TOP >usako_usagiclubマイページ

usako_usagiclub

さんのマイページ
usako_usagiclub
つぶやいた映画
1,421 本
総ツイート
2,031 件
マイページ閲覧数
32,604 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
14 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1421 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 21世紀の資本
    精神0
    グリーン・ライ〜エコの嘘〜
    最高の花婿 アンコール
    ナイチンゲール
    三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
    弥生、三月 -君を愛した30年-
  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    ジョン・F・ドノヴァンの死と生
    ロミオとジュリエット(2020)
    ジュディ 虹の彼方に
    娘は戦場で生まれた
    地獄の黙示録 ファイナル・カット
  • 野性の呼び声
    レ・ミゼラブル(2020)
    黒い司法 0%からの奇跡
    チャーリーズ・エンジェル(2020)
    スキャンダル(2020)
    ダンサー そして私たちは踊った
    ミッドサマー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 精神0
      『精神0』「仮説の映画館」で鑑賞。『精神』は未見。私の両親と同世代のためか、山本夫妻の子供になったような気持ちで観てしまい、この撮影は芳子さんには辛かったのでは…と感じた。学ぶと同時に身につまされる作品。できれば映画館で観たかった。
      いいね

      良い
    • 21世紀の資本
      『21世紀の資本』人類の未来のために知るべきこと。「経済なんて自分には関係ない」と思う人こそ観てほしい。格差がもたらした過去、現在そして未来。一番興味深かったのは心理学の実験で示された人間の勘違いと傲慢さ。終盤に出てくる馬の話に戦慄
      いいね

      良い
    • グリーン・ライ〜エコの嘘〜
      『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』私たちがエコだと思っている企業や製品の想像を絶する裏側。衝撃的な映像とインタビューで暴かれる企業や政治家、政府の欺瞞。私たち一人ひとりの消費者が現実を知り、変わらなければ「持続可能」は決して実現できない
      いいね

      良い
    • 最高の花婿 アンコール
      『最高の花婿 アンコール』前作は未見。何だろう、こんなにモヤモヤした仏映画は初めて。全編を通して溢れ出る差別と偏見、短絡的な発想の数々。何事も笑いにして、お金で解決すればOK的な。タイトルは『最高のフランス』にすれば良かったのでは?
      いいね

      残念
    • ナイチンゲール
      『ナイチンゲール』絶対に観るべき映画。1825年のタスマニア。怖ろしくも神秘的な自然とどこまでも愚かな人間。武器と権力が人間を腐らせるのか、それとも愚かな人間が武器と権力に頼るのか。ビリーの涙の理由を知って、自分自身の傲慢さを恥じた
      いいね

      良い
    • 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
      『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』三島の言葉にはあまり共感できなかったけれど、三島はもとより当時の学生の蓄積された知、思考、それを表現する力、熱量が現代とは格段に違うことを実感。「わからない」という言葉で片づけない真摯さ。
      いいね

      良い
    • 弥生、三月 -君を愛した30年-
      『弥生、三月 -君を愛した30年-』序盤の弥生がまさに「地の塩」のような女性で一気に引き込まれた。人生の転機で流れる歌。亡くなる前にサクラが録音した言葉に、人生は辛いことだらけでも、生きていられることは決して当たり前ではないと再認識
      いいね

      良い
    • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
      『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』衣装とアクション以外は全体的に物足りない。ハーレイはジョーカーがいてこそ魅力的な気が。E.マクレガーの悪役も迫力に欠け、今一つ。ブラックキャナリーとハントレスはカッコイイ
      いいね

      良い
    • ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
      『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』失敗を重ねつつ、土、植物、微生物、虫、動物、人間、すべての生き物が役割を持ち、貢献し、共存する農場を作り上げていく夫婦と仲間たち。映像が素晴らしく、スクリーンがパラダイスになった。
      いいね

      良い
    • ジョン・F・ドノヴァンの死と生
      『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』K.ハリントンとJ.トレンブレイの声が心地よい。大人になったルパートの中盤の台詞に超共感。でも、手紙からはほとんど引用がなく、二人の友情が説得力に欠けたのと、他の登場人物の描き方も中途半端な点が残念
      いいね

      良い
    • レ・ミゼラブル(2020)
      『レ・ミゼラブル(2020)』必見!パリ郊外の街の人種・宗教・複雑な力関係・犯罪。少年の悪ふざけが、利害が絡んだ多くの大人を巻き込み、大惨事に。ラストで「この続きはあなた(観客)の今後の生き方次第」と突き付けられたような気がした
      いいね

      良い
    • ロミオとジュリエット(2020)
      『ロミオとジュリエット(2020)』素晴らしいダンスだけでなく、豪華な衣装、そして男性ダンサーの見事な足腰に見とれる95分。ただ、ジュリエットのボサボサ髪、ラストの二人の距離、そしてエンドロールに流れる曲は改善の余地があった気が…。
      いいね

      良い
    • ジュディ 虹の彼方に
      『ジュディ 虹の彼方に』『オズの魔法使い』以外のJ.ガーランドを知る2時間。歌で多くの人々に夢や希望を与える一方、さまざまな問題を抱え、周囲の人々を失望させる面も。ラストの引用には違和感。ジュディだったら逆のことを言うんじゃないかと
      いいね

      良い
    • 娘は戦場で生まれた
      『娘は戦場で生まれた』空爆の中、瓦礫だらけのアレッポに留まり続けた人々。血まみれの病院で救命にあたる医師、数え切れない死、奇跡のような新しい命。なぜ国際社会は卑劣なアサド政権の暴走を止められなかったのか?対岸の火事と思ってはならない
      いいね

      良い
    • 野性の呼び声
      『野性の呼び声』原作も過去の映像作品も未見。バックの表情が豊かすぎて違和感、さらにサイズがシーンによって違う気が。でもCGじゃなかったらガチで虐待なのでやむなし。CGと知りつつも、O.シーではなくもっと細い人にして!と心の中で叫んだ
      いいね

      良い
    • 黒い司法 0%からの奇跡
      『黒い司法 0%からの奇跡』物的証拠ゼロにもかかわらず1人の証言で殺人罪で起訴され、死刑宣告されたジョニーD。彼やさまざまな死刑囚を救おうとする弁護士ブライアン。差別や不正がまかり通り、正義がなされない歯がゆさ。ネタバレの邦題が残念
      いいね

      良い
    • 地獄の黙示録 ファイナル・カット
      『地獄の黙示録 ファイナル・カット』全人類必見。もはや神がかっている。戦争映画というより人間の心の闇を描いた作品。今まで私が観てきた映画は一体何だったんだと思うほどすべてを凌駕。これを観ずに映画好きだと名乗っていた自分が恥ずかしい。
      いいね

      良い
    • ミッドサマー
      『ミッドサマー』個人的には『パラサイト』以上の衝撃。妙に説得力のある物語。村人たちのまとまる力と共感度に何度驚いたことか。彼らがフレンドリーだったのはそういう理由だったからなのね…。こんな村が実在していなくて(!?)本当によかった…
      いいね

      良い
    • チャーリーズ・エンジェル(2020)
      『チャーリーズ・エンジェル(2020)』なんてCandidなエンジェル!何ならもう1回観たい!クライマックスの気持ちよさ。今までのシリーズで訓練を受けるシーン(すら贅沢)ってあった?一番最初とエンドロール途中に入る一番最後の台詞が◎
      いいね

      良い
    • 名もなき生涯
      『名もなき生涯』何という強さ!ただの愚か者だと思えるかもしれないが、私も主人公や彼の妻のような信仰と強さがほしい。最後のジョージ・エリオット(実は女性)の引用のとおり、神に忠実な名もなき人々がいなければ、世界はもっと悲惨だったのかも
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....