TOP >yudutarouマイページ

yudutarou

さんのマイページ
yudutarou
つぶやいた映画
814 本
総ツイート
1,189 件
マイページ閲覧数
10,635 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
5 人

オールタイム映画ランキング

yudutarouさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
814 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • デッド・ドント・ダイ
    劇場版 SHIROBAKO
    ミッドサマー
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    テリー・ギリアムのドン・キホーテ
    劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明
    ラストレター
  • 巨蟲列島
    パラサイト 半地下の家族
    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
    映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!
    屍人荘の殺人
    ドクター・スリープ
    ゾンビランド:ダブルタップ
  • フラグタイム
    ブライトバーン/恐怖の拡散者
    冴えない彼女の育てかた Fine
    ジョーカー
    蜜蜂と遠雷
    アス
    ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • デッド・ドント・ダイ
      『デッド・ドント・ダイ』これまでも楽しそうにジャンル映画的なものはやってたけど、ここまで小ネタを詰め込んで振り切った作品を(ジャームッシュ的)オールスターキャストで作っちゃうとは。ゴブリンライクなシンセとティルダ様が最高に楽しかった
      いいね

      良い
    • 深夜の告白
      『深夜の告白』保険金殺人モノの元祖という功績を置いといても、普通にハラハラドキドキのサスペンスとして楽しいし、現代の視点で観ると主人公のロリコン嗜好や同僚とのブロマンスまで織り込まれたプロットも先鋭的な娯楽映画で面白かった。
      いいね

      良い
    • 巨蟲列島
      『巨蟲列島』登場人物たちが高校の同級生らしいというのが中盤まで全く分からんかったが、昆虫への執拗なこだわりにハードSF感じられたりして楽しかった。最近のTVも含めたアニメ全般のハイクオリティぶりに比べて微妙な作画も味わい深い、かな?
      いいね

      良い
    • X-MEN:ダーク・フェニックス
      『X-MEN:ダーク・フェニックス』時系列のみならず誰がどの役を演じてるのかすらよく分からんが、とりあえずジーンの物語はイマイチ面白くならないのが確定しちゃったかな…。宇宙人ジェシカチャスティンが車運転してるシーンはカッコ良しです
      いいね

      普通
    • 名探偵ピカチュウ
      『名探偵ピカチュウ』映画そのものはキャスティングでネタバレだったり微妙だったが、ピカチュウ可愛いからOKなのとポケモンが現実として(CGだけど)街に溶け込んだ景色を息子に見せてくれただけでも拍手。あ、〇〇だ!××だ!と言って喜んでた
      いいね

      良い
    • 水の旅人 侍KIDS
      『水の旅人 侍KIDS』やはり珍品だったが大林組オールスターで子供描写もいい。しょぼいCGが一周回ってチェコアニメのシュールレアリズムみたいになってた。見せ方も巧みで、感性の鋭さだけでない監督の演出力が堪能出来てかなり楽しかった…。
      いいね

      良い
    • メン・イン・ブラック:インターナショナル
      『メン・イン・ブラック:インターナショナル』元々の作品設定うろ覚えだったが、あまり矛盾とか気にしてない、というか作品全体が潔いほど大雑把な作りだったので関係無かった。なのでこちらもクリヘムが楽しそうだなーというぐらいに軽く楽しんだ
      いいね

      普通
    • 劇場版 SHIROBAKO
      『劇場版 SHIROBAKO』TVの続きとして楽しかったし、予定調和的物語を過剰な演出や重みのあるCGで盛っていて劇場用の気合も感じた。創造者としての夢を持つ人物と組織が主人公として並立する矛盾がスルーされているのもTV版同様だが。
      いいね

      普通
    • ミッドサマー
      『ミッドサマー』奇祭系ホラーとしては突出した出来ではなかったけど、幕切れの高揚感が『ヘレディタリー』以上に感覚がズレてて、この監督ちょっとヤバいんじゃないかという、そこが一番ホラーだった。あと前半のトリップ演出良かったです。
      いいね

      良い
    • 群盗荒野を裂く
      『群盗荒野を裂く』安定のキンスキーキャラ以外もアメリカ人のビルが、クールなキャラと思わせておいて実は単に幼稚なだけだったというのが現代的で、作品も古びて見えなかった。奇妙な友情物語としても楽しめる高級なマカロニという印象。良かった。
      いいね

      良い
    • ラストレター
      『ラストレター』いい話的側面は全て狂気の断面図になっているのに、それが一見美しく感動的な映画になっている岩井ワールド、もうなんか凄い。仙台という町の映画としても堪能。で、漫画家役の庵野秀明が描いてる絵が鶴田謙二でオタクは掴まれます。
      いいね

      良い
    • テリー・ギリアムのドン・キホーテ
      『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』意外とまとも。最初から映画作りと重ねるつもりだったのかは気になった。メタ構造になりそうなとこを、わりと正道な物語に収斂させていて、観やすくもあり物足りなくもあったが、そこがギリアム的だった。
      いいね

      良い
    • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
      『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』イメージとしての古き良き探偵物の風合いに現代性を織り込んだ佳作で、原作物と思って観ていたら監督のオリジナル脚本で驚き。張り付いたイメージから自由になった役者陣も楽しそうでほっこりした
      いいね

      良い
    • 劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明
      『劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明』富田美憂目当てで総集編観たら絵柄苦手で避けてのにキャラデザ黄瀬さんで、しかも面白かったので新作も鑑賞。残酷を可愛い絵柄に包むやり方はヤだが世界の構築とアクションのクオリティ高くて良かったです
      いいね

      良い
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』格差社会など今日的テーマをサスペンス、ユーモア、悲哀を詰め込んだ洗練のエンタメに仕立て上げたポン・ジュノ、やはり凄い。役者もいい(花郎の人も良かった)。綺麗でうま過ぎなところを物足りなく感じたのは贅沢か。
      いいね

      良い
    • 屍人荘の殺人
      『屍人荘の殺人』××モノとしてヌルいという事にはなるだろうが、ホラー苦手な娘も楽しめるドヤ顔感を抜いた堤幸彦的演出も功を奏した全年齢対応××映画になっていて親娘で正月映画として楽しめた。個人的には神木くんと浜辺美波がキュートで満足。
      いいね

      良い
    • 映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!
      『ひつじのショーン UFOフィーバー!』今年の締め。ニック・パークはクレジット見る限りあまり関わって無いようだけど、散りばめられた映画小ネタと押し付けがましくない感動はいつものアードマンのクオリティで、楽しかった。ビッツァー可愛すぎ
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
      『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』旧作目配せ不要派なので回を重ねる毎に微妙な気分が増幅し続けたけど、レイのおかげで最後までついてこれた感じ。どうせルーカス関係無いなら自由に新たなサーガを紡いで欲しかったが、そうはいかんか
      いいね

      良い
    • フラグタイム
      『フラグタイム』突飛なSF設定と狂気寸前のキャラクターを1時間枠に詰め込んでるのに柔らかな青春映画として楽しめたのはこちらの趣味嗜好もデカイが、『あさがおと加瀬さん』同様の綺麗でリリカルな作画と繊細な描写の積み重ねがあればこそだった
      いいね

      良い
    • ゾンビランド:ダブルタップ
      『ゾンビランド:ダブルタップ』キャラが確立しちゃってる安心感で、ホラー的面白さは無くなっていたけど、能天気アクション物として面白かった。監督も俳優も既にキャリアを築いてしまったので、前作の無理に粋がった感じもなくて見やすくもあった
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....