TOP >yes_exclamationマイページ

yes_exclamation

さんのマイページ
yes_exclamation
つぶやいた映画
383 本
総ツイート
391 件
マイページ閲覧数
2,091 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
383 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 泣き虫しょったんの奇跡
    オーシャンズ8
    未来のミライ
    ジュラシック・ワールド 炎の王国
    レディ・バード
    デッドプール2
    ランペイジ 巨獣大乱闘
  • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    レディ・プレイヤー1
    パシフィック・リム アップライジング
    ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    グレイテスト・ショーマン
  • 巫女っちゃけん。
    スリー・ビルボード
    ジュピターズ・ムーン
    ルイの9番目の人生
    キングスマン ゴールデン・サークル
    バーフバリ 王の凱旋
    花筐 HANAGATAMI
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジュラシック・ワールド 炎の王国
      恐竜に感情移入させる構成。閉鎖的な舞台での追体験。クレアの恐竜的な描写と最後の決断がクローンの彼女に引き継がれ、人間と恐竜との共存にて集約する。原題が頂点である人間“界”と象徴的な舞台で示唆。『ジュラシック・ワールド -炎の王国-』
      いいね

      良い
    • 泣き虫しょったんの奇跡
      少年期と青年期の自転車での競り合いが、瀬川(松田龍平)と親友の悠野(野田洋次郎)の道程の進み具合を象徴。喫茶店での店員(上白石萌音)との会話場面の背景にハート型の小物。横断歩道の沼化などが映像化の醍醐味。『泣き虫しょったんの奇跡』
      いいね

      良い
    • オーシャンズ8
      ハメられた元彼のクロードに借りを返すデビー。その後、スローモーションで流れるメットガラの階段を下りるシーンでは、周囲の男女のペアに紛れ、一人だが、自信にあふれた彼女たちが自立した女性として優雅に歩く姿で描写される。『オーシャンズ8』
      いいね

      良い
    • リベリオン
      出世を目論む同僚ブラントに感情違反者の疑いで連行されたプレストン。銃の記録を証拠に警察官殺しの犯人にも疑われるが「反乱者の仲間を捕まえると約束した…彼です」とプレストンはブラントを一瞥。鮮やかな二度見を決めるブラント。『リベリオン』
      いいね

      良い
    • スモーキング・ハイ
      敵のアジトで捕まった二人。両腕を縄で縛られるが、逃亡を企て、まずはバックルを腰に擦り付け合い「イケそうか?」と断念。体位を変えては「最後はオレの口で」と縄解きに似せた誤解を生むアブノーマルな表現で危機を脱する。『スモーキング・ハイ』
      いいね

      良い
    • 脳内ニューヨーク
      物語という人生が幾重にも折り重なり、現実を劇に、劇が現実にと、構想は終わりという死へ向かっていく。人間の想像力が自ら(本来は目的などない生への恐怖)を救うため、他者を演じることで理解し、視覚的な禅問答で描き切る。『脳内ニューヨーク』
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      愛犬の死に表情の見えない父。心情は分からず、けれど、自らの心配よりも愛娘を優先する父。おどけること、ユーモアを忘れないことが、娘の心根を解いていく。そして、母の死に対し、娘は父を真似して入れ歯をする。『ありがとう、トニ・エルドマン』
      いいね

      良い
    • オデッセイ
      具体的な“数字”によって物語が進み、宇宙と科学もののSFに対するアンチテーゼが精神論(あるいは奇跡という曖昧なもの)を皮肉る。だからこそ『グッド・ウィル・ハンティング』をキャリアにもつ、マッド・デイモンが主役なのだと。『オデッセイ』
      いいね

      良い
    • レイチェルの結婚
      冒頭から揺れては落ち着かず、ブレのあるカメラワークが事態を追う。まるで誰かが不安定な家族を心配し、ホームビデオで撮影しているかのように。過去は告白され、向き合えた姉妹の傍でカメラは安堵し、もう大丈夫だと見届ける。『レイチェルの結婚』
      いいね

      良い
    • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
      宙に浮き、空気を操り活路を開くほどのヒロインのエマ(CV:花澤香菜)。最終決戦では自慢の息を浴びせ、敵の動きを封じるが「Mint for you(君にはブレスミントをあげよう)」とディスられる。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
      いいね

      良い
    • LOOP/ループ -時に囚われた男-
      冒頭の露骨な8(題名ネタバレ)が展開を予見。そもそも産婦人科医(高収入)の父親がいて、息子(クズ&バカ)は金に困るのか?賢いフリをしてもボロが出るので、ループものはある程度賢くないと取扱厳禁。『LOOP/ループ -時に囚われた男-』
      いいね
      評価
      なし
    • お!バカんす家族
      アメリカ大陸横断の家族旅行の車中。兄ジェームズは車窓から、並走する車の中に気になる女子を見つけ、互いに意識をしあう。しかし、弟ケヴィンは構わず兄の頭にビニール袋を被せ、普段通りイタズラを働く。これがまさかの伏線。『お!バカんす家族』
      いいね

      良い
    • 未来世紀ブラジル
      映画におけるハエ(悪霊の君主ベルゼブブを指す)の登場には、旧世界の崩壊及び脱出が啓示・意図される。そして、ディストピアと現実から逃亡し至るラストの解釈は、彼が永遠に夢想するユートピアの結実(ハッピーエンド)だと。『未来世紀ブラジル』
      いいね

      良い
    • ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション
      原題「Mock(真似をする)+Jay(実在の鳥名)」が意味する反復への選択。妹の死を受けての報復ではない弓の矛先。飢えた人外の敵に続く、選ぶ最後の的との決別で、ゲームは終わる。『ハンガー・ゲーム:Mockingjay Part2』
      いいね

      良い
    • ワイルドシングス
      サンプリングされた『めまい』のイントロにより、急展開を狙いとした物語が予見。『COP CAR』のキャリアに通ずる刑事役ケヴィン・ベーコンで信頼できない語り手が確定され、読めない展開よりも“無修正”に虚を衝かれる。『ワイルドシングス』
      いいね

      良い
    • 孤独のススメ
      神と対峙する象徴ハエと山羊が“彼”の化身を彷彿とさせるが、彼の自宅にはハエがおらず、独り身の再開によって自身と、振り払う隣人のほうだと示される。キリスト教に背く、上級六大悪魔の特性が物語を紡ぎ、LGBTの解放を説く。『孤独のススメ』
      いいね

      良い
    • カメラを止めるな!
      カメラマンのバトンタッチ後、すぐに転ぶ描写が“メイキング”では本当に転んでいることで転ぶが演出に加わる。且つ、よく転ぶ性格付けの整合性のため、バンに乗り込む手前で転ばせる徹底用。1カットの副産物にも抜かり無し!『カメラを止めるな!』
      いいね

      良い
    • シリアル・ママ
      朝食でのシリアルとハエの抹殺が主婦ベヴァリー(ハエ=悪霊の君主の名ベルゼブブの同音異義語)が象徴とする化身を明示。アメリカ的な裁判劇がブラック・ジョークを増し、ラストの気づいてしまった者と向き合う彼女の笑顔は必見。『シリアル・ママ』
      いいね

      良い
    • カリフォルニア・ドールズ
      ロードムービーでありながらも、目指すべきゴールに向かう三人のやりとりが、こちら側を手に汗握る“観客(ファン)”へと押し上げる。チャンピオンを賭けた最後の試合は『ロッキー』級のカタルシス。珍字幕が惜しい。『カリフォルニア・ドールズ』
      いいね

      良い
    • ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行
      お下品で正にゲスな表現と、女優陣の体当たり演技が贅沢。最たるは花嫁であるジーニー(シュガー・リン・ビアード:CV 釘宮理恵)の芝生多めの真っ裸(※モザなし)には愕然。吹替推奨!『ウェディング・フィーバー -ゲスな男女のハワイ旅行-』
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....