TOP >作品データベース >ウディ・アレンの重罪と軽罪

ウディ・アレンの重罪と軽罪

みんなの感想/評価
ウディ・アレンの重罪と軽罪
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数100
公開日
1990/4/6
原題
CRIMES AND MISDEMEANORS
配給
オライオン映画=ワーナー・ブラザース
上映時間
103分
解説/あらすじ
眼科医としての地位を確立したジュダー・ローゼンタールは、愛人のドロレス・ペリーから妻のミリアムと別れるよう迫られている。さもないと、株の穴を埋めるためにジュダーが財団の基金を一時流用したことをバラすと脅迫されているのだ。窮地に立たされたジュダーは、チンピラの弟ジャックに相談すると、殺し屋を雇ってドロレスを殺すから安心するようにと平然と言われる。かくしてジュダーはドロレスに対する罪の意識で苦悩することとなるが...。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • rheneas7
    『ウディ・アレンの重罪と軽罪』うーん、オモシロじゃないっすか!悔しいけど!最近の軽い感じのモノも好きだけどこっちもイイ。にしてもジュダはダメだな〜(笑)
    いいね

    良い