TOP >tiptop_matsueマイページ

tiptop_matsue

さんのマイページ
tiptop_matsue
つぶやいた映画
525 本
総ツイート
936 件
マイページ閲覧数
2,921 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
3 人

オールタイム映画ランキング

tiptop_matsueさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
525 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー
    マンディ 地獄のロード・ウォリアー
    世界で一番ゴッホを描いた男
    ここは退屈迎えに来て
    教誨師
    私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください
    オペレーション:レッド・シー
  • 1987、ある闘いの真実
    泣き虫しょったんの奇跡
    きみの鳥はうたえる
    SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班
    29歳問題
    モリのいる場所
    さよなら、僕のマンハッタン
  • 女は二度決断する
    ラブレス
    ザ・キング
    恋するシェフの最強レシピ
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    息衝く
    ビッグ・シック
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 世界で一番ゴッホを描いた男
      『世界で一番ゴッホを描いた男』最初は中国の油絵村の衝撃に圧倒され、次第に一人の職人の挫折ときらめきと単語が見つからないあれとかこれとかが映ってて、いい映画を観たなあ、という気持ちに。
      いいね
    • 教誨師
      『教誨師』年齢層の高い観客でいっぱいの場内で、最初は聞こえていたビニールのガサガサ音だったけど「音立てちゃいけない」と次第に伝わる雰囲気。目の肥えたスバル座の観客を圧倒させる作品だったのでは。音楽も一切ないワンシチュエーションなのに!絶叫上映とは真逆の静かな熱量。
      いいね
    • 私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください
      『私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください』最小限のキャラクターと舞台で、新しい神話のような物語を語れてしまう城定監督の魔法。それは夫婦、SM、セックスとはこういうことだ、と説得させられてしまうような強度。いい映画を観たな と思えるのもいつも通り。
      いいね
    • マンディ 地獄のロード・ウォリアー
      『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』ニコラス・ケイジを観続けてきたから、久々に作品の世界観と合致する演技じゃないか!と思えるけど、いきなり本作を観ると「ニコラス・ケイジどうしてこうなった?」ってびっくりできそうでそれはそれで面白そう。
      いいね
    • 1987、ある闘いの真実
      『1987、ある闘いの真実』まるで『仁義なき戦い』シリーズのようなオールスターキャストのたっぷり演技合戦。実話を元に映画的演出が炸裂。
      いいね
    • SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班
      『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』こういう映画が観たくてシネマート新宿に向かうのだ。100点満点の120点。
      いいね
    • きみの鳥はうたえる
      『きみの鳥はうたえる』役者は演じてるはずなのに、まるで生きてる人のように映る。青春についての痛くて切ない映画。
      いいね
    • ここは退屈迎えに来て
      『ここは退屈迎えに来て』長回しとストイックな距離感がこの国の今へのちょうどいい視線になってて、気持ちよかった。僕が小説を読んだ印象といい意味で違ってて。
      いいね
    • オペレーション:レッド・シー
      『オペレーション:レッド・シー』やりすぎであることは確実の、娯楽映画の最前線。ハリウッドがトランスフォーマーなら、中国はこの方向なのか。それをダンテ・ラム監督が撮ってるというのがまた…。
      いいね
    • A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー
      『ア・ゴースト・ストーリー』観たことのない映画と出会える歓び。まだこんな表現が可能なのか、と。「こんな話なんだろうな」の先を行く快感。
      いいね
    • 泣き虫しょったんの奇跡
      『泣き虫しょったんの奇跡』直球のフラッシュバックにこちらが泣き虫にさせられた。いい映画観たな、と気持ちいいエンドロール。
      いいね
    • 29歳問題
      『29歳問題』80-90年代の香港映愛が懐かしく、勉強にもなった。こういう風に受け止められてたのか、と。『サニー』のような「かつて」と「今」の対比で描くアラサーの物語。よかった。
      いいね
    • ラブレス
      『ラブレス』物語よりも描写で勝負。結果、凄い物語を観させられたな、と。役者が体を張る説得力。子どもの顔も強烈だった。
      いいね
    • ビッグ・シック
      『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』いつも仕事してる構成作家さんにオススメされたので、軽い気持ちとちょっとの期待をして観に行ったら他人事と思えない内容で感動した。ラストのカットバック、泣き終えてから『怒りのデスロード』を思い出しました。
      いいね
    • ザ・キング
      『ザ・キング』スコセッシ(『グッドフェローズ』や『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)のようなアッパー政治映画。面白すぎてまずいんじゃないかってくらい面白い。
      いいね
    • 恋するシェフの最強レシピ
      『恋するシェフの最強レシピ』ツッコミのある設定も役者の魅力で押し切る。チョウ・ドンユイが金城武を相手に奔放すぎるのが可愛い。
      いいね
    • さよなら、僕のマンハッタン
      『さよなら、僕のマンハッタン』一時間半の上映時間とは思えないほどの密度。マーク・ウェブ監督の2つめの最高傑作。
      いいね
    • モリのいる場所
      『モリのいる場所』新境地とは役者によって到達できるのだな、と改めて思った。1日を通して何十年という時間の積み重ねを描く豊かな映画。
      いいね
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し』なんなんだ、クライマックスのあれ。厭な映画だったからこそ観てよかった。
      いいね
    • ラーメンヘッズ
      『ラーメンヘッズ』ドキュメンタリーを観てから松戸の「とみ田」に一週間の間に2度行った。それだけの影響力。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....