TOP >作品データベース >人間の約束

人間の約束

みんなの感想/評価
人間の約束
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
1986/9/13
原題
A Promise
配給
東宝東和
上映時間
124分
解説/あらすじ
 
セゾングループ、キネマ東京、テレビ朝日
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SwitchedOnLotus
    安易な社会批判やミステリーに終わらせることなく、どこをどう切っても「映画です」という画面の連鎖に唸る。吉田喜重による小津への返答ともとれる。それらしい構図も川辺で1ショット有った。「水」「鏡」を主要モチーフとした、映画作家による傑作。
    いいね

    良い
  • allgreen
    『人間の約束』つづき。1986年の作品。さほど紙オムツが普及していなかった頃なのか、失禁失禁また失禁。孫ふたりが杉本哲太と武田久美子で、出番は少ないものの、たたずまいが実に好かった。他役者陣がみな素晴らしかった!佐藤浩市は別撮り?
    いいね

    良い
  • allgreen
    『人間の約束』鑑賞。うわぁ、えらいもん観ちゃった!いろいろな意味でずっしり重い。三國連太郎は驚異の老け役で、当時80歳の村瀬幸子とちゃんと夫婦に見える。ひとの尊厳、死と隣り合う性、結構描写が露悪的だが、全体的に気品があるのだよなぁ。
    いいね

    良い
  • TK_Wmm
    『人間の約束』25年前認知症という言葉もなく、嫁が一人で世話をする姿は身につまされる現実であった だんだん寝たきりになる妻を抱きかかえ「おらがいるから大丈夫、思いっきりボケちまいな」とつぶやく夫 今現在のこの世界は少しは変わったのだろうか 
    いいね

    良い