TOP >writelefthandマイページ

writelefthand

さんのマイページ
writelefthand
つぶやいた映画
1,547 本
総ツイート
1,889 件
マイページ閲覧数
11,333 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
8 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1547 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ギャングース
    ハナレイ・ベイ
    イコライザー2
    1987、ある闘いの真実
    泣き虫しょったんの奇跡
    累 かさね
    きみの鳥はうたえる
  • タリーと私の秘密の時間
    タイニー・ファニチャー
    オーシャンズ8
    バンクシーを盗んだ男
    スターリンの葬送狂騒曲
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    インクレディブル・ファミリー
  • 未来のミライ
    BLEACH
    ジュラシック・ワールド 炎の王国
    少女ピカレスク
    女と男の観覧車
    ワンダー 君は太陽
    30年後の同窓会
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ハナレイ・ベイ
      映画『ハナレイ・ベイ』数えたカットは466。主演・吉田羊は吉田羊にしか見えなかったのだが、彼女の肉体を映画表現のために巧く使っていた。ハワイカットも所々いるか?というカットもあったがまあ許容範囲。1人明らかに棒読みだった配役には……使う理由があったとしても。 #eigamote
      いいね

      良い
    • ハナレイ・ベイ
      映画『ハナレイ・ベイ』鑑賞。原作読了済みの村上春樹ファンとしては、いくらでもウェットに転べる内容だけに「転ぶなよ」とはらはらしながら鑑賞。所々怪しい部分はあったが、結果転ばなかったかな、と。脚本・演出共に映画ならではの部分がうまくいっていて快哉を叫んだ。観てよかった。
      いいね

      良い
    • ギャングース
      東京国際映画祭『ギャングース』、日頃の心がけか僕モテの縁か、一発でサイトに繋がりチケットゲット。午後半休とって新幹線に飛び乗り、ぷらっとこだまで(笑)かけつけます。 #eigamote
      いいね
    • マンハント
      映画『マンハント』鑑賞。大仰な展開やダメ邦画を観ているかのようなわかりやすすぎる演出には首をひねった。ただ、ジョン・ウー監督らしい演出なのかもしれない。日本の街中でロケをした面白さもあるし、アクションエンタメ作品としては及第点だった。
      いいね

      良い
    • 触手
      映画『触手』鑑賞。触手との性行為という扇情的な引きに対し、思うにいかない日常を淡々と描く内容がほとんどだったのに面食らった。狙いとしては悪くないのだが、触手によって女性が変わった部分が明確に描かれず、結局何の話?という鑑賞後の印象もぬぐえない。
      いいね

      普通
    • サンダーアーム/龍兄虎弟
      映画『サンダーアーム/龍兄虎弟』鑑賞。物語の着地点は甘いものの、アクションシーンには目を見張るものがある。中盤の街中カーアクションの凄さおよび、クライマックスのやり直しがきかないだろう爆破シーンが凄かった。とくに後者は体に巻いた爆薬に火がついちゃうという仕掛けも巧かった。
      いいね

      良い
    • ランペイジ 巨獣大乱闘
      映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』鑑賞。乱暴ながら物語を積み上げているので、クライマックスは上がった。巨大生物に戦いを挑む画が成立するのはドウェイン・ジョンソンならでは。気がつくと物語にのめり込んで、ピンチの際には思わず声を上げてしまった。メイキングで出てきた原作ゲームプレイしたい。
      いいね

      良い
    • 累 かさね
      映画『累 かさね』数えたカットは987。主演2人が2人分の演じ分けをしているのがなんといってもカットの見所。舞台で舞を披露する下りは踊りができる土屋太鳳の肉体ならではの展開なのだが、役柄上舞っているのは累というねじれ現象が起きていたのがひときわ面白かった。 #eigamote
      いいね

      良い
    • 累 かさね
      映画『累 かさね』鑑賞。やりすぎてわざとらしい演出が引っかかり、30分ぐらいで途中退席しようかと迷った。最後まで気になる演出はあったのだが、迷った後あたりから転換して正気と狂気の堺をさまよう累たちの姿は見応えがあった。一番狂気に身を染めたのは3人のうち誰だったのか。
      いいね

      良い
    • ミスミソウ
      映画『ミスミソウ』鑑賞。内藤瑛亮監督らしい悪意を画に表出させる創りはとてもいい。前半は苛烈ないじめに本当に辟易したし暴力も痛々しくて見ていられなかった。しかし次第に主要登場人物がのきなみ一線を越えていってしまうと、狭い世界にこんな人物ばかり集まらんだろうと冷めてしまった。
      いいね

      普通
    • イコライザー2
      映画『イコライザー2』鑑賞。前作も今作のあらすじも全く入れずに劇場へ。謎の主人公に謎の事件が発生し……と序盤は引き込まれたのだが、あらすじにあるような展開になっていくとけっこう興ざめしてしまった。デンゼル・ワシントンは見栄えがしたが、物語作りのための展開に見えた部分があった。
      いいね

      普通
    • サニー 32
      映画『サニー 32』鑑賞。何がなんだかわからないところから始まり、ちょっと回収しきらない内容もある。しかし、中盤の北原里英無双シーンや終盤の門脇麦のシーンには目を見張るものがあった。白石和彌監督の問題意識も感じられ、フィクションでしか見られないものが感じられた。好きな作品。
      いいね

      良い
    • PARKER パーカー
      映画『PARKER パーカー』鑑賞。寡黙で強く、己の信念に忠実。というといつものステイサムのような気がするが、凡百の映画なら目標とする現金強奪が冒頭に来て、さらには悪党たちの仲間割れが物語の主軸になっているのも珍しい。後半ごちゃごちゃした感はあったが十分面白かった。
      いいね

      良い
    • ザ・ヴィレッジ
      映画『ザ・ヴィレッジ』鑑賞。皆に慕われた兄を事故で喪った主人公をドキュメント形式で撮影する始まりはよい。しかし、そこにオカルトが入ってきてから雲行きが怪しくなる。クライマックスはオカルトに振れるのだが暗闇の中で肝心なものがよく映らないまま逃げてエンド、という体たらく。残念。
      いいね

      残念
    • JURASSIC EARTH 恐竜惑星
      映画『JURASSIC EARTH 恐竜惑星』鑑賞。初期プレステで見たぞ、というレベルのCG映像を今見せられてびっくりする。恐竜が既にのさばっている現代、という飲み込みづらい設定に、その中で立ち回っている人物たちの言動が浅はか。軍の基地に入った後半もなにそれ展開に唖然。
      いいね

      残念
    • インビジブル・ウォー
      映画『インビジブル・ウォー』鑑賞。POVの戦争物かと思いきや、屋内に入っていくと不穏な展開。暗いPOVは見づらいし、物語もすっきりしないのでなんだかなぁ、という気にはなる。ただ、戦争もので『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』をやったのかと思うと、まあこんなものかな、と。
      いいね

      普通
    • レッドライン
      映画『レッドライン』鑑賞。幕間の物語がたいしたことない割に尺が永いので間延びするところはある。ただ、公道レースは迫力があったし、一般車の間をぶっ飛ばすシーンではぶつかっている一般車もあったのでそれなりの規模感に満足した。主人公が歌手を志しているところも面白かった。
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      映画『エル ELLE』鑑賞。主人公が襲われる衝撃のオープニングもさることながら、主人公をはじめとして登場人物にくせがあり一筋縄ではいかない展開が魅せる。主人公が何を目的に行動しているのかクライマックスまでわからないあたり物語としても見せ方が巧い。さすがバーホーベン。
      いいね

      良い
    • ノクターナル・アニマルズ
      映画『ノクターナル・アニマルズ』鑑賞。主人公と元夫の間の過去と元夫が書いた小説の内容が交互に描かれていくが、小説の内容があまりに苛烈でメロドラマ的な2人の過去と並べられても共通点があまり感じられなかった。主人公には感じるものがあったのだろうが表出されるものが少なくノレなかった。
      いいね

      普通
    • 変態村
      映画『変態村』鑑賞。タイトルのような変態というより、むしろ狂気。話が全然通じない宿屋の主人たちの言動を見ているとうすら寒くなる。村の者たちも話が通じるわけでなく、同党の老人ホームの人物も含め話がわかる者がほとんどいない。物語としてはどうなの?と思うが完徹された世界観ではある。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....