TOP >writelefthandマイページ

writelefthand

さんのマイページ
writelefthand
つぶやいた映画
1,903 本
総ツイート
2,409 件
マイページ閲覧数
14,415 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
9 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1903 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ジョーカー
    おいしい家族
    アド・アストラ
    アイネクライネナハトムジーク
    アス
    ザ・ネゴシエーション
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ピータールー マンチェスターの悲劇
    ワイルド・スピード/スーパーコンボ
    パラダイス・ネクスト
    工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男
    天気の子
    さらば愛しきアウトロー
    ハッピー・デス・デイ 2U
  • トイ・ストーリー4
    Diner ダイナー
    神と共に 第二章:因と縁
    ハッピー・デス・デイ
    凪待ち
    スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    新聞記者
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 放課後ソーダ日和
      映画『放課後ソーダ日和』鑑賞。クリームソーダというどこにでもあるアイテムが主人公たちにとって特別なアイテムになるという、そのアイディアがすばらしい。主人公の金欠の話が途中からあやふやになった気はするが、高校生の放課後という世界を等身大に切り取った、ソーダのような爽やかな快作。
      いいね

      良い
    • ビリーブ 未来への大逆転
      映画『ビリーブ 未来への大逆転』鑑賞。日本でも寡婦控除のような税法上男女で異なる補助が存在することに思い当たった。先例が重要視される法律の世界で、男女差別を崩そうとする主人公たちの行動は胸を打たれるし、これは決して関係ない話ではないことを強く感じた。
      いいね

      良い
    • 21世紀の女の子
      映画『21世紀の女の子』ソフト購入。メイキングが今作の各オムニバスと同じく約8分なのに驚く。各地で山戸監督がトークイベントなどを撮影しているのを見ていて、それこそ120分の作品が創れそうなのに、特別編とするとは。そして同梱されていたカードに至るまで、メッセージが貫かれている一作。
      いいね

      良い
    • ジョーカー
      映画『ジョーカー』数えたカットは1156。地下鉄のグラフティなど、1980年代のニューヨークを想起させる絵作りとそれを街ぐるみでやったように見せるのがすごい。そしてその中で様々な意味で道化役の主人公。ジャケットを着てお馴染みのジョーカーになった姿に震えた。 #eigamote
      いいね

      良い
    • ジョーカー
      映画『ジョーカー』鑑賞。鑑賞中ずっとジョーカーじゃなくてトラヴィスの焼き直しに見え、わざわざジョーカーにしなくても、と感じた。しかし、ジョーカーじゃなかったらこんな陰鬱な作品が大規模に制作・公開されなかっただろう。そして現実の社会状況も織り込むという。見事と言わざるを得ない。
      いいね

      良い
    • おいしい家族
      映画『おいしい家族』数えたカットは446。女装する板尾創路のビジュアルは最初は笑うが、服装だけで他は男性という様子には早々に違和感がなくなる。化粧とか服装とか、見た目と思いの齟齬をビジュアル面からも描こうとしていると感じた。音楽の使い方も独特だった。 #eigamote
      いいね

      良い
    • おいしい家族
      映画『おいしい家族』鑑賞。母の三回忌に久しぶりに実家へ帰ると、父が母の服を着ている、というビジュアルには笑った。ただ、そこから従来の家族観にとらわれない関係性を描いているのに、帰ってきた主人公の戸惑いを誰もケアしない。結末には納得するがその過程は今もひっかかる。
      いいね

      普通
    • アイネクライネナハトムジーク
      映画『アイネクライネナハトムジーク』。近作の今泉力哉監督作品に通底して使えるキャッチコピー「ちゃんと好きってどういうこと」がとうとう該当しない作品だな、と感じた。出会いの話もあったが、結婚とか親子とか「ともに生きるってどういうこと」という内容の作品だった。
      いいね

      良い
    • アイネクライネナハトムジーク
      映画『アイネクライネナハトムジーク』数えたカットは836。都会だけれど東京ほどごみごみしていない仙台という土地が生きていたように感じた。合唱人としては合唱カットに注目。クラス合唱レベルのうまくなさは絶妙だが、選曲が『わらび田』という曲で高校生が歌うには疑問。 #eigamote
      いいね

      良い
    • アイネクライネナハトムジーク
      映画『アイネクライネナハトムジーク』鑑賞。ゆるやかな繋がりのある登場人物たちの群像劇。恋とか好きとかより、もっと大きく誰と生きるかを人生という長い時間の中でとらえた作品だと感じた。決定的に嫌な人のいない内容で、鑑賞後、登場人物みな幸せになってほしいと願った。
      いいね

      良い
    • リップヴァンウィンクルの花嫁
      映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』再鑑賞。完全版の方を見たときに、主人公が仕草だけ交わした指輪を後に意識する「光の指輪」と自分で呼んだ仕草がなく気のせいかと思ったのだが、映画版を見直したらちゃんとあってほっとした。今作もどこかおとぎ話みたいだが、この世界構築はさすが岩井俊二。
      いいね

      良い
    • 散り椿
      映画『散り椿』鑑賞。物語自体は藩の中の権力闘争であり悪党がいかにも子悪党という感じでストーリーテリングで引っ張る作品ではなかった。一方タイトルにもある椿など、作中に現れる自然は美しく、役者陣もとてもすばらしかった。特に主演の岡田准一は身の動きも堂に入っており強そうだった。
      いいね

      良い
    • メアリーの総て
      映画『メアリーの総て』鑑賞。その男と家を出ても苦労するだろうに、という推測は当たるのだがそれでも彼女の立場と環境なら出ざるを得なかったのか。フランケンシュタインと子どもの死は史実と順番が違うようだが、子どもの死後に改訂版が出版されたようなので今作はそこまで踏まえたのだろうか。
      いいね

      良い
    • アド・アストラ
      映画『アド・アストラ』数えたカットは1264。火星の重力など科学考証で気になる部分はあったが、映像表現としては見事だった。近くの4DX設備持ちの劇場で今作が4DX公開していなかったが、やっていたら間違いなく疑似宇宙体験ができたレベル。 #eigamote
      いいね

      良い
    • アド・アストラ
      映画『アド・アストラ』鑑賞。宇宙ものの期待感を裏切らない冒頭の映像の迫力。しかしそこから一転、行方不明の父が生きている根拠が余りにも薄弱なのに、火星に行かなければならない理由も弱いのに、火星へ行く主人公。妙に宇宙へ行く者の精神状態を調べたり、腑抜落ちない描写が多かった。
      いいね

      普通
    • クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代
      映画『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』鑑賞。クリムトの名前を知っている程度に美術に疎い身だが、映画の中で登場する絵画のすばらしさには圧倒された。シーレが女性を描いた作品を男性キュレーターが横向きに展示したがるなどジェンダーの面で現代に通じる話が興味深かった。
      いいね

      良い
    • ザ・ネゴシエーション
      映画『ザ・ネゴシエーション』数えたカットは2400。動画通話であちらとこちら、という切り替わりが多く、画面内でのカット替わりもあったので体感としてはカットがもっと多い感触。拉致犯人を演じるヒョンビンにダークヒーロー感を覚え見ごたえがあり、すばらしかった。 #eigamote
      いいね

      良い
    • ザ・ネゴシエーション
      映画『ザ・ネゴシエーション』鑑賞。いわゆる交渉人を使っているのになぁ……という展開が続くのでどんな裏があるにか、という想像をしながら鑑賞。それがある程度当たってしまっていて裏をかかれる気持ちよさはなかったが、犯人や公証人の主人公などの人間性が強く描かれていて胸を打たれた。
      いいね

      良い
    • アス
      映画『アス』数えたカットは1224。登場人物とusとの比較は言うまでもないが、家族同士の対決に留まらない質量それぞれの広がりにビジュアルも応えていて見応えがあった。あと合唱人としてはオープニングの合唱曲『Anthem』に反応。宗教曲のような響きの中に不穏さがありとてもいい曲。
      いいね

      良い
    • アス
      映画『アス』鑑賞。不穏なオープニングから一転、どこか型どおりなバカンスを楽しむ家族。そこにusが登場してからは、不条理と暴力の連続。物語は意外な展開を見せるし、意味がわかると怖い話風のラストもよかった。謎に対する回答など無理がある部分も見受けられるが怖さも含めて面白かった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....