TOP >上映カレンダー

近日劇場公開

4/27(土)公開予定
観た
観たい
岩手県の山あいで、「みんなが幸せになる、おいしい牛乳をつくりたい」と、自らの手で山に牧場を切り拓き、四季を通じて牛を完全放牧し、草だけを餌に育てる、実現に困難を極める“山地酪農(やまちらくのう)”に情熱を傾け実践する父・公雄と、ともに歩む家族の育ちを追った酪農を営む大家族の24年を追いかけたドキュメンタリー映画。
監督
キャスト
観た
観たい
数々の名盤を残し、後世のジャズにも大きく影響を与えたビル・エヴァンス。彼の51年の生涯は苦悩に満ちたものであった。その出自からキャリアのスタート、エヴァンスを巡る人間模様、そして死の間際までを、貴重な証言・映像・写真の記録で構成したドキュメンタリー映画。 58年にマイルス・デイヴィスのバンドに加入し『カインド・オブ・ブルー』を制作した当時の様子。その後、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎え、歴史に残るピアノトリオが残した名盤『ワルツ・フォー・デビイ』の制作経緯とスコット・ラファロの死。また、現在まで公にされていなかった、エヴァンス自身の音楽への想い、そして肉親たちから見た素顔の姿、その一生涯を通じて苦しめられてきた薬物依存…エヴァンスの人生を垣間見るような証言の数々と、貴重なエヴァンスの演奏シーンが1時間25分に収められている。
観た
観たい
亡き恋人ニコに捧げた、ガレル映画のひとつの頂点を成す傑作。海辺の町で共同生活を送るジェラールとマリアンヌ、マルタンとローラの2組のカップルを巡る物語。
観た
観たい
シングルマザーのクレアと仲良く暮らしてきた16歳のリアム。有名大学に入って、ホーキング博士のような天文学者になることを夢見るリアムは、小さい頃から学校には行かず、毎日クレアから英才教育を受けていた。一緒に遊ぶ友達はおらず、母が唯一の親友。しかし、友達がいないことに寂しさを感じるようになっていたある日、高卒認定試験を受けるためにはじめて足を踏み入れた公立高校で、義足の美少女アナスタシアを見かけたリアムは人生ではじめて恋に落ちる――。
観た
観たい
とある⼤学サークルの代表選挙が⾏われた夜。OB や現役⽣ら男⼥9⼈が残り、⼆次会でカラオケに興じていた。⼥⼦たちが席を外した際、思いがけず⼥⼦学⽣のカバンからコンドームが⾒つかり、男⼦メンバーのテンションは⼀気に上がり暴⾛していく。⼀⽅、⼥⼦たちは、OG と現役⽣の間で不穏な空気に包まれ始めていた。そして締めとなる決起会。和やかに終わると思われたが、ある発⾔をきっかけに全⼈間関係が次々と破綻へと追い込まれていく。華やかな⼤学デビューを果たしたはずの若者たちが裏切り、騙し合い、その果てに残ったものとは―。
観た
観たい
芸人・松元ヒロが舞台で演じ続けている日本国憲法を擬人化した一人語り「憲法くん」を基に、“憲法についてあらためて考えるきっかけとなる”ドキュメンタリー映画。「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子。渡辺は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇をやり続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。
観た
観たい
ある日突然、愛する妻が姿を消した。ふたりの子どもたちと共に残されたオリヴィエは、オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、慣れない子どもたちの世話に追われる。なぜ妻は家を出たのか、混乱しながらも妻を探し続けるオリヴィエのもとに、北部のヴィッサンから一通のハガキが届く――。
観た
観たい
俳優・山田孝之を5年強に渡り追いかけた初の長編ドキュメンタリー作品。本作は山田が30歳を迎えた2013年から直近の2019年まで、約5年間=2045日の長期に渡って、所属事務所スターダストのグループ会社SDPが主導となり完全密着。これまで山田の主演作「闇金ウシジマくん」シリーズを手掛けるなど、深い信頼関係があったが故に、実現したオフィシャルドキュメンタリー作品。
監督
キャスト
観た
観たい
広島に百年以上続く酒蔵・今田酒造を酒造りごと継いだ女性杜氏・今田美穂、日本酒の魅力を様々な形で発信するニュージーランド出身日本酒コンサルタント:レベッカ・ウィルソンライ、そして大胆なフードペアリングで日本酒界に新たな旋風を吹き起こしているカリスマ日本酒バー店長・千葉麻里絵。魅力溢れる三人のストーリーを追うことで、伝統ある日本酒界の、新しい時代が垣間見える――。
4月公開予定
観た
観たい
『それでも夜は明ける』でアカデミー賞を受賞したスティーヴ・マックイーン監督が『ゴーン・ガール』の原作者、ギリアン・フリンと共同脚本を手掛けた衝撃のクライム・サスペンス。