TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
917 本
総ツイート
959 件
マイページ閲覧数
18,256 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
7 人
2020年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
917 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 渇きと偽り
    犬も食わねどチャーリーは笑う
    ブレット・トレイン
    NOPE/ノープ
    プアン/友だちと呼ばせて
    女神の継承
    ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
  • キャメラを止めるな!
    ボイリング・ポイント/沸騰
    X エックス
    ブラック・フォン
    バズ・ライトイヤー
    ベイビー・ブローカー
    神は見返りを求める
  • ザ・ロストシティ
    PLAN75
    冬薔薇
    流浪の月
    シン・ウルトラマン
    ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
    ツユクサ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 犬も食わねどチャーリーは笑う
      47本目『犬も食わねどチャーリーは笑う』。いろいろ身につまされながら笑ってたら意外に感極まる場面も。途中、二人の関係が修復したかに見えてまたこじれてしまったり、結局夫婦と言えども個人と個人なんだな。#犬チャリ感想いい意味で
      いいね

      良い
    • 渇きと偽り
      46本目『渇きと偽り』オンライン試写。旧友が起こしたという無理心中事件を調べつつ、自らも苦い過去と向き合う連邦捜査官。事件の真相が明らかになっても失われたものは戻らない。いくら田舎町でも地元警察の捜査が杜撰すぎないか?
      いいね

      普通
    • ブレット・トレイン
      45本目『ブレット・トレイン』。「ゆかり」はいいけど、こんな殺し屋占有率の高い列車に乗り合わせてしまったら大変。飄々と演じるブラピが楽しい。運の善し悪しって何なんだろう。
      いいね

      良い
    • プアン/友だちと呼ばせて
      44本目『プアン 友だちと呼ばせて』(@tenpara_tw)。カセットテープがリバースするようにウードからボスの物語へと切り替わる構成が素敵。B面にウードが旧友と再会した理由が隠されてたとは。せつなくも爽やかな余韻の青春ドラマ。
      いいね

      良い
    • NOPE/ノープ
      43本目『NOPE/ノープ』。度々挿入されるチンパンジーによる惨劇と今回の一件との関わりは?人は娯楽のため様々なものにカメラを向け見世物として消費し尽くしてきた。対象が反撃してくるなんて思いもよらずに油断している人びとへの警鐘か。
      いいね

      良い
    • ボイリング・ポイント/沸騰
      42本目『ボイリング・ポイント/沸騰』(@gardens_cinema)。レストランの一夜がこんなにスリリングに映るとは全編ワンショットの効果恐るべし。そして厨房やホールで繰り広げられるドラマはまさに社会の縮図なのだった。
      いいね

      良い
    • 女神の継承
      41本目『女神の継承』(@Mitte_10)。ドキュメンタリー手法とタイ北部の風景が相俟って、実際の祈祷師一族を描いているかのようなリアルな恐怖というか禍々しさ。ニムの残した最後の言葉は何を意味するのか、頭から離れない。
      いいね

      良い
    • ブラック・フォン
      40本目『ブラック・フォン』(@tenpara_tw)。超常現象ものではあるけど、それ自体は少年を危機に陥れるのではなくむしろ救いの手段となっているのがユニークなジュヴナイル的一篇。仮面のせいでE・ホークよく分からず。
      いいね

      普通
    • ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
      39本目『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』。人類が自ら招いた禍への落とし前としては〝共生〟しかあり得なかったかも。スパイ映画さながらのバイクとラプトルのチェイスなどアクションは見どころ。
      いいね

      良い
    • キャメラを止めるな!
      38本目『キャメラを止めるな!』。オリジナルに忠実なリメイクで目新しさは少ないものの、R・デュリスやB・ベジョといった著名なフランス人キャストが嬉々として演じてくれているのを見ているだけで楽しかった。
      いいね

      良い
    • X エックス
      37本目『X エックス』@ TOHOシネマズ与次郎。印象としては、レトロなホラー映画というより、タランティーノ、R・ロドリゲスが模した2本立てB級ジャンル映画を彷彿とさせる。ちょっと遊びが足りないけど。
      いいね

      良い
    • ザ・ロストシティ
      36本目『ザ・ロストシティ』。なんとなく「ロマンシング・ストーン」みたいな冒険譚を勝手に期待していたのが良くなかったかも。ロレッタの執筆する〝ロマンス小説〟なるものこそが物語のツボだったのね。
      いいね

      普通
    • 神は見返りを求める
      35本目『神は見返りを求める』(@tenpara_tw)。チャンネルがバズってからどんどん嫌な感じになってくゆりちゃんとそれに呼応して執拗な嫌がらせを始める田母神さん。その負の感情の連鎖を嘲笑いつつも納得して見てしまっていた。
      いいね

      良い
    • バズ・ライトイヤー
      34本目『バズ・ライトイヤー』。トイ・ストーリーのアンディ少年が夢中になるのも納得。宿敵ザーグとの驚くべきエピソードも。子どもに特殊相対性理論が理解できるのか?なんて野暮なことは言わないでおこう。
      いいね

      良い
    • ベイビー・ブローカー
      33本目『ベイビー・ブローカー』。闇で養子を仲介する稼業は確かに違法かもしれないが、一緒に旅する疑似家族に絶対的な悪人はいない。赤ん坊のみならず、一人ひとりの命を無条件に肯定する或る言葉が染みた。
      いいね

      良い
    • PLAN75
      32本目『PLAN75』(@Mitte_10)。近い将来の現実を見せられているのか。いかにも自分の意思のようで仕向けられた自死の選択。経済的弱者にとっては恐ろしいシステム。ミチ(倍賞千恵子)の佇まい、若者たちの躊躇いに微かな希望も。
      いいね

      良い
    • 冬薔薇
      31本目『冬薔薇』(@tenpara_tw)。わかり合えない父と息子。やり直しの難しい不寛容な社会。淳を演じた伊藤健太郎自身の境遇と重なって見えるような説得力を感じた。安易な決着を拒むような結末が苦い。
      いいね

      良い
    • ハッチング―孵化―
      30本目『ハッチング―孵化―』(@tenpara_tw)。誰もが心の中に怪物を飼っている時期があったのではないか。大抵は空想上のものに過ぎないのだけど。上辺だけの理想の家族に巣くう生き苦しさを見応えあるホラーに昇華した手腕に脱帽。
      いいね

      良い
    • 流浪の月
      29本目『流浪の月』。DV加害者の心の弱さや誰にも理解されないマイノリティの哀しみなどを繊細に表現した役者陣。数々の韓国映画の名作を手がけた撮影監督による映像も美しかった。
      いいね

      良い
    • シン・ウルトラマン
      28本目『シン・ウルトラマン』。エヴァの使徒を思わせる矢継ぎ早の禍威獣襲来。M78星雲からやって来た彼は何故に地球(日本)を守ってくれるのか。子どものときは疑問に思わなかった問いがこんなドラマを産むとは!
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      sa9237a
      3741movies / tweets

      follow us