を綴ったかに想いを寄せる。
      いいね

      良い
    • ザ・ビッグハウス
      『ザ・ビッグハウス』カンプノウでも9万弱。そんなにアメフト面白いのかはさておき。アメリカってドメスティックなのに、スケールがでかすぎるから、そういう社会や文化に育ったら中々、外の世界に頓着しなそうだな。世界はもっと広いんだが。
      いいね

      良い
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』バカばっかり出てくる。ある意味でトーニャが少し可哀想に見えてくるところもある。あんな鬼畜の様な母親。狂ってるDV夫。そしてその友人の頭の悪さっぷり。
      いいね

      良い
    • タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜
      『タクシー運転手 約束は海を越えて』後半ちとダレた所はあるが、光州事件がどんなものか一市民の視点から多く学べた。コメディ、カーチェイス、サスペンス、ホラーなんでも詰まった映画で飽きない。
      いいね

      良い
    • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
      『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』交通整理力、遂に臨界点に達したか。さあ、この後どうなる。
      いいね

      良い
    • サーミの血
      『サーミの血』鑑賞済み
      いいね

      良い
    • 港町
      『港町』『選挙2』に次いで二回目の想田作品鑑賞。牧歌的であるが、もうすぐなくなってしまうかもしれない牛窓の漁業経済の循環を見れた。終盤におけるあの話、moment of truthが劇的すぎる。あれが何だったのかはよくわからないが。
      いいね

      良い
    • ザ・シークレットマン
      『ザ・シークレットマン』原題マークフェルト。あくまで局内の権益と独立を守ろうとしただけだが、回り回って民主主義の利益になるというところにアメリカのストラクチャーの緻密さ、強さを感じる。日本の政治の脆弱さを逆に感じる。
      いいね

      良い
    • ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』スピルバーグの魅せる力素晴らしい。メリル・ストリープ、トムハンクスの演技力の高さは況やをや。トランプ政権への警鐘として撮ったものの、図らずも現在噴出している日本の公文書管理の杜撰さに符合
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....