TOP >作品データベース >プラトーン

プラトーン

みんなの感想/評価
「プラトーン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    26
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
37
ポジティブ指数100
公開日
1987/4/29
原題
Platoon
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
 
解説/あらすじ
ベトナム戦争の最前線を舞台に、地獄のような戦場と兵士達の赤裸々な姿を描く。製作はアーノルド・コペルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイリーとデレク・ギブソン、監督・脚本は「ミッドナ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • faaaaraway
    『プラトーン』★★★☆☆今見返すと随分あっさりしていたんだと驚いた。
    いいね

    良い
  • brimley3
    『プラトーン』オリバー・ストーンを一躍有名にした作品。当時の俳優たちは無名ながらも現在は第一線で活躍している人ばかり。ジョニー・デップ出てたんやね。「お前ならどうするよ」と突きつけられた感じ。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『プラトーン』公開時は大ヒットだったけどなぜかスルー。でも30年後の今観て良かったと思いました。若い頃ならきっとラストの主人公の語りに説教臭さを感じただろうから。善も悪も理性も簡単に吹っ飛ぶ戦場の恐ろしさ・・W.デフォー若くて良い!
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『プラトーン』午前十時の映画祭で鑑賞。因みにこれが初見。ずっとウィレム・デフォーが主役だとばかり思ってた!チャーリー・シーンが主役だったんだ!観ておいて良かったが、観て得した感は無い。決してエンタメではない実際の戦争のフィクション。
    いいね

    普通
  • shignak
    映画】プラトーンみた。午前十時の映画祭。多少知恵が付いて見返すといろいろとキツい映画だなと思ったり。Dafoeのシーンはけっこう覚えていた。Sroneが出ていたのは知らなかった。自分の陣地を爆撃させるというところからして。
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『プラトーン』一回目に見た時より二回目の方が面白かった。両極端の考えはどちらが正しくどちらが間違えはない、これは監督が実際に戦地へ出てベトナム戦争を映画化したのかな?
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『プラトーン』戦場で小隊を率いるのに、人道的なエリアスと冷酷なバーンズどちらが適しているか? 生き残る為には冷酷にならざるを得ないのか? それで果たして良いのか? 考えさせられます。
    いいね

    良い
  • raybananan
    『プラトーン』 国際法や人道上の観点から心情的にエリアスに惹き込まれますが、 過酷な戦場で小隊にとってエリアスは良いのか? 対して冷酷なバーンズは小隊の命運を護ってきたのではないか? と深く考えさせられる作品です。
    いいね

    良い
  • rinaT_818
    『プラトーン』@授業。ベトナム戦争に関する映画、授業で何本か観てきたけれどPlatoonが一番圧倒された。戦争がどれだけ人を変えてしまうのか、ひしひしと感じさせられた。Apocalypse Nowの主役の息子がここで主役なのもミソ。
    いいね

    良い
  • coffee_pote
    『プラトーン』音楽が素晴らしい・・・ 戦争のえぐい部分が描かれている・・・ #映画 #movie
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『プラトーン』/戦場シーンの臨場感が凄い。加えて些細な描写がよりリアルさを出してた。その中での狂気、恐怖感、愚かさは、まるで自分自身が体験してるかのように感じるほど。戦争アクションでありながら人間ドラマの部分が強烈だった。確かに名作。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『プラトーン』色褪せない名作!戦場にいるかの様な圧迫感と絶望感が半端ない・・・代名詞ともいえるデフォーのシーンは今観ても胸が熱くなる。
    いいね

    良い
  • Z_Lover_
    『プラトーン』蒸し暑くドロドロとした熱帯雨林を駆け抜ける兵士たち。善と悪の二つの派閥がある中で、部隊の良心であったエリアス軍曹の死はまさに救い様のない現状を血腥く物語っている。言葉が通じない相手と戦う事への狂気的な恐ろしさを感じた。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『プラトーン』鑑賞。メッセージ性をがつんと持った映画。それはすなわち一定の方向を向くように脚本がよく練られているということ。さらに映像としてのリアルさもさることながら、言葉や気候などの異なる外国で戦うということのリアリティも良かった。
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『プラトーン』本当に血生臭い、そしてプラトーンを含めベトナム戦争は何が正しくて何が悪いのかが本当に曖昧になってゆく。アメリカ人ですらそれが分かってないんだろうね。
    いいね

    良い
  • croaton0
    何度見ても面白いし、デフォーが裏切られ命尽きるシーンは戦争映画屈指の名シーンだと思う。でもベトナム戦争の背景が今一つ弱いため自分の中ではあくまで【前線で戦う歩兵師団の一抹を描いた作品】であって【ベトナム戦争の一端を描いた作品】ではない
    いいね

    普通
  • ZEROtatsuya
    『プラトーン』エリアスは善の象徴か?バーンズは悪の象徴か?ふたりの上官の間で主人公は善でも悪でもなく、戦争そのものの不条理になった。かつて『地獄の黙示録』で川の源流に王国を築き君臨した、カーツ大佐のように。1800円満点で1600円。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『プラトーン』最初はすぐフラフラになってた主人公が最後には普通に戦場を駆け回ってバーンズを撃ち殺すまでに変わっちゃう、というか変わらざるを得ないのかな。戦争って怖い
    いいね

    良い
  • vicepresident2
    『プラトーン』これは面白かった! 戦争映画はこういった泥臭さが好きです。エリアス強すぎワロタ。
    いいね

    良い
  • SugarGURI
    『プラトーン』中学生の時に、友達のお兄さんがビデオを貸してくれて観た記憶が。あれから、何回も見ているけれど、国や思想などのための戦いっていうのではなく、戦場でしか生きられない様な男たちの生き方に、色々な事を考えさせられる。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...