TOP >作品データベース >ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス

みんなの感想/評価
「ニュー・シネマ・パラダイス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    93
  • 普通
    6
  • 残念
    1
総ツイート数
127
ポジティブ指数98
公開日
1989/12/16
原題
NUOVO CINEMA PARADISO/CINEMA PARADISO
配給
フジテレビ=ヘラルド・エース=シネマテン提供/ヘラルド・エース=ヘラルド
上映時間
124分
解説/あらすじ
ローマに住む映画監督のサルヴァトーレは、故郷シチリアの母から「アルフレードが死んだ」という報告を受け、少年時代を回想する。戦争で父をなくし、母と妹と暮らす少年時代のサルヴァトーレ。映画好きな彼の愛称はトト。トトは母の目を盗んでは、映画館「パラダイス座」に通っていた。何度も映写室に潜り込もうとするトトだったが、そのたびに映写技師のアルフレードに追い返される。そんなふたりの間には、次第に映画を介した友情が芽生えていく。
© 1989 CristaldiFilm
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • LionNEXT
    『ニュー・シネマ・パラダイス』 ▼9/5/19鑑賞 【午前十時の映画祭10 デジタルで甦る永遠の名作(イタリアの休日)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • trans_american
    『ニュー・シネマ・パラダイス』主人公にとって、これまで多くのアドバイスをくれる目の見えない映写技師はかけがえのない存在だったろう。そんな彼との思い出を捨て、年月が経ち、TVの時代到来、そして哀愁感漂うラストは、胸にジーンときました
    いいね

    良い
  • METHIE34
    『ニュー・シネマ・パラダイス』二時間バージョンを視聴。名作と聞いていたがたしかにこれは絵面も音楽も素晴らしい、クソみたいな田舎の村でたったひとつの娯楽が映画で、村を出たけどあの頃には戻れない。
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    (承前)ラストの例のフィルムを観ながらのトトの苦笑,あれはやっぱり完全版の流れ(記憶が定かではないけれど)があってのリアクションなだろうな,と美しい物語を観ながら自分自身の年輪も感じるなど.完全版観ねば『ニュー・シネマ・パラダイス』
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『ニュー・シネマ・パラダイス』スクリーンで観るのはディレクターズカット(完全版)の初映時以来な気がする.で,完全版のドロドロ感が若い時には受け付けられず映画愛にピュアな劇場版を長らく是としてきたが,久し振りに完全版を確認したくなった
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『ニュー・シネマ・パラダイス』。父子、映画、時代、地方。どの物語としても成立している。まさに名作。十年毎ぐらいに観ると毎回違うものが見えるんでしょう。次は何年後か。映画祭に感謝。 #午前十時の映画祭
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ニュー・シネマ・パラダイスみてた。☆。#午前十時の映画祭 初見。成長、故郷、衰退、メンター、別れ、疎外、を映画にかこつけて成立させている。それしか娯楽のなかったシチリアのある村での映画館の存在とその衰退が何かを思い出させる。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ニュー・シネマ・パラダイス』小さな町の人間模様にみる人生への訓辞と賛歌。時間の流れと共にどんなものも過去に変わる、人は郷愁の念を抱きながら前に進まなければならない。年代問わず多くのメッセージを感じれるであろう映画愛に満ちた名作。
    いいね

    良い
  • ohtaniya74
    映画『ニュー・シネマ・パラダイス』鑑賞@イオンシネマつきみ野。何度も映画館で鑑賞したマイフェイバリット映画。今回も泣いた。さよならイオンシネマつきみ野!
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ニュー・シネマ・パラダイス』鑑賞。前半の子どもの頃の時代はさして面白いとも思えなかったのだが、それが後々に効いてくる。二度とは戻らない時間の残酷さと一度しかない人生の輝きが体験できる最後のパートは特にすばらしい。映画が大衆の娯楽だったことも追体験できる貴重な作品。
    いいね

    良い
  • gk21nika
    18021『ニュー・シネマ・パラダイス』意外にも初見でした。聞きしに勝る名作で、圧倒された。 「映画は過去の産物」などという事にはなってはいけないし、断じてそんな事にはならない。守るべき文化であるし、また、守らないといけない!
    いいね

    良い
  • ORUSORA1207
    『ニュー・シネマ・パラダイス』 映画は人生と何かで聞いたことがあるがまさにこの映画は色々な人々の人生の映画だった
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『ニュー・シネマ・パラダイス』名作と知りつつ、なかなか観るタイミングがなかった。映画が好きな人ほど、想うところがグッググッと重なるのではないか。素敵なシーンが沢山。映画館が廃れていき、解体のために爆破されるシーンは哀しかった。
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『ニュー・シネマ・パラダイス』雰囲気、音楽好き
    いいね

    良い
  • guretermassi
    『ニュー・シネマ・パラダイス』故郷とは何だろうか。帰ることで安心できる場所なのではないか。しかし、トトは故郷にもう帰れない。自分の才能を使い切るまで。 母を見捨て、傲慢な人生かもしれないが、強かさを感じた。75点
    いいね

    普通
  • yoko_smarth
    『ニュー・シネマ・パラダイス』劇場公開版を。ラストシーンはそれほど刺さらなかったが、散々描写されてきた映画を通した二人の友情、親子のような親愛から、アルフレードがトトを送り出すシーンや映画館が取り壊されてしまうシーンには涙してしまった。
    いいね

    良い
  • yukiwaki920
    『ニュー・シネマ・パラダイス』アルフレードの葬儀の時に、新パラダイス座にいつも居た人達が参列している姿がグッときた。ラストシーンのアルフレードの形見のフィルムを観た時、アルフレードの想い、懐かしさ、後悔が混じって涙が溢れました。
    いいね

    良い
  • yukiwaki920
    『ニュー・シネマ・パラダイス』初恋は実らなかったからこそ、今の映画監督という地位を手に入れ、エレナとの恋も良い思い出なのかもしれない。サルバトーレの母も旦那との思い出と子供達がいるだけで幸せだった。そんな風に思えるのって羨ましい。
    いいね

    良い
  • yukiwaki920
    『ニュー・シネマ・パラダイス』完全版の方の感想。映画愛が詰まった作品。映写技師のアルフレッドとトトの関係は親子のようで友人のよう。「人生は映画と違うんだ。人生はもっと厳しいものだ」名言です。
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『ニュー・シネマ・パラダイス』すげー絶賛されてるー。そこまで良いとは思わないけど、まあ普通に良い映画?
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...