TOP >tahtaunwaマイページ

tahtaunwa

さんのマイページ
tahtaunwa
つぶやいた映画
1,023 本
総ツイート
1,326 件
マイページ閲覧数
2,033 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

tahtaunwaさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1023 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • インヘリタンス
    コンティニュー
    カムバック・トゥ・ハリウッド!!
    モクソリ
    ミッション:ポッシブル
    海辺の彼女たち
    ザ・スイッチ
  • 白雪姫の赤い靴と7人のこびと
    ウィッチサマー
    シン・エヴァンゲリオン劇場版
    サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス
    世界で一番しあわせな食堂
    食われる家族
    ブラック・クローラー
  • プラットフォーム
    キル・チーム
    どん底作家の人生に幸あれ!
    羊飼いと風船
    43年後のアイ・ラヴ・ユー
    声優夫婦の甘くない生活
    クローゼット
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • インヘリタンス
      「インヘリタンス」鑑賞。銀行家の父が遺した地下室に30年間幽閉されていた男を発見する検事の娘(起)。娘は自己保身や名家の体面のために男を開放できない。自分にも反発していた父と同じ血が流れていると知る。(承)のサスペンスは専ら娘の心の中で進んでいく。
      いいね
    • コンティニュー
      「コンティニュー」鑑賞。目覚めたら瞬間、殺し屋達が襲ってくる。次々に返り討ちにしていくが最後は蜂の巣に。死んだと思ったら、また朝に戻って殺し屋との戦い。これほどテンポの速いタイムループ物は初めて。ゲームをしている感覚。この1日を脱出するために伏線を回収するというゲーム。
      いいね
    • カムバック・トゥ・ハリウッド!!
      「カムバック・トゥ・ハリウッド!!」鑑賞。マックス(ロバート・デ・ニーロ)がプロデュースしたB級映画「尼さんは殺し屋」が「神への冒涜」だと聖職者達のデモが行われているシーンから始まる。「俺の作品で1番長い行列」と嘯くマックス。この時点からもうセンスを感じる。
      いいね
    • モクソリ
      「モクソリ」鑑賞。韓国ホラーとしては薄味だが、大学受験に追い込まれている高校生の雰囲気は伝わってくる。
      いいね
    • ミッション:ポッシブル
      「ミッション:ポッシブル」鑑賞。韓国への銃密輸事件を追って単身韓国に潜入した中国人女スパイ。なぜか貧しい探偵を同士と勘違いして…。彼女を1人で潜入させた中国側の理由が解せないが、スリルとアクションと笑いの塩梅が良くて楽しめる。
      いいね
    • 海辺の彼女たち
      「海辺の彼女たち」鑑賞。過酷な職場から逃亡したベトナム人実習生達。もっと酷い所に連れていかれるんじゃ…とハラハラし、港町の穏やかな時にホッとし、体の変調を心配する。画面の中に手を差し伸べられないもどかしさと彼女達の話す日本語の殆どが「すいません」「ごめんなさい」であることの辛さ。
      いいね
    • ザ・スイッチ
      「ザ・スイッチ」鑑賞。古代アステカの魔剣に刺されてJKと殺人鬼の体が入れ替わる。今日中に体を取り返さないと生涯このまま。殺人鬼シーンでは殺人鬼のJKしぐさで笑わせ、JKシーンではパワハラ教師やいじめっ子が酷い目に遭って溜飲が下がる。
      いいね
    • シン・エヴァンゲリオン劇場版
      3月鑑賞映画ベスト5 ①生きろ 島田叡~戦中最後の沖縄県知事 ②フィールズ・グッド・マン ③白雪姫の赤い靴と7人のこびと ④シン・エヴァンゲリオン劇場版 ⑤クレイジーズ 42日後
      いいね
    • ウィッチサマー
      「ウィッチサマー」鑑賞。両親の離婚後、父とひと夏を過ごすため海辺の町に来た17歳のディロン。思春期の青春物語の趣で話は進む。だが、何故か母親を恐れていた隣家の男の子が姿を消し、父親は息子のことを記憶していない。ここから加速度的に恐怖が高まってゆく。隙のない質の高いスリラーだ。
      いいね
    • 白雪姫の赤い靴と7人のこびと
      「白雪姫の赤い靴と7人のこびと」鑑賞。おとぎの島の7人の勇者。助けた姫の顔が魔女みたいだったので攻撃。だが彼女は妖精の姫で、7人を呪いで緑色の小人に変えてしまう。呪いを解くには世界一の美女のキスが必要。そんな彼らの前に現れたのが赤… https://t.co/kCjIspy8Cd
      いいね
    • サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス
      「サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス」鑑賞。1974年製作のカルト映画。大宇宙会議大使サン・ラーはジャズのエネルギーで黒人達を地球外へ瞬間移動させる計画を立てる。その技術を狙ってNASAの魔の手が…。難解な構成だが当時の黒人問題を風刺していることは明白。
      いいね
    • 世界で一番しあわせな食堂
      「世界で一番しあわせな食堂」に「差別」は殆ど出て来ない。「あんなもの、ゲイじゃない白人は食わない」と言うオヤジが出てくるくらい。そのオヤジも、すぐに中華大好きになってしまうのだが。
      いいね
    • 世界で一番しあわせな食堂
      「世界で一番しあわせな食堂」鑑賞。フィンランドの田舎の食堂に中国人父子がやってくる。女主人独りが経営するソーセージかジャガ芋料理しかない店。元シェフの中国人の登場で中華料理という文化と哲学が村にもたらされる。彼の方もサウナや社交ダンスという文化を学んでいく。双方向なところが良い。
      いいね
    • ブラック・クローラー
      「ブラック・クローラー」鑑賞。「海底47m」のプロデューサー&「赤い珊瑚礁~オープン・ウォーター」の監督による鮫映画じゃなくて鰐映画。鰐は普通の鰐だが、それで十分だった。鰐の出し入れが巧い。
      いいね
    • プラットフォーム
      「プラットフォーム」鑑賞。長大な塔がある。各層に2名ずつの人がいる。中央に全層を貫く穴があり、食べ物を載せたプラットフォームが下りてくる。下層の者は上層の食べ残しを食べ、最下層の者は同居人を殺して死肉を貪る。皆が必要最低限で満足すれば誰も飢えない。だが、そうはならない。
      いいね
    • 食われる家族
      「食われる家族」鑑賞。25年ぶりに帰ってきた行方不明の妹。兄は違和感を覚えるが、家族は娘を含めて洗脳され、孤立していく。妹の正体が分かってくるに従って、ぞわぞわ怖くなっていく。絶望的な孤立無援。原作者の別の作品は去年の本屋大賞翻訳小説部門で第1位なのか。読みたくなってきたな。
      いいね
    • どん底作家の人生に幸あれ!
      「どん底作家の人生に幸あれ!」鑑賞。文豪ディケンズの半自伝的小説をコミカルに映画化。1番の特徴は、人種を完全に無視した配役。本来、白人の役だった役をアジア系・アフリカ系俳優を起用。苛酷な労働を強いられる役を彼らが演じることで現代の格差社会まで浮き彫りになる仕組み。
      いいね
    • キル・チーム
      「キル・チーム」鑑賞。アフガニスタンで起きた事件をドキュメンタリー作家が劇映画化。愛国心に燃えて出征した青年だが尊敬する軍曹は罪のない民間人を殺し続ける男だった。告発を考えた瞬間から青年は「裏切者」となる。戦場に味方はいない。
      いいね
    • 羊飼いと風船
      「羊飼いと風船」鑑賞。初めてのチベット映画。中国政府が配給した避妊具を風船にして遊ぶ子供達。のどかな下ネタの数々。こういうのは万国共通なんだな。でも、のどかなだけではない。
      いいね
    • 43年後のアイ・ラヴ・ユー
      ブルース・ダーンは、僕的には悪役のイメージが強い。「43年後のアイ・ラヴ・ユー」でも、ところどころ悪い顔が垣間見える。悪口ではない。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      Pooh_kuru_san
      2331movies / tweets

      follow us