TOP >shinichi1982マイページ

shinichi1982

さんのマイページ
shinichi1982
つぶやいた映画
106 本
総ツイート
106 件
マイページ閲覧数
2,237 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

shinichi1982さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
106 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ライク・サムワン・イン・ラブ
    夢売るふたり
    依頼人
    オロ
    モバイルハウスのつくりかた
    ミッドナイト・イン・パリ
    私が、生きる肌
  • 世界最古の洞窟壁画 35mm 忘れられた夢の記憶
    王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
    わが母の記
    捜査官X
    アーティスト
    少年と自転車
    ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
  • ドライヴ
    カエル少年失踪殺人事件
    マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
    SHAME−シェイム−
    戦火の馬
    ヒューゴの不思議な発明
    おとなのけんか
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ミッドナイト・イン・パリ
      『ミッドナイト・イン・パリ』自身の教養の薄さにびっくりしたのでパンフを買って芸術家たちが何をしたのかくらいまでは知っておこうと思ったけどパンフ買ったら後ろ指を指されそうで何も得られず帰路につく後ろめたさ。金曜夜のレイトショーが似合う映画。
      いいね

      良い
    • 一瞬の夢
      『一瞬の夢』本作発表当時、たしか監督は「中国のゴダール」「ヌーヴェルバーグ」と讃えられていた記憶が。街中で遠目から写す映すカメラワーク、ぶつ切りのBGM、眠気に襲われてしまうのも。劇場観賞二度目にして初めてその意味を理解できた気がします。
      いいね

      良い
    • 長江哀歌
      『長江哀歌』特集上映もあり10月は勝手に中国映画月間。きれいに演出された作品とは180°異質。罵声、クラクション、騒がしい中国をリアル描写。本作に限らず疾走する国の現在を切り取る姿勢に監督をより好きに。正にこのときにしか録れなかった作品。
      いいね

      良い
    • ライク・サムワン・イン・ラブ
      『ライク・サムワン・イン・ラブ』見慣れた景色を美しいと思わせるのは外国人監督だから?それとも外国人というだけで違った角度で日本を見られるという先入観のせい?音楽、役者、結末、どれも上質だけど、なんでわざわざ日本で撮ったのか考えさせられる。
      いいね

      良い
    • 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
      『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』中国史はよく知りませんが則天武后即位が映画同様の史実だとしても、その滅茶苦茶ぶりも含め奥深さとスケールに感服。ポスターは「米タイム誌2011年ベストムービー第3位」と。タランティーノが好きそう。
      いいね
    • 捜査官X
      『捜査官X』中国・山村の舞台がいい。シュウ氏が推理する前半戦に加え終盤までに繰り広げられる怒涛の武術シーン含め、食わず嫌いのカンフーを本場中国で観劇したこたとが功を奏して腹一杯になるほど堪能。ドニー氏とその妻役の女優さんを別作品で観たい。
      いいね

      良い
    • 再会の食卓
      『再会の食卓』上海に残される夫の身より数十年を経て夫婦となる二人のことを考えると結末はこれで良かったのかも。監督の気遣いも垣間見えたような。難しいことを抜きにすると中華が食べたくなる、皆でわいわいと。中でも元夫が作るスープが1番食べたい。
      いいね
    • わが母の記
      『わが母の記』立派な自宅に使用人、別荘所有は当然で、誕生日会は家族で祝い、兄妹同士バーで乾杯、ついでにビリヤードも嗜むとは庶民の羨望この上なし。そのハイソぶりに違和感なしの豪華役者陣によるテンポ良い掛け合いは必見。でもユリイカの方が好き。
      いいね
    • RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
      『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』女性の自立を当然としない世代感覚は乏しく「このままでいいのか」と悶々とする余さんに共感。定年は数十年先でもその演出にぐっと込み上げるものが…定年前後に夫婦揃って観たい作品。その時は号泣覚悟。
      いいね
    • 過去のない男
      『過去のない男』大筋に影響なさそうな数十秒尺で挿入される数場面から滲み出る温かさにほんわか。お金とルールも必要と現実を直視させた分、質素な食事、寒さを凌ぐ寝床、恋人や仲間への愛情、そして音楽、それがあれば幸せと余計に思わせる。愛され映画。
      いいね

      良い
    • 夢売るふたり
      『夢売るふたり』妻が家庭内権力を掌握していく過程に沿って魅せる浮気前と後の豹変した松たか子の吹っ切れた演技と狂気じみた表情は脅威。助演女優陣含め女性監督しか撮れないな。独身男でも台詞には強く共感。人妻と鑑賞し共に観る人選は一考の余地あり。
      いいね

      良い
    • マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
      『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』何人の命を犠牲にしたの?と美化されがちな話は穿った見方に。最近は「政治家」という言葉に拒否反応があり庶民として共感もなし。内閣の議論場面はどこかの役員会議の想像を掻き立てる。メリルと演出はオッケー!
      いいね
    • おとなのけんか
      『おとなのけんか』機知に富んだ会話の理解は乏しく周りの笑いのツボにもハマらず。そんな中ゲ◯ネタには小笑。きわめつけ万国共通の鉄板と実感。しかしそこが一番の笑いとなった己の無知と低俗ぶりに落胆。加えてショルダー男の否定に自信喪失。作品は◯。
      いいね

      良い
    • 少年と自転車
      『少年と自転車』実父に受け入れられるための金銭強奪。道を逸れるのを必死で阻止する里親。子供心を察せず突き放す父親。加害者の立場になると隠蔽し保身に走る被害者。当の本人はそれを口外せず言い訳もなし。法は逃れど、大人の罪の方が重いのは明らか。
      いいね

      良い
    • イゴールの約束
      『イゴールの約束』喫煙、窃盗、密入国、不法労働…冒頭は顔が引きつるほどの「悪」のオンパレード。徐々にこれが現実であることを台詞や場面転換の”間”に気付かされる。ドキュメンタリーのような作品世界に存在した少年を想うと鑑賞後もじわじわ沁みる。
      いいね

      良い
    • その男、凶暴につき
      『その男、凶暴につき』十年前韓国映画に衝撃を受けバイオレンス韓国映画も好きになり、ここ数年邦画は完敗したと…しかし、日本には北野武がいるじゃないかっ!って本作品で確信。痛過ぎる暴力、気取らない風景、重々しい台詞の間。今後の新作は見逃さん。
      いいね

      良い
    • あの夏、いちばん静かな海。
      『あの夏、いちばん静かな海。』製作年や「海」というだけで月9系映画と勘違いしていた浅はかさを反省。少しずつ表出させる人物像は主役の繊細さにつながる気がしてその表現と手腕の美しさに「この人、作家だ」と頷きました。久石譲の音楽にもそそられる。
      いいね

      良い
    • 3-4X10月
      『3-4X10月』『Dolls』以外未鑑賞の北野作品。緊迫感の緩急が伝わり、ど突きシーンはスカッと。監督と同郷ということでロケ地の団地や土手の野球場などが郷愁を誘う。でも普遍的な風景なのかも。久々に実家周辺を自転車でふらふらしたくなった。
      いいね

      良い
    • ニュー・シネマ・パラダイス
      『ニュー・シネマ・パラダイス』高校時代「ア○マ○ド○泣けて良かったぁ」と浸る女子に「泣けるからっていい映画ではない」と横槍を入れ顰蹙を買って以来「泣ける映画」はトラウマ。それを克服させていただいた最高の一本!劇場なら何度観ても「泣ける」。
      いいね

      良い
    • アーティスト
      『アーティスト』内容の目新しさはなくとも犬も含めた役者の愛しさと演出手腕に魅せられる。それにしてもタップダンス好きだよな。賞レースから抜け出す必要条件?無声映画への回顧と郷愁、幸せな結末、タップダンス…賞を獲るべくして撮った愛でたい作品。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      yukigame
      3011movies / tweets

      follow us