のみとり侍 coco賞2018 第300位

「のみとり侍」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
映画ランキング2018「coco賞」
300
得票
6pt. / 1
公開日
2018/5/18
配給
東宝
解説/あらすじ
越後長岡藩藩士の小林寛之進は、藩主・牧野備前守忠精主催の和歌の会に出席。そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」と江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられる。途方に暮れていた寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛とその妻・お鈴の元で働くことに。猫の“のみとり”とは文字通り、猫ののみを取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。住む場所もなくなった寛之進であったが、貧しくも子どもたちに読み書きを無償で教える佐伯友之介や長屋で暮らす人々の助けを借り、“のみとり”としての新生活が始まっていく。
© 2018「のみとり侍」製作委員会

この映画への投票者一覧

5 (1人)
keekokzm
関連動画
 関連動画  関連動画  関連動画
YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
関係のない動画が表示されることがあります。

follow us