TOP >tatshead7マイページ

tatshead7

さんのマイページ
tatshead7
つぶやいた映画
1,351 本
総ツイート
3,088 件
マイページ閲覧数
18,638 view
ウォッチしている
21 人
ウォッチされている
30 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

tatshead7さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1351 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ
    アナザーラウンド
    シャン・チー/テン・リングスの伝説
    スペース・プレイヤーズ
    オールド
    白頭山大噴火
    孤狼の血 LEVEL2
  • ドライブ・マイ・カー
    ドント・ブリーズ2
    レリック -遺物-
    フリー・ガイ
    すべてが変わった日
    アウシュヴィッツ・レポート
    イン・ザ・ハイツ
  • 復讐者たち
    ジャッリカットゥ 牛の怒り
    ファイナル・プラン
    少年の君
    17歳の瞳に映る世界
    プロミシング・ヤング・ウーマン
    ライトハウス
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ドライブ・マイ・カー
      【ドライブ・マイ・カー】前進する車と不可逆な人生の機微とが奇妙にシンクロしながら熱を帯び、やがて過去にとらわれた魂を解放する旅路が形成される。演技と言語と嘘と本音と過去と現在と。コミュニケーションの成立と不成立に見る人間らしい陰影。
      いいね

      良い
    • すべてが変わった日
      【すべてが変わった日】一度決めたら真っ直ぐ突き進む妻に対し、寡黙で冷静な夫という対比。この関係性で長年生きてきたことが手に取るように伝わります。陰惨で哀しい出来事を描く作品ですが、映画を包む温もりを感じる理由はここにある気がします。
      いいね

      良い
    • すべてが変わった日
      【すべてが変わった日】西部劇でありロードムービーであり、何より深い愛情の物語の本作で、夫婦の絆に説得力をもたせたのは2人の円熟した演技。穏やかな空気が暴力と無縁の夫婦を血みどろの世界に引きずり込むスリルとショックを際立てていました。
      いいね

      良い
    • シャン・チー/テン・リングスの伝説
      【シャン・チー】母が父と心を通わせるキッカケの技術が子に受け継がれ、今度は子が父とその技術を通して肉体で対話する。相手の攻撃を円でいなすような技術体系も含め、すべてが「輪(リング)」をイメージさせるところがよく出来ていると思いました
      いいね

      良い
    • 孤狼の血 LEVEL2
      【孤狼の血 LEVEL2】前作より湿っぽさがかなり抑制されていて良かった。鈴木亮平のインパクトより、僕は松坂桃李にグイグイ持って行かれたし、銃を構えたあの色気…!「狼になりきれない男」だからこそ裏切りやラストの結末が余計に沁みました
      いいね

      良い
    • フリー・ガイ
      【フリー・ガイ】住人が小さなキッカケ(例えば1杯のコーヒー)から自我を持つ様子は感動的です。同時に現実世界でも主体性を持った勇気ある行動で世界が変わり、個人の人生が変化し、仮想空間と現実が互いに共鳴する展開は涙なしには観られません。
      いいね

      良い
    • オールド
      【オールド】「海岸から出ようとすると失神する」というそもそも突飛な設定を「これは鉱物の影響で〜」とそれっぽく説明する必要はあるのか?と思いますが、この律儀さがまたシャマランらしくて憎めません。
      いいね

      良い
    • オールド
      【オールド】人生は短いという恐怖や不安に対し、豊かな感情を育み、愛の中で死んでいくことの美しさを示した奇妙な感動は他では味わうことのできないものでした。こうした唯一無二が必ずあることは、結局シャマランに惹かれる要因に他なりません。
      いいね

      良い
    • スペース・プレイヤーズ
      【スペース・プレイヤーズ】ワーナーキャラクターたちが会場に集結していますが、マスクやペニー・ワイズ、『時計じかけのオレンジ』のドルーグらが別人すぎてコスプレ大会にしか見えません。「そう見える何か違うもの」で喜べというのは無理がある…
      いいね

      残念
    • スペース・プレイヤーズ
      【スペース・プレイヤーズ】何でもありがルーニーテューンズですが得点方式まで変えたのはやりすぎでした。今の点差が「大差」か分からずドラマが盛り上がらない。実写とアニメの融合も前作の方が工夫を凝らして”ごちゃ混ぜ”を楽しく見せていました
      いいね

      残念
    • モータルコンバット
      【モータルコンバット】魑魅魍魎、バイオレンス、フェイタリティ!だけのバランスは異様ですがあまりの見せ場の連続で気持ち良い。取ってつけたドラマで箸休めもせず最終決戦に転がる潔さは痛快。体裁よりも本質を見極めた快作!ニコニコして観ました
      いいね

      良い
    • 白頭山大噴火
      【白頭山大噴火】派手さと味の濃さで楽しいところもある一方、どこか窮屈な作品。それは記号的なキャラのせいか、ご都合主義の乱用のせいか。役割を決められた人間が実はきっちりルートを守って動くだけのように見える瞬間が何度もあるように思います
      いいね

      残念
    • アナザーラウンド
      『アナザーラウンド』のコラボビール!血中アルコール度数0.05%で楽しもう https://t.co/OXO4Qpl8Hk
      いいね
    • ドント・ブリーズ2
      【ドント・ブリーズ2】「悪役」が薄いので緊迫感よりもランボー的に観るのが吉。ただ応援できるかというと前作の強烈なあの件が首をもたげてきて、狙ったような話としては受け止められずもどかしい。波紋のシーンなど単発で楽しい瞬間はありますが。
      いいね

      残念
    • イン・ザ・ハイツ
      【イン・ザ・ハイツ】色彩設計、撮影が美しい。印象的なのは夕暮れのジョージワシントン橋を背景に重力を無化したダンスシーン。それは輝く未来へ踏み出す決意をした若い2人の希望に満ちた姿そのもので見事なハレーションもあいまって感動的でした。
      いいね

      良い
    • ジャッリカットゥ 牛の怒り
      【ジャッリカットゥ】群衆の凄まじい狂乱ぶり。緊迫感のあるカメラワークや編集、音響や音楽も見事で混沌の中に確かな計算を感じさせます。人間の心の奥深くに眠る「獣性」が爆発するラストの衝撃。ここまで熱気を帯びた作品はなかなか出会えません。
      いいね

      良い
    • アウシュヴィッツ・レポート
      【アウシュヴィッツ・レポート】収容者たちの中に反撃の衝動が立ち現れては消える様子が痛ましい。労働と恐怖で蹂躙された人々がどれほど極限にあったことか。忌々しい演説をするポピュリスト達の脳内にホロコーストはないのかと思うと恐ろしい。
      いいね

      良い
    • 復讐者たち
      【復讐者たち】「幸せになることが最大の復讐」という言葉も、当事者以外が軽々しく口にできるものではありません。勇気ある決断によって救われた命があるという、とてつもなく大きな事実だけがただ静かに横たわっている—。
      いいね

      良い
    • 復讐者たち
      【復讐者たち】ホロコーストのおぞましい光景を知識として知っていることと、それが眼前にあったことは比べようもありません。主人公がユダヤ兵士から「収容所ではなぜ誰も戦おうとしなかった」と問われるシーンはその隔たりを明確に見せていました。
      いいね

      良い
    • レリック -遺物-
      【レリック-遺物-】身近な人が「別の誰か」に変わることの重みが胸に迫ります。大切な人と過ごせる時間は日々少なくなっていくことも暗にほのめかすことで、観客は家族との在り方を自問するはず。恐らく監督自身の後悔があのラストに導いたのでは。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      3426movies / tweets

      follow us