TOP >tatshead7マイページ

tatshead7

さんのマイページ
tatshead7
つぶやいた映画
1,271 本
総ツイート
2,977 件
マイページ閲覧数
15,771 view
ウォッチしている
21 人
ウォッチされている
30 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

tatshead7さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1271 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ヘルボーイ(2019)
    惡の華
    アナベル 死霊博物館
    アド・アストラ
    プライベート・ウォー
    荒野の誓い
    アス
  • ブラインドスポッティング
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    ドッグマン
    ロケットマン
    永遠に僕のもの
    HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ
    ゴーストランドの惨劇
  • ライオン・キング(2019)
    サマー・オブ・84
    世界の涯ての鼓動
    ワイルド・スピード/スーパーコンボ
    ペット2
    ポラロイド
    工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ヘルボーイ(2019)
      【ヘルボーイ】マジでなんとか続編作ってくれ!批判した批評家どもは地獄に堕ちろ!いや地獄はかっこよすぎるので消え失せろ!続編でさらなる大残酷を!
      いいね

      良い
    • ヘルボーイ(2019)
      ‪【ヘルボーイ】下品で残酷な殺戮合戦!ギレルモ版のプレッシャーに屈せず、思いっきりやり抜いた感じがほんと最高!‬D・ハーバーは一目で文句なしだったけど、ミラジョボの魔女も抜群でした。『ハートビーツラウド』のあの子も活躍して嬉しい!
      いいね

      良い
    • 惡の華
      【惡の華】どうしようもなく孤独だったり、全てに嫌気がさして苛立ったりしている人が観たらきっと何か引っかかるはず。今分からなくても、ふとした時に救いになる優しさが詰まった話です。切なく美しいラストも最高。若者よ、踏ん張れ地獄の青春!
      いいね

      良い
    • 惡の華
      【惡の華】あるべき姿を押し付けられ、均一で無味無臭な何かにされる恐怖に敏感でいることはツライ。心に咲く惡の華と向き合うことは本当に苦しい。それでもどこかで仲村さんが生きているというのは僕の救いでもあります。残酷で爽やかで胸一杯です。
      いいね

      良い
    • アナベル 死霊博物館
      【アナベル 死霊博物館】魑魅魍魎の展覧会みたいなのを期待したのに、数もインパクトも弱く残念。意図的とは言っても前半はフリが長すぎて退屈でした。怖い場面もイヤーな場面もない…。良い話に着地させてお茶を濁すのもなんだ!ロレインさんRIP
      いいね

      残念
    • プライベート・ウォー
      【プライベート・ウォー】片目を通して伝えられる地獄の光景。彼女がいなければ、どれだけの悲鳴や助けを呼ぶ声が掻き消されていたか。普段目にする戦地の様子は、誰かの「目」を通し伝えられていると思うと、常に敬意を忘れてはいけないと思いました
      いいね

      良い
    • 荒野の誓い
      【荒野の誓い】繰り返される物語構造の力強さ。他者への敬意、共感、思いやりを欠く言動が勢いを増す今にハマる話です。敵意が大枠に向けられた時の恐怖。そこに無数の個人がいることに男が気づいた後、命の重さが変わるのが見事に描かれていました。
      いいね

      良い
    • アス
      【アス】奇妙な家族、画面の色彩設計など、前半は見所も多く思わず見入ってしまいました。しかし、ある仕掛けがあるとはいえ、謎が解き明かされるにつれてどんどん魅力を失うのは勿体無いところ。前半のゾクゾクする怖さをもっと長く味わいたかった。
      いいね

      普通
    • ブラインドスポッティング
      【ブラインドスポッティング】社会に対する主張・異議申し立てについては全く異論なく、怒りを覚えます。ただ、志が前に出過ぎるあまり、話を都合良く進めすぎる点が気になります。綺麗に組み立てすぎたゆえのつまらなさもあるんだなと感じました。
      いいね

      普通
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】何もない日常が非常に活き活きと描かれていて、ずっと観ていたいと思えるほど多幸感に満ちていました。それゆえあの悲劇を思うと胸が痛くなる、タラ作品で味わったことのない切なさが魅力的な作品。
      いいね

      良い
    • ロケットマン
      【ロケットマン】音楽とダンスと絢爛豪華な衣装、テンポの良い編集、そして端々から漂う孤独と哀しみ。胸が踊るようなミュージカル演出や、虚実が入り混じる不思議な演出でも楽しませてくれます。ボヘより圧倒的にパワフルで見所が多い!
      いいね

      良い
    • アド・アストラ
      【アド・アストラ】痺れる迫力の映像!現代と地続きの未来描写が面白いです。驚愕バイオレンスも楽しい(笑える)し、現代の「2001年」では!と鼻息を荒くしながら観てたんですが、最後は平凡な着地に。テレマリ的セカイ系、嫌いではないですが。
      いいね

      良い
    • ドッグマン
      【ドッグマン】男が不条理から逃げられないのは、町全体が社会という檻の象徴だからでしょうか。管理され、権力や暴力に尻尾を振る日々から逃れるのは困難で、いくら吠えても世界が良くなる気配のない不気味さがリアルに響く。飼い犬は主を選べない。
      いいね

      良い
    • HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ
      【ホット・サマー・ナイツ】瑞々しい役者の演技は良いですが、脚本は「破滅的で苦い青春」という表層的なメロドラマのみで、青春のもっと醜く複雑で危険な部分まで描いて欲しかったです。90’sの時代設定も活かしきれていないのは勿体無かったです
      いいね

      残念
    • ゴーストランドの惨劇
      【ゴーストランドの惨劇】謎が解けた途端につまらなくなる作品は多いですが、これは真相がわかった後にこそ真の絶望が待っています。自我の揺らぎは止めることのできない無限の恐怖。自分もあらゆる不条理を前に地下で祈り続けているだけかもしれない
      いいね

      良い
    • 永遠に僕のもの
      【永遠に僕のもの】このエゴと暴力に満ちた作品に心奪われるは、こうした幼く衝動的で欲望のまま突き進む危険な思考に懐かしさを感じるから。若さは裏を返せば狂気。永遠に踊り続けられると思う無知は、自分の胸の奥をキュッと締め付けました。
      いいね

      良い
    • ライオン・キング(2019)
      【ライオン・キング】VFXがあまりに凄くて笑っちゃいました。あんなリアルなハクナマタタが見られる日がくるなんて!ただ王位継承、血統主義など、時代に全く合わない物語なのは調整が必要だったと思います。今となっては残酷な話にしか見えない…
      いいね

      残念
    • ワイルド・スピード/スーパーコンボ
      【ワイルド・スピード/スーパーコンボ】ワイルド・スピードとは…?となるスピンオフ。屈強な男の無茶なアクションと大量の爆発は、やっぱり楽しい!でも男だけじゃない!ヴァネッサ・カービーがしなやかでクールで超絶かっこよくて惚れました!
      いいね

      良い
    • サマー・オブ・84
      【サマー・オブ・84】近年ブーム?の80’sものですが、乗っかっただけのようにしか見えない時代性の薄さが残念。印象的なキャラがいないのもつらい。社会の闇に対峙し、打ちのめされることと、少年期の終わりが重なる構成は苦くてよかったです。
      いいね

      残念
    • 世界の涯ての鼓動
      【世界の涯ての鼓動】男女の内面の旅。大胆な物語と繊細な演出で描く心が触れ合うことの奇跡。距離が離れるほど互いを近くに感じる…と言葉にすると陳腐ですが、それを映像で見る感動。2人をつなぐ海が、寄り添いたいという願いを慰めるようでした。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....