TOP >tk33220マイページ

tk33220

さんのマイページ
tk33220
つぶやいた映画
169 本
総ツイート
263 件
マイページ閲覧数
1,885 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
169 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • イメージの本
    多十郎殉愛記
    へレディタリー/継承
    ヨーロッパ横断特急
    ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
    ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
    きみの鳥はうたえる
  • ウインド・リバー
    スティルライフオブメモリーズ
    ジュラシック・ワールド/炎の王国
    夜の浜辺でひとり
    レディ・バード
    ゲティ家の身代金
    恋は雨上がりのように
  • 犬ヶ島
    フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
    蝶の眠り
    孤狼の血
    ザ・スクエア 思いやりの聖域
    君の名前で僕を呼んで
    泳ぎすぎた夜
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • イメージの本
      ジャン=リュック・ゴダール『イメージの本』観た。相変わらずのぶつ切り画面・音声、野蛮なまでのノイズなどが確かな編集で繋がれていくからかなり楽しい。紛うことなき手の映画。
      いいね
    • 多十郎殉愛記
      中島貞夫『多十郎殉愛記』観た。ここしかないという位置にカメラが置かれていたり、序盤に決闘を申し込まれる高良健吾が家を出るショットや、終盤の決闘での寺島進など画面への人物の入り方が素晴らしい。色々淡白なところがある気はする。
      いいね
    • へレディタリー/継承
      アリ・アスター『ヘレディタリー/継承』観た。
      いいね
    • ヨーロッパ横断特急
      アラン・ロブ=グリエ『ヨーロッパ横断特急』『嘘をつく男』観た。
      いいね
    • ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
      菊地健雄『体操しようよ』、ステファノ・ソッリマ『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』観た。
      いいね
    • ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
      フレデリック・ワイズマン『ニューヨーク、ジャクソン・ハイツへようこそ』観た。
      いいね
    • きみの鳥はうたえる
      三宅唱『きみの鳥はうたえる』、フレデリック・ワイズマン『州議会』観た。
      いいね
    • ウインド・リバー
      テイラー・シェリダン『ウインド・リバー』観た。突発的な銃撃戦や暴力描写がヒリヒリするようなサスペンスのもと繰り広げられてないのがイマイチ。ジェレミー・レナーがハンターであること、斜面のある雪山、敵討ちと来たら、襲われる側の視点も入れずに殺してしまうのも淡白な気がする。
      いいね
    • スティルライフオブメモリーズ
      矢崎仁司『スティルライフオブメモリーズ』観た。例えばホークスの映画に出てくる人物みたいにこの写真家もある事柄に没頭しておかしな人物として映っていたら幾分か楽しめたかもしれないけど、そもそもそういうのを狙った映画ではなさそうだった。丁寧なのかもしれないけど野心的には感じなかった。
      いいね
    • ジュラシック・ワールド/炎の王国
      フアン・アントニオ・バヨナ『ジュラシック・ワールド 炎の王国』観た。水門が開かれ、屋敷の扉が開け放たれという構造に、扉を使ったサスペンスが楽しい。いかにもスピルバーグっぽいどギツイ光や、暗がりにいる恐竜が溶岩によって照らされたり影の使い方もそこそこ。
      いいね
    • レディ・バード
      2018年上半期新作ベスト ①苦い銭 ②サバービコン ③グレイテスト・ショーマン ④ザ・スクエア 思いやりの聖域 ⑤マンハント 次点:レディ・バード
      いいね
    • 夜の浜辺でひとり
      ホン・サンス『夜の浜辺でひとり』観た。例えば喫茶店で待ちぼうけを食うシークエンスで店先でタバコを吸うキム・ミニの画面への収まり方や距離感がとても良い。楽譜をめくる音、キスの音、外でタバコを吸ってる際に聞こえる雨音やガラス越しに漏れる話し声、波の音など、音の使い方がスリリング。
      いいね
    • 恋は雨上がりのように
      永井聡『恋は雨上がりのように』観た。大泉洋の体臭の件など前半の羅列こそ悪くないけど、ショット一発で役者の可笑しみを出せていないのが辛い。回想、回想の構造も不恰好。ラストにドテッと転がり込んでくる小松菜奈のクローズアップも残念。
      いいね
    • ゲティ家の身代金
      リドリー・スコット『ゲティ家の身代金』観た。物語をただただ追って行くのみでミシェル・ウィリアムズの母親としての運動感が希薄だったり、クリストファー・プラマー邸に新聞が送られてきた際に発生する風や、美術館を訪れるシークエンスなど細部が滑っていてひたすらに空虚。
      いいね
    • レディ・バード
      グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』観た。演劇の打ち上げ後にトイレを待っている場面や、アメフトのコーチによる演劇指導、壁への落書きなどのアイデアが素晴らしく画面から笑いが生まれていて面白い。母との関係性を描くには、この手紙や車の使い方ではちょっと弱いか。
      いいね
    • 孤狼の血
      白石和彌『孤狼の血』観た。役所広司が旅館の監視カメラの映像を手に入れるために放火をしてからの流れだけ書き方が浮いている。冒頭に松坂桃李が傷を負うものの、二人の関係性には何ら関わってこなかったり、繕ったかのように映される実録っぽさや、かったるい泣きのパートがノイズになる。
      いいね
    • 犬ヶ島
      ウェス・アンダーソン『犬ヶ島』観た。食糧や臓器を分け与えるという行為にエモーションが不足していてノレず。傷を負うということに反映されているのかもしれないけれど。物語映画を志向しているのかわからないけど、前作同様にやたらと序盤が退屈で、数の多い登場キャラクターも捌き切れてない。
      いいね
    • 蝶の眠り
      チョン・ジェウン『蝶の眠り』観た。序盤こそ予想できない繋ぎ方に、そこそこサスペンスフルな展開など楽しめてはいたけど、段々と通俗的なメロドラマに絡み取られていく。菅田俊の車のサイドミラーに映し出される道が良かっただけに、別れの場面や万年筆など小道具の使い方が凡庸。
      いいね
    • フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
      ショーン・ベイカー『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』観た。ウィレム・デフォーが事務室で働いている間に子供たちのイタズラで停電が起きて、次のショットでトリュフォーのようなロングショットが入って住人がワラワラと外に出てくるショットがかなり笑える。雨の降らせ方など細部が気になる。
      いいね
    • ラブレス
      アンドレイ・ズビャギンツェフ『ラブレス』観た。夫婦を車のシートや遺体安置室などで横並びにし、決して対面させないことで不和を描く。鏡やガラスに、スマートホンなどあらゆる物を利用して物語ってはいるものの鈍重だし少し長い。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....