TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • croaton0
    犯人の腐りきって澱んだ人間性と悪意は登場人物らを苛ませるだけでなく映画という隔たりをすり抜けて見る者に嫌悪感を抱かせると現実に二次被害をもたらす。コンプライアンスという他者に対する「悪意」の持つ現実味が強調された心理スリラー
  • ichiwheat
    【メリー・ポピンズ リターンズ】吹替版でリピート。再鑑賞して一層アラが際立って見え、多くの不満点にイライラが募った。その一番が主役張本人の役割と行動のチグハグさだったり。ただマイケル&ジェーン姉弟の声当てはB.ウィショーとE.モーティマーに似合っていて全く違和感なかった。 #映画
  • WaseiG
    『否定と肯定』鑑賞。ホロコーストがあったという証明ではなく、否定論者の人間性などを攻撃材料にして、裁判という別のゲームに勝つ物語。逆の証拠が出てきて主人公が困り、歴史がねじ曲げられていたことを知る……みたいな流れかなと思っていたので、ある意味びっくり。
  • 624ken
    けん@624ken
    3574movies
    新宿武蔵野館で『デッドエンドの思い出』を鑑賞。吉本ばななさんの小説が原作。失恋したけど、喫茶店を通じて心地よい時間を過ごせた感じですね。一時の人生の素敵な休息かな。ほっこりとした穏やかな映画でした。
  • xxtonchiki
    『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』#eiga #movie 圧巻のTake Me To Church。観る事の幸せと、セルゲイの孤独を思うと、涙が出る。本物の天才って、なんて残酷な。
  • sa9237a
    『洗骨』箱に入って4年だとまだちょっとと思える引いてしまう風習だな。そこにつなぐ家族の絆が大事ということか。お笑い入ってるのはゴリ監督だからか。#洗骨感想 #洗骨感想キャンペーン http://senkotsu-movie.com
  • d_hinata
    『ブランク』@ユーロスペース♪これは謎映画すぎて自分には全く理解出来なかった…。最後のロングショットだけ好きだったなぁ。
  • yukigame
    アメブロを更新しました「PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.2First Guardian」https://ameblo.jp/yukigame/entry-12440473437.html
  • mokomoko37
    『劇場版 幼女戦記』@TC錦糸町。APでシリーズ一気見からの鑑賞で劇場版というより続編を観ている感じながら、絶え間ない戦乱と負の連鎖に上げて落としてのお約束まで濃密な展開・・・メアリーのぶっ飛んだインパクトが強烈!
  • renn6161
    れん@renn6161
    2267movies
    『ロード・トゥ・パーディション』映像の美しさに今回も魅せられる…『破滅への道」と場所がかけてあるタイトル。雨の中のポール・ニューマン、哀しい瞳のトム・ハンクスのシーン、無音なのがまた良かったり。変態なジュード・ロウがなぜか好き。
  • GD_momoco
    もも@GD_momoco
    2058movies
    『グリーンブック』無意識と意識の二つの差別。口の悪い暴れん坊トニーと窮屈そうなドクが同じ車で過ごす時間の一つ一つが愛しい映画。学のあるドクの高貴な服装も◎。ピザを半分折りにしてケンタッキー(ここ重要)フライドチキンを豪快に食べたい!
  • frodopyon
    pyon@frodopyon
    2053movies
    #メリー・ポピンズ リターンズ  🎵原作者にとって一番思い入れがある父親キャラを演じるのがベン・ウィショー。色々と上手くいかなくて、子供達にまで励まされる駄目っぷり。苛立ってる時が多いからこその、風船の解放感。落書き重要(^_^)
  • besi_sake
    『デッドエンドの思い出』毒にも薬にもならないお話しは自分が映画に求めるものじゃなくて…。この原作は未読だけど、そもそもこの作者の作品好きじゃないのでこれは観た自分が悪い。とは言え、中盤の「世の中にはもっと不幸な人がいる。自分たちはまだ幸せ」って台詞には辟易と。
  • jasminya
    「ナポリの隣人」実の娘や息子とはあまり仲良くない一人暮らしのおじいちゃん、隣に越してきた一家と仲良し家族ごっこを繰り広げるのかと思いきや、そうは問屋が。。。こんな話やとは思わんかったなぁ…人間の業ってところか。過去にいろいろしでかしても、生きてる限りは修復可能ってことか。。。
  • paranoiaquality
    『ラピッド・ファイアー』ブルースリーっぽさ皆無むしろバンタムやジェットリーの映画を観ているよう。ブランドンが力み過ぎて普通の格闘アクション映画になってる。パワーズブースの熱血刑事は新鮮だがラブシーンに敵アジトのカットバックが謎だ。
  • writelefthand
    映画『武器人間』鑑賞。武器と合成した武器人間たちはノロマだし不格好だしなんやねん、というものではある。たた、閉鎖空間+POVで怖く見せようとしていたのはそれなりに狙い通りだったか。さらに前半からグロテスクな映像が多く気味は悪かった。博士の狂気がおかしなところにいったような?
  • mattsuanko
    『スパイダーマン:スパイダーバース』#movie たしかに #スパイダーマンは1人じゃない だった😄
  • ariy_opp1955
    『蝋人形の館』殺人が起こるまでにやや時間がかかり過ぎな気もするが、ろうでできた館や不気味な町並み、殺人鬼の変質的なこだわりなど随所にスプラッター映画としての及第点ともいえる描写が光る。ラストの溶けゆく館でのラストバトルは特に良い。
  • yousan330
    『運び屋』 おじいちゃんも欲があるのね! 90歳にしてあれだけ運べばたいしたものである 笑 クリントも女性をはべらかして元気に演じてて良い。 #運び屋感想 #eiga
  • Yokoteen
    PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian
    もっと見る Loading...