TOP >writelefthandマイページ

writelefthand

さんのマイページ
writelefthand
つぶやいた映画
2,128 本
総ツイート
2,696 件
マイページ閲覧数
18,143 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
11 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
2128 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット
    ラーヤと龍の王国
    新感染半島 ファイナル・ステージ
    ワンダーウーマン 1984
    Away
    魔女がいっぱい
    ボルケーノ・パーク
  • ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
    スパイの妻
    みをつくし料理帖
    【Netflix映画】BLACKPINK ~ライトアップ・ザ・スカイ~
    【Netflix映画】シカゴ7裁判
    ヒットマン エージェント:ジュン
    【Netflix映画】エノーラ・ホームズの事件簿
  • TENET テネット
    キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN! ~
    mid90s ミッドナインティーズ
    ソワレ
    狂武蔵
    2分の1の魔法
    はりぼて
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ゾンビランド
      映画『ゾンビランド』鑑賞。いわゆるゾンビものとしての珍しさは感じなかったが、主人公をはじめとする登場人物たちの個性が立っていて面白く観られた。ルールの存在も効果的。そして荒廃した都市だけではなく、屋敷や遊園地まで使ってしまう舞台の多様さも今作の魅力だと感じた。
      いいね

      良い
    • ラーヤと龍の王国
      映画『ラーヤと龍の王国』鑑賞。世界上の問題とその解決方法には大に疑問があるので物語には乗り切れなかった。ただ、それはそれとして今作の龍の描き方には独自なものがあるし、主人公・龍・仲間とそれぞれに個性が立っていて全体としては観てよかった。ビジュアルが特に良ポイント。
      いいね

      良い
    • ヒットマン エージェント:ジュン
      映画『ヒットマン エージェント:ジュン』鑑賞。暗殺要員が漫画家になり……という今作のストーリーがとてもうまい。売れない漫画家の一発逆転感も今時。後半はアクションありコメディやハートフル要素もあり。銃撃・格闘などのアクションもきっちりしているし、ヒットするのがよくわかる良作。
      いいね

      良い
    • 疑惑とダンス
      映画『疑惑とダンス』鑑賞。結婚祝いの内輪のパーティーで過去の蒸し返しが大事に……というワンシチュエーションコメディ。正直知らんがな、という話ではあるし映画という形で外からこの話につきあうのはこの上映時間が限界とは思うが、話がこじてるカオス状態をうまく創っていた。
      いいね

      良い
    • 東京の恋人
      映画『東京の恋人』鑑賞。ノスタルジーといってしまえばそれまでだが、置いてきたはずの残酷さと美しさが丁寧に描かれている。そして、川上奈々美が出色。「置いてきたはずの過去」を体現するかのような存在で、彼女のよさが作品のよさに繋がっている。MOOSICで主演女優賞を取ったのも納得。
      いいね

      良い
    • ボルケーノ・パーク
      映画『ボルケーノ・パーク』鑑賞。火山噴火のパニックものではあるのだが、パークのため小規模に留まっていたのは良し悪し。物語もパークの規模に留まっていたかな、と。溶岩流の感じとかがリアルで、そこを疾走する様子などのアクションはお見事。登場人物がアジア人なのも珍しく感じた。
      いいね

      良い
    • スパイの妻
      映画『スパイの妻』鑑賞。といっても、テレビドラマっぽい画であることも感じた。物語としては正にタイトル通り。あくまでも主人公は聡子であり彼女の思いが物語に反映していた。いわゆるスパイものとしては甘くないか?と感じた自分の感情もクライマックスで反転されて「お見事」と膝を打った。
      いいね

      良い
    • 鯉のはなシアター
      映画『鯉のはなシアター』鑑賞。俳優・前田多美の出演作品として記憶しており、レンタルで見かけて鑑賞。ご当地映画というのは多数あるが、カープ球団をご当地とするとは。といってもカープの歴史とエピソード紹介のための展開なのが、劇映画としてさすがに厳しい。吉本映画なのも……。
      いいね

      普通
    • 楽隊のうさぎ
      映画『楽隊のうさぎ』備忘録。公開当時映画館で鑑賞。吹奏楽部に入部した中学生の主人公。本当に子どもたちが出演していてその取り組みに膝を打った一方で、派手なエピソードがない一方でうさぎの唐突な存在に違和感がぬぐえなかった記憶がある。今見直したら全然味わいが違うだろう。
      いいね

      良い
    • ジョギング渡り鳥
      映画『ジョギング渡り鳥』鑑賞atサンクスシアター。ワークショップ作品とは聞いていたが、想像もしていなかった複層構造に驚く。それぞれのエピソードがまとまりなく展開するのでストーリーテリングはわからないのだが、彼らが生きる時間空間を味わったようで「映画を観た」という実感がある。
      いいね

      良い
    • タリウム少女の毒殺日記
      映画『タリウム少女の毒殺日記』鑑賞atサンクスシアター。生物の解剖とか人間の身体改造とか毒々しい映像と反比例するように物語性が薄い。タイトルのタリウムの効果がいまいち語られないのが原因か。母娘の家族のはずが母しか食事していないとかおかしな生活感もひっかかる。悪くはないのだが
      いいね

      良い
    • 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット
      年明けから忙しく、休みはぐったり……などで今年は映画館に全く行けず、『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』が新年以来の今年2本目の映画館だった。実写シリーズファンとして満足だったし、映画館ならではの体感を味わえる作品だったので、久しぶりの映画館にはぴったりの作品だった。
      いいね
      評価
      なし
    • 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット
      『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』数えたカットは2836。前作に続いてのカット数。お約束を期待してエンドロールまで鑑賞。オープニングなど割りすぎるぐらいの細かいカットでライブビューイング感を覚えた。物語よりライブ感を味わう作品と言うべきか。 #eigamote
      いいね

      良い
    • 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット
      『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』鑑賞。ドラマ・映画と辿ってきたファンとしては、新たなギャンブルが観られて満足。とはいえ、今回の悪役にはめられる諸々はおかしくないか?と感じた部分があった。無茶苦茶な世界観ではあるが、その世界なりの筋は通してほしい。
      いいね

      良い
    • ラブソングができるまで
      映画『ラブソングができるまで』鑑賞。これぞ王道ラブコメといえるような内容で気軽に楽しめた。ただ、音楽映画としての要素も強い。ポップス楽曲を数日後に創らなければいけない、とか一度渡した曲を発注者の意向で編曲されてしまう、とかありそうな話で物語も面白く、登場する曲もよかった。
      いいね

      良い
    • 新感染半島 ファイナル・ステージ
      映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』鑑賞。前作からの続き物にする効果があまり感じられず、無法地帯と化した半島が4年間経過していることへの疑問点を考えてしまい世界に入れなかった。ゾンビを車でなぎ倒すシーンは爽快感があるが、その車だって4年経過してて問題なく走れる?とか。
      いいね

      残念
    • あの群青の向こうへ
      映画『あの群青の向こうへ』鑑賞。たまたま出会った若者二人が東京を目指す。行き当たりばったりうまくいく様や東京での出来事など書割感が散見する。一方、行き詰った二人のそれぞれの事情の描き方やブルーメールの設定など光る点も多々。音楽も印象的で物語とリンクしている。芋生悠が見事の一言。
      いいね

      良い
    • ハリエット
      映画『ハリエット』鑑賞。ハリエットの「演説」シーンやうまくいった奴隷解放が連続で描かれる部分では、主人公を英雄的に描きすぎているようにも感じたが、こんな人物がいたのかという驚きとともに、奴隷制とその解放運動は何度でも描かれうる重いテーマなのだということを改めて感じた。
      いいね

      良い
    • アングスト/不安
      映画『アングスト/不安』鑑賞。さも自分は完全な悪人とでもいいたげなモノローグと全然うまくいかない現実の落差が著しく、主人公に寄ったカメラワークも不安を掻き立てる。犯罪の残虐さ以上に主人公の精神状態の不安定さと社会からの逸脱に、見ていて文字通り不安になる。1983年制作と思えない。
      いいね

      良い
    • エジソンズ・ゲーム
      映画『エジソンズ・ゲーム』鑑賞。小学生の頃読んだエジソンの伝記が心に残っていて今作に興味があった。しかし、直流交流対決の下りは概ね大人になってから知った内容がなぞられており、新しいものが見られて満足!とはならなかった。丁寧に創られた作品ではあるのだが。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      WaseiG
      3909movies / tweets

      follow us