TOP >yuuminanamiマイページ

yuuminanami

さんのマイページ
yuuminanami
つぶやいた映画
61 本
総ツイート
71 件
マイページ閲覧数
1,589 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
61 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 新聞記者
    きみと、波にのれたら
    スノー・ロワイヤル
    アメリカン・アニマルズ
    リアム16歳、はじめての学校
    シャザム!
    サンセット
  • サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
    THE GUILTY/ギルティ
    サスペリア(2018)
    THE COLLECTORS さらば青春の新宿JAM
    ボヘミアン・ラプソディ
    ビブリア古書堂の事件手帖
    500ページの夢の束
  • カメラを止めるな!
    万引き家族
    コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝
    わすれな草
    人生タクシー
    バーフバリ 伝説誕生
    ストロングマン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 新聞記者
      『新聞記者』杉原ぁ、この国の民主主義は形だけでいいんだぞ。の台詞がリアルに響いてしまうとは。なんという酷い時代になったんだ。サントラも良し。テーマソングの和訳?にはBRAHMAN TOSHI-LOWのクレジットが。VAPつながりか。
      いいね

      良い
    • きみと、波にのれたら
      『きみと、波にのれたら』予告編観ても一向にぴんと来ないまま鑑賞に突入。ストーリーも凡庸なんだけれどポートタワーや千葉の景観が大フューチャーされていることに気づいてからはがぜん見方が変わった。途中、落涙も。チバニアンは必見。
      いいね

      良い
    • シャザム!
      『シャザム!』追伸。期せずして、TWDのジェリーに会えたのも嬉しいオマケだった。
      いいね

      良い
    • シャザム!
      『シャザム!』で、EDがRAMONESの‘I Don't Want To Grow Up’だったのもツボ。ちなみに収録アルバムはラストアルバムの“¡Adios Amigos!”。分かってる!
      いいね

      良い
    • シャザム!
      『シャザム!』笑えて泣けて感動できるエンターテインメント作品。ロックファンとしてはTHE MOVEの2nd“SHAZAM”がそのアートワークと共にダブって来るのだが関連性について言及している情報は発見できず。 たぶん、これだろう。
      いいね

      良い
    • スノー・ロワイヤル
      『スノー・ロワイヤル』タランティーノ風味なところは悪くないが本家と比べると深みに欠け薄味。バイキング役のトム・ベイトマンの逝った演技が光る。たださ、お前らよ、ちょっとクスぐられたくらいで予定調和に笑うんじゃねぇよ。
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』The Doorsは“Morrison Hotel”から‘Peace Frog’、CANはダモ期“Ege Bamyasi”収録の‘Vitamin C’と来た。渋い。この監督、音楽のセンスも良いゾ。
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』最高! 観ながら何故か先頃亡くなった内田裕也を思い出すおれ。テクニカルな映像技術と編集の妙。Ace Frehley,The Doors.CANを使用したサントラもイイ。ロックンロールな作品。
      いいね

      良い
    • サンセット
      『サンセット』続き)と諦めたらこの作品は「わからん」ということを「わかる」モノで良いとの心強い解説。安心した。ヨカッタ。するってーと、ラストシーンはそういう意味だったのかな。
      いいね

      普通
    • サンセット
      『サンセット』わからん。台本を読んでいるような感覚でストーリーが追えないし、なんだかピントはズラすし。画像と音楽は綺麗でいいンだけど。ここのところ認識能力の後退をひしひしと感じているので、おれもとうとう来るところまで来たか。(続く
      いいね

      普通
    • サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
      『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』 ごめん。ダメだった。映画の作りは悪くないと思うからゲイカルチャーに興味がある人は観るといいと思う。ユリシーズを理解しようと努める母親の姿勢は良いと思った。
      いいね

      残念
    • リアム16歳、はじめての学校
      『リアム16歳、はじめての学校』う〜む。良く分からんな。暑苦しい程テンションが高くて超過保護な母親への違和感が最後まで拭えなかった。痛ましい児童虐待の事件が報じられている中、子どもを猫可愛がりする親が描かれていることは救いだけれど。
      いいね

      残念
    • THE GUILTY/ギルティ
      『THE GUILTY/ギルティ』緊急通報指令室を舞台に音響キャリブレーションをテーマとした実験作。制作側の自己満に終わらずエンタメとして成功しているところが素晴らしい。んだけど、アスガーはおっちょこちょいさんだと思うゾ。
      いいね

      良い
    • 万引き家族
      『万引き家族』現代日本の問題点を映画として濃縮還元。キャストがイイねぇ。アベが観て「良かった」みたいな感想を言わせない作品をつくらないとだよ。そんたくん達わ。
      いいね

      良い
    • カメラを止めるな!
      『カメラを止めるな!』こういうゾンビ映画は初めて。『THE WALKING DEAD』で人間不振に陥っている海外でも大ウケしている理由が分かる。アベとアホウがダメにする前の日本はこういう国だった。
      いいね

      良い
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』QUEEN聴いたことのない若年層をも巻き込んで大旋風を起こしている理由が分からんな。批判じゃないのよ率直に不思議なだけ。これに感動したら、是非ともANVILのドキュメントも観てね。
      いいね

      普通
    • THE COLLECTORS さらば青春の新宿JAM
      『THE COLLECTORS さらば青春の新宿JAM』犬HKの傑作『インディーズの逆襲』は放送当時の現在のドキュメントだったけれど、日本のモッズシーン30年を振り返ることができるようになったことは感慨深い。
      いいね

      良い
    • サスペリア(2018)
      『サスペリア(2018)』前半に踏襲されていた目に見えない不穏な雰囲気で恐怖を駆り立てるというオリジナルの"キモ"が後半はVFXに頼った力技になっているのは残念ポイント。芸術作品のやうなワケのわからなさはイイ。フェイクっぽいけど。
      いいね

      普通
    • ビブリア古書堂の事件手帖
      『ビブリア古書堂の事件手帖』黒木華の栞子さんはあり。原作のイメージを崩すことなく実写化に成功。現代と'64のストーリーを並走させたのが良かったのではないかと。原作ファンとしてはひとまずほっとした。サザンのテーマ曲はKAYAKみたい。
      いいね

      普通
    • 500ページの夢の束
      『500ページの夢の束』 コメディではないな。クリンゴン語を話せる警官のおっちゃんと芸達者なチワワのピートがいい。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....