TOP >takajan72マイページ

takajan72

さんのマイページ
takajan72
つぶやいた映画
775 本
総ツイート
775 件
マイページ閲覧数
12,662 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
775 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 燃えよ剣
    ONODA 一万夜を越えて
    護られなかった者たちへ
    007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
    マスカレード・ナイト
    浜の朝日の嘘つきどもと
    ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。
  • ドライブ・マイ・カー
    映画 太陽の子
    キネマの神様
    返校 言葉が消えた日
    いとみち
    夏への扉 ーキミのいる未来へー
    ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~
  • 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
    猿楽町で会いましょう
    明日の食卓
    いのちの停車場
    名探偵コナン 緋色の弾丸
    椿の庭
    街の上で
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 燃えよ剣
      『燃えよ剣』当時の京都は地獄絵図でありながら、そこに命を賭けた青春模様もあり、次の時代への不安と期待が交錯していたと思います。桜田門外の変から函館戦争までの壮大なドラマをこの時間に収めるのは無理な話ですが、その雰囲気は味わえました。
      いいね

      良い
    • ONODA 一万夜を越えて
      『ONODA 一万夜を越えて』私が幼児の頃に太平洋戦争から帰還、小野田さんは気になる存在です。映画や本では真実の深い所を知る事ができません。彼や彼の人生を勝手にイメージして、自分に取り入れるのみです。でも生前にお話ししたい方でした。
      いいね

      良い
    • 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
      『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンド、それが最大の見所です。驚くべき展開はないものの、古き良き映画を観ている心地よさがありました。人は存在するだけでなく生きるべき、無駄に過ごしてはならない!
      いいね

      良い
    • 護られなかった者たちへ
      『護られなかった者たちへ』ミステリーとしては捻りが少ないですが、杓子定規な社会と人間に対する憤りを感じる作品です。モネがあんな事をするとは!俳優も舞台も『おかえりモネ』と被っているので、仙台人としては別の角度からの楽しみもありました
      いいね

      良い
    • ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。
      『ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。』程度の差はあれ、国や組織や個人でさえも巧妙に嘘をつく人の世、北朝鮮に渡った姉の向こうの家族さえ偽装と疑ってしまいます。そして遠くの家族や墓への拘りは、近くにある幸せの芽を摘んでいると感じました。
      いいね

      良い
    • マスカレード・ナイト
      『マスカレード・ナイト』気楽に観られる作品です。立場と優先するものが異なる刑事とホテルマン、お互い職業に忠実な思考を持ち行動するも、人間の本質的なものは同じ領域にあると感じました。人はいつまで道徳から離れた異空間が必要なのだろうか?
      いいね

      良い
    • ドライブ・マイ・カー
      『ドライブ・マイ・カー』村上春樹のエッセンスをしんみりと感じました。きっとマイ・カーとは自分の心?何かを引きずっている家福の心、貫禄さえ感じるみさきの寡黙さ、お互い一人では解けなかった過去を、二人は会話と空気を通して紐解いていきます
      いいね

      良い
    • 浜の朝日の嘘つきどもと
      『浜の朝日の嘘つきどもと』これぞミニシアター系と言える大傑作、南相馬に実在した老舗の映画館を立て直す話です。震災やコロナや人間関係、全て正とも負とも捉えられます。高校時代から負の経験が続いた女性が、周囲を巻き込み引っ張る姿は圧巻です
      いいね

      良い
    • 返校 言葉が消えた日
      『返校 言葉が消えた日』台湾の二・二八から李登輝総統誕生までの長い戒厳令下、我ら犬の立場としても他人事ではありません。そんな時代をゲームで描ける現代は平和です。ゲーム原作とは言え、虐げられた人々の悪夢がリアルに伝ってくる怖い作品です
      いいね

      良い
    • 映画 太陽の子
      『映画 太陽の子』1945夏、絶対的な国家の法令下において、自分なりの正しさを模索する姿は、今の時代もまるで変わりません。そんな中、短絡的に法令や世論に染まらず、戦後を考えて行動を決める、そんな洞察力のある人間になりたいと思いました
      いいね

      良い
    • キネマの神様
      『キネマの神様』心が優しくなる作品です。怒って当然な事なんて世の中にはないのかも?人を言葉尻や一つの行動だけで全否定する社会、もっとその人の知られざる背景を尊重したいものです。カットとカットの間にいるシネマの神様、会ってみたいですね
      いいね

      良い
    • いとみち
      『いとみち』悩み多き女子高生を描くも、優しい岩木山おろしのためか、爽やかな仲間に囲まれて、穏やかに事が運びます。解読不能な津軽弁も多いのですが、きっとストーリーに関わらないBGM的なものです。津軽人の持つ頑固さと辛抱強さを感じました
      いいね

      良い
    • 夏への扉 ーキミのいる未来へー
      『夏への扉 ーキミのいる未来へー』時空を超える系はイイですね。古きハリウッド映画のオマージュっぽい描写、冷凍睡眠やタイムマシン、人間味あるヒューマノイド、近未来、重厚感がなく軽いノリで楽しめます。ラスト、最高のサプライズがあります。
      いいね

      良い
    • ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~
      『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』五輪は冬季の方が好きです。終盤まで負の感情が優勢ですが、テストジャンパーがメダルをかけたジャンプをする状況から涙です。特攻隊とダブる考えやシーンもありますが、あの長野の秘話、観る価値があります。
      いいね

      良い
    • 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
      『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』逆襲のシャアから12年、正統な続編は緊張感が違います。政権は少し続くと堕落するもの、反政府軍の誕生は人の世の常です。落ち着きと大胆さを合わせ持つハサウェイ、ニュータイプなのか!?3部作楽しみです
      いいね

      良い
    • 猿楽町で会いましょう
      『猿楽町で会いましょう』人間の心の闇がオンパレードの嫌いなタイプの作品です。ユカの偽りの言動は、承認欲求なのだけど、描かれてない過去を知らない限り消化不良です。爽やかな作品は偽りで、人間界は苦である真実を表している作品とも言えます。
      いいね

      普通
    • 明日の食卓
      『明日の食卓』母の愛は海よりも深いことが痛いほど伝わって来ました。でもそれが子に伝わらない時は大人に変えるべき現状がある気がします。石橋ユウを子に持つ3人の母親が普通に行き着く崖っぷち、落ちるか否かは紙一重です。かなりの衝撃作でした
      いいね

      良い
    • いのちの停車場
      『いのちの停車場』答えのない在宅医療の世界、特に宗教を持たない日本人は、死を間近にならないと考えないため、死生観をにわか仕込みで作ろうとして苦しむ気がします。それでも、豪華キャストによる心温まるストーリーは、涙なしには観られません。
      いいね

      良い
    • 椿の庭
      『椿の庭』生き続ければ思い出は積み重なり、その思い出の人達は先立って行きます。記憶は場所や物に染み込むもの、だからこの家を売ると思い出に浸れなくなると憂う絹子、そんな彼女の心とその変化を、見事な椿の庭と共に静かに無常に描いた傑作です
      いいね

      良い
    • 名探偵コナン 緋色の弾丸
      『名探偵コナン 緋色の弾丸』前作より劣るものの安定の品質です。赤井の放つ弾丸など、推理よりも演出で盛り上がってます。そして華々しいWSGやリニアを、どこか東京五輪とダブらせて観てました。華々しく持ち上げられたものほど脆いものですね。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      Pooh_kuru_san
      2474movies / tweets

      follow us