TOP >作品データベース >ラーメンガール

ラーメンガール

みんなの感想/評価
「ラーメンガール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    2
総ツイート数
3
ポジティブ指数0
公開日
2009/1/17
原題
The Ramen Girl
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
102分
解説/あらすじ
日本で働く恋人と暮らすため東京にやってきたアビーだったが、恋人に振られて傷心。アパートの向かいの小さなラーメン屋で泣き崩れる。その時、店主マエズミがくれた一杯のラーメンに心を打たれたアビーは、ラ...
(C)2008 Digitalsite Corp./Media 8 Entertainment
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • paranoiaquality
    『ラーメンガール』なんで東京醤油ラーメンの店で修行してたのにNYで店を開いたら豚骨ラーメンになってるのとか(まあ海外では豚骨ラーメンが一般的らしいからいいんだけど)ツッコミどころは多いし何だこらって映画だけど最後何故か感動したよ。
    いいね

    普通
  • ystk1
    『ラーメンガール』「タンポポ」にインスパイヤされたらしいがほど遠い薄い内容。西田敏行さん他日本人キャストは結構頑張ってるけど。ただ、「食べ物はお客様の(体の)一部になる」というセリフは良かった。#movie
    いいね

    残念
  • ronyoritsumoko
    『ラーメンガール』タンポポから「生/性」の賛美要素をすべて抜いたような作品。二番煎じにすらなっていないから、ダシの味が全くしません。日本を完全に異文化としてとらえた『ロストラ』よりもはるかにいい加減な日本描写。ダメ映画愛好者にはオススメw
    いいね

    残念