TOP >作品データベース >レスラー

レスラー

みんなのつぶやき
「レスラー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    57
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
74
ポジティブ指数100
公開日
2009/6/13
原題
The Wrestler
配給
日活
上映時間
109分
解説/あらすじ
人気レスラーだったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながら、かろうじてプロレスを続けていたが、ある日長年のステロイド使用が祟り、心臓発作を起こしてしまう。病院のベッドで目覚めたランディは、医者にリングに立つことを禁じられる。妻とは離婚し、一人娘のステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも疎遠で、ひとりになってしまったランディ。せめて娘との関係だけは修復しようとするが、冷たくあしらわれ、さらに好意をもっていた顔なじみのストリッパー・キャシディ(マリサ・トメイ)にも振られてしまう…。ミッキー・ローク扮する中年の悲哀漂うプロレスラーの人生の光と影を見事に描いた人間ドラマ。第65回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。
© Niko Tavernese for all Wrestler photos
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • movement26
    #レスラー #TheWrestler 多くの来日する外人レスラーを観て、来日しなくなったその後も何かしらで知る。彼らのジプシーウェイはリングに立って脚光を浴びた後も続く。現役時代の怪我に今も苦しむ者も多いが後悔は聞いた事がない。
    いいね

    普通
  • movement26
    #レスラー #TheWrestler 予習としてドキュメンタリーのビヨンド・ザ・マットを観てるとさらに本作が活きる。ココに出る数人のレスラーのエピソードをそのまま拝借してる部分も多い。虚構と現実の境界線の曖昧さこそがポイントか。
    いいね

    普通
  • movement26
    #レスラー #TheWrestler 事故によりプロレスから目を背けた当時の公開作品。向き合う機会を得て視聴したが、やはり事故の人物と重なる部分は多い。バックステージでの観客が知らない現実、それは誰しもにあるわけで…。
    いいね

    普通
  • croaton0
    終始切ない気持ちにさせられ、終盤の入場直前のシーンとラストの入場口を振り向いた際に見せるあのなんとも言い表せない物悲しい表情は何度観ても胸が張り裂けそうになる。 あんな演技見せられたらそりゃM・ロークに注目せざるを得ないよ!
    いいね

    普通