TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • tamagawajyousui
    『夢のアンデス』南米ドキュメンタリー映画の巨匠パトリシオ・グスマンがチリ弾圧の歴史を描いた3部作の最終章では、クーデター後に新自由主義の実験の場となったチリの現状を、作家や彫刻家、音楽家たちの告白を交えて俯瞰した視点から見詰直す。
  • 4410_Kupa
    『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(21/日) ハイエボシリーズ完結編、戦士に成長したエウレカの戦いを描く。中盤はジェイソン・ボーンみたいな逃亡劇。ラストはあそこでTMNが流れても違和感ないかも。
  • paranoiaquality
    『地獄の門』フルチ水準の意味不明展開に挿まれる蛆虫にドブネズミにグロシーン。ゾンビは正面や階段下から襲って来てるのに何故か後頭部から殺られる。真夜中までのタイムリミットがあるのに歩いてるから時間切れ。ジョニーのラストカットどゆこと?
  • aoyadokari
    『リトル・ガール』フランスでも世間一般はそういうものなのだ。学校でも最初から受け入れられるわけでもなく、母親の要望があってこそ徐々に変わっていく。彼女が生きることが問題提起で、それは本人が選ばなければならない。まずそれを受け止めた専門医の人に拍手だ。そして、母とその家族に。
  • mikimomo_as
    『サマーゴースト』こういう話をZ会という塾の会社と関係しながら作るというのもZ会の株が上がる感じするよね。ただ自分とこの教育を受けている子どもたちの成績を上げればいいとは思っておらず、子どもたちひとりひとりのやりたいことにちゃんと向き合いたいと言っているようで。実際は知らんけど。
  • LionNEXT
    『竜二』 ▼12/5/21鑑賞 【オールナイト上映(新しい世代のための「やくざ映画入門」)(35mm)】
  • 28kawashima
    『スティール・レイン』爆破まで残り9秒というどうしろっつーキャッチコピー通り、次々危機がやってくる潜水艦モノならではの緊迫感はちゃんとあるし、狭い艦内で派閥による均衡が保たれるサスペンスも新しい。本当極端すぎる部分もあって珍妙だが
  • renn6161
    『ノッティングヒルの洋菓子店』オットレンギ全面協力!ロケ地はお店の近くにしたとか。…詳しく知らなくて申し訳ない…。抹茶ミルククレープが日本の代表的なお菓子かどうかも知らないけれど、確かに手間はかかりそう。サラのおかげで人は繋がる。
  • d_hinata
    『パーフェクト・ケア』@新宿ピカデリー♪親の身ぐるみ全てはがされて死ぬまで会うことのできなくなるという激ヤバだけどある意味合法なビジネス。何度も何度も死ねばいいのに…と思うほどに付け入る隙をあたえないロザムンド・パイクが強烈だった。
  • yukigame
    「189 #イチハチキュー」児童虐待の現場で働く人々の苦しみを良く描いていました。子どもを助けたい気持ちが溢れていました。#児童虐待 #邦画 #児童相談所 #中山優馬 #虐待対策班 https://t.co/PQn79Le5FP
  • croaton0
    ストーリーは典型的な劇場版のそれだけど設定と演出にTV本編/原作を意識した機微があり、ダイのアバンストラッシュとアバン先生のアバンストラッシュがぶつかり合うシーンはファンでなくともテンションが上がる
  • 624ken
    けん@624ken
    31movies
    シネマート新宿で『ベイビーわるきゅーれ』を鑑賞。若い女性暗殺者2人の日常生活。普段の生活で、なかなか社会に適合できない姿がおもしろい。ゆるゆるだし。特に、髙石あかりさんが適当っぽくていいなー。まだまだ二人の続きが見たい。よいっすね。
  • akafundosi
    『降霊会-血塗られた女子寮-』@ シネマート心斎橋、のむコレ|21観。ちょいネタばれで云うと伴奏も雰囲気も展開もバレエも"訳解り易い"『サスペリア』だ!w音楽の掛かり方が斬新でヒロインが良い♥️謎の内容と終盤の"解き方"にモタつきがあったが締めがまた覆す!グッと来た!良作!👍
  • hrhtito
    『【Netflix映画】tick, tick... BOOM!:チック、チック…ブーン!』30歳を目前にして夢を追い続けるか諦めるかの瀬戸際に立つジョナサン自身の苦悩を描くミュージカル。「RENT/レント」よりもはるかに共感できる。
  • a19660819
    #Memories#今関あきよし 監督が2020年見つけ、2021年コロナ禍に繋げた、正に「映像詞」! #モトーラ世理奈 の魅力で今回は闇と生を描く、#ポール・ラザー のバイオリンと存在感も心響く✨9月連日満席、再上映堪能の幸せ
  • ichiwheat
    【スティール・レイン】現代の韓国・北朝鮮、日・米・中の関係を背景にした潜水艦内ドラマ。領土問題に関わるデリケートな描写もあるし捻り過ぎでトンデモ設定なんだが、韓国側からの一視座として楽しめた。粗野な米大統領や一途な日本の自衛隊兵など日米風刺の妙。南北朝鮮統一への思いが熱い。
  • eichan2014
    #ローラとふたりの兄』無神経で社会性に欠ける中年の兄二人と弁護士で聡明かつ気丈夫な妹が日常の悶着を経て各々の人生が壊れかけた時素直な本音と家族の意外な支えによりかけがえの無い存在に気付いていく。天才子役も今や三十路のサニエが秀逸。
  • TaulNcCar
    『悪なき殺人』数年に1度この手の良作に出会うがその醍醐味を味わった。偶然のようで実は人間の性(さが)が生んだ必然ではと考えたくなる奇妙な余韻。モチーフはありきたりだがその絡め方が絶妙だ。答え合わせ的な演出は気になったが各人の固執を生々しく描いていて世界の一つの縮図と思わせる。
  • kiyokiyo1222
    『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ワルシャワのトレブリンカ収容所のインパクト、ヴァイオリンの悲しい音色、宗教によって迷走するアイデンティティ、ホロコーストの悲劇をたどる。泣かせる楽器だね、ヴァイオリンは…それ以上に、歌が泣かせる。
  • tomomori34
    『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』ダヴィンチが描いた作品となると法外な金額となる。作品自体は同じでも作者で変わる価格に馬鹿らしさを感じたのは私だけか?真贋論争も巻き起こったから一般公開もされず凄く悲しい。あの世でダヴィンチはどう思う?
    もっと見る Loading...

    follow us