TOP >作品データベース >あ・うん

あ・うん

みんなの感想/評価
あ・うん
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
10
ポジティブ指数87
公開日
1989/11/3
配給
東宝
上映時間
114分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • wantmoat
    『あ・うん』男の友情?プラトニックラブ?原作を見ていないけど、脚本、演出のせい?全編ぎこちない演技と絡みで、苦痛を感じるほど。どこを切り取っても嘘くさい。ああ、健さん!よかったのはすりの三木のり平が出てきたシーンくらいでした。
    いいね

    残念
  • allgreen
    『あ・うん』は「ブラック・レイン」と「ミスター・ベースボール」との間の作品になるのか。なるほど。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『あ・うん』つづき、三角関係外にやきもきする宮本信子も、初恋を大切に育む富田靖子も、山口美江さえもが綺麗に撮られていて、ホモホモパートとの絶妙なバランスに。そう、全てがゆらゆらと不均等な世界なのだよなぁ。出された解答、一夜が一生。
    いいね

    良い
  • allgreen
    追悼・高倉健第三部@新文芸坐にて『あ・うん』鑑賞。向田邦子は大好物だし、色を好み、色に悩み、色を忍ぶ高倉健を堪能出来るとゆーのも嬉しい。本人もノリノリですしw 富司純子と板東英二とのアンサンブル、曖昧で危うい関係。ほろ苦いせつなさ。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『あ・うん』「喧嘩をやめて~~~2人を止めて~~~」知らんわな、この曲。アハハ。門倉役の健さんが格好いいったら!「今夜一夜が一生だな」く~~~~。タミさんの「暮らしには高低いがあります」決して卑屈になることなく。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • shoccco
    「あ・うん」向田作品は意外に思ってたら名シーンだらけの粋な作品!板東英二との友情とその妻への秘めた想い。"会いたい時に会うのを我慢するのも愛情だよ"なーんてサラリといったり、叶わない想いを託すかのように富田靖子を送り出す健さんが切ない。無邪気な富司純子や味のある三木のり平もいい。
    いいね

    良い
  • shin_ni_yumi
    「あ・うん」行き届いた美術や装飾など、この映画から感じるバブルっぽさ(1989年製作)は、戦争前夜の華やかさとも重なって面白かった。何より主人公3人の間柄のような、作品の持つ懐の深さが何とも心地よくてたまらなかった。薦めてくれたSaeさんに感謝。
    いいね

    良い
  • shin_ni_yumi
    「あ・うん」を観た。高倉健さんと板東英二さん、富司純子さん、3人の持ちつ持たれつの関係が素敵。健さんが顔面に芋をぶつけられる修羅場の場面に爆笑し、3人が絆を取り戻す場面、娘役の冨田靖子さんが健さんに諭され雪の中を駆けていく場面にはジンときた。原作やドラマ版も観てみたいな。
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『あ・うん』塩大福。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3678movies / tweets

    follow us