TOP >作品データベース >キャバレー

キャバレー

みんなの感想/評価
キャバレー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
5
ポジティブ指数0
公開日
1986/4/26
配給
東宝
上映時間
104分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • WaseiG
    『キャバレー』鑑賞。劇中主人公が己の音楽について心が無いだの情熱がどうだのと悩みを持つが、それがペルセウスの盾が如く映画に跳ね返ってゆく、壮大にシュールな自虐。同じ曲が延々と流れ、ごたくとしか思えないご高説を賜る。さすが角川春樹だぜ。
    いいね

    残念
  • croaton0
    “ジャズ=格好良い”と思い込んでるミーハーが作ったようなカッコ付けダサ映画 最低限の雰囲気はあるが明らかに外国映画を模倣したイタい作りは鼻につくし、どんなに良い曲もバカの一つ覚えみたいに何度も演奏されると耳障りでしかない
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • shoccco
    「キャバレー」ジャズ映画でもこんなに違うんだと思うほど残念な仕上がりだけど、角川映画10周年作品。サックス吹きの野村宏伸の棒読みは想定内として、志穂美悦子や薬師丸ひろ子、あと白竜の甘い歌声が聴けたり、倍賞美津子や原田芳雄や豪華な顔触れ。真田広之は最後の最後に原田知世と登場で意外!
    いいね

    残念
  • akafundosi
    『キャバレー』(角川)野村宏伸はん 台詞言わなかったら雰囲気あるのに…喋った瞬間今まで漂ってきた容が台無し。加賀はん「ドサ健」も良かったがこの「滝川」もなかなか。しかし同じ台詞無し、数カットなのに丹波はん千葉ちゃんはあるのに渡瀬はん何故クレジットされてねぇのか?
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『キャバレー』@ シネ・ヌーヴォ角川映画祭観。初館観賞。全編を奏でる「レフト・アローン」がテーマ。洋画の持つ暗黒街的な雰囲気と五十年代のレトロ風に彩ろうとする努力は見える。加賀はんホント「レトロ・アローン」で頑張ってるし凄く良い!野村宏伸はんは喋らなきゃ良い雰囲気なんだがなぁ…
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    2254movies / tweets

    follow us