TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
  • 2Cap4
    2Cap@2Cap4
    224movies
    『コララインとボタンの魔女 3D』70点
  • Pooh_kuru_san
    『オーケストラ・クラス』②消化不良な部分もあるが、劇的な何かを配置しないシンプルさが良い。軋轢を超えて、誇りと希望に満ちた子供達の表情を見たら誰もが目を細めてしまう。エッフェル塔を遠くに臨む屋上のシーンは情感豊かで作品を端的に表す。
  • ichiwheat
    【つかのまの愛人】熟年男一人に、娘と、娘ほどに若くて魅力的な愛人の三つ巴の生活を見せ切る。女性二人のキャラクター描写や心の奥の垣間見させ方が上手いというか…エグい。彼女達の脇埋める男性達が皆クセ顔系イケメンなのも実に憎い。 #映画
  • Hanashi_Sagashi
    『スネーク・フライト』「何なんだよその不確実な計画!」は、作中言及しているのでOKw けどヘビの量が微妙に不満。もっと大量にいてもいいのになー。 デッカいヤツが1匹いるのは嬉しかったけど、活躍が1カ所のみ、なのは寂しい。
  • writelefthand
    映画『女と男の観覧車』鑑賞。遊園地という華やかな場所で暮らしている一方で、主人公一家は生活で精一杯という対比的な構造。その中で繰り広げられる出来事によって暮らしが一瞬華やいでも、またぬかるみに戻ってしまう。この手加減のないぬかるみ感が生きることなのだと感じた。
  • aoyadokari
    『イカリエ-XB1』1968年のチェコのSFIDA映画。UFOが懐かしいUFOでピコピコ飛んでいて、懐かしさと当時としては珍しいのか電子音楽や宇宙船内の閉鎖空間は先験的ではある。ただエイリアンとか出てこないで、レム原作のストーリーは仕事帰りで観るのには眠くなってしまった。
  • LionNEXT
    『ジュラシック・ワールド 炎の王国』 ▼8/19/18再鑑賞 【封切上映、日本語吹替(玉木宏、木村佳乃)】
  • purus_ignavus
    オーシャンズ8がいくらヒットしても続編は10まで
  • frodopyon
    <トップガン>オープニングで一番幸福感を感じたかも。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=86927681&comm_id=2326772
  • croaton0
    作品設定に対して展開の勢いが弱いため今一つ突き抜けないのが残念で『ワイルド・スピード』のドウェインを知っていると尚更だが、その反面緩いギャグとノリのお陰か終盤は話がどう転ぶかが何気に読めずハラハラさせられる
  • Ishigakorogaru
    1987、ある闘いの真実のチラシにかわいい女の子が写ってるなって思ったけど、この人はホン・サンスの愛人じゃない方だよね。
  • pharmacy_toe
    「スターリンの葬送狂騒曲」レビュー:★4.0 「笑いの裏側にある笑えないロシア」 面白かった〜 かつてのソ連や、現在のロシア政権への皮肉がたっぷりと込められたブラックコメディ 5分に一回ぐらいの間隔で笑った映画だ...… https://t.co/vHUEAeKvwS
  • tenkyouin
    いろいろ考えたけど『アラーニェの虫籠』、見終わったらラーメン発見伝のハゲみたいな顔で作品を論評してしまうんでそういう意味ではおすすめですかね? 「ヤツらは映画を見に来ているんじゃない。花澤香菜の声を聞きに来ているんだ」(おい
  • 624ken
    けん@624ken
    33movies
    新宿シネマカリテで『ミューズ』を鑑賞。大学教授が殺人の予知夢を見てから、事件に巻き込まれていく話。ホラーチックのミステリーって感じですね。映像雰囲気もいいですね。美しい詩が悪夢を。
  • mikimomo_as
    『詩季織々』『上海恋』はもう少し作品の個性が欲しかった気がするので、お気に入りは『小さなファッションショー』かな。ひとりで抱え込んでしまってぐるぐるしたところで周りに自分を見てくれてる人たちがいることに気づく感じとか、劇的には変わらないけどここで生きていく覚悟がある終わり方とか。
  • renn6161
    『かくも長き不在』1964年の作品。カメラが上を向くと砲撃痕のある向かいの建物が映る。パリで小さなカフェを営む女主人の前にひとりの浮浪者が現れる。独軍によって激しい砲撃を受けたフランス。収容所に送られた人々。悲しく切ないドラマだ。
  • paranoiaquality
    『オーシャンズ11』メンバー多すぎてギャラ泥棒状態、有名無名を抜かしても見終わって覚えているのが5人位しかいなくて11人も必要?ストーリーも締まらなくて最後にアッと言う展開が合ったりカタルシスもない。期待せずに軽く見る程度なら十分。
  • MondMasa
    この時代の女相撲って駆け込み寺的な役割を果たしていた部分があるんだ。そこを守るのが渋川清彦のスタンスだし、今にも通ずる差別などの問題定義が突きつけられる。青春映画ではあるけど、時代にやってる青春を謳歌しづらい人間の物語てもある。
  • 4410_Kupa
    『ファントム・スレッド』 華麗なるオートクチュールの世界を舞台に繰り広げられる、文字通り「毒を以て毒を制す」大人のラブアフェア。一筋縄でいかない着地に、鬼才ポール・T・アンダーソン監督のの並々ならない才気を感じる。
  • sa9237a
    『詩季織々』3本それぞれに味わいがあって、なんか浸ったなあ。そして、なんかやり残したものを今からでもやってみようかという気にさせられたわ。入場者プレゼントでもらったビーフンもいいが、劇中に最初に出てくるビーフン食べたいねえ。
    もっと見る Loading...