TOP >作品データベース >ゴンドラ

ゴンドラ

みんなの感想/評価
ゴンドラ
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    8
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
9
ポジティブ指数100
公開日
1987/10/12
配給
Teamゴンドラ
上映時間
112分
解説/あらすじ
 
OMプロダクション
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sato_henri
    『ゴンドラ』正直、退屈に片足突っ込んでるきらいはあるけど、それでも惹きつけられるカメラワークと少女の空気感。少女を中心に物語は進むけど、描かれているのは孤独や生きづらさといった普遍的な感情なので世代性別を超えた味わい深さがある。
    いいね

    良い
  • f_w_r_k
    『ゴンドラ』@渋谷UPLINK デジタルリマスター版リバイバル上映 傑作!この作品をバブル時代に撮れたのはすごいし、現在においてもニーズのある作品 曇った瞳、汚れた心で展開まで考えて観てしまう自分が辛い
    いいね

    良い
  • nabe505
    キネカ大森で「ゴンドラ」を観た。上映後、後ろの出口から聞き覚えのある野太い声で”監督の伊藤です”との挨拶が。ええっ、伊藤智生監督ってTOJIRO監督だったのかと、もう訳が分かんないほどビックリ。映画は30年経っても瑞々しく、特に後半の田舎の描写が美しくてフィルムの質感が実にいい。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ゴンドラ』つづき。映画を観て、一夜明けて、製作時から30年経っているのにもかかわらず、かがりも良も、今でも新宿辺りに居るのでは?なんて気持ちにさせられてしまう。 序盤のプールサイドに始まり、身体性を意識させられた所為なのかなぁ。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ゴンドラ』つづき。いま風の言い方をすれば聖地巡礼?青年の故郷である下北半島の海辺に行ってみたくなる。少女と青年がぽつんと二人きりな引きのショットの美しさ。そこに流れるリリカルな劇伴。ここでも言葉は無い。しかし、すべてを語っている。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ゴンドラ』つづき。言葉以上に雄弁なふてくされ少女のたたずまい。さらにその声質がまた胸を打つ。ダイアログは大変ストイック。なのに登場人物の関係性をくっきりと浮かび上がらせる演出技に唸るばかり。少女とその母、青年と彼の父。ビール、涙。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『ゴンドラ』デジタルリマスター版@ポレポレ東中野にて鑑賞。初見が新宿TSUTAYAで借りたあまり状態のよろしくないVHSテープだったのもあり、長らくスクリーンで観たかった作品。隅々まで丁寧で隙のない絵づくり。都市と孤独の物語。
    いいね

    良い
  • bluemilk3
    『ゴンドラ』少女の渇いたハスキーな声とぶっきらぼうな口調が痛々しい。無表情な青年、無機質な東京の風景…青年は少女を田舎へ連れ出す。都会とは真反対の色彩豊かな町で孤立した魂が少しずつ溶けていく。たまに切り替わるモノクロシーンが印象的。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    渋谷UPLINKなう。これからやっと映画『ゴンドラ』鑑賞。2017年19作品目。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    TaulNcCar
    2417movies / tweets

    follow us