TOP >takeman75マイページ

takeman75

さんのマイページ
takeman75
つぶやいた映画
486 本
総ツイート
1,373 件
マイページ閲覧数
10,552 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
486 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • リアム16歳、はじめての学校
    荒野にて
    運び屋
    グリーンブック
    ビール・ストリートの恋人たち
    サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
    アリータ:バトル・エンジェル
  • 女王陛下のお気に入り
    サスペリア(2018)
    マイル22
    クリード 炎の宿敵
    ブラック・ミラー:バンダースナッチ
    パッドマン 5億人の女性を救った男
    彼が愛したケーキ職人
  • へレディタリー/継承
    A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
    マンディ 地獄のロード・ウォリアー
    ボヘミアン・ラプソディ
    search/サーチ
    イコライザー2
    クワイエット・プレイス
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 運び屋
      『運び屋』、あらゆる次元でこれ程「深堀り」したくなる映画も滅多にないにも関わらず、表向きは全く平静を保った「出来事」の連鎖で、120分を乗り切る演出の凄み。そして遂に「愛弟子」との初共演を果たした、御大の柔和な笑みには思わず涙が。… https://t.co/dlOKoQf2Fr
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』、約10年ぶりにスクリーンでの再会となった御大の、予想を超えた「老いた」姿に動揺しつつも、本人はどこ吹く風で鼻歌混じりに「噺」を進める、この何とも言えない心地好さ。何一つ装飾も気取りもなく、ただ「真っ当」に巧い映画の語り… https://t.co/IMWHvUALjW
      いいね
    • 荒野にて
      『荒野にて』監督の新作もドラマシリーズ…。時代は本当に変わった。 https://t.co/ikXdUr8HMG
      いいね
    • 女王陛下のお気に入り
      『女王陛下のお気に入り』鑑賞。18世紀英国の「伏魔殿」で繰り広げられる、信頼と寵愛と隷属の関係を綴った腹黒い喜劇にして、女という生き物の感情下に潜む「獣性」を曝け出した、超一級の心理劇。見終わった今も、背中に小さな虫が入り込んだ様… https://t.co/gQY6Yxl5mt
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      いやあ…しかし『アリータ:バトル・エンジェル』、ぶっちゃけ公開前のフッテージの段階では、自分でもこんなに「ハマる」とは予想してなかったよ…。公開後には絶対白熱するはずの「あの場面」の解釈など、早く自分以上に詳しいファンの人達の解説… https://t.co/ape6rIOzNJ
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      『アリータ:バトル・エンジェル』、近年のアメコミ映画とは明らかに感触の違う、日本製コミックという「金脈」を、自身の監督ではなくプロデュースという形で「統括」した、キャメロンのしたたかさに感服しつつ、随所に挟まれるキャメロン映画への… https://t.co/ubnByW63Ss
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      『アリータ: バトル・エンジェル』、一本の映画には明らかに積載オーバーなドラマ構成を力業で捩じ伏せ、次世代の「女功夫映画」に仕立て上げたロドリゲスのB級映画魂が、見事に炸裂した感。キャメロン脚本との相性も想像以上に抜群で、後半は何… https://t.co/cNYQ6NslHn
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      『アリータ: バトル・エンジェル』試写で鑑賞。まずは率直に感想を言わせて頂ければ…。『T2』から実に28年、正真正銘の「俺たちが観たかったキャメロン映画」であり、まさかのR・ロドリゲス監督、最高傑作。ラスト40分、久々に身体が興奮… https://t.co/DHaZmDDg0a
      いいね
    • ビール・ストリートの恋人たち
      ちなみに『ビール・ストリートの恋人たち』、上映前に行われたジェンキンス監督とコムアイによるトークショーは、これまで見てきたこの手のセッションの中でも最も中身の濃い、有意義な内容だった。監督も本当に気持ち良くトークしているのが伝わっ… https://t.co/6N1TFfqWSL
      いいね
    • ビール・ストリートの恋人たち
      『ビール・ストリートの恋人たち』、ジェンキンス監督の物語を一本の「線」として綴らない語り口は、『ムーンライト』同様に好みが分かれそうだが、彼らの「憤怒」を声高に叫ぶことなく、その日常と表情を観る者に「染み込ませる」手腕は、既に巨匠… https://t.co/EenCHxa2FW
      いいね
    • サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
      『サタデーナイト・チャーチ-夢を歌う場所-』決して心躍る王道ミュージカルではなく、過酷な現実に抗う細やかな「抵抗」としての音楽の存在が、「ユリシーズ」という名の主人公の「旅」を静かに鼓舞する。この繊細だが力強い「声」、確かに届いた。
      いいね

      良い
    • リアム16歳、はじめての学校
      『リアム16歳、はじめての学校』大人になり切れない母親が自分の子を「友達」、もしくはそれ以上の存在として溺愛する現状って、大体こんな「良いお話」では語れない、かなり切実な問題だと思うが…。もっとキャラ造形にも毒と際どさが欲しかった。
      いいね

      残念
    • リアム16歳、はじめての学校
      『リアム16歳、はじめての学校』試写で鑑賞。愛情過多な母親に育てられた少年が、初めて公立高校に通い成長していく姿を綴った青春コメディだが、うーん…。親の過保護と束縛が子に及ぼす悪影響を、通り一遍の「優しさ」でお茶を濁した姿勢に共感… https://t.co/2cOMmNvS4c
      いいね
    • ブラック・ミラー:バンダースナッチ
      『ロシアン・ドール』、前半4話までを見た限り、この先何が起こるかも含め、ネタバレは極力避けた方が良い内容だと思うが、先日の『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』に「ハマった」人なら、間違いなくこれも夢中になるはず。後半戦も最優先… https://t.co/zXuLvP91Fy
      いいね
    • サスペリア(2018)
      『サスペリア』、自分も全体の理屈とかラストの意味だとか、現時点で総てが「腑に落ちてる」訳じゃないが、映画という「闇の祝祭」に参加する喜びという意味で、近年これ程の多幸感を味わった事はないかも。と言うか、暗闇の奥から聞こえる「叫び」… https://t.co/YeXWlYMtms
      いいね
    • グリーンブック
      『グリーンブック』、決して綺麗事では終わらない問題の数々を、無難な「気持ち良さ」で切り抜けたきらいはあるが、「高尚なアート」より「楽しい馬鹿騒ぎ」こそ、人を幸せにするという、まるで旨い郷土料理の様な魅力には、なかなか抗えないかと。… https://t.co/hXRCpdWt4T
      いいね
    • マイル22
      ちなみに『マイル22』、まあ色々と捻った仕掛けが盛られた内容だった気がするが、観ていて心底「え!?」と驚いたのは、上司を演じたジョン・マルコヴィッチの、このヘアスタイルだったかと。実はこのあんまりにもバレバレなカツラが、後の展開の… https://t.co/YImQdqmXBP
      いいね
    • へレディタリー/継承
      ヘレディタリー絶叫上映…うーん向いてない様な、向いてる様な…。いわゆる「志村、後ろ!」方式で盛り上がるって事なのかな。良く分からんけど。 https://t.co/aTY6w9WM8x
      いいね
    • へレディタリー/継承
      『ヘレディタリー/継承』再見。初見時の衝撃が凄かったので、もう一度観るのを躊躇してたが、実際、本作ほど「2回目を観て、真価が解る」映画も稀では。総てが「その時」を迎えるために周到に準備され、文字通りの「スクラップ&ビルド」の末に辿… https://t.co/MViUl0sy5x
      いいね
    • へレディタリー/継承
      シカゴ批評家協会賞、作品賞候補に『ヘレディタリー』入ってる! https://t.co/peDotjukku
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....