TOP >yamicokeマイページ

yamicoke

さんのマイページ
yamicoke
つぶやいた映画
565 本
総ツイート
607 件
マイページ閲覧数
6,127 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
565 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • シャン・チー/テン・リングスの伝説
    劇場版『Gのレコンギスタ Ⅲ』「宇宙からの遺産」
    共謀家族
    SEOBOK/ソボク
    ブラック・ウィドウ
    わたしはダフネ
    ゴジラVSコング
  • Arc アーク
    夏への扉 ーキミのいる未来へー
    それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国
    サイダーのように言葉が湧き上がる
    モータルコンバット
    クワイエット・プレイス 破られた沈黙
    シドニアの騎士 あいつむぐほし
  • あ・く・あ~ふたりだけの部屋~
    アオラレ
    クルエラ
    ペトルーニャに祝福を
    いのちの停車場
    ファーザー
    ハイゼ家 百年
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • シドニアの騎士 あいつむぐほし
      『シドニアの騎士 あいつむぐほし』宇宙怪獣に地球を滅ぼされた人類は恒常化した宇宙戦争の中で多様な姿に肉体を進化させていく。その中で旧い人間のままの男子と兵器として宇宙怪獣化した女子の恋愛を描く。SFでしか描けない新しいヒューマニズム
      いいね

      良い
    • 夏への扉 ーキミのいる未来へー
      『夏への扉 ーキミのいる未来へー』タイムマシンの発明家は甲高い声で身振り混じりに喋りアンドロイドは抑揚無く話し硬直した笑みで場を和ませようとする。そして光のバブルで時間跳躍。『ハリウッドとはやり方を変えよう』とはミリも考えていない。
      いいね
      評価
      なし
    • ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー
      『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』トリュフォーとゴダール、ジャン・ピエール・レオーの3人の関係はこの映画の中で「子供の親権を争う両親」と評される程の親密さと愛憎に満ちていた。彼らにとって映画とは人生逆もまた真なり
      いいね

      良い
    • ファーザー
      『ファーザー』肉親の顔が見知らぬ他人に見えて来る。自分が暮らしている場所も一瞬後には何処か解らなくなる。一人称で語られる認知症の世界はまるで発狂した多元宇宙をさ迷う時間航行者の様。これが認知症のリアルなのかと思わされる凄まじい説得力
      いいね

      良い
    • シャン・チー/テン・リングスの伝説
      『シャン・チー/テン・リングスの伝説』トニー・レオンの悪役が小者過ぎ、しかもラストバトルの前にドラマが決着、その後の消化試合感が惨かった。フォーマット通りの作劇はもう限界だ。でもポストクレジットは半村良みたいで面白かったですよ。
      いいね
      評価
      なし
    • パーム・スプリングス
      『パーム・スプリングス』同じ1日が無限に続くタイムループの中で全てをやりつくし虚無感に浸る男と何としてもループから脱け出そうと足掻く女。従来のループ物の主人公の内面の葛藤だった物を二つの独立した人格として描き新たなドラマを産み出した
      いいね

      良い
    • それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国
      『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』「ゲッターアーク」の川越監督による第32作。オリンピック年らしい開幕から巨大白鯨の姿で宇宙を旅する雲の国、アンパンマンとバイキンマンが巨大化して戦う等スペクタクルな見せ場がいっぱい
      いいね

      良い
    • SEOBOK/ソボク
      『SEOBOK/ソボク』死なないクローンの存在による社会動揺を恐れる勢力と万病に効くクローンの骨髄液が必要な勢力が妥協点無く殺しあうのに説得力がない。せっかくの『徐福計画』なのだから黒幕は中共にして米中韓の国家対立の話にすべきだった
      いいね

      良い
    • モータルコンバット
      『モータルコンバット』モーコンは所詮モーコンだったな。アジア系にとってのブラックパンサーなんて煽りにノるんじゃなかった。
      いいね
      評価
      なし
    • ゴジラVSコング
      『ゴジラVSコング』コング大勝利!ゴジラ大勝利!怪獣映画大勝利!な映画。正直どっちか死ぬまで戦うのが決着だろうと思わんでもないがそこまでのハードさは誰も望んでないか。『ゴジラの花嫁』リスペクトの世界観なら今後人魚の登場も期待したい。
      いいね

      良い
    • 皆殺しの天使
      『皆殺しの天使』ある晩餐会に招かれた客達が何故か部屋を出て帰るという意志が持てなくなる。飢餓と渇きに死人が出ても。この不条理を笑えないのは我々観客も社会的に条件付けられた行動の『檻』の中で破滅的行為を繰り返し止める事が出来ないからだ
      いいね

      良い
    • クワイエット・プレイス 破られた沈黙
      『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』怪物の出自、外観、意外な(?) 弱点等既視感ばりばりの安直さだが一作目同様の怖さを維持する演出の手腕は見所。何より2年のブランクを乗り越えアボット家の474日目の物語を描き抜く拘りの強さに脱帽
      いいね
      評価
      なし
    • 巨人ゴーレム
      『巨人ゴーレム』キリスト教徒の皇帝にゲットーを追放されそうな同胞を救う為にユダヤ教のラビが粘土から作り出した魔神。ラビの弟子のラビの愛娘に対する欲望と嫉妬を模倣して暴走するというのが面白い。エヴァンゲリオンの原典と呼ぶに相応しい。
      いいね

      良い
    • 劇場版『Gのレコンギスタ Ⅲ』「宇宙からの遺産」
      『劇場版『Gのレコンギスタ Ⅲ』「宇宙からの遺産」』歴史とは誰かの善意や悪意が動かす解りやすい物語ではなく「全体を想像できない」個々の勝手な振舞いの結果の総体として偶然まかせで転がる混沌なのだということを歴史物よりリアルに伝えてくる
      いいね

      良い
    • ブラック・ウィドウ
      『ブラック・ウィドウ』“孤独な暗殺者は何故アベンジャーズになったのか?”whyは描かれずhowが描かれるのみ。配信に丸投げされる半端なエンディング。フランチャイズとして正しいのだろうがフェイズ1開幕時の新鮮なワクワク感は消え失せた。
      いいね
      評価
      なし
    • サイダーのように言葉が湧き上がる
      『サイダーのように言葉が湧き上がる』無償の善意と優しさに溢れた物語に癒される青春アニメと言ったところか。本当のところ要介護老人アニメ。死別した愛妻によく似た少女に介護されたいという団塊老人の願望駄々漏れ。誠にオッサン臭い映画であった
      いいね
      評価
      なし
    • ハイゼ家 百年
      『ハイゼ家百年』1914年から2014年へ国の制度変われど愛国者にも主義者にもなれず常に疎外され続けるハイゼ家。逆境で結びつきが強まることもなく監督の両親共に家庭外に慰撫を求める姿も切ない。そうした一切を淡々と語るタッチはブレヒト的
      いいね

      良い
    • ウォールデン
      『ウォールデン』家族と離れて亡命したアメリカで生活の基盤を築くと共に民族のアイデンティティーを失っていく一人の難民。激しい喪失感を感じるもそそれは圧倒的な自由を得る過程でもあった。その意識の流れが映画の時間の中に生々しく刻まれている
      いいね

      良い
    • 大怪獣ガメラ
      『大怪獣ガメラ』本作で初登場のガメラは北極から東京、大島へゴジラ以上の破壊ぶり。放射能に因るガメラ死滅の予測を外した日高博士を嘘つき呼ばわりするマスコミ。ロックに踊り狂いガメラに焼殺される若者達と現代と大差ない世相も皮肉ぽく描かれる
      いいね

      良い
    • タイタンの戦い
      『タイタンの戦い』最大規模のハリーハウゼン人形アニメ。ゼウスに守護された半神の英雄とゼウスの怒りに触れ半獣に堕とされた王子が純潔の王女を巡り争う。バージェス・メレデスがロッキーのミッキーよろしくペルセウスのメンターを演るのが面白い。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      TaulNcCar
      2432movies / tweets

      follow us