TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • croaton0
    劇的でも仰々しいでもない独特な話の進みとモンスターでなくキャラクターのようなゴーレムからなる“作品の軟かさ”を通していまの娯楽映画とは違う「当時の映画という娯楽」の一端に触れられる作品
  • ichiwheat
    【ハナレイ・ベイ】原作の要所を薄めつつも、痞えていたサチの感情を、家族との関係のフラッシュバックから炙り出す映像表現が活きていた。ただ、視点変えが一寸流れを止めていた様にも。吉田羊が見事に嵌っていたが、村上虹郎も良い味。 #映画
  • WaseiG
    『TOMORROW パーマネントライフを探して』鑑賞。地球を救う手法を紹介していくドキュメンタリー。少なくともこの作品の製作者は政府や企業に対して強い不信感を持っていることが伺える。陰謀論じみた話や、怪しげな説が散見される。理想が崇高なのは認めるが、自分にはビビッと来なかった。
  • 624ken
    けん@624ken
    3410movies
    TOHOシネマズ新宿で『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』を鑑賞。ほんと同窓会って感じですね。歌っているシーンが多かったのはうれしい。もうどんな背景の人たちだったか忘れちゃったけど、超個性的メンバーだよね。歌えばすごい。
  • xxtonchiki
    ところで、トムハ好きなんだけどヴェノム面白いのかしら
  • sa9237a
    『飢えたライオン』暴力的ないじめから今やこういういじめというか、ちょっとしたことがこんな展開になってしまう怖さを秘めた時代になってしまったのか。小刻みなブラックアウトによる場面転換が、いいかげんうざくなってくるが、そういう演出なのね
  • d_hinata
    『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』試写@角川試写室♪うわ~、、の波が止まらない! 目からも耳からもボーダーラインの世界観にどっぷりと引き込まれるから、監督変わっても前作好きな人は楽しめるかと。そして、ものすごく爆音映えしそう…。
  • mokomoko37
    『コマンドー』@新文芸座にて吹替版絶叫上映。筋肉ムキムキマッチョマンが大暴れの痛快さ!場内所々で鳴り響くクラッカーと大歓声に変な一体感!満腹で幸福感溢れる上映会でした(笑) #吹替コマンドー
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「人魚の眠る家」またも号泣してしまう作品でした。松竹さん、原作の選び方上手いなぁ~。』 https://ameblo.jp/yukigame/entry-12412430540.html
  • renn6161
    れん@renn6161
    2157movies
    『億男』高橋一生の「芝浜」フルで聴きたかったなぁ…多くの落語家さんたちが味のある自分の噺とされてファンも多いけれど、その魅力が作品の深い場所でのテーマになっているようだ。エンディングのBUMPのこの曲に思わず落涙。優しい歌だねぇ。
  • rumia1126
    る〜@rumia1126
    2047movies
    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』#27831
  • GD_momoco
    もも@GD_momoco
    1997movies
    『マイ・プレシャス・リスト』面白かった!リストを手にしてからのキャリーの変化が、観ているこちら側も楽しくて、なんだか彼女を応援したくなる感じ。お父さんの人柄や関係も素敵。人生に飛び級は無くて寧ろ厳しかったりするけど悪くないもんだ。
  • frodopyon
    pyon@frodopyon
    1971movies
    「バーフバリ 王の凱旋」と「2001年宇宙の旅」IMAXは、 109木場にて鑑賞。 両作品とも途中で「休憩」のテロップ映像が出ますが、 実際にはバーフは休憩なしで2001は休憩あり。 上映前のファンタビ2の予告編はVer.違い(だ… https://t.co/CL5vEmixs7
  • besi_sake
    『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』結構1と2の内容忘れてたけど、やはりこの作品楽しいよと再確認。1と2で確立したベラーズの信頼関係に展開のためだけの楔を打ち込まずラストに相応しい皆の成長ぶりを描き、ベッカの話としての決着で本当に最後だなと感涙。ゲストのルビー・ローズも素敵。
  • mattsuanko
    『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』#movie アナケンが芸達者なのは確か。 自称?😄音楽専門家から"レベルが低い"とかいちゃもんはつかないのか?😄
  • writelefthand
    映画『止められるか、俺たちを』鑑賞。若松孝二というより、若松プロダクションの過去をあえて若松監督ではなく助監督の女性を主役にして描く構図が不思議だった。当時の世相、独立プロである若松プロダクションの難しい立ち位置、中のスタッフそれぞれの思いなど当時の様子をできる限り画にしていた。
  • yousan330
    『あいあい傘』 終映後の拍手も納得! 素晴らしい作品だった。見事に泣かされた。 #eiga
  • paranoiaquality
    『ムーン・パニック』雑なディザスター物かと思ったら考証は案外ちゃんとしてるし地味でリアルな内容、空を見上げると月が割れてる映像もインパクト有り。その分婚約者は妊娠しおじいちゃんは死にパパは地球を救うヒーローになるお約束のドラマは雑。
  • noraneko285
    「デス・ウィッシュ」けっこう好きな作品だが、大して派手な見せ場がある訳でもなく、B級然としたこの映画、はたして21世紀に受け入れられるのか?続編作る気はまんまんな様だけど。#映画 #eiga
  • tweet_eiga
    『PK ピーケイ』多宗教なインドでこれ撮った監督・制作陣にスタンディングオベーション! 兄貴ダンスをフルコーラスやらなきゃ上映時間もっと短くなるだろうけど、あのダンスあってこそのボリウッド。
    もっと見る Loading...