TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
611 本
総ツイート
645 件
マイページ閲覧数
9,237 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
611 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • クワイエット・プレイス
    散り椿
    コーヒーが冷めないうちに
    プーと大人になった僕
    MEG ザ・モンスター
    アントマン&ワスプ
    検察側の罪人
  • ペンギン・ハイウェイ
    オーシャンズ8
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    インクレディブル・ファミリー
    ウインド・リバー
    グッバイ・ゴダール!
    ジュラシック・ワールド 炎の王国
  • バトル・オブ・ザ・セクシーズ
    ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
    女と男の観覧車
    ワンダー 君は太陽
    万引き家族
    レディ・バード
    ビューティフル・デイ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 散り椿
      73本目『散り椿』。同じく故・葉室麟原作の『蜩ノ記』にも出ていた岡田准一の殺陣は、スタッフに名を連ねるほど流石の腕前。オールロケの映像も美しい。理不尽の中にあって清廉な生き方を貫かんとする侍の姿はせつなくも胸を打つ。
      いいね

      良い
    • クワイエット・プレイス
      72本目『クワイエット・プレイス』。意外に厳しい評価はホラー映画的な喧伝のせい?ツッコミところはあるものの緊迫感溢れるサスペンス&家族ドラマ。何よりE・ブラントが逞しくカッコいい。さあこれからってとこで潔く終わるラストカットがいい。
      いいね

      良い
    • クワイエット・プレイス
      映画館で鑑賞中に緊急エリアメール。ちなみに『クワイエット・プレイス』でした(笑)。
      いいね
    • マザー!
      『マザー!』amazon primeで鑑賞。神は人間の願いを聞届けてくださるのではなく、むしろ試練を与えたもう存在ということか。連環構造には思わずニヤリ。神経衰弱に追い込まれるJ・ローレンスが満更でもないと思うのは性格悪いだろうか。
      いいね

      良い
    • コーヒーが冷めないうちに
      71本目『コーヒーが冷めないうちに』。この手のファンタジーは設定に乗れるかどうかが肝なのだが、“4回泣けます”の惹句は感動の押売り感ばかり強くて・・・あとコーヒーはやっぱり熱いのが好きだ。
      いいね

      残念
    • MEG ザ・モンスター
      70本目『MEG ザ・モンスター』。マシ・オカさんお久しぶり。サメ映画の歴史に巨大ザメVS.J・ステイサムというジャンルが加わった!?中国資本の影響と思われる描写に目をつむればそこそこ楽しめる夏のエンタメ作品。
      いいね

      普通
    • ウインド・リバー
      69本目『ウインド・リバー』(@tenpara_tw)。サスペンスより社会的メッセージの強い作品。荒涼たる雪景色に米社会の闇が浮かび上がる。観客はE・オルセン演じる新米捜査官と同様に過酷なネイティブアメリカン保留地の現実を知るのだ。
      いいね

      良い
    • プーと大人になった僕
      68本目『プーと大人になった僕』。最初,プーの言葉は大人になったクリストファー・ロビン(そして映画を観ている自分)の心に響かなかったけれど、やがて「なにもしない」をすることが素晴らしい何かを生む展開に素直にほっこりできた。
      いいね

      良い
    • バトル・オブ・ザ・セクシーズ
      67本目『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(@tenpara_tw)。男女の戦いだけど、本当の敵は自分らしく生きることを阻む世間。それはビリー・ジーン、ボビーともに同じだったのでは。M・ストーン、S・カレルを始めキャストが魅力的。
      いいね

      良い
    • アントマン&ワスプ
      66本目『アントマン&ワスプ』。前作同様、身体を自在に縮小・拡大しながら展開するアクションがとにかく楽しい。まくし立てるM・ペーニャも最高に可笑しい。そしてM・ファイファーの登場にオールドファンは歓喜するのだった。
      いいね

      良い
    • カメラを止めるな!
      65本目『カメラを止めるな!』。劇中人物の作品作りへの想いとこの映画を撮ったスタッフの想いがシンクロする素晴らしい映画だ。素直に面白いので、すべてを分かった上でもう一度観たくなる。
      いいね

      良い
    • ペンギン・ハイウェイ
      64本目『ペンギン・ハイウェイ』@ TOHOシネマズ与次郎。かつての少年の胸にもグッとくる年上のお姉さんへの憧れ。夏の終わりに相応しいジュブナイルSFだった。アオヤマ君役は「バイプレイヤーズ」の北香那さん。気付かなかったなぁ。
      いいね

      良い
    • 検察側の罪人
      63本目『検察側の罪人』。二宮演じる沖野が被疑者を取り調べるシーンは緊迫感があって見応えがあった。原作映画化の難しさというか詰め込み過ぎて散漫になった印象。キムタク演じる最上の旧友の政界エピソードはばっさり切ってもよかったのでは。
      いいね

      普通
    • グッバイ・ゴダール!
      62本目『グッバイ・ゴダール!』(@tenpara_tw)。ゴダールってこんな人だったのかというのが率直な感想。60'sファッションに身を包んだアンヌ役ステイシー・マーティンがとにかくキュートだった。
      いいね

      普通
    • 女と男の観覧車
      61本目『女と男の観覧車』(@tenpara_tw)。これはまた「ブルージャスミン」にも通じるような辛辣さながら、突き放して眺めると滑稽な人間模様。目下の心配は今後W・アレンの映画を劇場で観ることができるかどうかなのだった。
      いいね

      普通
    • オーシャンズ8
      60本目『オーシャンズ8』。「オーシャンズ」スタイルの犯罪映画のキャストを女性たちに置き替えただけと言ってしまえばそれまでだが、そこに時代性を感じるし一番の魅せどころでもある。とにかく女性キャストたちが個性的でカッコいいのだ。
      いいね

      良い
    • インクレディブル・ファミリー
      59本目『インクレディブル・ファミリー』。前作から14年も経ってまたこの家族に会えるだけでも嬉しいし普通に楽しめるのだけど、今回はマーベルやDCの映画でも描かれたヒーロー活動の正当性の問題に踏み込んでいて、やはりピクサーは侮れない。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      58本目『ミッション:インポッシブル フォールアウト』。トム・クルーズの尋常ならざるアクションは言うに及ばず、今回、個人的にはイルサ(R・ファーガソン)とジュリア(M・モナハン)!という二人の女性に囲まれるイーサンの姿に胸打たれた。
      いいね

      良い
    • ビューティフル・デイ
      57本目『ビューティフル・デイ』(@Mitte_10)。スタイリッシュといえばそうなのだけど、説明的な台詞を用いずフラッシュバックを多用する演出に戸惑ってしまい・・・すべてを分かった上で再見するとまた違うんだろうなぁ。
      いいね

      普通
    • 5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
      56本目『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』(@gardens_cinema)。強度近視の自分から見ても主人公の挑戦にはヒヤヒヤで無謀とも思える驚きの実話。やはり持つべきは友で、一見チャラいがいい奴の存在あってこその奇跡。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....