TOP >yamicokeマイページ

yamicoke

さんのマイページ
yamicoke
つぶやいた映画
345 本
総ツイート
383 件
マイページ閲覧数
3,469 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
345 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • リアム16歳、はじめての学校
    移動都市/モータル・エンジン
    サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
    アリータ:バトル・エンジェル
    山〈モンテ〉
    アクアマン
    ファースト・マン
  • デイアンドナイト
    サスペリア(2018)
    ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
    Netflixオリジナル映画「ROMA/ローマ」
    ドラゴンボール超 ブロリー
    へレディタリー/継承
    マンディ 地獄のロード・ウォリアー
  • アンクル・ドリュー
    デス・ウィッシュ
    イコライザー2
    顔たち、ところどころ
    ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
    ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー
    オーケストラ・クラス
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ウェイキング・ライフ
      『ウェイキング・ライフ』交通事故を切っ掛けに夢の中で夢を見続ける夢を見る主人公。彼に哲学的思弁を垂れ流す人々。衒学的だがバザン「写真映像の存在論」、パゾリーニ「奇跡の丘」、ディック「流れよ我が涙と警官は言った」からの引用は見逃せない
      いいね

      良い
    • ファーストフード・ネイション
      『ファーストフード・ネイション』牛肉に大腸菌!ドキュメンタリーさながらのリアルさでアメリカのハンバーガー業界の闇の部分を描く。同時にカフカめいた不条理劇の趣も。映画を見終わって食べるハンバーガーには糞尿の混じった血の味がするだろうか
      いいね

      良い
    • AKIRA
      『AKIRA』アキラという解明不能の圧倒的な力によって破壊される2019年東京。破局と共に訪れる不思議な静けさの中で「帰りたい」という謎の郷愁にかられる。過酷で美しい国土で破滅と再生を繰り返した日本人の精神の元風景を描いているからだ
      いいね

      良い
    • 山〈モンテ〉
      『山〈モンテ〉』異端者として「呪いの山」の麓の荒れ地での生活を強いられた家族の飢えと恥辱怒り悲しみ。解放の日は来るのか?全てをクレショフ効果に賭けたこの狂気のアナクロ映画が今日を最終日に「ROMA」にスクリーンを譲るのは何やら象徴的
      いいね

      普通
    • 勝手にしやがれ
      『勝手にしやがれ』旧版で「結局アホだ。アホでなくちゃいかん」だった冒頭の独白が「俺はアホだ。だがやらなきゃいけない」に変わった。アナーキズム肯定から運命論へ。露わになるのはどちらの解釈も受け入れる「勝手にしやがれ」という映画の複雑さ
      いいね

      良い
    • Netflixオリジナル映画「ROMA/ローマ」
      『Netflixオリジナル映画「ROMA/ローマ」』メイドの目で描くメキシコの一家庭の一年の出来事。「宇宙からの脱出」へのオマージュの不意打ちに狼狽。だがそれは地上の営みを宇宙と対置させ共に永遠と捉える「ファースト・マン」と同じ視点
      いいね

      良い
    • 移動都市/モータル・エンジン
      『移動都市モータルエンジン』量子爆弾でヒト以外の動物が死に絶えた未来で怪獣化した都市ロンドンが僅かな資源を略奪して回る。ニュージーランドによるイギリスへの風刺と考えると楽しいが『何がイギリス的なのか?』への考察が不徹底で物足りない。愛憎すら感じさせる程の拘りが欲しかった。勿体ない
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      『アリータ:バトル・エンジェル』空中都市から鉄屑として棄てられたサイボーグが過去の記憶を求めて都市に帰ろうとする。『マッドマックスFR』『クボ』と共通する要素がある。出来れば二作品を継承しつつより発展させたモノを観せて欲しかったが。
      いいね

      普通
    • サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
      『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』ユリシーズという名のトランスジェンダーの若者が本当の居場所を求めさすらう現代のオデッセイ。彼を排除する昼の教会も彼を受け入れる土曜の夜の教会も同じキリスト教の二つの側面という展開が皮肉だ
      いいね

      良い
    • ファースト・マン
      『ファースト・マン』X15パイロットをクビにされた男が最初の月着陸を成し遂げるまで。月面最初の人間としてたった一人で「世界」と向き合う瞬間、地上での平凡な一瞬一瞬が蘇る。世界と向き合うという点でどちらも本質的に変わらないと悟らされる
      いいね

      良い
    • リアム16歳、はじめての学校
      『リアム16歳、はじめての学校』高校で妊娠した経験を持つシングルマザーが公立高校への嫌悪から息子を家庭教育だけでホーキング級の天才に育て上げ様とする。時にすれ違いはあっても互いに成長し合う友達同士の様な親子をユーモラスに前向きに描く
      いいね

      良い
    • サスペリア(2018)
      『サスペリア(2018)』現代版ジャーロとは?と期待した目に飛び込む「ベルリン1977」の字。耳に「バーダーを解放しろ!」の叫び。ジャーロにドイツニューシネマが接ぎ木され不気味に映画が軋む。言葉を失いただ呟くしかない。「バロック」と
      いいね

      良い
    • ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
      『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』サリンジャーを神格化する事なく等身大の若者として描く。彼の才能を見出す恩師をケビン・スペイシーが好演。「天才作家の妻」で口にされる「ユダヤ人で若い男」がサリンジャーの事だとわかる映画。
      いいね

      良い
    • アクアマン
      『アクアマン』海底人と地上人の間で育ったアクアマンが2つの世界を戦争の危機から救う。何でもCGでスマートに表現できる筈なのにここぞという所で不格好な着ぐるみで笑かしに来る。笑いの衝動と泣きの感動で心引き裂かれるが結局泣かされてしまう
      いいね

      良い
    • マンディ 地獄のロード・ウォリアー
      『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』底辺で蠢くアウトローが麻薬でラリった頭で訳のわからない事を口走りながら血みどろの塩バトル。ニコケイがいつも出ているB級の一本に過ぎない…筈なのに何かが決定的に違う。人知を超えた何かが憑依している
      いいね

      良い
    • ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー
      『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』商業的に難しい百瀬監督作品を世に出すために米林監督のジブリテイストを客寄せパンダにした風な構成。なのに肝心の「サムライエッグ」が…ネグレクトまがいをやらかして「よくやった!」じゃねーよバカ親!
      いいね

      残念
    • 怪獣総進撃
      『怪獣総進撃』「地球は人類だけのものではない」鳩山論理で地球侵略を進める吉良悪星人の富士山基地に地球10大怪獣が殴り込みをかける怪獣忠臣蔵。富士浅間神社の鳥居なめの構図で姿を見せる彼らは災害の化身から鎮守の神となったのだ。
      いいね

      良い
    • フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
      『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』人食いガイラと人の間で葛藤するサンダ。『キングホステージ』のニコラス・ケイジもサンダに自分を重ね男泣きに泣いていた。人の根源的な欲望であり恐怖である人食い。人間の本質描く不偏的な映画かも
      いいね

      良い
    • デイアンドナイト
      『デイアンドナイト』自動車のリコール隠しに関わり社会的に抹殺された父の無念を晴らす為に犯罪の世界に踏み込む男。「どう思い合う事が家族なのか」が問われる。役者のコミットでセリフの不自然さがどこまで排除できるのか?一つの成果がここにある
      いいね

      普通
    • 帝都物語
      『帝都物語』実の兄と妹が睦みあい子を作りその娘から「お父さんお母さん」と呼ばれてハッピーエンドという恐るべき映画。「鬼が来るぞ」「鬼と出くわす」と盛んに「鬼」という言葉が口にされるがその度に石田純一の辰宮がまず姿を見せるのが可笑しい
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....