TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • Pooh_kuru_san
    『トスカーナの幸せレシピ』素行不良な名シェフとアスペルガー症候群の青年との料理が繋げる絆。扱いづらい題材を健常と障害、厄介者と純真者の綯交ぜな人物描写でボカし、ハートフルな挿話で徐々に枠を取り除く手法は、ある種のイタリア的な人誑し術
  • LionNEXT
    『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』 ▼10/12/19鑑賞 【Netflix(スタンダード)、日本語字幕(CC)】
  • tenkyouin
    『蜜蜂と遠雷』観終わった。原作未読。ひたすらピアノが鳴り響く映画。駄作ではない。さりとてオススメもし難い。評価不能という事で結論を付けたい。
  • Ishigakorogaru
    『人生、ただいま修行中』プロフェッショナルになる前の半分モラトリアムな期間の焦りがよかった。
  • 624ken
    けん@624ken
    42movies
    TOHOシネマズ新宿で『最高の人生の見つけ方(2019)』を鑑賞。ハリウッド映画の日本リメイク版。吉永さゆりさんにいろんなことやらしちゃんですね。モモクロのライブシーンは盛り上がりました。死ぬ前に何したいかなーって思いを馳せますね。
  • ichiwheat
    【アップグレード】高性能AIチップと、身体を制御できぬ脳との対話や関係性が面白い。また改良型=サイボーグらの兵器もユニークで湧いた。終盤の展開は想定内だし復讐劇として見れば振り切っていないこの着地は広くは支持されないだろうが、続編の有無に関わらず受け入れたい。楽しめたよ。 #映画
  • tomomori34
    『ベラのワンダフル・ホーム』アメリカでは法律で飼えない犬がある事を初めて知りました。理屈はあるけど酷すぎる。犬でも猫でもピューマでも世話になった恩は忘れない。迷子になっての旅、困難待ち受け涙が出そうになった。ペットも家族の一員です!
  • tamagawajyousui
    『ベラのワンダフル・ホーム』タイトルといい、作品の世界観といい、「僕のワンダフル・ライフ」「僕のワンダフル・ジャーニー」と似ていると思ったら、同じ原作者であり、更に原作者が脚本を担当していて、犬と人との絆の強さが温かく描かれます。
  • mikimomo_as
    『ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!』ストライクウィッチーズ劇場版をコミカルに素早く見られるという意味はあるのかな。つまり話の下敷きがここまでの501ではなく普通のストライクウィッチーズだから見づらいというのもあるのか。
  • kmrks
    kmrks@kmrks
    35movies
    『アップグレード』(UPGRADE)鑑賞。194 わかりやすいキャラクターによるディストピアもの。ハリソン(エロン)の小物感が日本のアニメーションっぽくて面白い。 #eiga
  • akafundosi
    『ブルーアワーにぶっ飛ばす』@ テアトル梅田観!都会で色々荒んで生きる田舎者あるある!w疲れたが田舎に帰省…はちょっと違う。都会に慣れると田舎の時間や人って妙に窮屈で退屈に。そんな時気の会う相棒が道中壱諸なら?!もう砂田とキヨのナイスバディよ!ずっと視続けたいと思った!愉しい!w
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「クロール -凶暴領域-」ワニワニパニックB級映画は楽しめますが怖いです。ドキドキです。』 https://t.co/HlwD0yrmdH?amp=1
  • sa9237a
    『最高の人生の見つけ方(2019)』#最高の人生見つけた【吉永小百合ってあれだけの大女優にして何でもやる凄さ。モモクロやらウエディングドレスやらスカイダイビングやら、宇宙遊泳ってか】 🎬 #最高の人生の見つけ方 #大阪府
  • 138_kaz
    『空の青さを知る人よ』好きな作品ではあるけど、ちょっと保守的に過ぎるかなと感じるところはあり。作家性がマイルドになった分広い層にリーチするかと思いきや、興収的にはここさけより伸び悩んでるというところに映画興行の難しさがある。
  • 4410_Kupa
    『宮本から君へ』 怒鳴りあうようなセリフの応酬。池松壮亮と蒼井優という演技巧者でないと芝居が崩壊しそうな、怒りや泣きのMAXレベルギリギリで繰り広げられる、特濃な人間ドラマ。敵役である拓馬を演じた一ノ瀬ワタルの存在感もよい。
  • pervert_phantom
    『空の青さを知る人よ』吉沢亮さんと吉岡里帆さんの声が良かった!
  • besi_sake
    『英雄は嘘がお好き』キャラ造形の振り切りが楽しくメチャ笑う。時代的に持て余しの才女のジクたる思いと調子良さだけで生きてきた男の転落からの巻き返し劇が楽しく。好きなウェットコメディを見せつつ締めはカラっとしていてこれまた良い感じ。メラニーとジャンそれぞれ持ち味活かしがまた楽しい。
  • Hanashi_Sagashi
    『真実』予告から地味そ〜な印象抱いてたけど、空気の穏やかさと刺々しさの緩急、直接は描かれない過去への想起など、大変味わい深い1本でした。あと単なる好みの話だけど、本格的な映画撮影の様子が映画の中に出てくると、それだけで何故かアガるw
  • d_hinata
    『ジョーカー』IMAX試写@ 109二子玉川♪作られたものではなく、自分のまとっている個性をひとつまたひとつ剥ぎ落とした果てに現れてしまうジョーカーだったように思えたから、帰り道引きずりこまれそうになって必死に他のこと考えてた…。
  • renn6161
    『クロール ―凶暴領域―』フロリダの家は蚊もいるし湿気は多いし…文句を言いながらハリケーンン接近の中連絡がとれない父を探しに来たヘイリー。もうB級映画の設定としては来るぞ来るぞ、来たー!と存分に。またねアリゲーターの歌には笑った。
    もっと見る Loading...