TOP >yankora0205マイページ

yankora0205

さんのマイページ
yankora0205
つぶやいた映画
253 本
総ツイート
297 件
マイページ閲覧数
554 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

yankora0205さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
253 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 運び屋
    サッドヒルを掘り返せ
    グリーンブック
    タンク・ソルジャー 重戦車KV-1
    ザ・カニバル・クラブ
    コントロール 洗脳殺人
    ちいさな独裁者
  • ザ・スリープ・カース
    グラビティ 繰り返される宇宙
    シャッター 写ると最期
    ザ・マミー
    サスペリア(2018)
    ハイエナたちの報酬 絶望の一夜
    ゼイカム 到来
  • シークレット・チルドレン 禁じられた力
    黒人魚
    LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て
    マフィオサ
    シークレット・ヴォイス
    スパイ・ミッション シリアの陰謀
    へレディタリー/継承
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 運び屋
      「運び屋」 彼が花を育てるシーンは最後にやっと出てくる。仕事の時も運び屋になってもずっと移動していた人が、ようやく家族と結びつき根をつける。彼を追いかけて記念日を忘れる羽目になった捜査官とのやり取りは皮肉な面白さ。
      いいね
    • サッドヒルを掘り返せ
      「サッドヒルを掘り返せ」 ファンの純粋で熱い思いが結集して生まれた奇跡。出てくる人みんな、目がキラキラ輝いていたなあ。好きを極めるって素晴らしいこと。そしてそれが色んな形で受け継がれていくことも
      いいね
    • グリーンブック
      「グリーン・ブック」 彼の音楽を褒めたたえても、彼を差別構造の中に落とし込んでそれを疑問にも思わない。黒人とは、白人とは、という勝手な役割に人を当てはめる。これが差別の根っこなのかもしれない。
      いいね
    • タンク・ソルジャー 重戦車KV-1
      チケット買ってあったのに、仕事で行けなかったんだよ… 「タンク・ソルジャー」どんな映画だったんだろ…
      いいね
    • ザ・カニバル・クラブ
      「ザ・カニバル・クラブ」。 タイトルそのものズバリ。のっけから倒錯度合い抜群なシーンから始まるのだが、その後は案外のんびりと夫婦とクラブ内部のいざこざが展開。ネタと刺激で押し切る映画ではなくて面白い。昨年の「触手」に似た鑑賞感 。性欲と食欲は似たとこにあるんですね
      いいね
    • ちいさな独裁者
      「ちいさな独裁者」。実話だとは信じられない話。彼の行動に迷いが見られないのが恐ろしい。彼は特殊なケースとしても、収容所の他の軍人達を見ればその狂気を生み出した素地が分かる。彼自身が言う、「人の命も軽くなったものだ」というのが戦争なのだろう。
      いいね
    • コントロール 洗脳殺人
      「コントロール 洗脳殺人」。気づくのが遅すぎたが「ローズマリーの赤ちゃん」ですわね。もっと早くに気付けばもっと違う見方が出来たなあ。残念。 この邦題がなければ、それこそオカルトホラーとして観て途中から戸惑っていたろうな
      いいね
    • シークレット・ヴォイス
      「スネーク・アウタ・コンプトン」。ツノが生えたヘビ君はぬいぐるみにしたら受けそうな可愛い顔をしている。例えば「シークレット・ヴォイス」の様な作品と同じ枠で公開されてるのが信じがたいバカバカしさなんだが(それがまた面白いのだが)、いざラップとなるとカッコいいのだからまた面白い。
      いいね
    • グラビティ 繰り返される宇宙
      「グラビティ 繰り返される宇宙」 いやあ面白かった!たった70分で終わらすのは勿体ないほど細部が作り込まれた宇宙船(レトロでもある)も魅力だが、その短い間にタイムループの面白さを凝縮。その中で主人公は過去の後悔を、選択する事で解脱… https://t.co/0NbXLwT8Uq
      いいね
    • ザ・スリープ・カース
      「ザ・スリープ・カース」。脳みそ摘出に始まりどぎついスプラッタ描写満載。科学者が科学は科学、呪いは呪いと分けて考えてるのが面白い。気づくのが遅すぎましたが、「人肉饅頭」の方々の作品でしたか。そりゃあ、食うものは食いますわな…。
      いいね
    • ザ・マミー
      「ザ・マミー」。ホラーと言えばそうだが、恐怖描写より突如親を失った子供達のあまりに不条理で過酷な日々の方がよほど恐ろしい。むしろ超越した存在をもってしか現世の不条理に立ち向かうことができないのではないか?と思うほどに。 テーマは重くキツいが、救いも感じた。良い作品に出会えた
      いいね
    • シャッター 写ると最期
      「シャッター 写ると最期」。未来を予知するというより死ぬ未来に持っていくカメラに若者たちが次々と殺されていくホラー。理由や動機の説明を一切行わず、こういうカメラがあるんだ、さあ怖がれ。という姿勢が清々しい。
      いいね
    • サスペリア(2018)
      「12人の死にたい子どもたち」を観に来た子どもたちを尻目に私は「サスペリア」を観る。 もうちょっと空いておじさんが入っても大丈夫そうになったら前者も観たいが
      いいね
    • LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て
      「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」。さぞや撮影は大変だったろうなあ…。しかしこういう作りだったからこそ、必死になった人間の滑稽さがよく見えた。緊張感と笑いが入り乱れて臨場感も抜群。エンドロールの解放感。 フロントの… https://t.co/aCh2Krn0Vt
      いいね
    • ハイエナたちの報酬 絶望の一夜
      「ハイエナたちの報酬 絶望の一夜」。チンピラ3人、政界の大物、それと繋がる裏社会の人間、それぞれの思惑が絡み合いあっちこっちに行ったり来たりしてたらいつのまにかシンプルにまとまっているという不思議。カネに踊らされる哀れで滑稽な人間… https://t.co/KdPCoESJm2
      いいね
    • ゼイカム 到来
      「ゼイカム 到来」。素晴らしい!よくぞこのタイトル付けた!今年の未体験ゾーン、良い映画は他にもあるが今のところ1番好きなのはコレだ!(笑) 笑うしかないくらいに分かりやすい登場人物達。しかしそれに案外リアリティがあるのが現在。
      いいね
    • 黒人魚
      「黒人魚」。 人魚伝説そのものは珍しくないけど、悲劇によって生み出されたり髪の毛が鍵になったりとロシア映画なんだけど日本の怪談にもありそうな要素があり興味深かった。それにしても、抗えない程の誘惑をするなら最期まで美しい姿を見せた状態で殺してくれませんかねえ、とか思ってしまう(笑)
      いいね
    • シークレット・チルドレン 禁じられた力
      「シークレット・チルドレン 禁じられた力」。アーミッシュについては特別な知識はなく、その為作品を理解できたかはわからん。しかし彼らの力を特殊能力でなくもう少し普遍的な力として見てみたら、閉鎖された社会からの束縛を逃れる若者の物語と捉えられるのかも。兄妹でその逃れ方が違うのが面白い
      いいね
    • シークレット・ヴォイス
      「シークレット・ヴォイス」。 かつての自分という虚構を追う本物と、再現は本物そっくりだけどあくまでも再現でしかない虚構。それぞれが本物に近づけば近づくほど、本人達の私生活とかけ離れたその虚構性が際立つ。しかし本当の本物ですらが虚構であったという衝撃。静かな、しかし響く作品だった。
      いいね
    • マフィオサ
      「マフィオサ」。レンタル屋の叩き売りで見つけたVHSの様な画質の映画を劇場で観る面白さ。低予算から来る様々に対し寛容である必要はあるが、物語や演出、編集は堅実な作りで退屈せずに最後まで観られる。今後職人の様な作り手になるのかも。… https://t.co/PKILemhPnp
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....