TOP >usako_usagiclubマイページ

usako_usagiclub

さんのマイページ
usako_usagiclub
つぶやいた映画
1,573 本
総ツイート
2,186 件
マイページ閲覧数
34,526 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
14 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1573 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ハウス・イン・ザ・フィールズ
    パーム・スプリングス
    僕が跳びはねる理由
    サンドラの小さな家
    旅立つ息子へ
    水を抱く女
    テスラ エジソンが恐れた天才
  • ノマドランド
    騙し絵の牙
    ミナリ
    ビバリウム
    フィールズ・グッド・マン
    ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
    DAU. ナターシャ
  • 夏時間
    MISS ミス・フランスになりたい!
    ステージ・マザー
    あのこは貴族
    地球で最も安全な場所を探して
    世界で一番しあわせな食堂
    ある人質 生還までの398日
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • パーム・スプリングス
      『パーム・スプリングス』、お気楽コメディーかと思いきや、人生や人間関係について考えさせられる、深い作品。登場人物のキャラ設定も◎。タイムループから抜け出す方法にも感動!クライマックスで素敵な台詞が出てくるので、ぜひチェックしてほしい
      いいね

      良い
    • ハウス・イン・ザ・フィールズ
      『ハウス・イン・ザ・フィールズ』モロッコのアトラス山脈に住む姉妹を描いた作品。ドキュメンタリーなのに、演出っぽい箇所も多々。登場する人々の顔の特徴や、考え方、暮らしぶりが非常に興味深い。終盤の映像が圧巻で、これだけでも見る価値あり。
      いいね

      良い
    • 僕が跳びはねる理由
      『僕が跳びはねる理由』5年前に読んだ同作が映画化されたと聞いて、ろくに調べずに鑑賞したら、米英合作で全編英語。この本が翻訳され、世界で読まれていることすら知らなかった。世界の5人の自閉症の男女とその家族やが描かれ、本同様興味深かった
      いいね

      良い
    • サンドラの小さな家
      『サンドラの小さな家』丁寧なリサーチに基づく、実話かと思うほど説得力のある脚本。娘二人を連れてDV夫から逃れた主人公が、他者の力を借りて家を建てる物語。弱者への配慮が足りていないシステムに怒りを感じ、終盤の展開に胸が潰れそうになった
      いいね

      良い
    • テスラ エジソンが恐れた天才
      『テスラ エジソンが恐れた天才』予想もしない大胆な演出に驚いたけど、嫌いじゃないw テスラ、エジソン、ウェスティングハウスともに『エジソンズ・ゲーム』とはかなり違うキャラ。テスラが描いていた未来にまだ私たちは追いついていないのかも。
      いいね

      良い
    • 水を抱く女
      『水を抱く女』モチーフとなった「水の精 ウンディーネ」は未読。現代のおとぎ話のように不思議な物語はもちろん、主人公が語るベルリンの歴史が興味深い。F.ロゴフスキ演じる善良なキャラと作品ごとにまったく違う表情を見せるP.ベーアが魅力的
      いいね

      良い
    • ノマドランド
      『ノマドランド』住処を失い、車上生活しながら色々な仕事を渡り歩く60代女性。他に選択肢がなかった人もいるだろうが、ノマドという生き方を選んだ主人公に清々しさすら覚えた。美しくも過酷な自然と同じくらい、ソネット18に時間の重みを感じた
      いいね

      良い
    • 騙し絵の牙
      『騙し絵の牙』原作は未読。期待していた以上に面白かったものの、騙された感も驚きもあまりなく、宣伝でハードルを上げすぎた気が。一番驚いたのは飼い主を無視し続ける犬と、何十稿も読んでその情報が頭の中に入っている高野。本屋に行きたくなった
      いいね

      良い
    • 旅立つ息子へ
      『旅立つ息子へ』自閉症スペクトラムの息子ウリ、彼の世話をしてきた父アハロン、ウリを支援施設へ入所させようとする母。施設を嫌がるウリとアハロンが辿る場所と、20年前の私自身のイスラエル旅行が重なる。良い作品なのに、ネタバレな邦題が残念
      いいね

      良い
    • 【Netflix映画】ザ・プロム
      『【Netflix映画】ザ・プロム』新宿ピカデリー映画祭にて三度目の鑑賞。「ライブ音響上映」と銘打っているだけあって、内臓にまで響いてくる重低音に鳥肌。素晴らしい音響と今までで一番大きなスクリーンで最高にアガる音楽とダンスを堪能した
      いいね

      良い
    • フィールズ・グッド・マン
      『フィールズ・グッド・マン』カエルのキャラクター「ペペ」が、ネットミームとして拡散され、作者の意図とは真逆のヘイトシンボルとなった過程とその後を描く興味深いドキュメンタリー。社会の分断、画像の二次利用、表現の自由等色々考えさせられた
      いいね

      良い
    • ミナリ
      『ミナリ』途中までは「これがアカデミー賞作品賞ノミネート?」と思いきや、終盤の畳みかけるような展開とクライマックスの演者の演技は見事。でも農業がモチーフの作品なのに、アーカンソーで夏野菜と冬野菜を同時に収穫するシーンは非現実的で残念
      いいね

      良い
    • 夏時間
      『夏時間』父の事業の失敗で祖父の家に住むことになった姉弟の夏を描く。1980年代?かと思いきや、iPhoneの着信音にびっくり。床に座って食べたり、蚊帳の中で寝たりと、昔の日本のようかと思えば、家族・親族の距離感の違いが興味深かった
      いいね

      良い
    • ビバリウム
      『ビバリウム』深い。しかも最後まで謎は解けない。働かずとも住む場所と食事が与えられ、愛する人と一緒に住んでも幸せでない二人。Vivariumというタイトルのとおり、「飼われる」ことについて考えさせられた。うちのうさぎは幸せだろうか?
      いいね

      良い
    • ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
      『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』超豪華キャスト、素晴らしい物語なのに単館上映!? ベトナム戦争下、自らを犠牲にして多くの命を救った兵士はなぜ名誉勲章を授与されなかったのか?終盤のスピーチに涙。S.スタンのスーツ姿が◎
      いいね

      良い
    • MISS ミス・フランスになりたい!
      『MISS ミス・フランスになりたい!』どちらかと言えばミスコンにはアンチだけど、これは期待以上に良い作品。本当に女性かと思うほどの表情を見せるA.ヴェテールの美しさが固定観念を覆す。「他人に自分の価値を決めさせるな」素晴らしい言葉
      いいね

      良い
    • DAU. ナターシャ
      『DAU. ナターシャ』プロジェクトDAUに関してある程度知識がないと理解しづらいし、画面で起こっていることをどう解釈すべきか戸惑うのでは。社会体制や環境、状況次第では自分もナターシャのような人生だったかもしれないと考えさせられた。
      いいね

      良い
    • あのこは貴族
      『あのこは貴族』今の時代ここまで世間知らずなお嬢様がいるのだろうか?と思いつつも、裕福な良家の子女であっても、さまざまな事情により実は人生の選択肢が限られているという現実を見せつけられる。生まれ落ちた階級に縛られない社会にしなければ
      いいね

      良い
    • ステージ・マザー
      『ステージ・マザー』ドラァグクイーンだった息子の訃報を受け、テキサスからサンフランシスコにやってきた母。物語にそれほど説得力はないが、息子の死、差別や偏見、性暴力、ドラッグ、自身の人生と真摯に向き合う主人公をJ.ウィーヴァーが好演
      いいね

      良い
    • ある人質 生還までの398日
      『ある人質 生還までの398日』シリアの非戦闘地域でISに誘拐されたデンマーク人写真家。拷問や飢えに苦しむ本人は言うまでもなく、家族の気持ちを考えると観るのも辛かった。私が彼らの立場だったら、最後まで希望を持ち続けられただろうか?
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      WaseiG
      3892movies / tweets

      follow us