TOP >takajan72マイページ

takajan72

さんのマイページ
takajan72
つぶやいた映画
820 本
総ツイート
820 件
マイページ閲覧数
14,392 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
820 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
    ラーゲリより愛を込めて
    月の満ち欠け
    人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版
    母性
    ある男
    すずめの戸締まり
  • 犯罪都市 THE ROUNDUP
    天間荘の三姉妹
    アフター・ヤン
    RRR
    耳をすませば(2020)
    川っぺりムコリッタ
    百花
  • さかなのこ
    異動辞令は音楽隊!
    ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
    神々の山嶺
    アルピニスト
    映画 バクテン!!
    PLAN75
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 月の満ち欠け
      『月の満ち欠け』夫婦で鑑賞。仏教を信仰する私にとってはまるでノンフィクションです。輪廻転生は自然の摂理ですが、熱愛と執念は表裏一体、それが前世の記憶が残っている理由だとすれば、悲しくも壮大です。愛は仏教に反するものの素敵な作品でした
      いいね

      良い
    • 母性
      『母性』夫婦で鑑賞。母性に留まらず人間の煩悩の話です。煩悩が強く働いた時、人は知らずに幸せを犠牲にしています。作中に幸せな人は登場せず、娑婆の四苦八苦を見事に描いています。それでも人は子を産み、そして死んで行く、何なんでしょうかね?
      いいね

      良い
    • バーフバリ 王の凱旋
      『バーフバリ 王の凱旋(吹替)』夫婦で鑑賞。前作と続けざまに観るとさすがに長いですが、それでも釘付けです。「徳のある統治」という言葉が頭から離れません。インド映画の演出に免疫がない精かそれとも好みなのか、感情が高ぶり続ける傑作です。
      いいね

      良い
    • バーフバリ 伝説誕生
      『バーフバリ 伝説誕生(吹替)』夫婦で鑑賞。滝の上を知らない滝の下の民、それだけでそそられます。そしてそこから広がる王家のストーリー、スケールが大きく色々な要素も入り混じりメリハリもあって飽きません。インドのポテンシャルを感じました
      いいね

      良い
    • アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
      『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター(3D吹替)』夫婦で鑑賞。地球人の愚かな歴史を焼き写していて心が痛む反面、絆の描写と映像美が圧巻でした。前作ほどの衝撃はないものの、失敗の多い大作の続編を見事に描き切ったJキャメロン監督は流石です
      いいね

      良い
    • 人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版
      『人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版』日本が誇るクライマーの半生。8割は共感、2割は私の思考が及ばない領域、「生還できるという完璧な確信があったら、最初から登らない」ここがクライミング全般の醍醐味ですね。人生もそうかも?
      いいね

      良い
    • パターソン
      『パターソン』同じような毎日の繰り返しをどう感じるかは人それぞれ、変化を望まない者と好む者が混在している社会が、歴史を作って来たとも言えます。ただ今持っているものに満足する姿勢は、穏やかな心の根源です。詩人パターソン、好感が持てます
      いいね

      良い
    • ある男
      『ある男』夫婦で鑑賞。謎解きは一つの要素に過ぎず、核心はもっと深い所にあります。誰もが少なからず持っている覆す事のできない負い目、それがピークに達すると人は何かをします。他人がどう思おうと、自分がそう思ったらそうなんです。傑作です!
      いいね

      良い
    • 犯罪都市 THE ROUNDUP
      『犯罪都市 THE ROUNDUP』かなりバイオレンス、見所はマ・ドンソクのキャラとアクションに尽きます。ストーリーはシンプルで、悪と悪の戦いにメッチャ強い刑事が立ち向かいます。上映中だけ道徳心を忘れ、すべこべ言わず楽しんだ者勝ち!
      いいね

      良い
    • ラーゲリより愛を込めて
      『ラーゲリより愛を込めて』美化されているのを差し引いても現代人に対するメッセージとしては十分です。権力は理不尽に走らない人が握らない限り、これからも歴史は繰り返しますね。そして生きるには食料と希望と使命が必要だと実感する作品でした。
      いいね

      良い
    • RRR
      『RRR』やっと観れた!スタートからTDRのアトラクションに入っていく感じ、想定外だらけでアッと言う間の3時間、映画のあるべき姿です。どの国にも悲しい歴史はあるものの、不謹慎で縛らない、いや、全くふざけていないのに凄いのが凄いです。
      いいね

      良い
    • すずめの戸締まり
      『すずめの戸締まり』夫婦で鑑賞。スケールの大きさと鈴芽の一生懸命さに飲み込まれ、細かいことを気にせず楽しめました。旅先で良い人に恵まれたのも、要石たる神の力かな?神は気まぐれながらも、人間の情に影響されやすいのかも?かしこみかしこみ
      いいね

      良い
    • 天間荘の三姉妹
      『天間荘の三姉妹』夫婦で鑑賞。うみの杜水族館や仙台東照宮がロケ地、キャストや予告編にも惹かれ、仙台人としては観たい作品です。蓋を開けてみると、ややいずさがあるのは否めませんが、のんのキャラや舞台設定が良く、泣けるシーンもありました。
      いいね

      良い
    • 耳をすませば(2020)
      『耳をすませば(2020)』夫婦で鑑賞。ジブリ世代としては観たい作品!開けてみればストレートで捻りがなく、まるで初々しい駆け出し作家のような作品でした。現代をベースに中学時代も振り返るので早足でもありましたが、ラストに救われました。
      いいね

      良い
    • アフター・ヤン
      『アフター・ヤン』人型ロボットが家族として暮らしている未来、彼(ヤン)が突然停止(=死)します。そしてヤンのメモリに残っていた映像がドラマを生みます。全理解はできてませんが、ハッと思わせる哲学的なやり取り、奥深さや雰囲気は素敵でした
      いいね

      良い
    • 川っぺりムコリッタ
      『川っぺりムコリッタ』夫婦で鑑賞。かもめ食堂のような爽やかな雰囲気を期待したのですが、前科や貧困、死生観が入り込んでおり、また違った趣がありました。私は監督と生年月が一緒、年齢を重ねるに連れて扱いたいテーマが変化するのは当然ですね。
      いいね

      普通
    • 百花
      『百花』夫婦で鑑賞。始めはありきたりな認知症ものと思っていたのですが、途中からお互い何を強く記憶に残しているか?そんな心の在り方が焦点となります。酷い事をされた記憶や罪悪感は引きずるもの、だったらそんな事はやめよう!でも人間だから。
      いいね

      良い
    • さかなのこ
      『さかなのこ』夫婦で鑑賞。愛すべきさかなクンの自叙伝、肝だったキャストはのんで大成功、どうでも良いくだらなさの中に温かさがあり、懐かしさがこみ上げて来ます。そして大人が普通を無理強いしていたら、さかなクンは存在しません。ここ大事です
      いいね

      良い
    • 異動辞令は音楽隊!
      『異動辞令は音楽隊!』夫婦で鑑賞。阿部寛ありきですが、安心して観られるエンターテイメントです。昔ながらの刑事が時代錯誤のため現代で浮いている、それでも人情なのか応援してしまう不思議さ、こんな人材も一定数いないとダメなのかもしれません
      いいね

      良い
    • ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
      『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』初ジュラシックの妻は大絶賛、完結編として観た私はそこそこかな?結局、騒動ありきで世の中〝共生〟は何も変わらないです。ストーリーに奥深さはないものの、懐かしさや迫力ある映像は十分に楽しめました
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      4410_Kupa
      2521movies / tweets

      follow us