TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • croaton0
    【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】追加されたシーンによって北条家の一員となっていく描写は濃やかとなり、描かれなかった女心とその揺れ動きが夫婦関係とりんの存在を大きく変えたことですずをキャラクターでなく一人の女性として映し出す
  • ichiwheat
    【最後の決闘裁判】強さこそが正義になる世界に棲む男同士の対決で描き始められながらも、男どもvs真実こそが正義と信じる女性一人の構図へと挿げ替わっていく妙…中世が舞台ではあるが現代的な視座への転回が素晴らしい。ただ、3視点からの重複はもう少しスマートに整理して見せて欲しかった気も。
  • 624ken
    けん@624ken
    4418movies
    『グレタ ひとりぼっちの挑戦』試写会後は、LiLiCoさんのトークショーがありました。LiLicoさんはスウェーデン出身だったのね。話おもしろかったなー。環境問題は気になってる。なんかできるのかな。我が家は電子レンジも掃除機も車も無いので、多少は貢献してるのかな。
  • WaseiG
    『サマー・インフェルノ』鑑賞。ゾンビになったり正気を取り戻したり、わちゃわちゃする作品。いま誰がゾンビになっていてというのが変化していくので、状況に変化はあるのだけれど、一方特定の人に感情移入する感じでもない。もっと上手く使える気もしないでもないが、ワンアイデアは光っている。
  • sa9237a
    『Our Friend/アワー・フレンド』ちょっとおかしな関係の3人だが、末期がんの宣告を受けた彼女を支えるダンナと親友。これは、誰にでも起こりうる運命だが、その交差する時代と次第に症状が進展していく彼女の先に・・ #アワフレ響く
  • xxtonchiki
    『ユア・マイ・サンシャイン』#eiga #movie 大抵キスシーンだけで、ベッドシーンは・・・のお国柄の中で、臆せず脱いだヒロインチョン・ドヨンの面会シーンには、胸を掴まれた。いや、良かったっす。
  • yukigame
    #グレタひとりぼっちの挑戦」気になった問題を訴える少女を、周りは見守り支えていました。素晴らしいです。#グレタ・トゥーンベリ #気候問題 #環境問題 #ドキュメンタリー https://t.co/vVDwlsZQYx?amp=1
  • renn6161
    れん@renn6161
    3169movies
    『最後の決闘裁判』芥川の「藪の中」ではなかった。真実とは事実に対する偽りのない解釈…ではChapter3は?昭和に公開されていたら全く反応は違っただろう。中世フランスを舞台にエンタメ作品の中の蛇のように忍ばせたものは人の尊厳。凄い!
  • d_hinata
    『キャンディマン』@ TOHO西新井♪長尺映画のはしごの最後だったからか頭が回ってなくて、色々と理解できていなかった。。他の人の感想みて、"そんな意図があったんだ…"って。
  • mokomoko37
    『SF核戦争後の未来・スレッズ』どこにでもある日常と遠い世界の様に感じさせる新聞やTVが伝える不穏さ・・・投下後の凄惨さとその後の絶望感が強烈で一縷の希望すら感じさせないラストに綺麗ごとでは済まされないifな現実に打ちのめされる。
  • paranoiaquality
    『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』予告やタイトルから法廷ものかと思ってたら法廷シーンほぼなしでいつもの死霊館で安心。ラヨローナの監督だけあって大きな音でビビらす傾向はあるが演出も怖く相変わらずクオリティ高し。けど画面暗く見えづらい。
  • mattsuanko
    『ブラックバード 家族が家族であるうちに』#movie 重い話しをうまく料理している。欧米でもまだ認められている国の少ない尊厳死。日本で認められる日が来るのか?まあ、こんな映画でも観て考えを整理しておくくらいはやった方がいい😄
  • besi_sake
    『かそけきサンカヨウ』会話中心だし基本的にみんな良い奴で嫌な奴は出てこないわのダメ邦画要素満載と思いきや、兎に角心地良いのは今泉監督の持ち味なのかなと。志田彩良ちゃんと鈴鹿央士くんと中井友望ちゃんがキラキラ眩しくてキュンキュンする青春映画。アバンの答え合わせの終盤のアレが面白い。
  • frodopyon
    pyon@frodopyon
    2497movies
    #最後の決闘裁判 ♦当時(中世)なら、夫(M.デイモン)妻想い&旧友(A.ドライバー)眉目秀麗という解釈なのかな。何しろ女の敵は女…。妻(J.カマー)の視点が入ったことで、現代的に再解釈された史実。決闘決着後の妻の表情が、もう…
  • Pooh_kuru_san
    『TOVE/トーベ』ムーミンの生みの親トーベ・ヤンソンの半生。保守的な業界と距離を置き、芸術家や人間として自由を渇望した彼女の半径5mの世界を投影したムーミン谷。その深く澄み切った源泉も、奇矯な振る舞いも優しさと深い愛の成せる術。
  • TaulNcCar
    Taul@TaulNcCar
    2430movies
    『ジェーン・エア(2011)』キャリー・フクナガ監督はジェーンの心持ちが北イングランドの大地と重なるかのように優雅に物語る。当時21歳のミア・ワシコウスカが強く生きるも愛を乞う複雑な感情を表現。マイケル・ファスベンダーの破滅的なロチェスター卿もハマる。端正な古典再現が心地いい。
  • GD_momoco
    もも@GD_momoco
    2419movies
    『Our Friend/アワー・フレンド』素晴らしい作品。親友とも心友とも言えるデインの行動や思いやりは家族に溶け込み、なくてはならない存在だった。思い悩む人の隣居てくれるだけでもありがたいのに。支えているようで支えられてる。
  • tamagawajyousui
    『WHOLE/ホール』日本の生まれ育ちで日本のパスポートしか持っていない川添ビイラル監督と脚本・主演の川添ウスマン兄弟による、日本で暮らす“ハーフ”を主人公にした映画は、今まで意識したことが無かった混血の人々の葛藤を浮き彫りにする。
  • writelefthand
    映画『小悪魔はなぜモテる?!』鑑賞。目立たない主人公がついた嘘が広がる一発逆転の面白さ。そして、そんなに広がる!?という類焼具合や「行列」具合が極端でまた笑った。性的な話のはずがかなりライトに描かれていて、微笑ましくおかしく見られて面白かった。
  • akafundosi
    『座頭市千両首』@ 塚口サンサン劇場観。劇場初観賞。千両箱を巡った争奪戦。話的には配彩で色々なepがちょっと散漫気味だが数々のショットが魅張る。盛り込んだ演出は達人、剣豪同士の斬り結びへの前触れで大壱番の魅せ場へ収束する。勝新、若山(城健三郎)兄弟の殺陣の見事さに痺れた!
    もっと見る Loading...

    follow us