TOP >tsururutoマイページ

tsururuto

さんのマイページ
tsururuto
つぶやいた映画
123 本
総ツイート
123 件
マイページ閲覧数
2,536 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

tsururutoさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
123 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 万引き家族
    デッドプール2
    ファントム・スレッド
    ゲティ家の身代金
    孤狼の血
    モリーズ・ゲーム
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
  • 君の名前で僕を呼んで
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    レディ・プレイヤー1
    ミスミソウ
    ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    トレイン・ミッション
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
  • ヴァレリアン 千の惑星の救世主
    レッド・スパロー
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    グレイテスト・ショーマン
    ロープ 戦場の生命線
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ファントム・スレッド
      『ファントム・スレッド』男女の愛とエゴが捻じれあいながら驚きの結末を迎える。これもまたひとつの愛の形か。華やかなファッション界の裏側や夫婦関係あるある等、PTA作品にしては取っつきやすい印象。でも細部を見ればかなりディープな話。
      いいね

      良い
    • 万引き家族
      『万引き家族』懐かしさを覚えるような暖かな家族な絆を描く前半。後半家族の秘密が明かされるに連れ現代の日本の社会におけるその絆の危うさが描かれる。話題作だけど事前にあまり情報を入れずに見たほうが良いと思う。安藤サクラが素晴らしい。
      いいね

      良い
    • ミスミソウ
      『ミスミソウ』閉鎖的な過疎の町を舞台に鮮血が雪上を染める美しくも残酷な復讐劇。鑑賞後の救いのない虚無感。連鎖し捻じれる善悪の観念と暴力性。すべての登場人物の造形が無駄なく丁寧に描かれているのが素晴らしい。深い余韻を残す作品。
      いいね

      良い
    • デッドプール2
      『デッドプール2』下ネタ満載の悪乗りギャグは切れが良く楽しめたが、メタなギャグや流行の80s文化引用ネタは内輪受け的な感がありイマイチ乗りきれず。反差別や家族とかテーマの着地点も凡庸。やるならもっと徹底的に滅茶苦茶な話のほうが良い。
      いいね

      普通
    • ゲティ家の身代金
      『ゲティ家の身代金』歴史ある街並や大邸宅の室内、夜と闇の画はいつもながら一級品。淡々と進む展開で金に取りつかれた巨人ゲティをめぐる寓話のような作り。それ故にゲティの怪物ぶりの描写が足りないのが惜しい。おそらく役者交代の影響だろうね。
      いいね

      良い
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』生まれ育った環境や世論によって主人公の人生が大きく左右されていく様をブラックな笑いを交えつつ描いている。裁判時のトーニャの叫びが心に刺さる。自宅警備員には笑った。80sの音楽の使い方も絶妙。
      いいね

      良い
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』任侠ものというよりバディムービー。アウトロー刑事を演じる役所広司の熱い演技に圧倒された。その意志を継ぐ松坂の最後の笑顔も素晴らしい。後半大神がちょっと良い人扱いされ過ぎだけど。全編から溢れる熱量がすさまじく、面白かった!
      いいね

      良い
    • モリーズ・ゲーム
      『モリーズ・ゲーム』何度もどん底に落ちながら才気と度胸で運命を切り開く主人公の波乱万丈な人生がスピード感溢れる展開で小気味良く描かれる。彼女が成功に拘る理由が明かされる父との会話は泣ける。好きなジェシカの声がたくさん聞けるのが最高。
      いいね

      良い
    • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
      『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』バトルシーンはカッコいいし、各ヒーローを違和感なく登場させているのは上手い。ただ、話は後編への壮大な前振りとしか思えず、ラストに衝撃を感じなかった。サノスもあまり強そうでないし。後編に期待。
      いいね

      普通
    • 君の名前で僕を呼んで
      『君の名前で僕を呼んで』禁断の恋が外部からの障害が全くないばかりか、むしろ周囲の暖かい祝福もとで得難い美しい経験として描かれている。やがて訪れる必然としての別れは切なすぎるが、人生で最も輝く一瞬をティモシー・シャラメが体現した作品。
      いいね

      良い
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』前半は日本のアニメで見たことがあるような展開でちょっとかったるい。リアルの比重が増える中盤から俄然面白くなる。オタク要素の引用はあっさり目で、映画やドラマの引用がやはり冴えている。シャイニングのシーンは最高。
      いいね

      良い
    • ヴァレリアン 千の惑星の救世主
      『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソンらしいカラフルでユーモラスでユートピア的なSF映像が素晴らしい。特に変換機奪取あたりまでは最高。後半本筋から逸れたエピソードが多く話がダレるのが残念。主役コンビで続編が見たい。
      いいね

      良い
    • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
      『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』前作の奇想天外な冒険感は薄れ、現実とゲーム内のキャラのギャップの可笑しさを軸にキャラゲーならぬキャラ映画になっていた。各キャラはそれぞれ良い味を出しているので最後まで飽きずに楽しめた。
      いいね

      普通
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』最近は実話の映画化物が多いが、そこはさすがにスピルバーグ御大で無駄がなく密度の高い人間ドラマに仕上がっている。テーマも実にタイムリー。ジョン・ウィリアムズのスコアが素晴らしい。
      いいね

      良い
    • トレイン・ミッション
      『トレイン・ミッション』序盤はリストラ中年オヤジの悲哀感たっぷりのリーアム・ニーソンが良い。サスペンスとしてはシンプルで突っ込みどころも多いが、通勤列車内という設定を巧く生かしている。良い意味で日曜洋画劇場で見たいスケール感の良作。
      いいね

      良い
    • レッド・スパロー
      『レッド・スパロー』変態チックなスパイ養成施設のパートは良かった。最初から正体バレバレ、言うほどハニートラップが役立ってないしでスパイ物としては緊張感が足りない。ジェニファー・ローレンスは頑張っているが小娘にしか見えないんだよね。
      いいね

      普通
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』一見幸せな家族に謎めいた少年が近づくことで人間の力関係が揺らぎ滑稽かつ残酷な結末を迎える。見る者を不安にするカメラワークや音楽が秀逸。理に落ちるところもあるが衝撃作だ。
      いいね

      良い
    • グレイテスト・ショーマン
      『グレイテスト・ショーマン』無駄のないテンポが良いストーリー展開と圧巻の音楽とダンスで楽しめた。メッセージのポジティブさが自分には少々眩しすぎたが。舞台慣れしたヒュー・ジャックマンははまり役で同性から見ても惚れる。
      いいね

      普通
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』本人達が演じた人物は下手なんだけど自然体な感じが良い。作品全体としては決して面白みは少ないのだが、奇跡であり必然でもあるテロ未遂事件の顛末は心に滲みる。何とも不思議な映画だった。音楽が相変わらず良い。
      いいね

      良い
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      『シェイプ・オブ・ウォーター』役者、美術、音楽などがとてもチャーミングな映画でした。ストーリー展開に意外性が少ないのが残念。ギレルモ・デル・トロならもっとやれるはず!マイケル・シャノンの存在感が凄い。トランプを意識したのかな。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....