TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • croaton0
    対照的な二人のディーラーによるロマンスとスリリングな駆け引き。と、言えば聞こえはいいけど後味はさっぱりしているものの内容が凡庸でドラマのスタイルも古いため引き込むような魅力がなく「古きよき」という言葉は否めない
  • ichiwheat
    【TENET テネット】続き) 重低音と反復を活かした緊張感ただならぬルートヴィッヒ・ヨーランソンの劇伴・音楽も見事。紛れもなく大画面・大音量似合う娯楽大作…それでいて直ぐにでも映像の端々をソフトで何度も再生・逆再生してじっくり堪能したくなる様な超マニアックSF映像力作。 #映画
  • 624ken
    けん@624ken
    4087movies
    新宿武蔵野館で『人数の町』を鑑賞。謎の町の話。本当にこんな町や団体があったら、人知れず脅威になっているかも、本当の自由かどうかは別だけど、人間の人数という部分で意味があることだなー。なるほどと思えるおもしろい世界でした。
  • WaseiG
    『パシフィック・リム:アップライジング』吹替鑑賞。味方にしろ敵にしろ緊迫感に欠けて、ずいぶん小粒に感じた。本作が先行だけれど、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と展開がかぶるので、ゴッチャになりそう。南極でも画が似ない『エヴァ』ってすごいなと、無関係ながらに思った。
  • sa9237a
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』どうしてそんな早く、両手の指が別々に動かすことができるんだろうって。真似しろっていわれても絶対できないが、手がダメになったって這い上がってくる精神がすばらしい #マイ・バッハ不屈のピアニスト観た
  • xxtonchiki
    『スリーデイズ』#eiga #movie 印象的だったのは息子が父親の顔の傷を見て「どうしたの?」って聞いて「殴り返した?」「いいや。」「・・・それでいい。」っていうシーン。子供の中にある大人。それと溝の淵にあるボタン!
  • yukigame
    「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」待った甲斐がありました、素晴らしい作品です。爆泣きしました。もっと何回も観たい!#ヴァイオレット・エヴァーガーデン https://t.co/XM7taAu611?amp=1
  • d_hinata
    『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』@オンライン試写♪早々に感じるであろう不穏さを優に上回る展開を迎えるから覚悟した方が良いかも。。それぞれが抱く思惑に翻弄された結果、最後さえそのまま信じて良いんだろうか?という気持ちにさせられる…。
  • renn6161
    れん@renn6161
    2755movies
    『ライブリポート』トラヴィス並みのトレーニングをこなして職務に就くペニーのタフなこと。んなことはないだろーと思いつつエンタメ作品としてありかも。でもこの時代、子供たちを含む大切なひとりひとりをSNSでこんな風にしちゃダメ。本当はね。
  • mokomoko37
    『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』@TC錦糸町。ヴァイオレットと手紙が紡ぐ愛と絆に涙・・・集大成に相応しい荘厳さ!シリーズいち感情豊かなヴァイオレットに見惚れしまう。
  • frodopyon
    pyon@frodopyon
    2358movies
    #マイ・バッハ 不屈のピアニスト ♦天才であると同時に、病気や怪我と戦ってきた人生。細切れEP夫々凄くて濃くて、良くも悪くも自己中(笑)。演じたキャストは険しい表情だけどラスト登場のご本人は穏やかな笑顔で、諸々超越してるなー、と。
  • paranoiaquality
    『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』たいした内容でなくリアルな恐竜の一挙手一投足を見るだけの映画だけどアビミムスはほぼチョコボな見た目だし、デイノケイルスvsタルボサウルスには大興奮。ラストのメイキングは特典映像でいいのでは。
  • besi_sake
    『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』ヒューマンな作品を期待していたら、割とこの国の映画お馴染みの展開だったでござる。あくまで自己本位でしかない登場人物たちに途中まで本気でムカついたわwまあ実際に他山の石としなければとは思わされたので社会派の一面がないわけでもない…かなw
  • GD_momoco
    もも@GD_momoco
    2273movies
    『ミッドウェイ』パールハーバーの博物館行ったな。は戦闘シーンの迫力ある映像は勿論なのだけど、その反対の日常における会話や、その時の心情場面が良かった。せっかくの丁寧さにスイッチのオンの文字が目に入った時にやや興醒め。勿体無い。
  • mattsuanko
    『スイス・アーミー・マン』#movie なんだこれ(>_<)
  • writelefthand
    映画『ラストレター』鑑賞。過去と現在のビジュアルとか父親役とか言いたいことはあるが、単なるラブレターの話ではなく、人が生きてきた時間を手紙を通して交換しているようだった。また手紙を通して世代の異なる想いなども伝わっていくのは切なくも素敵だった。最後のプレゼントはとてもお洒落。
  • Pooh_kuru_san
    『マーティン・エデン』底辺から自己形成し成功を収めた青年が、身につけた教養により社会に絶望していく悲哀の物語。活気あるナポリの街並みやファシズムの幻影がこれを際立たせる。更に記録映像の断片による心象表現など巧みな演出でより深遠に。
  • jasminya
    『アンティークの祝祭』解釈が難しいところもあるけど、森にいろんなものを隠していたのは子供のころの娘だったような…老婦人の記憶が果たして現実か幻想か、断捨離して潔い人生の幕引きに憧れる。機会があったらまた見たい。 #アンティークの祝祭
  • akafundosi
    『ブルータル・ジャスティス』@ 梅田ブルク7観!なんとまっ!長尺を使い「事」の経緯を壱~十まで冗長に演る下手すれば舟漕ぐ所か(ちょっとだけ記憶飛んだw)ガッツリ寝堕ちする所を素ぅ~な所と緊張感、エゲつねぇ画の緩急の見事な展開で持って逝く!冷淡で何気ない会話の端々の組み立てが魅力!
  • eri1_10bit
    『オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡』コーチたちのものすごい言葉の暴力に心が冷えきった。選手を奮い立たせるためとわかってはいるけど、試合で優勝した時の掌返し具合がDV夫みたいで気持ち悪かった。この映画は告発ですね…?
    もっと見る Loading...

    follow us