TOP >yako802マイページ

yako802

さんのマイページ
yako802
つぶやいた映画
1,683 本
総ツイート
8,448 件
マイページ閲覧数
8,634 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
16 人

オールタイム映画ランキング

yako802さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1683 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • トイ・ストーリー4
    サマーフィーリング
    ゴールデン・リバー
    ニューヨーク 最高の訳あり物件
    新聞記者
    パピヨン(2018)
    さよなら、退屈なレオニー
  • ガラスの城の約束
    クイーン・オブ・アイルランド
    誰もがそれを知っている
    氷上の王、ジョン・カリー
    パリの家族たち
    パリ、嘘つきな恋
    嵐電
  • ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
    ガルヴェストン
    アメリカン・アニマルズ
    オーヴァーロード
    RBG 最強の85才
    パパは奮闘中!
    リアム16歳、はじめての学校
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • トイ・ストーリー4
      「ストレンジャー・シングス」S3では(海の場面の前から!)ビリーに心寄せていた私のこと、「トイ・ストーリー4」ではやっぱりギャビー・ギャビーだよね、ぐっとくるの。「悪役」にこそ人情噺が託されてることを考えたら、自分、古いなと思う(笑)
      いいね
    • トイ・ストーリー4
      「トイ・ストーリー4」見終えて同居人がこれしかないっていうか自然な結末だよねと言ってたけど、私もそう思うっていうか、変な喩えだけど、例えば○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○べきだよね。 https://t.co/hruYGlhm59
      いいね
    • トイ・ストーリー4
      「トイ・ストーリー4」見たんだけど、立って帰る時に傘の柄で隣の同居人の腕を引っ張りたくなったよね(笑)
      いいね
    • RBG 最強の85才
      ところで、私が今年劇場で見たアメリカ映画のうち、主人公?による文が画面に出るのが「RBG」と「エミリーの愛の詩」だというのは面白い。いわば正反対で、どっちも意義ある。
      いいね
    • ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
      恵比寿でも今月半ばから「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」上映するんだね、岩波も嫌いじゃないけどあの椅子でもう一回見てもいいかも。
      いいね
    • ゴールデン・リバー
      今週末公開の映画で見たいのは「ゴールデン・リバー」と「ワイルドライフ」、それから「サマーフィーリング」。どれも上映館少ないな。
      いいね
    • ニューヨーク 最高の訳あり物件
      「ニューヨーク 最高の訳あり物件」の感想あげた→https://t.co/Yncv2Wpwee 主人公が作る香水の名は「feminista」、完全な女性映画である。「元元妻」と「元妻」、あるいは仕事をしている女と一見そうでない女、… https://t.co/0VZeNf7O1H
      いいね
    • パピヨン(2018)
      少し前にTOHOシネマズで流れるポップコーンのCMで映画の途中にカップルの片方が買いに行くやつが話題になってたけど、そういや先週「パピヨン」見た時、実際そういう人がいたよ。そういうこと(そういうふうにふと思い立つなどして買いに行くこと)もあると思うよ。
      いいね
    • ニューヨーク 最高の訳あり物件
      マルガレーテ・フォン・トロッタ「ニューヨーク 最高の訳あり物件」は分かっちゃいたけどダイアン・キートンが出てくるような映画じゃ全然なかった。「ベルリンが私の家」の若い娘いわく「父親にこだわるのはアメリカだけ」。それでもニューヨークの旧い家の魔法が存在していたように、私には見えた。
      いいね
    • 新聞記者
      今週末公開の映画で見たいのは「COLD WAR あの歌、2つの心」「ニューヨーク 最高の訳あり物件」「ハッピー・デス・デイ」。同居人は「神と共に 第二章」と「新聞記者」を見たがってるんだけど(私もどっちも見たいけど)特に前者は満席っぽいからしばらく待つかな。
      いいね
    • パピヨン(2018)
      73年版「パピヨン」の悪魔島のことを思い返した時に連想したのが「この世界の片隅に」で、漫画を読んだ時、ふと、それはそれで楽しそうな生活にも思いそうになるわけ(実際に映画が公開された後にそういう感想もあったよね)。でもそれは間違ってる、やっぱり。そう思うのは。そういうこと。
      いいね
    • サマーフィーリング
      ミカエル・アース監督の映画初めて見たんだけど、「アマンダと僕」(2018)の前に予告が流れた来月公開の「サマーフィーリング」(2015)も面白そうだった→https://t.co/eS8Z2PPlpf これも夏の映画か。夏に見られて嬉しい。
      いいね
    • ガラスの城の約束
      「ガラスの城の約束」見てきたんだけど、こんなにもださくて有害な映画があっていいのか!あーびっくりした。
      いいね
    • さよなら、退屈なレオニー
      「さよなら、退屈なレオニー」入場者特典のポストカードがバイクの場面だったんだけど、あれはレオニーの「あなたもどこかへ行かないのか」という問いへのスティーヴの答え(と彼女の更なる返答)なんだよね。二人の間に言語によらないコミュニケーションが成立しているのが映画ならではで面白かった。
      いいね
    • 嵐電
      「嵐電」。人物の配置が素晴らしい、踏切を渡ってくる数人というだけでも、あるいは群れはしゃぐ中学生も、そして「人生とは演技だ」ならぬ、人の動きとは全てダンスなのだと気付かされる読み合わせのあの場面。映画という万華鏡を見ているみたい。
      いいね
    • 誰もがそれを知っている
      「誰もがそれを知っている」いまや自分の手を離れた(伏せます)を望む、ハエがとぶだけの無人の部屋。そういえばあそこに彼女が一人でやってきた時に「そんな」雰囲気があったものだ、彼の、というか人間の行為が意味を成さない、ただ立場だけになってしまったような奇妙な空気が。
      いいね
    • 誰もがそれを知っている
      「誰もがそれを知っている」ラウラがベッドの娘に吸入器を持っていくところでふと、この行動に彼女とパコの別々の年月が表われていると思ったものだけど、実はそうではなく、変な言い方だけど、あそこに別々であることと分かちがたくあることとの両方が表れているのだった。ああいうところは面白い。
      いいね
    • 誰もがそれを知っている
      昨日「誰もがそれを知っている」を見たので感想を書いておこうと思ったんだけどWi-Fiの調子が悪くて書かないままだった。とりあえず、ペネロペ・クルスのワンピースが何て素敵なんだ、全部欲しいと思ったものだけど序盤でもう着なくなってしまう、ほかにどんなのを持ってきてたのだろうか。
      いいね
    • クイーン・オブ・アイルランド
      EUフィルムデーズで見た「クイーン・オブ・アイルランド」の感想はてなにあげた、先のツイートまとめたもの→https://t.co/afpWVjysrC これはね、よかった。元気出た。
      いいね
    • クイーン・オブ・アイルランド
      「クイーン・オブ・アイルランド」しかし本作におけるいわば真のラストは、「small townに育ったゲイにしか分からないことがある」(と聞いたら「Smalltown Boy」が流れた「BPM」を思い出してしまう)と言うパンティが故… https://t.co/bOrggACP62
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....