TOP >yuuminanamiマイページ

yuuminanami

さんのマイページ
yuuminanami
つぶやいた映画
137 本
総ツイート
154 件
マイページ閲覧数
2,376 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
137 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡
    コリーニ事件
    デッド・ドント・ダイ
    ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    ジュディ 虹の彼方に
    名もなき生涯
    リチャード・ジュエル
  • パラサイト 半地下の家族
    ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!
    THE UPSIDE/最強のふたり
    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
    ゴーストマスター
    ドクター・スリープ
    殺さない彼と死なない彼女
  • ラフィキ:ふたりの夢
    ひとよ
    イエスタデイ
    ブルーアワーにぶっ飛ばす
    ジョーカー
    アイネクライネナハトムジーク
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 少女椿
      『少女椿』主題歌はチャラン・ポ・ランタン『あの子のジンタ』。ここ重要。チャラン・ポ・ランタンはエンディングテーマが社会的現象となった『逃げ恥』恋ダンスじゃない方のオープニングテーマを演ってた姉妹ユニット。彼女達の才能に腹伏せろ。
      いいね

      良い
    • 少女椿
      『少女椿』丸尾末広との出会いはスターリンの『虫』。原作漫画も読んだが既に忘却の彼方。実写化にあたっての漫画からのキャラの再現度は高いと思う。だけどもなぁと思って観てはいたのだけれど、ワンダー正光がイイヤツだったのでポイントアップ。
      いいね

      良い
    • 海月姫
      漫画過ぎる演出と何の捻りもなく先が読めてしまうストーリーの駄作。では、ある、のだが、前法相が収賄で逮捕されたりする2020年6月中旬に観ると蔵之介、慶一郎の鯉淵兄弟の誠実さに心打たれ予定調和な展開が嬉しくなってしまうのだな。これが。
      いいね

      良い
    • セルピコ
      『セルピコ』アル・パチーノ主演。ニューヨーク市警に蔓延する汚職や腐敗に立ち向かう警察官の実話に基づいた作品。こういう警察官が日本にもいて欲しかった。どいつもこいつも誰の為に警察官やってんだってヤツばかりだからよ。鬱苦しい国のはよ。
      いいね

      良い
    • ブルーアワーにぶっ飛ばす
      『ブルーアワーにぶっ飛ばす』鼻に着く業界ノリとお行儀の良くない言葉使い、場末のスナック、帰省した実家、超日本的なお盆(?)の佇まいがイヤなんだけれどイイ。暗喩的なシーンが多く難解。もう1回くらい見ないと意味を理解できないかも。
      いいね

      良い
    • 夢売るふたり
      『夢売るふたり』観てると思ったけれど観てなかったみたい。これはクライムサスペンス…コメディ…なのかな?狡猾、悲惨な事件も距離を置いて第三者的に観ると滑稽に見えてしまうってヤツ?松たか子怖可愛い。他の出演演者も皆んな良い仕事してる。
      いいね

      良い
    • ドクター・スリープ
      『ドクター・スリープ』最近はスティーブン・キングもとんとご無沙汰なので、本作の登場まで小説の存在すら知らなかった。いかんなぁ。テレビシリーズを見ているような映画としては安っぽさが気になった。エミリー・アリン・リンドが超絶良かった。
      いいね

      良い
    • ほしのこえ
      『ほしのこえ』「時間」を取り扱っているところがいい。2002年公開ということを考慮すると仕方ないのだが、2046年に於いてミカコとノボルがPHSのようなガラケーでメール交換通信しているのは違和感を感じずにはいられなかった。
      いいね

      良い
    • 雲のむこう、約束の場所
      『雲のむこう、約束の場所』南北に分断された日本という設定が意味深。理解できてないだけかもしれないけれど登場人物の行動原理が希薄で感情移入できないのが難点。時間とともに流れる映画ではこの辺りもっと簡単にしないといかんということやね。
      いいね

      良い
    • 星を追う子ども
      『星を追う子ども』やっべ。観る順番間違えた。まぁ、いいや。新海作品として底流にあるものは共通しているけれど、キャラクターデザインのせいなのかずいぶんとジブリ&エヴァっぽい印象。用語が難解。この不気味さは不快ではあるけど嫌いじゃない。
      いいね

      良い
    • 秒速5センチメートル
      と、言うことでここ迄遡った。FMだとBW最終作の『クリスタルの謎』になるワケだが、何故、新海誠作品をFWに例えているのかは自分でも意味不明。3部構成の本作は後の『君の名は。』、『天気の子』で描かれた“もどかしさ”の萌芽を感じる秀作。
      いいね

      良い
    • 言の葉の庭
      フリートウッド・マックで例えるなら、『君の名は。』〜『天気の子』を『噂』〜『牙 (タスク)』とすると、『言の葉の庭』は『ファンタスティック・マック』に当たるワケだな。『ファンタスティック・マック』は好きだなぁ。
      いいね

      良い
    • 天気の子
      で、続いて『天気の子』。駅前一等地にありながらずっと廃ビルに近い状態ではあったもののつい先日取り壊す迄は生きてたんだよ代々木会館は。亡くなった先輩と代々木会館の呑屋に行くのはいつも深夜。3次会か4次会だった。なんてことを思い出した。
      いいね

      良い
    • 君の名は。
      『君の名は。』はエリック・クラプトン。皆が大絶賛。となると、捻くれ者はそれなら観なくて(聴かなくて)もいいや。と、なってコロナ禍の自粛要請で観たい映画も観尽くした挙句にようやく観たワケだが、これがなんとも巷の評判通りで超最高でした。
      いいね

      良い
    • 殺さない彼と死なない彼女
      追伸。検証したくなって再鑑賞。初見では気づけなかった丁寧で細かい仕込みを確認。こういうのって意識できなくても観てる方に伝わって来てるんだなぁ。 鹿野がさらに可愛く見えて来たよ。
      いいね

      良い
    • コリーニ事件
      ドイツったら、いつまでナチス訴追の映画作っているんだよと思いながら観ていたのだけれど、いや。ちょっと待て。議事録は作らねぇ。口頭決済はする。オウム返しが定番の法相のことを思い出したら見方が変わった。そう「欲しいのは正義だけだ」。
      いいね

      良い
    • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
      『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』誰かが言った“大人になったドキンちゃん”は言い得て妙。BIRDS OF PREYがバトルを開始するシーンのHeart"Barracuda"のカッコ良さにシビレた。
      いいね

      良い
    • イエスタデイ
      『イエスタデイ』着想はありがち。だけれど、好きなタイプのファンタジー。BECKは存在するのにOASISは存在しなかったするROCKの小ネタにニヤリ。エド・シーランがカメオ出演。後半に涙腺崩壊シーンあり。多元宇宙論に想いを馳せた。
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      朱子版の「性善説」に基づいたようなストーリーはリアルゴッサムシティと化した美しくない日本においてもシンクロ率400%。時折挿入される眩しい光に包まれたアーサーの姿が印象に残る。それにしてもアーサーはアリス・クーパーにクリソツだな。
      いいね

      良い
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』久々に観た超豪華ハリウッド大作。コロナ禍においてこういう‘たられば’ストーリーは良いね。クライマックスの安直さがこれまた効果的というか逆説的に効いていて舌を巻いた。心が温まったな。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....