TOP >tetsukichiマイページ

tetsukichi

さんのマイページ
tetsukichi
つぶやいた映画
232 本
総ツイート
524 件
マイページ閲覧数
2,840 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
232 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パブリック 図書館の奇跡
    マルモイ ことばあつめ
    MOTHER マザー
    カセットテープ・ダイアリーズ
    お名前はアドルフ?
    ワイルド・ローズ
    エジソンズ・ゲーム
  • なぜ君は総理大臣になれないのか
    コリーニ事件
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    暗数殺人
    恐竜が教えてくれたこと
    世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ
    サーホー
  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    劇場版 おいしい給食 Final Battle
    ジュディ 虹の彼方に
    Fukushima 50
    PMC:ザ・バンカー
    初恋(2020)
    スキャンダル(2020)
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ダークナイト
      『ダークナイト』今回の入場料は「IMAX」ながら1,800円。上映前にクリストファー・ノーラン監督の次作『TENET テネット』の約6分間の「IMAX®レーザー」対応予告が上映されたのだが、これだけで200円分くらいの価値はあったw
      いいね

      良い
    • ダークナイト
      『ダークナイト』IMAXカメラ撮影パートは最大1.43:1の画角に拡張されるのでスグにわかるが、それ以外のパートも十分デカい&キレイ。あと画面の美しさよりも個人的には「IMAX®レーザー/GTテクノロジー」の肝は『音』だと思う。
      いいね

      良い
    • ダークナイト
      『ダークナイト』観てきた。10年以上に前に観た旧作だが今回は「IMAX®レーザー/GTテクノロジー」で。内容は言わずもがなの大傑作。ちなみに全編IMAX対応カメラで撮影・上映というわけではなく、約26分間の全編で6シークエンス。
      いいね

      良い
    • MOTHER マザー
      『MOTHER マザー』 鑑賞中個人的に「そっちの方向には進まないで欲しい…」と思った方にばかりストーリーが進行したので、どんよりとした気分のままでエンディングを迎えたけれど、観て良かったと思う。青年期の息子を演じた奥平大兼◎
      いいね

      良い
    • MOTHER マザー
      『MOTHER マザー』観てきた。あらゆる面でだらしない母親と共依存状態にある長男の幼少期から青年期を描く。ある意味救いがないストーリーだが、現実社会でもカタチを変えて似たような状況は日本国中で起きているのではないかとも思う。
      いいね

      良い
    • パブリック 図書館の奇跡
      『パブリック 図書館の奇跡』 いくつかの伏線が貼られており、綺麗に回収されていて心地良い。挿入歌の「I Can See Clearly Now」が効果的で、映画鑑賞後に聴きたくなること請けあい。原題は「The Public」のみ。
      いいね

      良い
    • パブリック 図書館の奇跡
      『パブリック 図書館の奇跡』この映画に描かれているようにアメリカの公共図書館の多くが、日中はホームレスのたまり場になっているのかどうかは知らないけれど、本来の用途とは別で確かに誰かの役に立つということの意味をいろいろ考えさせられる。
      いいね

      良い
    • パブリック 図書館の奇跡
      『パブリック 図書館の奇跡』観てきた。ホームレスのたまり場にもなっているアメリカの公共図書館を舞台にとある一夜を描く。製作自体は約2年前とのことだが、偶然(?)にも最近のBLM運動ともシンクロしたタイムリーな内容の映画になっている。
      いいね

      良い
    • なぜ君は総理大臣になれないのか
      『なぜ君は総理大臣になれないのか』 本作はまずタイトルが秀逸。(撮影当初は異なる名前だった模様) あと、作品中の小川の真摯な演説にも何度となく胸を打たれるが、自分がこの映画で最も感動した演説は慶応大学 井手教授の応援演説。要刮目。
      いいね

      良い
    • なぜ君は総理大臣になれないのか
      『なぜ君は総理大臣になれないのか』 選挙活動の様子が詳しく描かれるが、選挙における家族、両親、支援者の方々の奮闘は大変なもので、終盤の選挙戦の描写ではまるで観ている自分も小川の選挙スタッフになったかのような不思議な感覚にとらわれる。
      いいね

      良い
    • なぜ君は総理大臣になれないのか
      『なぜ君は総理大臣になれないのか』観てきた。衆議院議員・小川淳也を17年間に渡って追った100%のドキュメンタリー。正直云うと「小川淳也」議員のことはほとんど知らなかったし、興味もさほど無かったけれど、とても面白い作品だった。
      いいね

      良い
    • マルモイ ことばあつめ
      『マルモイ』 ある程度は史実に基づいているのだろうが、登場人物やストーリーは映画的な脚色がなされたフィクションのようで、終盤以外はユ・ヘジンを中心にコミカルなシーンも多く、重苦しさはないが、このあたりは好き嫌いが産まれそうであった。
      いいね

      良い
    • マルモイ ことばあつめ
      『マルモイ ことばあつめ』観てきた。日本統治時代、日本軍の弾圧下で朝鮮語の辞典を編纂しようとする人々の奮闘を描く。同化政策の下に言葉を奪うことの残酷さと言葉が持つ誇りと威厳、なぜ言葉を大切にしなければならないかを教えてくれる佳作。
      いいね

      良い
    • お名前はアドルフ?
      『お名前はアドルフ?』5人の会話と姉夫婦の自宅で全体の90%が占められる感じの映画で実にコンパクトなスケールで、観終わった時に『舞台で演じても無理がないな…』と感じたけど、なんのことは無い、元々舞台劇だったのを映画化したものだったw
      いいね

      良い
    • お名前はアドルフ?
      『お名前はアドルフ?』観てきた。自宅でのディナーに集った姉弟2組の夫婦(カップル)とその姉弟と幼い頃から共に育った1人の男。弟がもうすぐ産まれてくる子供にアドルフと名付けたというエピソードからストーリーは意外な方向に展開にしていく。
      いいね

      良い
    • ワイルド・ローズ
      『ワイルド・ローズ』主演のジェシー・バックリーが劇中でもアテレコでは無くて実際に自分で歌っていて、その歌唱力はかなりのもの。ジェシー・バックリー、絶世の美女では無いのだろうけど、とても魅力的な女優さんなので、今後の活躍に期待した。
      いいね

      良い
    • ワイルド・ローズ
      『ワイルド・ローズ』 昨日観た『カセットテープ・ダイアリーズ』もそうだったけど、単純なサクセスストーリーではなく、親子愛や地域の貧困問題も織り込んで、観る者にいろいろと考えさせてくれる。偶然だけど、昨日今日と連続で観られて良かった。
      いいね

      良い
    • ワイルド・ローズ
      『ワイルド・ローズ』観てきた。イギリスのグラスゴー出身の少しエキセントリックなシングルマザーがカントリーミュージックでナッシュビルを目指す…日本人の自分にはこの地理的なニュアンスがイマイチ理解できなかったけど、なかなかの佳作です。
      いいね

      良い
    • カセットテープ・ダイアリーズ
      『カセットテープ・ダイアリーズ』 は邦題としては悪くはないかな。原題は「Blinded by the Light」でB・スプリングスティーンの曲に由来しており、劇中でも解説交じりに触れられているので、観る方は注目して観て下さい。
      いいね

      良い
    • カセットテープ・ダイアリーズ
      『カセットテープ・ダイアリーズ』 メインは学園恋愛映画なんだろうけど、移民を軸とした民族問題や親子の問題もうまく織り交ぜてストーリーを紡いでいる。あとミュージカル風の場面がいくつかちりばめられているんだけど、演出的にも◎
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mokomoko37
      2648movies / tweets

      follow us