TOP >作品データベース >未来世紀ブラジル

未来世紀ブラジル

みんなの感想/評価
未来世紀ブラジル
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    29
  • 普通
    3
  • 残念
    4
総ツイート数
49
ポジティブ指数89
公開日
1986/10/10
原題
Brazil
配給
20世紀フォックス
上映時間
142分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ichiwheat
    【未来世紀ブラジル】午前十時の映画祭11。大好きな作品なので貴重な劇場鑑賞の機会は逃せない。字幕は戸田奈津子。今更ながら映像演出に新たな発見も。情報管理社会に人権・人命が蔑ろにされたディストピアが過去でも未来でもない、現在の現実世界の状況を窺わせているようで背筋が寒くなる。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『未来世紀ブラジル』大昔レンタルで観て「さっぱりわからん!」と思った記憶だけが残ってたw今ならストーリーでなくテリー・ギリアムのテイストを楽しめば良いと解る。ブラックユーモアの金太郎飴みたいな作品。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『未来世紀ブラジル』★★★☆☆テリーギリアムは「バンデッドQ」ののりが最高なんだがこう真面目に構えられると冗長に感じるな。
    いいね

    普通
  • ma24ta
    『未来世紀ブラジル』。なるほどぶっ飛んだ映画。何回か観ないとわからないこだわり満載。 #午前十時の映画祭
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『未来世紀ブラジル』舞台は20世紀だけどテレビがスマホに代わっただけで今に通じるモンティパイソンのスケッチをSF大作にしたようなファンタジー。グレーの街、タクトだらけの家、ナチSSみたいな制服に歪な整形手術と悪夢を見せられてるよう。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】未来世紀ブラジルみてた。◎。午前十時の映画祭。ディストピアと幻想と不条理が混じり合っている世界の物語。ガジェットは時代故で古めかしい。世界そのものは過去作を幾重にも引用し、何重にも塗り重ねられたペインティングのようにも見えた
    いいね

    良い
  • brimley3
    『未来世紀ブラジル』近未来なのにチープさが拭えない。さすがモンティパイソン!ブラックさが効いてるねぇ。しかし舞台でもないのに何故ブラジル?キューブリックは『博士の異常な愛情』の続編を任せる予定だったとか。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『未来世紀ブラジル』アメリカ版のラストは、『ブレードランナー』のようなハッピエンドでテリー・ギリアムは寝込んだとか。今回は、アン・ハッピー版のディストピア感たっぷりのエンディングでそれも良かった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『未来世紀ブラジル』夢見るシーンは、『オズの魔法使い』のようで、そう言えばサムライロボットは『大魔神』とか。あらゆる映画のパロディなのかオマージュなのか、たぶんその両方が詰まった映画なのだ。そういえば大型トラックで逃げるシーンとか『ブレードランナー』にも似ていたりする。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『未来世紀ブラジル』今で言うスチームパンクの先駆けのようなチープだけどジューヌ・ヴェルクのSFのような蒸気と産業革命がそのまま近未来となった世界。コンピューターがタイプライターだったり、手紙を送るのがパイプ伝送システム(カフカの時代の電報)だったり、懐かしさと未来感のごった煮世界
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『未来世紀ブラジル』テリー・ギリアムがこの映画で描こうとした近未来社会はオーウェル『1984』のディストピア近未来と、フェリーニの幻想性やカフカの不条理世界、フリッツ・ヤングの『メトロポリス』の舞台設定の中にチャールズ・チャップリン『モダン・タイムス』のシステマティックな世界観。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    映画におけるハエ(悪霊の君主ベルゼブブを指す)の登場には、旧世界の崩壊及び脱出が啓示・意図される。そして、ディストピアと現実から逃亡し至るラストの解釈は、彼が永遠に夢想するユートピアの結実(ハッピーエンド)だと。『未来世紀ブラジル』
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『未来世紀ブラジル』鑑賞。近未来ディストピアの描写自体は、今から見るとありがちな感触もあった。その未来描写は古くさいよ、と。しかし、繋がりがあるようなないような物語展開はぶっとんでいて、テリー・ギリアムの世界観が溢れていた。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『未来世紀ブラジル』奇天烈な世界観と近くでテロが起きても人々の能天気ぶりが滑稽。社会風刺を込めたシニカルな内容に、ロマンスを織り込んでて、ラストで、おおっ!と盛り上がったところで、とどめがめっちゃきいた。してやられたよww
    いいね

    普通
  • tweet_eiga
    『未来世紀ブラジル』うーん?よくわからん話だが、シーンの1つ1つや未来感があまりないセットは面白い・・・気もする。主役のおっさん、どっかで観たことあると思ったら、パイレーツオブカリビアンだ。
    いいね

    残念
  • maispacemailife
    『未来世紀ブラジル』を観た。ビジュアルはいいけど、長くて退屈。途中で断念。デニーロ出演知らず、びっくりw
    いいね

    残念
  • sasorikantoku
    『未来世紀ブラジル』管理社会化された国家とひたすら自分の世界に閉じこもり夢想する者との戦い。正に今の日本そのものを予見した名作。音楽、撮影、セット、衣装、特撮、オデッサの階段のパロディも素晴らしいがデニーロのヒーローは映画史に残る。
    いいね

    良い
  • sunaimai20
    『未来世紀ブラジル』感想がうまくまとめにくい作品です。不条理的な表現の意味を深追いしないで観た方がよいかもしれません。マトリックスはこれに影響受けてるはず。
    いいね

    良い
  • future106
    『未来世紀ブラジル』ラストはさすがって感じで名作ってのがわかるが140分が長い・・・微妙
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    Pooh_kuru_san
    2494movies / tweets

    follow us