GODZILLA 星を喰う者 coco賞2018 第374位

「GODZILLA 星を喰う者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
映画ランキング2018「coco賞」
374
得票
2pt. / 1
公開日
2018/11/9
配給
東宝映像事業部
解説/あらすじ
ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章。21世紀初頭。ゴジラに地球を奪われた人類は、一部の人類を他恒星系への移住に送り出すも、計画は失敗。失意のまま地球へと帰還した人類を待ち受けたのは、二万年後の変わり果てた姿になった地球だった。そこに君臨するのは体高300mを超える史上最大のゴジラ<ゴジラ・アース>だった。ハルオたちは、武装要塞都市<メカゴジラシティ>を起動させ、ゴジラ・アースに挑むが、異星人種族の一つビルサルドと人間たちとの亀裂が表面化。<ゴジラ・アース>を倒す唯一のチャンスを捨て、ハルオはビルサルドのリーダー・ガルグを葬ってしまう。人間たちに広がる敗北感と虚無感。もう一方の異星人、宗教種族エクシフの大司教・メトフィエスは、ハルオが戦いに生き延びたことは“奇跡”だと唱え、信者を増やしていく。それはエクシフが秘め隠してきた“究極の目的”のためだった。やがて、ゴジラ・アースを打ち倒す者がいなくなった地球に、金色の閃光を纏った<ギドラ>が降臨し、天地を揺るがす超次元の戦いが始まる――。
(C)©2018 TOHO CO., LTD.

この映画への投票者一覧

9 (1人)
kyoka1164