TOP >yamicokeマイページ

yamicoke

さんのマイページ
yamicoke
つぶやいた映画
647 本
総ツイート
690 件
マイページ閲覧数
7,423 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
647 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • かがみの孤城
    アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー
    アフター・ヤン
    ぼくらのよあけ
    MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない
    ロックンロール・ハイスクール
  • 赤い夜
    リキッド・スカイ
    イタリア式奇想曲
    アポロンの地獄
    スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION
    NOPE/ノープ
    TANG タング
  • ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
    劇場版 Gのレコンギスタ IV 激闘に叫ぶ愛
    ソー:ラブ&サンダー
    ブラック・フォン
    あなたの顔の前に
    炎の少女チャーリー
    機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない
      『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』もしも涼宮ハルヒな特異点が会社の上司だったら。経験値は次回のループに繰り越せる。てな訳で成果物の精度をひたすら上げていく辺り、いかにも日本人的というかなんというか。
      いいね

      良い
    • 愛しすぎた男 37年の疑惑
      『愛しすぎた男 37年の疑惑』仕えていたカジノの女主人の裏切りに復讐する弁護士。タイトルと裏腹に「愛しすぎた女」「愛を利用しすぎた男」の話。表面的にはクールに淡々と振る舞う彼の唐突な凶行に戦慄する。更に映画終了後の字幕解説がダメ押し
      いいね

      良い
    • ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー
      『ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』作り手が身を裂く哀しみをむき出しにした『喪の仕事』としての映画。それは誰も望まなかった物語。そこから如何にしてカタルシスを生み出すのか。歪つな作劇となりながら奇跡の様にそれは成し遂げられた
      いいね

      良い
    • 空の大怪獣 ラドン
      『空の大怪獣 ラドン』序盤だけで並のハリウッドB級SF一本分。JAWSを先取りした『見せないサスペンス』が効果的。無個性でただ暴れるだけに見えた怪物が最後の一瞬、生命としての情愛と悲痛を見せつけて怪獣映画として唯一無比の感動を与える
      いいね

      良い
    • 宇宙大戦争
      『宇宙大戦争』アプレの気分を体現する役者だった池部良はSFヒーロー役でもどこか虚無的。『私達の愛情は永遠に変わらない』と訴える恋人に『そうかな?』と冷淡に返し泣かす。宇宙人の殲滅も淡々と。憎いとか感情の欠片も見せないのがらしくて良い
      いいね

      良い
    • アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
      シネマサンシャインで“○○体験” クイズに答えて『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』グッズや招待券を当てよう! #シネマサンシャインでアバ体験 #アバターWOW https://t.co/cMVdUJGcsY
      いいね
    • NOPE/ノープ
      『NOPE/ノープ』UFOを撮って一攫千金を狙う馬主兄妹。ミステリアスな序盤とネタが割れてからのバカっぽい展開の対比がエグい。似たようなシャマラン映画が毎度悪評を買っているのにこちらは傑作扱いなのは解せない。梯子はいずれ外されるのか
      いいね

      良い
    • ブラック・フォン
      『ブラック・フォン』シリアルキラーに誘拐された少年が放り込まれた地下室は殺された子供達の怨念が集積した霊場と化していた。戦慄の心霊体験を繰り返しながら霊に導かれ一人脱出を試みる。恐怖と感動が一挙に押し寄せる今までに無かったカタルシス
      いいね

      良い
    • ハッチング―孵化―
      『ハッチング―孵化―』森で拾った卵から生まれた醜くもどこか自分に似た怪物。親に隠れて育てる内に自分の心の闇を読んだ様な凶行を繰り返し止められない。愛しくもおぞましい分身との対決は少女から大人への脱皮のメタファーとなる寓話なのか。
      いいね

      良い
    • ダムネーション/天罰
      『ダムネーション/天罰』雨の降りやまない荒涼とした町の片隅で文字通りイヌになっていく男の物語。下世話な底辺の人間達が荘厳なカメラで神話的な相貌で捉えられる。「破滅」と呼ぶのが相応しい筈の俗な邪劇が「天罰」と題される悲劇に変わっていく
      いいね

      良い
    • 地球外少年少女 後編「はじまり物語」
      『地球外少年少女 後編「はじまり物語」』彗星が地球に落ちる日。地球生まれと宇宙生まれの未来の子供達が審判を下したコンピューターに人類の生存を賭け対話を試みる。小松左京と富野由悠季を継ぎ新たな物語を紡ごうとしている。その志だけで泣ける
      いいね

      良い
    • ファミリー・ネスト
      『ファミリー・ネスト』家を追われ廃屋に不法入居を迫られる困窮女性の物語をルポルタージュと見紛うリアリズムで描く。その現実性が神話性に変わる一瞬を捉える。人よりも先に鶏を登場させるオープニングで初作からタルベーラだと感じさせるのは流石
      いいね

      良い
    • テオレマ
      『テオレマ』愛を知らなかった者達が愛されて愛を喪い愛を求めて狂う。 テオレマとは定理。高き所から低き所へ水が流れるように確たる世界観が語られる。そして生まれた一人の魔女がその身を捧げ泉に変わり失われし人と大地との絆を結ぶ奇跡を起こす
      いいね

      良い
    • 王女メディア
      『王女メディア』「現実的なものは神話的であり逆もまた真なり」ケンタウロスの言葉通りに神と魔法の神話世界と人間の現実世界が並置される。何を信じるかで世界は如何様にも変容する。イアソンとメディアの道行きがもたらす無垢な者の夥しい死を除き
      いいね

      良い
    • アフター・ヤン
      『アフター・ヤン』家族同然だったレプリカントが突然機能を停止した。メーカー修理を拒否された父親はレプリカントを兄と慕う娘の為に非合法な手段を模索する。この映画が教えるは未来に於いて私達が経験するかも知れない名付けようの無い未知の感情
      いいね

      良い
    • 密使と番人
      『密使と番人』幕末に日本地図を海外に売り渡そうと密使となる蘭学者と銃を手に彼を追う3人。如何なる理由でも国を売ろうとする男を許せるかどうか、今日に繋がる問題性がある。台詞が少なく起伏の無い展開を実験的とするのは時代劇の歴史を知らない
      いいね

      普通
    • ぼくらのよあけ
      『ぼくらのよあけ』墜落したUFOを宇宙に送り返そうとする子供達。往年の『青い宇宙の冒険』『エクスプロラーズ』を思わせる味わい。只『大人達は嘘ばっかり』なんて台詞と裏腹に子供に都合の良い大人しか出ない社会性0な展開に子供騙し感が残る。
      いいね

      普通
    • ポゼッサー
      『ポゼッサー』他人の脳内に意識を侵入させてコントロール、契約殺人を遂行する女工作員。支配していた筈の男の記憶と人格に汚染され狂っていく。結末の惨劇はどちらの意識に拠るのか?最後に残った人格はどちらなのか?注意深く見る必要がある。
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION
      『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION』『もっと楽しめる版』はファイナルカットの一歩手前。淀みない流れは既に確立されていて埋もれさすに忍びなかったスタッフの気持ちが伝わってくる。
      いいね

      良い
    • かがみの孤城
      『かがみの孤城』特別試写会希望 https://t.co/61P7ku09tu
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      writelefthand
      2221movies / tweets

      follow us