TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
673 本
総ツイート
712 件
マイページ閲覧数
10,323 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
5 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
673 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • スノー・ロワイヤル
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    アメリカン・アニマルズ
    オーヴァーロード
    ラ・ヨローナ~泣く女~
    名探偵ピカチュウ
    アベンジャーズ/エンドゲーム
  • アガサ・クリスティー ねじれた家
    魂のゆくえ
    ハロウィン(2018)
    芳華-Youth-
    バイス
    ブラック・クランズマン
    バンブルビー
  • ふたりの女王 メアリーとエリザベス
    運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    シンプル・フェイバー
    岬の兄妹
    移動都市/モータル・エンジン
    グリーンブック
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!
      44本目『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』(@gardens_cinema)。キューバの経済情勢も宇宙での孤立も深刻な事態のはずなのに、この映画の中ではどこかほのぼの。インターネットの時代にアマチュア無線の可能性を感じるとは!
      いいね

      良い
    • スノー・ロワイヤル
      43本目『スノー・ロワイヤル』@ TOHOシネマズ与次郎。いつもの実は凄腕な怒れる親父的L・ニーソンかと思いきや、全く違ってふざけた映画。模範市民にマフィアも面目丸つぶれ。まるで墓碑のようにいちいち名前出すなんて悪ノリしすぎ!
      いいね

      良い
    • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
      42本目『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。怪獣同士の格闘劇をハリウッド版で観れる楽しさはあるも、ちょっと大味なストーリー。『キングコング:髑髏島の巨神』は好きだったけどなぁ。
      いいね

      普通
    • ROMA/ローマ
      41本目『ROMA/ローマ』(@gardens_cinema)。モノクロ映像によって生々しさが緩和され、どこかノスタルジック。監督自身の幼少期の記憶を基にした極私的な物語のはずなのに、普遍性を感じさせるという正に映画の不思議。
      いいね

      良い
    • アガサ・クリスティー ねじれた家
      40本目『アガサ・クリスティー ねじれた家』(@tenpara_tw)。予想外の犯人はクリスティーらしいけどポワロやミス・マープルのような名探偵の不在は物足りない。最後も唐突な終わり方で余韻みたいなものが描かれないところが若干不満。
      いいね

      普通
    • 魂のゆくえ
      39本目『魂のゆくえ』(@tenpara_tw)。最後のイーサン・ホーク扮する牧師のあたふたぶりは気の毒なくらい滑稽。苦悩する牧師を救うのが信仰ではなく牧師に救いを求めた信者女性だったことにある意味深く納得。
      いいね

      良い
    • 芳華-Youth-
      38本目『芳華-Youth-』(@gardens_cinema)。中国・文工団の青春の眩さを描く普遍的な物語でありつつ、その運命を翻弄する負の歴史には圧倒され言葉もない。最後の劉峰と小萍の姿に少し救われたような深い余韻を残す。
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      37本目『アメリカン・アニマルズ』(@Mitte_10)。張本人のインタビューを挿入して彼らが起こしたショボい犯罪をなんとか昇華しようと試みた感じ。でも観たいのはノンフィクションかどうかに関わらず、ただ面白いストーリーなんだけど。
      いいね

      普通
    • オーヴァーロード
      36本目『オーヴァーロード』@ TOHOシネマズ与次郎。対ナチス戦争アクションと見せかけて実はジャンル横断的なエンターテイメント!B級かもしれないけど理屈抜きに面白いのでスルーは勿体ない。J.J.エイブラムス製作は伊達じゃなかった。
      いいね

      良い
    • ラ・ヨローナ~泣く女~
      35本目『ラ・ヨローナ 〜泣く女〜』。リンダ・カデリーニさんは「グリーンブック」や「シンプル・フェイバー」でも全く異なるタイプの役で印象に残る演技を見せていたなかなか注目の女優。映画自体はオーソドックス過ぎるきらいはあるけど。
      いいね

      普通
    • バジュランギおじさんと、小さな迷子
      34本目『バジュランギおじさんと、小さな迷子』(@gardens_cinema)。脚本のプラサード氏は「バーフバリ 伝説誕生」の原案者にして監督の父親!どうりで迷子の旅も国境を越え、宗教を超える壮大さ。フィクションの理想を見た思い。
      いいね

      良い
    • 名探偵ピカチュウ
      33本目『名探偵ピカチュウ』。ピカチュウたちの質感がリアル?なのには驚いた。ファンなら彼らを眺めるだけでも満足なのでは。R・レイノルズの声でしゃべるピカチュウってどういうことかと思ったら、ちゃんとストーリー上の必然があったのだった。
      いいね

      普通
    • ブラック・クランズマン
      32本目『ブラック・クランズマン』(@tenpara_tw)。スパイク・リーだけに人種差別をネタにした単なるコメディーなわけもなく、最後は容赦なく現在進行形の現実を突きつけられる。こういう映画も必要だというのはわかるんだけど・・・
      いいね

      普通
    • ふたりの女王 メアリーとエリザベス
      31本目『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(@tenpara_tw)。メアリー・スチュアートの悲劇もさることながら、エリザベスの抱える孤独と悲哀が印象的。その双方相俟っての連合王国成立の歴史をS・ローナンとM・ロビーが好演。
      いいね

      良い
    • アベンジャーズ/エンドゲーム
      30本目『アベンジャーズ エンドゲーム』。MCUの作品群をよくぞここまで総括した。シリーズ最終作としては最高傑作の部類。悲観的状況から始まりつつ、多彩なヒーローが長年紡いできた故のユーモアもあって、最後はしっかり感動させてもらった。
      いいね

      良い
    • あなたはまだ帰ってこない
      29本目『あなたはまだ帰ってこない』(@gardens_cinema)。帰るかどうかもわからぬ夫を待ち続ける作家の精神的苦悩の回想。占領下パリにおける傀儡のような人々やナチスの蛮行について知る由もなかった様子が描かれ興味深かった。
      いいね

      良い
    • ハロウィン(2018)
      28本目『ハロウィン』@ TOHOシネマズ与次郎。40年ぶりの続編に第一作目のファンは納得したのか?比べるのも野暮だけどルカ・グァダニーノ版「サスペリア」の心意気を再確認する結果に。
      いいね

      残念
    • バイス
      27本目『バイス』(@tenpara_tw)。C・ベールらの演技合戦を楽しみにしてたけど、途中寝落ちしてしまった(体調の問題)ので評価なし。
      いいね
      評価
      なし
    • THE GUILTY/ギルティ
      26本目『THE GUILTY/ギルティ』(@Mitte_10)。主人公の想像力の働かせ方、またそれ故のミスリードにしてやられた。誰かを救おうとする行為が結局は自己の贖罪、魂の救済につながるというメッセージもよい。
      いいね

      良い
    • 岬の兄妹
      25本目『岬の兄妹』(@Mitte_10)。兄妹の置かれている境遇は哀しくも、悲惨さが過ぎて逆にユーモラスだったり滑稽だったりする。でも結局はやっぱりまた哀しいのだ。最後の真理子のまなざしが静かに訴えかけてくる。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....