TOP >takajan72マイページ

takajan72

さんのマイページ
takajan72
つぶやいた映画
682 本
総ツイート
682 件
マイページ閲覧数
9,839 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

takajan72さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
682 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ある町の高い煙突
    旅のおわり世界のはじまり
    パラレルワールド・ラブストーリー
    空母いぶき
    バンブルビー
    イップ・マン外伝 マスターZ
    運び屋
  • グリーンブック
    アリータ:バトル・エンジェル
    半世界
    ファースト・マン
    七つの会議
    愛唄 ー約束のナクヒトー
    ヴィクトリア女王 最期の秘密
  • そらのレストラン
    マスカレード・ホテル
    この道
    シュガー・ラッシュ:オンライン
    アリー/ スター誕生
    かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―
    ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ある町の高い煙突
      『ある町の高い煙突』百年前、立身出世を諦め、日立鉱山の煙害と闘った青年と彼を取り巻く人々の物語です。問題は深刻ながら、それに立ち向かう姿勢と生き方は、ヌルい世界で生きている自分に、意識改革を齎してくれます。タバコの煙害も撲滅したい!
      いいね

      良い
    • 旅のおわり世界のはじまり
      『旅のおわり世界のはじまり』自分の境遇とダブったため、深い感情移入と心の浄化ができました。仕事の成果に拘り過ぎて失う誠実さ、それは多くの人が感じ葛藤していると思います。仕事人間に徹して忘れるか、立ち止まって考えるか、人それぞれです。
      いいね

      良い
    • パラレルワールド・ラブストーリー
      『パラレルワールド・ラブストーリー』街中ですれ違った時、妙に気になる人はいるものです。そんな「君の名は。」のようなラストは好きです。パラレルワールドは時空の歪だけでなく、こんな事からも体験できるんですね。技術革新に怖さすら感じます。
      いいね

      良い
    • 空母いぶき
      『空母いぶき』守るために闘う事が大義か否か、私には永遠の課題ですが、秋津艦長の迷わぬ在り方にどこか納得してしまいました。東亜連邦の様子が全く見えないので、クリント・イーストウッドの硫黄島2部作のような相手視点の作品も観てみたいです。
      いいね

      良い
    • イップ・マン外伝 マスターZ
      『イップ・マン外伝 マスターZ』詠春拳ティンチのその後と闘いをシンプルに楽しめました。英国人の香港での横暴は少なからずあったんでしょうね。権力を持った人間がどう立ち振る舞うか、人間である以上、永遠に付いて回る試され事かもしれません。
      いいね

      良い
    • バンブルビー
      『バンブルビー(吹替)』味わい深いです。ずる賢いのはディセプティコンだけでなく地球人もですね。トランスフォーマーシリーズは潮時と思ったのですが、惹かれる所があり鑑賞です。他意はありませんが、私はオートボットとチベット人がダブるんです
      いいね

      良い
    • 運び屋
      『運び屋』非の打ち所のない大作です。全くクリント・イーストウッドは凄い!人生と言うものをしみじみと感じさせてくれます。時折涙腺も緩みました。何を優先して生きるか、それを節目節目で見直し惰性で突き進まない事が肝要かも?教訓もたっぷり!
      いいね

      良い
    • グリーンブック
      『グリーンブック』南北戦争の最中、黒人ピアニストのドンは南部をツアーします。現代でも燻る白人至上文化、決して過去の話でなく全ての差別に警笛を鳴らす作品です。この旅を通じて運転手のトニーは、差別文化は「まやかし」だと気づいたと思います
      いいね

      良い
    • アリータ:バトル・エンジェル
      『アリータ:バトル・エンジェル(TCX3D)』凄く面白かったです。ジェームズ・キャメロンが手掛ける西暦2563年ディストピア、ストーリーがシンプルで難しい事を考えずに没頭、アッという間にエンドロールでした。続編がない事は許しません。
      いいね

      良い
    • 半世界
      『半世界』39歳は最後に惑う年齢、そんな彼らが八方塞がりの中、開いている方角がある事に気づいていく、そんな物語と感じました。自分には半分も見えない世界の中でそれが全てと思い込み喜び悲しむ、タイトルにそんな意図を感じ心に沁み入りました
      いいね

      良い
    • ファースト・マン
      『ファースト・マン(TCX)』アームストロングの月面歩行までの半生、‘説明できない美しさ’と言うフレーズが印象的でした。ラストの月面シーンは圧巻ですが、日常のカメラワークまでがブレていて、終始三半規管を試されたのは残念で勿体ないです
      いいね

      普通
    • 七つの会議
      『七つの会議』傑作でした。企業の偽装/不正と一見テーマは重いのですが、それは空気のように身の周りに存在するものです。冒頭から流れるような展開が続き、能楽師・野村萬斎の演技が、決して観衆を飽きさせません。最後の彼の見解は作品の肝です。
      いいね

      良い
    • マスカレード・ホテル
      『マスカレード・ホテル』さすが東野圭吾です。人を信じるホテルマンと疑う刑事、そんな両端の仕事に就いている二人のやり取りは深いです。私と年齢と身長が同じ木村拓哉、佐藤浩市っぽい渋い俳優になって来たなと思います。ホテルって異空間ですね。
      いいね

      良い
    • ヴィクトリア女王 最期の秘密
      『ヴィクトリア女王 最期の秘密』容赦なく続く公務を抱え、私欲に満ちた輩がはびこる王室内、そりゃ女王だってストレスいっぱいで、常に凛としてなんていられませんよね。そんな中で現れたアブドゥルと女王の関係は、観ていて気持ちが良かったです。
      いいね

      良い
    • 愛唄 ー約束のナクヒトー
      『愛唄 ー約束のナクヒトー』最近の余命映画ブームに違和感は感じつつも、GReeeeNなので観て来ました。余命の生き方に何が正しいなんてないと思いつつも、なかなか良い展開でした。「今しか、ない」、やはりこれが万人の真理かもしれません。
      いいね

      良い
    • そらのレストラン
      『そらのレストラン』北海道せたな町の自然が美しいです。大泉洋に感情移入し切れなかったり、本上まなみが牧場に来た経緯も置き去りだったり、どこか綺麗に作り過ぎている印象があります。でも自然と共に生きる彼らのような生活もいいなと思いました
      いいね

      良い
    • この道
      『この道』誰もが一瞬で回想モードに切り替わる名曲!そんな北原白秋と山田耕筰の物語です。貧しくも良き明治大正、治安維持法が制定され迎えた暗黒の昭和、そんな時代に翻弄された二人の生き様は切ないです。懐かしい道と思い出を探したくなりました
      いいね

      良い
    • アリー/ スター誕生
      『アリー スター誕生』古典的作品のリメイク、何気にレディー・ガガの顔を初めて観ました。風貌も歌唱力も華があります。人との出会いからチャンスが広がるストーリー好きですね。敢えて言えば、ガガはクーパーのどこを愛したかが伝わって来ません。
      いいね

      良い
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』人気の理由に納得!クイーン全盛期は少年時代で全くの意識外でしたが、聴いた事のある曲が多かったです。人間関係、驕り、出生、家族、性、差別、懺悔、悟り?様々なテーマがありました。太く短い人生も一つの人生ですね。
      いいね

      良い
    • シュガー・ラッシュ:オンライン
      『シュガー・ラッシュ オンライン(吹替)』小5の息子と鑑賞。一見チープですが、インターネットの世界観が見事に描かれています。プリンセス達やスター・ウォーズキャラクターの参加もお祭りを盛り上げてくれます。Xmasの親子鑑賞に最適です。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....