TOP >takajan72マイページ

takajan72

さんのマイページ
takajan72
つぶやいた映画
790 本
総ツイート
790 件
マイページ閲覧数
13,264 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
790 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ツユクサ
    とんび
    余命10年
    THE RESCUE 奇跡を起こした者たち
    ちょっと思い出しただけ
    夢みる小学校
    大怪獣のあとしまつ
  • ゴーストバスターズ/アフターライフ
    クライ・マッチョ
    スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
    劇場版 呪術廻戦 0
    マトリックス レザレクションズ
    クナシリ
    燃えよ剣
  • ONODA 一万夜を越えて
    草の響き
    護られなかった者たちへ
    007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
    マスカレード・ナイト
    浜の朝日の嘘つきどもと
    ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ツユクサ
      『ツユクサ』夫婦で鑑賞。ありきたりで唯一無二な人生を描いています。拘りは人それぞれ、だから他人の人生は他愛もないものに拘っているように見えます。でもそれは客観的に見た自分にも言えることですね。そんなスローライフムービー的な作品でした
      いいね

      良い
    • とんび
      『とんび』夫婦で鑑賞。人情溢れ心を揺さぶられる反面、家族に執着し過ぎる窮屈さも感じました。不器用者は愛されますが、もっと穏やかに生きられたら、人生豊かかも?でも劇中の「山あり谷ありの方が、人生の景色がきれいなんよ」も記憶に残ります。
      いいね

      良い
    • 夢みる小学校
      『夢みる小学校』穏やかな観客層で、劇場の雰囲気がとても心地良く、現状の矛盾に葛藤する意識の高い先生も多そうです。楽しい事を追求すると学力が上がる、将来のためにいま我慢をすると一生我慢し続ける人生になる、腑に落ちる言葉も多かったです。
      いいね

      良い
    • THE RESCUE 奇跡を起こした者たち
      『THE RESCUE 奇跡を起こした者たち』2018年に起きたタイの少年サッカーチーム洞窟遭難の救助ドキュメンタリーで、フリーソロの監督作品です。想像以上に大規模で、多くの大人がぶつかり力を合わせ心を震わせた17日間の救助劇です。
      いいね

      良い
    • 余命10年
      『余命10年』小松菜奈/坂口健太郎共演の儚くもどかしく優しい物語です。先はどうであれ今は花束みたいな恋をして欲しいのですが、そんな単純なものではなく、時折涙腺が緩んでしまいます。我々はいかに小さな事で悩んでいるかを思い知らされます。
      いいね

      良い
    • 食の安全を守る人々
      『食の安全を守る人々』山田正彦さん舞台挨拶上映、これも常識の危うさを指摘、それに立ち向かう作品です。全ての根源は無知と無関心、そして既得権益への執着、人間である限り避けられません。子供達の未来のために!きれい事ではなく最優先事項です
      いいね

      良い
    • ゴーストバスターズ/アフターライフ
      『ゴーストバスターズ/アフターライフ』一世を風靡した初代メンバーの孫達が活躍、正統な続編でノスタルジー満載、加えて内容もしっかりしています。代々ゴーストバスターズを続けても、ゴーストは封印するだけで殺せないので、続編は作り放題かも?
      いいね

      良い
    • ちょっと思い出しただけ
      『ちょっと思い出しただけ』昨年観た「花束みたいな恋をした」とダブりました。思い出だけに浸るようになったら終わりですが、過去の恋愛をふっと思い出す瞬間って何気に幸せかもしれません。庶民的な等身大のスケールが感情移入しやすい理由ですね。
      いいね

      良い
    • 大怪獣のあとしまつ
      『大怪獣のあとしまつ』もっとリアリティを求めていたのですが、ここまでコメディ要素が強いとは!でも大臣同士のやり取りや政府発表の裏側なんて、真実よりもご都合主義という意味でリアルです。どの立場にも立ちたくない大人の嘘の付き合いっ子です
      いいね

      普通
    • クナシリ
      『クナシリ』外交や領土問題なんて全てホームカントリーファーストですが、得てして末端の住民にとっては、その真逆のシワ寄せが来るものです。ソ連崩壊もありますが、美しい国後島が、見るに無惨な姿になっています。組織の愚かさを感じる作品です。
      いいね

      良い
    • クライ・マッチョ
      『クライ・マッチョ』クリント・イーストウッド健在、いつもながら大人らしからぬ立ち振る舞いが、逆に少年や周囲に受け入れられる気がします。大人の陰陽を感じつつの少年の葛藤、しかし最後はそれを踏まえて進路を決断します。見応えのある作品です
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
      『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』もはや孤高のスパイダーマンではありませんが、長年スパイダーマンを観続けてきたご褒美とも言える作品です。マルチバースが肝、憂いと希望を感じさせる最後は良き。これでいよいよスパイダーマン卒業かな?
      いいね

      良い
    • 劇場版 呪術廻戦 0
      『劇場版 呪術廻戦 0』纏まりがあってワクワク観れる作品です。乙骨憂太は声優だけでなくキャラも碇シンジそのもの、彼の成長も見所の一つ、本編にも欲しい呪術師です。お馴染みメンバーの活躍も魅力ですが、本編を知らなくても十分に楽しめます。
      いいね

      良い
    • マトリックス レザレクションズ
      『マトリックス レザレクションズ』大人のマトリックスな感じで、懐かしさあり意外性あり、どっぷり楽しめました。過去作が対立なら、本作は共存の第一歩かな。そして勝手に融合たる続編を期待しています。そもそも私がいる世界は現実なのだろうか?
      いいね

      良い
    • 草の響き
      『草の響き』自律神経失調症の夫とキタキツネが好きな妻、夫はランにより自分が生きている実感を得ていたのかも?自分の心を大切に守りながら生きても、他者がそれを認めてくれなければ独りぼっちです。それは病であっても関係なく社会はシビアです。
      いいね

      良い
    • 燃えよ剣
      『燃えよ剣』当時の京都は地獄絵図でありながら、そこに命を賭けた青春模様もあり、次の時代への不安と期待が交錯していたと思います。桜田門外の変から函館戦争までの壮大なドラマをこの時間に収めるのは無理な話ですが、その雰囲気は味わえました。
      いいね

      良い
    • ONODA 一万夜を越えて
      『ONODA 一万夜を越えて』私が幼児の頃に太平洋戦争から帰還、小野田さんは気になる存在です。映画や本では真実の深い所を知る事ができません。彼や彼の人生を勝手にイメージして、自分に取り入れるのみです。でも生前にお話ししたい方でした。
      いいね

      良い
    • 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
      『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンド、それが最大の見所です。驚くべき展開はないものの、古き良き映画を観ている心地よさがありました。人は存在するだけでなく生きるべき、無駄に過ごしてはならない!
      いいね

      良い
    • 護られなかった者たちへ
      『護られなかった者たちへ』ミステリーとしては捻りが少ないですが、杓子定規な社会と人間に対する憤りを感じる作品です。モネがあんな事をするとは!俳優も舞台も『おかえりモネ』と被っているので、仙台人としては別の角度からの楽しみもありました
      いいね

      良い
    • ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。
      『ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。』程度の差はあれ、国や組織や個人でさえも巧妙に嘘をつく人の世、北朝鮮に渡った姉の向こうの家族さえ偽装と疑ってしまいます。そして遠くの家族や墓への拘りは、近くにある幸せの芽を摘んでいると感じました。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      akafundosi
      2236movies / tweets

      follow us