TOP >takajan72マイページ

takajan72

さんのマイページ
takajan72
つぶやいた映画
719 本
総ツイート
719 件
マイページ閲覧数
11,182 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

takajan72さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
719 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • のぼる小寺さん
    弥生、三月 -君を愛した30年-
    ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    Fukushima 50
    野性の呼び声
    巡礼の約束
    前田建設ファンタジー営業部
  • AI崩壊
    イーディ、83歳 はじめての山登り
    ラストレター
    パラサイト 半地下の家族
    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
    ぼくらの7日間戦争(2019)
    アナと雪の女王2
  • オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁
    スーパーティーチャー 熱血格闘
    残された者-北の極地-
    ターミネーター:ニュー・フェイト
    楽園(2019)
    ホテル・ムンバイ
    アド・アストラ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • のぼる小寺さん
      『のぼる小寺さん』部活でクライミングができるなんて理想すぎる高校生活!ストイックに登る姿は美しい、そしてその熱が伝染しちゃう相手とは、お互いにかけがえのない間柄になれる気がします。好きな事を持ち、今それに没頭して生きるって幸せですね
      いいね

      良い
    • あなた、その川を渡らないで
      『あなた、その川を渡らないで』老夫婦の日常、病、死、悲しみが表現されています。死生観を考える一例になりましたが、極端な愛は渇愛であり、加えて過去を引きずり過ぎると悲しみも大きい、まさに仏教でいう執着と生老病死の四苦を表した作品でした
      いいね

      残念
    • 北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ
      『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』旧ユーゴスラビアのロックバンドが北朝鮮で公演する話です。全体主義の北朝鮮、ちり紙の色でさえも個人で判断するのは危険等、わかりやすい例えも多く、国体の是非を問うのではなく、冷静に観察してます。
      いいね

      普通
    • 未来を写した子どもたち
      『未来を写した子どもたち』「売春婦の女性たちとその子供たちに捧げる」で締めくくられる作品です。写真家が氷山の一角の子供たちに、教育機会を与えようと奔走する姿は、とても輝いていました。16年経った今、どれだけ改善されているのだろうか?
      いいね

      普通
    • ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
      『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』凄い作品!多様性は簡素化を齎す、すぐに手を出さないで観察することの大事さ、自然は完璧、目から鱗が落ちる内容ばかりです。循環には生存すべき個数に限界がある、コロナもそんな自然の産物?
      いいね

      良い
    • 人生フルーツ
      『人生フルーツ』今まで観るのを二度スルーしたのは、いま観るためでした。再上映してくれたフォーラム仙台さんに感謝です。生きること死ぬこと、その見事なお手本の一つを見せて戴いた想いです。いいことだけを考えて、悪いことは言わない生き方を!
      いいね

      良い
    • スーパーティーチャー 熱血格闘
      『スーパーティーチャー 熱血格闘』イップ・マン完結を待ち切れず、ドニー・イェンのアクション目当てに鑑賞。荒廃した高校を立て直す新任教師、昭和臭さもありながら、次から次へと飽きることのないストーリー展開、シンプルにサクッと楽しめます。
      いいね

      良い
    • ラモツォの亡命ノート
      『ラモツォの亡命ノート』やっとアジアンドキュメンタリーズで鑑賞。チベット問題は置いておいて、ラモツォの強さと健気さに心が震えました。境遇にグチを言わず、前向きに生きる姿など見習うこばかりです。これからもラモツォ一家を見守りたいです。
      いいね

      良い
    • 弥生、三月 -君を愛した30年-
      『弥生、三月 -君を愛した30年-』泣いた!宮城を舞台とする2つ先輩達の物語、人生の紆余曲折が齎す準備されたような自然なゴール、つくづく人生はタイミング、でもそれは必然と捉え、真っ直ぐ生きたいですね。実家でウォークマン探してみます!
      いいね

      良い
    • 巡礼の約束
      『巡礼の約束』五体投地でラサ巡礼する旅路、功徳とは言え、沿道の人々が巡礼者を大切にする文化、妻、夫、子、それぞれが抱える葛藤の描写も絶妙、“約束”と言うキーワードやチベット仏教からくる真摯な振る舞い、何を取っても見所のある作品です。
      いいね

      良い
    • イーディ、83歳 はじめての山登り
      『イーディ、83歳 はじめての山登り』皆が彼女の真似をしたら遭難者続出ですが、義務や後悔から抜け出し、新しい世界を目指す姿は清々しかったです。何事にも遅すぎる事はありませんが、もっと早目に気づいて山へ足を踏み入れるともっと吉かも!?
      いいね

      良い
    • Fukushima 50
      『Fukushima 50』もう原発事件が終結した歴史上の出来事を扱っているかのようでした。映画としては良くできているだけに、対外的なアピールなど何かの意図を感じます。現場で対応した人達を考えても、娯楽映画としては観れない作品です。
      いいね

      普通
    • 野性の呼び声
      『野性の呼び声』最初こそCG犬に違和感ありも、さすが名作、すぐに本題のテーマに浸かりました。本来、犬は野生でこそ潜在能力を発揮し覚醒するもの、銀牙、アバターとダブります。そしてその諸々を自分に置き換えて考えるキッカケにもなりました。
      いいね

      良い
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』衝撃作!生活水準で価値観が異なるのは当たり前、誰も悪くないです。でも人間の不完全さが生み出した苦肉の策が、尋常でない世界と狂気を創り出します。これは思考停止する前の、最後の人間らしい感情活動かもしれません
      いいね

      良い
    • 前田建設ファンタジー営業部
      『前田建設ファンタジー営業部』まさか泣けるとは!マジンガーZの格納庫を造るべく、体を張った熱量がビンビン伝わって来ます。何かに取り憑かれるって素敵です。小技も見事だし、眼をそらす隙が全くありません。これは絶対見なくちゃ損する作品です
      いいね

      良い
    • AI崩壊
      『AI崩壊』このテーマは繰り返し作品になってますが、いわゆるロボット三原則ものです。不完全たる人間が、AIを完璧に使いこなせると思うこと自体に驕りがあり、原発と被ります。この作品は、その未来の可能性の一つをリアルに描いた秀作でした。
      いいね

      良い
    • ラストレター
      『ラストレター』七ヶ宿の滑津大滝から始まるストーリー、ロケ地もキャストも最高です。皆が皆、恵まれた境遇ではないものの、手紙が醸し出す甘酸っぱさ、高校時代の懐かしさ、そして今置かれている不幸とも幸せとも言えない身の上、沁み入る作品です
      いいね

      良い
    • 残された者-北の極地-
      『残された者-北の極地-』北極圏に取り残されたらどう振舞うか?たった一人で救援を待ち続けた末に、救助に来たヘリも墜落して瀕死の女性が一人増えます。一人から二人へ!ここが重要です。救うべき相手がいると、限界を超えた力が出るもんですね。
      いいね

      良い
    • ぼくらの7日間戦争(2019)
      『ぼくらの7日間戦争(2019)』やがて来る高校生活の行動指針のために小6息子と鑑賞。私が宮沢りえの実写版を観たのは高校時代、それを現代に再現した本作はSNS社会であるものの、若者の葛藤は時代を選ばずです。久しぶりに涙腺が緩みました
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
      『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(吹替)』小6息子と鑑賞。物心ついた頃に始まったシリーズもついに完結、もう人生の一部です。フォースは血よりも濃いですね。ただジェダイが残ると新たなダークサイドが?スター・ピースはつかの間?
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....