TOP >takeyakunマイページ

takeyakun

さんのマイページ
takeyakun
つぶやいた映画
736 本
総ツイート
1,417 件
マイページ閲覧数
2,446 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

takeyakunさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
736 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アネット
    シン・ウルトラマン
    マイ・ニューヨーク・ダイアリー
    ベルイマン島にて
    パリ13区
    マリー・ミー
    TITANE/チタン
  • 英雄の証明(2021)
    ニトラム
    ベルファスト
    ナイトメア・アリー
    ガンパウダー・ミルクシェイク
    林檎とポラロイド
    ポゼッサー
  • ハード・ヒット 発信制限
    選ばなかったみち
    愛なのに
    ドリームプラン
    夕方のおともだち
    コーダ あいのうた
    麻希のいる世界
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • マリー・ミー
      『マリー・ミー』案外良くて泣けた。映画全体の価値観が好き。軽薄なポップスターより冴えない数学教師という趣向。勝ち負けではなく過程とか、愛すべき数学クラブとか、この映画が大切にしてるものに共感。肝心の楽曲がいまいちなのは、登場人物と共に成長し感性が磨かれた結果だろう。上手な映画。
      いいね
    • マイ・ニューヨーク・ダイアリー
      『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』邦題は解り難いどころか、幾つかあるサリンジャーもの映画である事を隠蔽してるみたい。出版社でサリンジャーのファンレターを処理する女子の話。この差出人データは何かのマーケティングに使えそうな層だな。読者のヤバさと筆者の気難しさの板挟み状況はありがち。
      いいね
    • パリ13区
      『パリ13区』声あげて笑う程おもろかった。コメディじゃないけどルーシー・チャンの我が儘ぶりがツボで。性格悪くて性欲強くて。SEXライフに色んな悩みまぶして都市を描けば映画になるのか。パリって言われると魔法の様に纏まる。でもパリ、N… https://t.co/9phrhjzEay
      いいね
    • ベルイマン島にて
      『ベルイマン島にて』何故自分は何もかも許されないのか…という不自由を発見してしまうほど開放的な映画。こんなバカンスをしたいに尽きる。ベルイマン聖地巡礼、初めて会った異性と水遊び、音楽、浮気、混浴サウナ。これが日常。合意できる人だけが入っていい島なのかな。眩しすぎて主題が見えない。
      いいね
    • アネット
      『ナイトメア・アリー』煙草が吸いたくなる映画って良い映画が多い気がする。今年の新作で言えば、これと『アネット』と『ハウス・オブ・グッチ』かな。基本、飲む時以外やめてるから困るんだけど…。
      いいね
    • ナイトメア・アリー
      『ナイトメア・アリー』主題と監督の心情が合致して力出し易い上に「ここは三流オペラ、粋な世界とは無縁」この台詞で無敵。この手の話は複雑な展開より解り易い位が良いという心構えに導かれてるから、誰もが想像つくオチに興醒めするどころか、待ってました!となる。無論、本当は隅々まで全て一流。
      いいね
    • 英雄の証明(2021)
      『英雄の証明』テーマが鋭くて反省を促される。嫌いになったら絶対許せない…この感情がネックで社会に絶望が増えてる。相変わらず語りの上手さにも惚れ惚れ。慌てて店出てシャッターに頭ぶつけるとか芸が細かい。電話番号きかれて「では書く紙下さい」も小技。台詞で言いづらいし。そんなテクだらけ。
      いいね
    • 英雄の証明(2021)
      『英雄の証明』盗作ではなさそうだが(少なくとも裁判では)、まさにその騒動のような映画で驚いた。真実がどうあれ他人の足を引っ張りたい奴ってSNSではお馴染みで耐性もあるが、その実物を見れる映画でなかなかに醜悪。あんな嫌な顔になるのか… https://t.co/kkSBGJs8wQ
      いいね
    • TITANE/チタン
      『TITANE/チタン』カンヌはdrive my carよりfuck my carを評価したと。確かに刺激的。親父転がしも上手い。痛いの苦手だがストーリーテリングは心地良い。説明というか主役の台詞自体少なく、場面の連なりで因果関係… https://t.co/7CljzC92kQ
      いいね
    • アネット
      上映後カラックスは「客席にいるこの映画を気に入らなかった人の事が気になる(要約)」と語った。少数派を想う優しさ(ひねくれ?)を持つ人。『アネット』も少数派に寄り添う物語だ。その意味で本作は、いつかひっそり観る人や、まだカラックスを… https://t.co/C6PCoKHzet
      いいね
    • ニトラム
      『ニトラム』銃乱射事件の史実があるので、全場面に一定の緊張感があった。芝刈り機やピアノと戯れてるだけで、意味合いが重い。汚い長髪と弛んだ身体に宿るピュアな暴力が、もはや神々しく見えた。ケイレブ君、ブリーフが似合う体型に仕上げてきたな。上島竜兵が進化したらあれになるんじゃないか。
      いいね
    • ベルファスト
      『ベルファスト』箱庭みたいな街に見えた。キュアロン『ROMA』には騒乱にダイナミズムがあったが、本作はかしこまって紛争してる感じ。このかっちりした撮り方が、街や市民の特性を引き出してるのかもしれんが。あと、ウクライナの事も想う。守… https://t.co/2bvHCkVEJ2
      いいね
    • ガンパウダー・ミルクシェイク
      『ガンパウダー・ミルクシェイク』前半のコミカルなバトルはおもろいけど、物語がシリアスになるにつれてアクションまで重くなってきて飽きた。女vs男の構図も安易かな。敵に魅力的な悪役女性が含まれている方が一歩進んだ映画だと思う。敵が男だ… https://t.co/JnIIPQuLhB
      いいね
    • 林檎とポラロイド
      『林檎とポラロイド』劇中、バットマンとキャットウーマンが出てきて、「アヴェマリア」もかかるので、ほぼ『ザ・バットマン』と言えよう。セットで観ようね。(責任はとらない)
      いいね
    • ポゼッサー
      『ポゼッサー』暴力描写観るの年々ツラなってるのを差し引いても、最高。他人の体を乗っ取って殺害するSF。時節柄これをあの独裁者に…と想うのは避け難いが、よく解らんその仕組がクール。意味不明な工場も素敵。父クローネンバーグ『スキャナー… https://t.co/J1lTxAbvc7
      いいね
    • 選ばなかったみち
      『選ばなかったみち』アップ多用でハビエル・バルデムの顔面力が全開。その横でエル・ファニングの爽やかさも際立ち、良い効果。同じ認知症の『ファーザー』と比べると、編集テクニックに耽溺せず、より詩的・私的なものを目指していて好感。こういう映画は作り手の思い入れが満たされれば良いと思う。
      いいね
    • ハード・ヒット 発信制限
      『ハード・ヒット 発信制限』車に爆弾を仕掛けられる絶望的状況。脱出を目指す展開と共に、正義と悪のバランス感覚に目を見張る。この圧倒的な加害性が揺らぎ始めることに、サスペンスと同等の興奮を覚えた。ワンシュチュのようでカーチェイスを組み込めるし、活劇的にもテーマ的にも広がりがあった。
      いいね
    • ドリームプラン
      『ドリームプラン』テニスのウィリアムズ姉妹を育てた父の話。史実を知ってても侮辱を跳返す物語にはカタルシスがある。どの業界でも世界トップ級に達するには賛否ある育成法となるのは想像つく。過程はクリーンとは限らないと描く映画に、意義深さを感じてしまった。リスクとって上手くいったケース。
      いいね
    • 真夜中乙女戦争
      『真夜中乙女戦争』やばい…刺さった。六本木で観たのだけど、たまたま虎ノ門辺りから歩いて映画館に来てて、東京タワーやら高級レジデンスやらを眺めた後で、気分に合ったのか。池田エライザが美しすぎて夢のような時間を過ごせた。永瀬廉の眼光は船越桂の彫刻作品のように静謐。二宮健監督の大傑作。
      いいね
    • 夕方のおともだち
      『夕方のおともだち』原作の渇きと淋しさが消えていた。邦画村のある種の畑からは人情ドラマしか獲れないの?何よりSM観がいまいち。痛みに強いアスリートかよ。もっと羞恥心にフォーカスしないと。職場でSM通いをいじられるのもありえん。仕事… https://t.co/sJ62dncTOo
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      besi_sake
      2615movies / tweets

      follow us