TOP >writelefthandマイページ

writelefthand

さんのマイページ
writelefthand
つぶやいた映画
2,144 本
総ツイート
2,713 件
マイページ閲覧数
18,498 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
10 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
2144 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 100日間生きたワニ
    クワイエット・プレイス 破られた沈黙
    映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット
    トムとジェリー
    ラーヤと龍の王国
    新感染半島 ファイナル・ステージ
    ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!
  • ワンダーウーマン 1984
    Away
    魔女がいっぱい
    ボルケーノ・パーク
    タイトル、拒絶
    ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
    ザ・ハント
  • 彼女は夢で踊る
    スパイの妻
    みをつくし料理帖
    【Netflix映画】BLACKPINK ~ライトアップ・ザ・スカイ~
    【Netflix映画】シカゴ7裁判
    82年生まれ、キム・ジヨン
    異端の鳥
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 小悪魔はなぜモテる?!
      映画『小悪魔はなぜモテる?!』鑑賞。目立たない主人公がついた嘘が広がる一発逆転の面白さ。そして、そんなに広がる!?という類焼具合や「行列」具合が極端でまた笑った。性的な話のはずがかなりライトに描かれていて、微笑ましくおかしく見られて面白かった。
      いいね

      良い
    • ある船頭の話
      映画『ある船頭の話』鑑賞。寓話的な話を撮ろうとか、渡し船と自然の画を撮ろうとか、創り手の意志がくっきりしすぎのようで気にはなった。ただ、いい役者ばかり出ていて、橋の前に時代遅れになろうとしている船頭の姿などありありと描かれていていい作品だとも感じた。柄本明は名優。
      いいね

      良い
    • 82年生まれ、キム・ジヨン
      映画『82年生まれ、キム・ジヨン』鑑賞。原作は意図的とは思うが書き割りのような展開を読まされているように感じて好きになれなかった。それが映画になると、彼女が主人公として扱われない苦しさなどがより切実に感じられて、作品の印象が全然違った。日本にもクロスする話として見られた。
      いいね

      良い
    • ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!
      映画『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』鑑賞。世界を救う音楽の話な割に、おバカな2人がタイムマシンを組み合わせたが故にしっちゃかめっちゃか。ただ、それなりにタイムパラドックスの筋は通っていた気も。そして最終的には音楽を創る喜びも表現していてよかった。
      いいね

      良い
    • クワイエット・プレイス 破られた沈黙
      映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』鑑賞。前作からの完全続きになっていたのは今作から入る人がどう思うのか気になるが、前作の武器が完全有利とはならないバランスや後半の構図など、よく練られた内容だった。生活部分のバランスを犠牲にして一家での冒険ものとしていて面白かった。
      いいね

      良い
    • 彼女は夢で踊る
      映画『彼女は夢で踊る』鑑賞。現在と過去を行き戻ったりする以上に、どこか現実離れした趣のある作品。ストリップ劇場という内部はその他と切り離された興行を描くがゆえか。主人公は夢のような時間を重ねてきた雰囲気があったし、岡村いずみは危うさもある踊り子を見事に演じていた。好きな作品。
      いいね

      良い
    • ロレンツォのオイル 命の詩
      映画『ロレンツォのオイル 命の詩』鑑賞。難病にかかってしまった息子を救うため、自ら学び治療法を見出していく両親。辛い話だが最後まで見せられるのはなんといっても両親の姿と思いの強さ。現実を元にした作品として、公開後に議論も批判もあったようだが、作品としては素晴らしかった。
      いいね

      良い
    • 許された子どもたち
      映画『許された子どもたち』鑑賞。いじめ被害者の死亡。それを引き起こした主人公が少年審判で不処分。そこから加害者叩きに遭う主人公一家は悲惨なのだがそもそも主人公は加害事実を認めていない、という点で倫理性を問われた。主人公の心情吐露もなく最後まで考えさせられる圧巻の内容。
      いいね

      良い
    • 異端の鳥
      映画『異端の鳥』鑑賞。第二次世界大戦時代に行く先々で理不尽な目に遭う少年だが、全体的に言葉が少ない内容で人種的な違いも寡聞にして見ていてわからず、なぜ少年が理不尽な目に遭うのかわからない。主人公が暴力的な反撃に出ることもあり、自分と異なる価値基準の世界を見せらせる内容だった。
      いいね

      良い
    • タイトル、拒絶
      映画『タイトル、拒絶』鑑賞。訳ありな女性たちだが、嬢に許されるわがままとそれを受ける主人公など様々な対立構造が見え隠れする。それが後半決壊していくその展開はフィクションらしい現実の踏み越えだと感じたが、登場人物たちが抱える不満や現状追認などの心理描写は巧い。そして伊藤沙莉は見事。
      いいね

      良い
    • シリアにて
      映画『シリアにて』鑑賞。内戦中のシリア、アパートの一室で何とか危険な日々をやり過ごしている人々。物資も少なく自由もなく、子どもを中心に不満が溜まっている日常描写や、戦地の理不尽な略奪・暴力を描きこんでいる。理不尽な選択を強いられるなど室内劇で戦地を描き出すことに成功している傑作。
      いいね

      良い
    • 透明人間
      映画『透明人間』鑑賞。古式ゆかしい透明人間をこのように使うことができるとは。被害者なのに透明人間の存在を示すことができず追いつめられる心理的な恐さの見せ方が巧い。アイディアと技術の勝利。初期の時点でカメラを準備するとかできたのでは?と思わなくもないが、野暮なのだろう。
      いいね

      良い
    • パブリック 図書館の奇跡
      映画『パブリック 図書館の奇跡』鑑賞。公共施設である図書館が市民に対してどのような立ち位置であるべきかアメリカのドキュメンタリー映画も見たことがあるが、それをフィクションに置き換えたような内容だった。フィクションらしい小粋な展開はあるが、問題の本質はとても奥深い。
      いいね

      良い
    • ザ・ハント
      映画『ザ・ハント』鑑賞。題材通りゴア描写はきつく、現実を投影した風刺も効いた内容だった。ただ、ポスターにある「全米が封印した~」は言うほどか?と疑問だったが、町山智浩の今作に関するコラムを読んで納得。制作国アメリカの事情が興味深かった・
      いいね

      良い
    • トムとジェリー
      映画『トムとジェリー』鑑賞。今になって実写と融合してトムとジェリーが見られるとは思わなかった。アニメならではの動きで実写の物が壊れるのは、技術的にはすごいがそもそも全部アニメでよくない?と思うが、クロエ・グレース・モレッツら有名俳優とトムとジェリーが共演したというのが肝か。
      いいね

      良い
    • 100日間生きたワニ
      映画『100日間生きたワニ』数えたカットは570。原作を踏まえると、まさかのオープニング。絵に写すものと写さないものの選択が注意深く行われており、後半の重みに繋がっていた。ラストカットが気になってエンドロールを見届けたが、ラストまで隙のない注意深さだった。 #eigamote
      いいね

      良い
    • 100日間生きたワニ
      映画『100日間生きたワニ』鑑賞。あの100ワニの映画化をあの上田監督・ふくだ監督が手がけると聞いて気になっていた。原作のラストを考えると何かしら改変が必須なのだが、このような構成にしたのか、と感心。後半のわかりやすいリフレインが、登場人物には救いだったと思う。お見事!
      いいね

      良い
    • ゾンビランド
      映画『ゾンビランド』鑑賞。いわゆるゾンビものとしての珍しさは感じなかったが、主人公をはじめとする登場人物たちの個性が立っていて面白く観られた。ルールの存在も効果的。そして荒廃した都市だけではなく、屋敷や遊園地まで使ってしまう舞台の多様さも今作の魅力だと感じた。
      いいね

      良い
    • ラーヤと龍の王国
      映画『ラーヤと龍の王国』鑑賞。世界上の問題とその解決方法には大に疑問があるので物語には乗り切れなかった。ただ、それはそれとして今作の龍の描き方には独自なものがあるし、主人公・龍・仲間とそれぞれに個性が立っていて全体としては観てよかった。ビジュアルが特に良ポイント。
      いいね

      良い
    • ヒットマン エージェント:ジュン
      映画『ヒットマン エージェント:ジュン』鑑賞。暗殺要員が漫画家になり……という今作のストーリーがとてもうまい。売れない漫画家の一発逆転感も今時。後半はアクションありコメディやハートフル要素もあり。銃撃・格闘などのアクションもきっちりしているし、ヒットするのがよくわかる良作。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      3440movies / tweets

      follow us