TOP >tahtaunwaマイページ

tahtaunwa

さんのマイページ
tahtaunwa
つぶやいた映画
901 本
総ツイート
1,175 件
マイページ閲覧数
1,350 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

tahtaunwaさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
901 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ブッシュウィック 武装都市
    スターリンの葬送狂騒曲
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神
    インクレディブル・ファミリー
    プライマル・レイジ
    ベスト・バディ
  • 朝鮮名探偵 鬼の秘密
    王様の事件手帖
    沈黙、愛
    沖縄スパイ戦史
    ウインド・リバー
    ローライフ
    天使たちのビッチ・ナイト
  • トーナメント
    ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談
    ストレンジャーズ 地獄からの訪問者
    フライト・リミット
    ザ・ミッドナイトマン
    ブラッド・マネー
    ダーケスト・ウォーター
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • スターリンの葬送狂騒曲
      権力という舞台は、古今東西、いつだってブラックコメディだ。「スターリンの葬送狂騒曲」を基にして、日大版だって、ボクシング連盟版だって、自民党版だって作ることができるだろう。
      いいね
    • スターリンの葬送狂騒曲
      「スターリンの葬送狂騒曲」鑑賞。スターリンが倒れ、周囲が優秀な医者を探すのだが、そんな医者は牢獄か墓の中で残ってるのはヤブばかり。日本の医学界の未来を見ているようでもある。
      いいね
    • ブッシュウィック 武装都市
      「ブッシュウィック〜武装都市」は全10カットの長回しを多用。戦争映画を長回しで撮るなんて、スタッフ&キャストの一体感&達成感をひしひしと感じる。
      いいね
    • ブッシュウィック 武装都市
      「ブッシュウィック〜武装都市」鑑賞。地下鉄を降りたら街は戦場になっていて、敵が何者か分からない。やがて戦争の意味が判明するのだが、これがあり得そうで、その可能性が増しているから恐ろしい。そして、あの結末…。この未来を変えられるのは貴方、と突き付けられているようだ。
      いいね
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      「ミッション:インポッシブル~フォールアウト」鑑賞。CIAやMI6が絡んで込み入っている。どうせならKGBもモサドも絡めてグッチャグチャにしてほしい。そんな細かいことについていけなくても関係ないトム・クルーズのどアクション。なかなか許してくれない。
      いいね
    • ベスト・バディ
      「ベスト・バディ」鑑賞。リタイヤした老人が暮らす米国のリゾートが舞台のコメディ。出演者は熟年ばかりだが、モーガン・フリーマン、トミー・リー・ジョーンズ、レネ・ルッソと豪華。日本の老人ホームみたいな暗さは微塵もない。いい歳してガキみたいに異性を口説き合ってる。
      いいね
    • 王様の事件手帖
      「王様の事件手帖」も「朝鮮探偵」も、探偵コンビのやり取りがコメディ以上に笑える。そして、終盤はスリリングに盛り上げて、琴線も弾いてくる。韓国エンタメはドロドログサリとは一線を画す楽しさ。
      いいね
    • 王様の事件手帖
      「王様の事件手帖」鑑賞。朝鮮の王様が探偵役。王様なのに自ら検死解剖して、敵のアジトに潜入する。ワトソン役は抜群の記憶力の故に隠密に抜擢されたビビりの役人。以外にも火縄銃の達人だったりする。一見、超常的な怪事件を科学的に解決していく。日本の時代劇にとってもヒントになる点が多い。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      「インクレディブルファミリー」鑑賞。専らヒーローとして悪と闘っているのはママ。その間、パパは過酷な子守で疲労困憊。終盤に子供達の活躍もあって、実に目配りの行き届いた作品。スーパーヒロイン好き、お尻好きの自分にはたまらない映画だった。
      いいね
    • ウインド・リバー
      7月鑑賞映画ベスト5 ①バトル・オブ・セクシーズ ②ウインド・リバー ③菊とギロチン ④フライト・リミット ⑤天使たちのビッチナイト
      いいね
    • キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神
      「キング・オブ・トロール~勇者と山の巨神」鑑賞。ノルウェーの伝説を映画化。18歳までに結婚しないと王女が魔物にさらわれてしまう。政略結婚を拒否して家出してトロールに捕まる王女。救おうとする貧乏な兄弟。教訓は「ガラクタでもとっておくといつか役に立つ」。王女の最後の決断が現代的。
      いいね
    • プライマル・レイジ
      「プライマル・レイジ」鑑賞。こんなに凶暴なビッグフット、初めて見た。武器は器用に使いこなすし(鉄砲伝来以前の戦国武士と同等)、ヒロインの衣服や髪の毛、排泄物に欲情するし…。つまり人間並みってこと。人間の悪行を見過ぎておかしくなったらしい。ハラハラした。
      いいね
    • 朝鮮名探偵 鬼の秘密
      「朝鮮名探偵3~鬼(トッケビ)の秘密」鑑賞。探偵と言っても相手は魔物。冒頭から複数の謎が錯綜している。一方、探偵と助手の狂言回し、女吸血鬼とのラブコメで笑わせてくれて、最後はシリアスに盛り上げて涙を誘ってくる。面白すぎるじゃないか!1と2も観たいぞ。
      いいね
    • ウインド・リバー
      「ウインド・リバー」の主役はワイオミングの凍てつく荒野。そこは先住民が全てを奪われ強制的に移住させられた土地。生き残るか、諦めるかしかない土地。それでも住民は、そこで生きていく。真夏に凍みる映画だった。「事実に基づいた」じゃなくて「現実に根ざした」とするべきだったと思う。
      いいね
    • ウインド・リバー
      「ウインド・リバー」鑑賞。ワイオミングの先住民居住区の雪原で発見された強姦された少女の死体。都会から来たFBI女性捜査官は、慣れない環境に戸惑うばかり。頼りになるのは雪に残る跡を追う自然保護官の目。
      いいね
    • 沈黙、愛
      「沈黙、愛」鑑賞。大企業会長の若い婚約者が死亡し、会長の娘が逮捕される。権力・財力を駆使して娘を救おうとする会長。父娘の愛憎劇?と思ったら、権力に靡く者と抗う者が闘う法廷劇へ。これが面白い。ここから更にもうひと捻りある。最後の捻りは賛否あるだろう。
      いいね
    • ストレンジャーズ 地獄からの訪問者
      「ストレンジャーズ~地獄からの訪問者」鑑賞。キャンプに来た家族が謎の殺人鬼達に襲われる映画。実話ベースのホラーの中では最上級に怖い。殺人鬼の正体も動機も人数も分らない怖さ。創作部分も執拗で安堵する暇がない。もっと予算があって有名な俳優が使えたら……
      いいね
    • ローライフ
      「ローライフ」鑑賞。「ローライフ」は「ろくでなし」という意味だとか。確かに登場人物達は、愚かなろくでなしぞろいだ。でも、この映画はゴミ溜めの中にキラリと光る宝石、否、ガラス球を探す映画。
      いいね
    • トーナメント
      「トーナメント」鑑賞。「見知らぬ男を轢き殺した夫婦、死体を自宅に運ぶと、無表情な男が訪ねてきた。男は家族に殺し合いトーナメントをするよう促す」そんな映画じゃなかった。逆に王道サスペンスでよかったけど。「トーナメント」というより「バトルロイヤル」だった。
      いいね
    • ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談
      「ゴースト・ストーリーズ〜英国幽霊奇談」は、英国でロングランされた舞台劇が原作。映画化されても、その名残は残っている。早替えとかセットチェンジとか。確かに舞台映えしそうな脚本だ。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....