TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • nagagutu_happy7
    『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』 人生における意味ある台詞(誰もが人生を送る上で、教訓にした方が良いなような素晴らしい言葉)がたくさん語られる。 ラスト辺りから涙が溢れ出て来ました。
  • aoyadokari
    『ひとよ』佐々木蔵之介の約はピエール瀧がやるはずだったのじゃないかと勝手に思ったり、元ヤクザのタクシー運転手は原作通りなんだろうけど。全体的に暗くはなりすぎずやっぱ笑えるところもあってエンタメ映画だと思った。母が万引したエロ雑誌「デラべっぴん」の復刻版かよ、には笑った!
  • paranoiaquality
    『イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』最後のシーンの映画の看板がエルム街の悪夢5なのがナイス。ゲームセンターのユーガットメールのポスターがITの形に破られているのも見逃せません。子供達顔はそのままなのに背は伸びてる。
  • mikimomo_as
    『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』エビフライの尻尾のコが金髪赤リボンキャラに入るのかが気になるところではある(気にするな)
  • LionNEXT
    『テルマ&ルイーズ』 ▼11/14/19再鑑賞 【午前十時の映画祭10 デジタルで甦る永遠の名作(女と男のバイオレンス)、日本語字幕】
  • 4410_Kupa
    今年はアニメ映画がホントに豊作。 話題の「すみっコぐらし」は未見。 今後の公開予定作でこの中に割って入るんじゃないかと期待してるのがこの4作。 ・幸福路のチー ・ヒックとドラゴン3 ・この世界の(さらにいくつもの)片隅に ・… https://t.co/oUuYmL9MtZ
  • tamagawajyousui
    『スペインは呼んでいる』スティーブ・クーガンとロブ・ブライドンが本人役で共演するグルメ取材旅の第3弾はスペインを舞台に展開する。相も変わらすの“弥次喜多道中”ぶりだが、観光ガイドにないスペインや中年男の悲哀も滲ましていて共感する。
  • frodopyon
    #IT/イット THE END(2)  ♠ペニーワイズ、遊んで欲しいだけなのに、遊び方が下手なんだなぁ; でも、ルーザーズの中には密かに感謝しているメンバーもいるに違いない。途絶えていた絆を繋いでくれたのは彼だから(^^)/ 
  • tomomori34
    『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』二つの大陸、二つの言語の壮大な家族の物語。数奇な巡りあわせで繋がる。身近な誰かを失い喪失感を味わう事、私もその一人。悲しみから前へすすむ。失った人は自分の中で生き続けるのセリフに癒された。
  • Ishigakorogaru
    『ファイティング・ファミリー』第2部アメ横編までは『あまちゃん』と同じ構成なので芸能界サクセス生き残りものが好きな人にもぜひ観て欲しいし、宮が言ってた「普遍的なものを時代に合わせていくのが我々の仕事」も本当なんだと思わせる王道映画。
  • akafundosi
    『ジャンゴ 繋がれざる者』@ 塚口サンサン劇場観!壱週間の間に初観と再観!もぅ好き!最高!"タランティーノが西部劇撮るとこうなる!"をまざまざと魅せ突けられ自身が「観たい!」と感じる壺を押されまくり!初観時のディナ~の会話劇の緊張感たるや!そこからEDまで怒涛の流れ!もぅ堪らん!
  • Hanashi_Sagashi
    『ひとよ』予告の印象とは裏腹に、意外にもストレートに泥臭く熱い本質のホームドラマに感じた。語り過ぎる場面も似合ってしまう程に。次男の文に“真の家族の姿”なんてあったけど、「それって具体的にどーゆーものさ?」と、諭してやりたくなった…
  • ichiwheat
    【マローボーン家の掟】兄弟姉妹4人が慎ましくも仲良く暮らす画が仄々としていて引き込まれたが余りに凄惨な真実に衝撃。巧みなカット繋ぎに唸る処多数。麗しいアリー役A.テイラー=ジョイ、行動力に感心した次男ビリー役のイケ面チャーリー・ヒートン等、若手キャスト勢も魅力大。秀作。 #映画
  • tenkyouin
    なお、ポップコーンボリボリ食べながら映画見ました。イオンの株主優待で映画見るとドリンクSあるいはポップコーンS無料券が付いてくるからつい買っちゃうんだよね。
  • Pooh_kuru_san
    『影踏み』人はみんな誰かの影法師で疎ましくも共存し、過去や自分の影を失うことは、真っ暗闇の中を生きることだ。全体を覆う不穏さと、ある違和感が牽引する犯罪ミステリーであり心理サスペンス。映画的演出が冴える静かで優しい、そして壮絶な物語
  • renn6161
    『菊とギロチン』大正末期から昭和にかけて。閉塞感溢れる軍国主義の時代この世界を変えるんだと男たちが叫び生き急ぐ。一見無駄なような冗長なる世界にこれだけのパワーが詰まっているとは。女相撲の中に自分を持った女たちの美しさが眩しい。
  • trans_american
    『アフターマス』航空機事故の原因解明より、遺族と航空会社のやりとりから、負の連鎖を描いた話ですが、当事者の苦悩は伝わるものの、急展開する終盤が雑。謝罪ひとつで、和解できる事を言いたいのかもしれないけど、実話を薄味ドラマにされた印象
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「その瞬間、僕は泣きたくなった CINEMA FIGHTERS project」良かったぁ~!』ショートフィルムプロジェクト、応援してます。 https://t.co/oZed5yjBxD?amp=1
  • kukucoo
    →「不平等」の法を変えるために段階的な説明が必要なこと、介護は家に居る女性の仕事だという呪いが全世界的なものであったこと(日本ではまだ進行形だけど)、歴史に風穴を開けるのは容易ではないこと。感慨深い。この人たちの苦労の上に今がある…『ビリーブ 未来への大逆転』#eiga #映画
  • kamine7yasiro
    『デアデビル』字幕。エレクトラの訓練シーンが好き。
    もっと見る Loading...