TOP >writelefthandマイページ

writelefthand

さんのマイページ
writelefthand
つぶやいた映画
2,002 本
総ツイート
2,548 件
マイページ閲覧数
16,227 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
9 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
2002 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ランボー ラスト・ブラッド
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    デッド・ドント・ダイ
    カメラを止めるな!リモート大作戦!
    新喜劇王
    囚われた国家
    三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
  • CURED キュアード
    ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    踊ってミタ
    娘は戦場で生まれた
    初恋(2020)
    チャーリーズ・エンジェル(2020)
    ミッドサマー
  • 37セカンズ
    静かな雨
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    バッドボーイズ フォー・ライフ
    AI崩壊
    彼らは生きていた
    キャッツ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • わたしは光をにぎっている
      映画『わたしは光をにぎっている』鑑賞。主人公に甘い展開ではあるが、このような世界があるかもしれない、と思われるのは銭湯や商店街などの画の力ではないか。東京五輪が関係していそうな区画整理も含め、リアルとフィクションの端境にある作品。山村暮鳥の詩のモノローグがとてもいい。
      いいね

      良い
    • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
      映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』数えたかっとは1531。この4人が血の繋がりのある姉妹には見えないのだが、それでも物語を見ていくと 両親なども含めて家族だとは感じられた不思議。時系列がストレートだったら感じかたも変わったのだろうか。 #eigamote
      いいね

      良い
    • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
      映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』鑑賞。原作未見。観賞後に原作のあらすじを見ると、原作のエッセンスと現在の思想的潮流のミックスがとてもうまい。次女が中心とはいえ、家族の物語でもあり愛と慈しみの深い内容。白人の物語だという指摘があったことにも納得。
      いいね

      良い
    • 娘は戦場で生まれた
      映画『娘は戦場で生まれた』数えたカットは505。原題の「FOR SAMA」が示すように、自分たちの記録を残す意があってとられた映像。というには、爆撃がそのままカメラにとらえられていたりして厳しいもの。これが映画として公開された意義は深い。 #eigamote
      いいね

      良い
    • 娘は戦場で生まれた
      映画『娘は戦場で生まれた』鑑賞。内戦状態で自分たちの命すら危ない中、負傷者の治療を行う夫と、現状を海外へ発信する妻。そしてその夫妻の元に生まれた娘。日常の苛烈さは日本で想像がつかないほどだが、娘や仲間とのや取りではユーモラスなひとコマもあり、そのにも生活があることが伝わってきた。
      いいね

      良い
    • ランボー ラスト・ブラッド
      映画『ランボー ラスト・ブラッド』数えたカットは2055。なんといってもランボーの決してきれいではない老兵感が渋く光る。銃だけではない戦闘もあり、目をそむけたくなる残虐カットもある。一部時間経過でおや?と思うカットが出てくるのは気になった。 #eigamote
      いいね

      良い
    • ランボー ラスト・ブラッド
      映画『ランボー ラスト・ブラッド』鑑賞。過去のランボー未鑑賞。それでも面白く観られたのはランボー(スタローン)の貫禄。哀しみも秘めた人物造形にとても惹かれたし、強さも光った。ただ、戦いに至るまでの物語構成はかなり無理を感じた。結末ありきの導線をあざとく感じてしまった。
      いいね

      良い
    • Wの悲劇
      映画『Wの悲劇』鑑賞。舞台と現実の事件のシンクロが、舞台本番が紐解かれることで露わになっていく構造が巧い。前半は、俳優を目指す若い主人公とそれを演じる薬師丸ひろ子の物語もシンクロするし、三田寛子や世良公則などの配役もいい。出演者の画赤い頃の演技を見る新鮮さもあった。
      いいね

      良い
    • 太陽を盗んだ男
      映画『太陽を盗んだ男』鑑賞。核爆弾を創るところからやってしまう、なんとも奇想天外だがどこか地に足の着いた話。ほぼ何でも願いが叶う状態になっても、そこで叶えたい願いがないというのが、後半の空虚さに繋がっている。リアリティ無視のエンタメ性とやるせなさ・空虚さが同居する大傑作。
      いいね

      良い
    • セブン
      映画『セブン』鑑賞。正面から猟奇殺人とサイコを描く内容、グロテスクな殺人方法や捜査する刑事など画の力がすごい。捜査の展開に偶然性が高い気がするのでしっくりこないところはあるが、七つの大罪を見立てた殺害方法は残酷かつオリジナリティを感じて、面白かった。
      いいね

      良い
    • デッド・ドント・ダイ
      映画『デッド・ドント・ダイ』数えたカットは982。このゾンビ造形って他で見た気がする、と思いつつゾンビを倒す部分はストレートで気持ちよかった。田舎町というか集落ぐらいの人口でゾンビが発生したらどうなるかをきちんと画にしていて、街の創りもしっかり画にしていた。 #eigamote
      いいね

      良い
    • デッド・ドント・ダイ
      映画『デッド・ドント・ダイ』鑑賞。ジム・ジャームッシュといえばというお洒落なイメージから程遠い田舎のゾンビ事件。芯を食った展開が全然ないのでどう楽しんでいいんだか、という前半。ゾンビが出てきてからはバトルなどで素直に面白かったり笑ったりしたので結果まあまあ面白かった。
      いいね

      良い
    • AKIRA
      映画『AKIRA』鑑賞。タイトルのAKIRAとはそういうことか、と今更ながら。グロテスクな部分やバイクのマシン感などビジュアルに映えるところがありストーリーも割と真っすぐ走るのでずっと面白かった。ネオ東京の荒んだ人心が、現実の日本とダブって見えるのは私だけだろうか。
      いいね

      良い
    • ビール・ストリートの恋人たち
      映画『ビール・ストリートの恋人たち』鑑賞。1970年代のフィクションであるが、2020年現在のBlack Lives Matterと同じ黒人差別問題が描かれ、根深い問題であることがみてとれる。恋人2人の恋と家族も含めた愛はとても素敵なだけに、ラストシーンが刺さる。傑作。
      いいね

      良い
    • 神のゆらぎ
      映画『神のゆらぎ』鑑賞。群像劇な分だけ主張は弱くなった気がするが、宗教や神の存在といったテーマに踏み込むにはそれだけのゆらぎが必要だったのかも。中盤の「飛行機が落ちるのは~」は無神論者の言葉としてはありそうだが、今作の中で披露されると痛烈な意味を持つ。
      いいね

      良い
    • CURED キュアード
      映画『CURED キュアード』数えたカットは1170。引きの画の死角から何が襲ってくるか、というひやひやなどホラーらしいカットもあり、元来ホラーが苦手なのと辛い差別描写に苦しさを覚えながら鑑賞。登場人物に一人のビジュアルをトラヴィスに寄せている気がした。 #eigamote
      いいね

      良い
    • CURED キュアード
      映画『CURED キュアード』鑑賞。いわゆるゾンビ化病からの回復者を主眼にするアイデアの勝利であり、新型コロナに図らずもリンクしてしまった内容でもある。回復者への差別は現実とリンクして観ていて辛くなってしまった。世相の動きも巧く描かれていてリアリティがある。傑作。
      いいね

      良い
    • 殺さない彼と死なない彼女
      映画『殺さない彼と死なない彼女』鑑賞。3組の不思議な取り合わせの高校生たち。少しオーバーな口調で思いを口にする登場人物たちが画になるのは監督・小林啓一の手法だと感じる。後半の展開によってタイトルの意味がわかる流れは息を呑み、目に涙を浮かべた。
      いいね

      良い
    • スタートレック ジェネレーションズ
      映画『スタートレック ジェネレーションズ』鑑賞。「宇宙大作戦」を観ていないのでカークとはほぼ初対面だが、優れた艦長だと感じた。だからこそ「新」とのブリッジとはいえ扱いがひどいのでは?ネクサスの設定とか面白いので全体としては満足できたが、後味が悪い部分があった。
      いいね

      良い
    • スタートレック ファーストコンタクト
      映画『スタートレック ファーストコンタクト』鑑賞。宿敵ボーグとの闘いとタイムリープを同時に描く内容は面白いが、過去に行ったクルーが艦隊の誓いを無視してないか、という言動をとっているようでかなり気になった。他にもピカードが感情的になりすぎるなども気になったがファンとしては満足。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....