TOP >tatsunosuke246マイページ

tatsunosuke246

さんのマイページ
tatsunosuke246
つぶやいた映画
479 本
総ツイート
611 件
マイページ閲覧数
7,139 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
2 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
479 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ヘレディタリー/継承
    ポリス・ストーリー REBORN
    ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
    アンクル・ドリュー
    GODZILLA 星を喰う者
    ボヘミアン・ラプソディ
    バグダッド・スキャンダル
  • 華氏119
    search サーチ
    テルマ
    劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ
    クレイジー・リッチ!
    若おかみは小学生!
    響 HIBIKI
  • MEG ザ・モンスター
    SPL 狼たちの処刑台
    検察側の罪人
    タリーと私の秘密の時間
    ペンギン・ハイウェイ
    詩季織々
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ポリス・ストーリー REBORN
      『ポリス・ストーリーREBORN』感想。予告も見ずポリスストーリーの続編という事で観たら、バイオロイドとか人工心臓という単語が出てきて、ん?と思っていたら、どう見てもこれアベンジャ(以下略)。物語は肩の力を抜いて割り切りつつ、ジャッキーの元気な姿が見られるのでよしとしておこう
      いいね

      普通
    • テルマ
      映画『テルマ』感想。異能力者モノということで、物語としての目新しさはないんだけど、見せ方次第で新鮮さを感じさせることはできる、と思わされる作品。ラスト後の不穏さが不思議な余韻を残しますね。
      いいね

      良い
    • ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
      映画『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』感想。国境を行き来しつつ異様な緊張感で進む展開。アメリカ側の作戦の適当さが、むしろリアリティを増してるのがなんとも。デルトロの渋さと、マフィアの娘役の子の目力の相乗効果が凄かった。
      いいね

      良い
    • 華氏119
      『華氏119』感想。マイケルムーア監督最新作。今回アポなし突撃は少なめだけど、集めてきた素材だけで充分説得力があるということかな。トランプが当選に至ってしまった流れがよく分かる。鉛中毒に悩まされていたフリントでの集会に救世主オバマが現れたと思ったら...という下りには絶句。
      いいね

      良い
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』感想。ラストのライブシーンに手際良く繋げるためか、序盤から中盤は比較的抑え目に進んで行くのがよかった。キャストの違和感のなさもスゴい。後からライブ映像も見たけど、再現度と演出は圧巻。音響の良い劇場がおすすめ。
      いいね

      良い
    • GODZILLA 星を喰う者
      『GODZILLA 星を喰う者』感想。過去作の感想と同じなんですが、せっかくアニメなのに実写と同じ方向性にしても仕方ないと思っているので、ゴジラの影が薄いのは許容範囲。ただ今作は、サブタイトルに値する驚きが全くなかったのが残念。ギドラの特性もアクションにつながらずイマイチ。
      いいね

      普通
    • ヘレディタリー/継承
      『ヘレディタリー/継承』試写にて鑑賞。生理的にじわじわジリジリ追い詰めてくるタイプのホラー。思い返すと、過激なシーンはそこまでなかったのに、ここまで怖さを感じたのは演出が巧かったということか。スピリチュアルな各種設定は、好きな人は後追いして楽しめるし、気にしなくてもOK。
      いいね

      良い
    • search サーチ
      映画『search サーチ』感想。映像が全てPC画面で展開される異色サスペンス。同一の PC ではなく、別のPCの画面も使うことで、表示OS(ちょい昔のWindowsとか)で時間軸を表現するのが巧い。謎ハッキングではなく、あくまでユーザーが使える手段で手がかりを追うのも良い
      いいね

      良い
    • バグダッド・スキャンダル
      映画『バグダッド・スキャンダル』試写にて鑑賞。国連の「石油食料交換プログラム」を取り上げた実話ベースのサスペンス。当時のぼんやりとした記憶はあったけど、改めてその金額には驚かされた。ベン・キングスレーの存在感が圧倒的で、彼が主役と考えた方がより面白く観られるかも。
      いいね

      良い
    • アンクル・ドリュー
      『アンクル・ドリュー』試写で鑑賞。昔のトンチキメンバーを集めてチーム再結成、というテンションが上がるベタ展開からの、本格バスケシーンで盛り上がる展開。じっちゃんメイクも自然で、バスケ畑の方々の演技も素晴らしい。バスケに詳しくなくても、100分でスカッとしたい人にお勧め。
      いいね

      良い
    • クレイジー・リッチ!
      『クレイジー・リッチ!』感想。格差恋愛をテンポ良く描いていて良作なのだけど、正直クレイジーさはあまり感じられなかった。平民には思いもよらないくらい、突き抜けたリッチ描写が欲しかったかな。終盤、麻雀で意思の強さを伝えるシーンはとても良かった。
      いいね

      良い
    • 若おかみは小学生!
      『若おかみは小学生!』感想。評判が凄いので観てきた。幽霊とのドタバタがメインではなく、お客さんとのふれあいで成長していく様を描いた王道物語でした。卓越したフード描写、ライバルとの共闘、アニメの細やかさととダイナミックさ、今年ベスト級のアニメ映画で人に勧めたくなるのは納得
      いいね

      良い
    • 劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ
      『劇場版夏目友人帳うつせみに結ぶ』感想。変にスケールアップせずに、あくまでいつもの雰囲気なのが良かった。飛び抜けたクオリティでは無いけど、全編落ち着いて観られるし切り絵の美術が素晴らしかった。子ニャンコ先生は予告だとあざといなぁと思ったけど、いざ本編ではそのラブリーさに負けた
      いいね

      良い
    • 詩季織々
      『詩季織々』感想。衣食住をお題にした日中合同制作アニメ映画。コミックスウェーブが主体ということで、全体的に新海作品風味。食をお題にした一本目、ビーフンの描写(4種類も出てくる)に全精力を注ぎ込んでていて、素晴らしい&旨そう。短編はこういう一点突破の作品がいいよね
      いいね

      良い
    • 響 HIBIKI
      映画『響 HIBIKI』感想。平手友梨奈、正直知らなかったけど響役にハマっていて楽しめた。台詞はややぎこちないけど、アップに耐えられる目力は先々も期待できそう。周辺の小説家、柳楽優弥と小栗旬はさすがの存在感。原作のエピソードが過不足無く構成されてて、原作また読み返したくなった
      いいね

      良い
    • SPL 狼たちの処刑台
      映画『SPL 狼たちの処刑台』感想。バディ物&刑事物で香港アクションてんこ盛りで、主要人物が互いの存在に気がつかず車で交錯するシーンが痺れる。コンパクトに100分にまとめられてて最高。なのだけど、ラストの展開と、トニージャーの扱いがあまり酷くてもったいないのが惜しい。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『ミッション:インポッシブル フォールアウト』感想。とにかくトムクルーズの走る姿がひたすらカッコ良く、それだけで満足できてしまうので、細かいアラ(もはやスパイ映画ではないよね)はどうでもよいのである。トムの体が動く内は続いてほしいね。
      いいね

      良い
    • MEG ザ・モンスター
      『MEG ザ・モンスター』感想。意外と丁寧なサメ映画。海溝のトンデモ設定や、サメがなかなか姿を見せない序盤の演出は良かった。後半は手際はよいものの、普通のバトルになってしまってちょっと残念。ステイサムは安定のカッコよさで、気楽に観るには良い作品。
      いいね

      良い
    • タリーと私の秘密の時間
      『タリーと私の秘密の時間』感想。後半にさしかかって不穏な雰囲気が漂ってきたと思ったら、え、そういう映画だったのという展開。シャリーズ・セロンを起用して、この設定でこの展開に持って行くのが監督のセンスが凄い。予告から女性向けに思えるけど、男性が観た方が良い作品。
      いいね

      良い
    • 詩季織々
      短編アニメ好きとしては「詩季織々」「ポノック劇場」と二日続けて短編アニメ集が劇場で観られて満足。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....