TOP >ville0096マイページ

ville0096

さんのマイページ
ville0096
つぶやいた映画
264 本
総ツイート
327 件
マイページ閲覧数
2,576 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

ville0096さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
264 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • サマーフィーリング
    ワイルドライフ
    Girl/ガール
    ペトラは静かに対峙する
    さよなら、退屈なレオニー
    ハウス・ジャック・ビルト
    ガラスの城の約束
  • 海獣の子供
    ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
    誰もがそれを知っている
    メモリーズ・オブ・サマー
    アナと世界の終わり
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    さよならくちびる
  • プロメア
    ガルヴェストン
    僕たちは希望という名の列車に乗った
    ラ・ヨローナ~泣く女~
    甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~
    アベンジャーズ/エンドゲーム
    幸福なラザロ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • サマーフィーリング
      「サマーフィーリング」観賞。陽光が射す夏だからこそ感じる喪失感、空虚な憂い。それらを体現したかの様な、哀感と繊細な空気に心打ち抜かれた。ベルリン、パリ、ニューヨークでの三度の夏を巡る淡く切ない映像美、作品全体に漂う涼やかで瑞々しい… https://t.co/Z7Dnog4KjS
      いいね

      良い
    • Girl/ガール
      「Girl/ガール」観賞。辛くて目眩がする程に生々しい葛藤とジレンマに満ちていて、でも同時に繊細で美しい作品だった。トランス・ジェンダーがテーマ故に、グザヴィエ・ドラン作品が引き合いに出されていたけど作風的には別物。ジェンダー云々… https://t.co/nqojUKJUMx
      いいね

      良い
    • ワイルドライフ
      「ワイルドライフ」観賞。エゴとプライドを捨てきれず逃避するジェイク・ギレンホール、徐々に壊れていくキャリー・マリガン、その愚かしくも人間臭い在り方に胸が詰まる。エド・オクセンボールドの表情で心の機微まで見せる演技も凄まじかった。故… https://t.co/z8bAhoN7rQ
      いいね

      良い
    • ペトラは静かに対峙する
      「ペトラは静かに対峙する」観賞。情緒的な描写は極力排し、人間の業や悲劇の連鎖を静謐に紡ぐ怪作。人間ではない者(神や天使)が俯瞰しているかの様なカメラワークは不穏や緊張感を加速させるし、意図的に時系列を断片化させ予め何が起こるかを提… https://t.co/YnmNWzgp7j
      いいね
    • ハウス・ジャック・ビルト
      「ハウス・ジャック・ビルト」観賞。ブラック・ユーモアなタッチでは覆い隠せない狂気と凄惨の極地。精神疾病と異常性癖に塗れたシリアルキラーの内面を抉る醜悪アートな内容はまさにラース・フォン・トリアーここに極まれりという感じ。繰り返され… https://t.co/ZwewJVUw6H
      いいね

      良い
    • メモリーズ・オブ・サマー
      「メモリーズ・オブ・サマー」観賞。70年代ポーランドを舞台にした、夏の幻の様に繊細で儚い映画だった。ポーランドの短い夏、湖や森等の田舎風景、破綻と隣り合わせな少年期。全てが淡い色味を帯びてリンクしては綻んで行く様に涙。「君の名前で… https://t.co/uJFbVOh9bo
      いいね

      良い
    • ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
      「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」観賞。レコード・ショップが舞台ということで、随所でCigarettes After SexやMitskiが流れたりと音楽好きには色々堪らない作品。劇中曲がまた珠玉の出来でサントラ購入不可避… https://t.co/O17UeRianX
      いいね

      良い
    • ガラスの城の約束
      「ガラスの城の約束」観賞。倫理や常識を越えたウディ・ハレルソンの破天荒過ぎる父親像は衝撃だし、腕相撲の一幕でブチ切れるブリー・ラーソンの鬼の形相は更に衝撃的。悲劇とも美談とも言い難い歪んだ家族愛の在り方に翻弄されつつも、最後には赦… https://t.co/LiE5sulWjA
      いいね

      良い
    • さよなら、退屈なレオニー
      「さよなら、 退屈なレオニー」観賞。鬱屈とした青春の苦味と葛藤を軸にした、瑞々しくもビターな味わいの青春譚。フランス映画的な気怠い空気と、現状を打破したいけど出来ないレオニーの心の機微がマッチしているのも良き。RUSHの楽曲を聴き… https://t.co/GiEfviSIwp
      いいね

      良い
    • さよならくちびる
      「さよならくちびる」観賞。作品全体にままならない人生の苦味や閉塞感といった空気が漂っていて、そんな内省的な雰囲気がとても好み。楽曲含めて門脇麦と小松菜奈のギターデュオのハマリっぷりも良い感じだし、各地のライブハウスを巡るロードムー… https://t.co/djvcAGZC3q
      いいね

      良い
    • 海獣の子供
      「海獣の子供」観賞。五十嵐大介の著作は「リトル・フォレスト」が大好きで、他作品もチェックしようと思いつつ…なタイミングで本作。もう圧巻の一言。海と空の描写、海洋神秘と生命根源の表現、全てが恐怖を覚える程の映像美で迫ってきて鳥肌。是… https://t.co/yq8X64kYBk
      いいね

      良い
    • プロメア
      「プロメア」観賞。まさにノンストップTRIGGER劇場。作画も世界観もトリガーらしく天元突破、今石作品全部盛りな内容で爽快の一言。何気に檜山修之と小西克幸がコンビなのもグレンラガン感マシマシだったり。ドリルとパイルバンカーとガイナ… https://t.co/rKkEsKJT8L
      いいね

      良い
    • アナと世界の終わり
      「アナと世界の終わり」観賞。ティーン青春ミュージカル×ゾンビスプラッターという、ホラーと笑いが交差する異色ながらも様式美を感じさせる楽しい作品だった。ライアン・ゴズリングやロバート・ダウニーJr.を揶揄するセリフとかもイチイチ面白… https://t.co/Z4JyJjfkla
      いいね

      良い
    • 誰もがそれを知っている
      「誰もがそれを知っている」観賞。今作もアスガー・ファルハディ監督らしい、重層的な脚本と徐々に紐解かれていく人間関係、確執と愛憎に胃が痛くなる思い。スペインの田舎風景を堪能出来る映像美と、エキゾチックな音楽がまた素晴らしい。やり切れ… https://t.co/324QfKJGA8
      いいね

      良い
    • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
      「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」観賞。庵野といいドハティといいガチ勢が作る作品はやっぱり濃い。愛故に詰め込まれ過ぎた情報量が激速で消化される点は「シン・ゴジラ」ぽかったり。あとチャン・ツィイーの立ち位置とビジュアル、平成VS… https://t.co/LeDn46iF9G
      いいね

      良い
    • ガルヴェストン
      「ガルヴェストン」観賞。冒頭からして深刻で目を背けたくなる結末は目に見えていながら、同時に心象風景を描いている様な瑞々しい映像美が心に刺さる逃避劇映画だった。風光明媚なロケーションの美しさと、エル・ファニングとベン・フォスターの陰… https://t.co/h8ZnVPVXfj
      いいね

      良い
    • 僕たちは希望という名の列車に乗った
      「僕たちは希望という名の列車に乗った」観賞。旧東ドイツの学生達が、授業中に行った2分間の黙祷をきっかけに「国家の敵」とみなされる実話ベースの青春映画。人物描写が秀逸で、抑圧下における衝動と苦悩を描いた重厚なドラマに涙。特にエリック… https://t.co/NVDTZaZvOk
      いいね

      良い
    • ガラスの城の約束
      備忘録。直近で観に行く予定の映画。加えて来月は敬愛するラース・フォン・トリアーやアスガル・ファルハーディーの新作に、大好きな「ショート・ターム」監督とブリー・ラーソンが再タッグした「ガラスの城の約束」も公開されるしでスケジュールが… https://t.co/Mk3hU95qil
      いいね
    • ラ・ヨローナ~泣く女~
      「ラ・ヨローナ ~泣く女~」観賞。ジェームズ・ワン作品らしいアッパー系ホラーで、終盤の攻防戦の熱さ含めて流石の内容。ラ・ヨローナの設定は、日本妖怪で言う所の姑獲鳥を彷彿させる悲劇的な側面があってグっとくる。主演が今が旬のリンダ・カ… https://t.co/dxCtv3FqSL
      いいね

      良い
    • 甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~
      「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」観賞。とにかく爽快かつ明快な仕上がりで感無量な出来。相変わらずの美麗作画で美樹本晴彦キャラをスクリーンで拝めるってだけでも最高だし、この感動は是非劇場で体験すべし。あとninelieはやっぱり名曲よな… https://t.co/PwgQbX6Da8
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....