TOP >作品データベース >ヒルコ 妖怪ハンター

ヒルコ 妖怪ハンター

みんなの感想/評価
ヒルコ 妖怪ハンター
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
7
ポジティブ指数83
公開日
1991/5/11
配給
松竹富士
上映時間
90分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『ヒルコ 妖怪ハンター』@ 第七藝術劇場観!劇場では初!今観てもその不気味な"物体X"の造形に笑いが出る程気色悪くちゃんと怖い(?w)!色々と雑な描写や展開だがそれを補って余りある【首】や【蒼白顔面】が見事で惚れ惚れする!夜の校舎…壊して廻る壱夏壱夜の恐怖青春譚。面ろかった!
    いいね

    良い
  • boushi24
    『ヒルコ 妖怪ハンター』観るのに耐えられない映画はたくさんあるが、これは酷すぎて逆になぜなのか考えさせられた。脚本や演出、総合的に。。見た目に工夫はあっても、まともに人物や生活を掘り下げてから作らないと、そこがすっぽ抜けたままなので安いセットもあってか浅すぎる映像作品となっている
    いいね

    残念
  • sato_henri
    『ヒルコ 妖怪ハンター』夏休みに親子で観る冒険ホラーって感じか。なんとなく学校の怪談シリーズを思い出す。ただヒルコのビジュアルや繁殖方法はなかなか気持ちが悪い
    いいね

    良い
  • croaton0
    塚本監督ならではのおどろおどろしい雰囲気とヒルコのその気持ち悪い存在感は観ていて実に堪らない。 ラストのまさおと別れる際の「今度は良い妖怪を探そうと思うんだ…」という稗田のセリフはこの作品ならではの叙情的な気分に浸らしてくれる。
    いいね

    良い
  • swallow88tail
    『ヒルコ 妖怪ハンター』登場人物の顔芸が面白すぎる映画。B級臭プンプンなのに、死体とか完全に人形なのに、変にセンス抜群な映像がミスマッチで笑える。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • gadget9007
    30年ぶりの『ヒルコ/妖怪ハンター』(91 塚本晋也)。記憶とほぼ違わない面白さで、(VFX当たり前の)今観ても特撮シーンは、演出含めてよく出来ている。ラストのあのシーンも当時よりは素直に受け入れられた感。ホラー映画であると同時に… https://t.co/UAj8oHYK3B
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『ヒルコ 妖怪ハンター』塚元監督の異色作品。塚元監督のは、すべてが異色作かwww 当時は嫌いだったけど、今現在は、なんか微笑ましい思い。久々に見ようかな。 
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    3215movies / tweets

    follow us