TOP >trans_americanマイページ

trans_american

さんのマイページ
trans_american
つぶやいた映画
1,211 本
総ツイート
1,233 件
マイページ閲覧数
5,643 view
ウォッチしている
9 人
ウォッチされている
8 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1211 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ブライトバーン/恐怖の拡散者
    冴えない彼女の育てかた Fine
    フッド:ザ・ビギニング
    空の青さを知る人よ
    蜜蜂と遠雷
    アド・アストラ
    HELLO WORLD
  • 僕のワンダフル・ジャーニー
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説
    ポラロイド
    天気の子
    フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~
    きみと、波にのれたら
  • 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
    プロメア
    ラ・ヨローナ~泣く女~
    キュクロプス
    アンノウン・ボディーズ
    移動都市/モータル・エンジン
    グリーンブック
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 赤毛のアン 卒業
      『赤毛のアン 卒業』ある程度ストーリーはわかってたけど、3部作通してみると、駆け足すぎて、濃い内容とはいえない。ダイアナやギルバートより、マリラ&マシューとの絆をもっと深く描いた上で、締めてほしかったな。
      いいね

      普通
    • 赤毛のアン 初恋
      『赤毛のアン 初恋』アンの恥ずかしい出来事をまとめた総集編的な構成かと。少女の成長や恋より、おバカ映画ぽくうつった。そもそも原作改変してるし、雑な作品になってしまったのは否めない
      いいね

      残念
    • 赤毛のアン
      『赤毛のアン』尺が短めなのに、色んなエピソードをさらっと流してるので、家族愛や友情が十分描かれていない。舞台の風景は大変美しいのですが、ドラマとしての魅力はいまひとつ
      いいね

      普通
    • シン・ジョーズ
      『シン・ジョーズ』ぶっ飛んだ設定に、ツッコミ入れても仕方ないけど、汚染された魚を食べる演出は無茶苦茶すぎる。アイデア勝負のサメ映画だが、怪物に対するキャラたちが一枚岩じゃなく、マジメにやってんのか、なめてんのか…、少々緊迫感に欠ける
      いいね

      普通
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』ファンからしたら、おなじみのキャラが多数出てくるけど、結果、ファーストガンダムとは別物だと確信。違和感だらけ。そして、最後までガンダム登場しないまま終わるのかよ・・・
      いいね

      普通
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』脇役キャラの過去が色々明かされるも、どうでもいい話を挟んでる印象だし、キャラ設定も変に色づけされて、気持ち悪かった。今作は見どころ少なく、面白くなかったね
      いいね

      残念
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』人型兵器・モビルスーツが投入される新たな戦争が現実化してくる展開で、一気に緊張感が高まるストーリーだった。なにげに、ララァ絡みで、シャアがキレるシーンには違和感があったな
      いいね

      普通
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』今回は、キャスバルの悪人ぶりを描いてるのだが、ある意味世渡り上手で、十分楽しめた。赤い彗星にとっては、随分都合のいい展開だったけど、彼と関わる者は、残酷な運命になるのね
      いいね

      良い
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』アクションは多くなく、ジオン側の人物像を丁寧に描いた内容です。ちょっと衝撃的なストーリーだったが、これから面白くなるのかなってかんじ。
      いいね

      良い
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』ファーストガンダムに繋がるエピソードだが、シリアスなドラマが展開される折々で、コミカルな演出があるのが白ける。でも、ハモンさんのただものではない活躍には魅力を感じた
      いいね

      良い
    • シュガー・ラッシュ:オンライン
      『シュガー・ラッシュ:オンライン』二人で力合わせて、目的達成するのかと思えば、予想外の寂しい展開。皮肉なのか、ラルフはヴァネロぺに新たな「道」を与えるきっかけをつくったことに…。結果オーライかもしれんが、少ししんみりする物語やった
      いいね

      良い
    • ぼくの名前はズッキーニ
      『ぼくの名前はズッキーニ』孤児院の内と外では、どちらが幸せかという難しいテーマが含まれてて、こどもには親も里親も選べないけど、考えさせられる作品かも。コレ、こどもが主人公だが、下ネタが連発されたりして、まさかの大人向けアニメでした
      いいね

      良い
    • Mr.インクレディブル
      『Mr.インクレディブル』主人公の設定が太りすぎだが、演出的にはウケる。ヒーローものとしては、こっそり仕事をする立場で描かれ、異色な印象で、内容は無難かな。伏線のはり方が見事だし、また、スーツの機能が多彩で、アイデアがすばらしい
      いいね

      良い
    • 億男
      『億男』佐藤健がダメ男に挑戦してるわけだが、肝心の話がつまらなくて大してみどころなかった。モロッコ旅行や青春を回想するシーンを長々と使われると、役者をかっこよく見せたいだけにしか思えず。それに、この作品にエンタメ性は無いやろ
      いいね

      残念
    • 累-かさね-
      『累-かさね-』漫画では女優の顔と人生を乗っ取る女が主人公らしいが、この実写版をみる限り、太鳳が、芳根の顔をできる限り撮らないように手回しして、主役はアンタじゃない、このアタシ!コレはアタシの映画なの!!と悪意を感じるwww
      いいね

      良い
    • 斉木楠雄のΨ難
      『斉木楠雄のΨ難』くだらない。ギャグ漫画の実写化だったが、テンポ悪く、笑いを連発させる作品にはなってないね。アホアホな設定の橋本環奈が顔芸で頑張ってたけど、だんだんうざくなってくる始末やし、『銀魂』と比べると、脚本も演出も雑
      いいね

      残念
    • 血を吸う粘土
      『血を吸う粘土』アイデア勝負のホラーだが、演出は笑える。男に浮気されたのか、生徒に八つ当たりする先生がうるさく、嫌なキャラで、なかなか退場しないのが不満wあと、呪われた粘土の真実はバカバカしいし、ぐにゃぐにゃという擬音が気持ち悪いよ
      いいね

      普通
    • 震える舌
      『震える舌』ホラー色がないわけではないが、たしかにコワかった。それに生々しい。親も医者も気迫がこもってるし、何より病気の子役が本当に痛々しくつらそうに熱演してるのも評価できる。平成に量産された難病映画に比べると、桁違いの渾身作でしょ
      いいね

      良い
    • トゥ・ヘル
      『トゥ・ヘル』設定からすると、ファンタジー系に思えるが、死者と繋がる奇跡も感動的なところも、枯れたニコラスケイジのファックシーンで汚され、作風が凄く下品。エロでカバーしてるわけじゃないだろうけど、演出にもっと工夫があればと悔やまれる
      いいね

      残念
    • ダンサー・イン・ザ・ダーク
      『ダンサー・イン・ザ・ダーク』闇に生きる主人公は何処ででも空想を膨らませ、歌を歌えれば明るくなれ、嫌な現実を忘れられるなら幸せにみえる。一般的に胸糞悪い作品でも、全く救いがないわけじゃなし、最後に託される眼鏡は嬉しい代物だったのでは
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....