TOP >作品データベース >パリ、テキサス

パリ、テキサス

みんなの感想/評価
「パリ、テキサス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    28
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
35
ポジティブ指数100
公開日
1985/9/7
原題
PARIS, TEXAS
配給
フランス映画社
上映時間
146分
解説/あらすじ
テキサス州の町パリを求めて砂漠をさまよう男トラビス。倒れて口もきかない彼を弟がロサンゼルスの自宅に連れ帰ると、そこには四年前に置き去りにした息子がいた。今度は息子と一緒に妻を捜しに、ふたたびテキ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『パリ、テキサス』妻を探す旅が始まる。そこからはけっこうハラハラするシーンの連続だった。透け鏡(向こうからは見えない)電話のシーンはちょっと長いと思ったけど。トラビスは姿見せない方がいいかなと思った。未練たらたらで。ラストは息子とナタキンのこれまたハグ映画だった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『パリ、テキサス』このハリーも『ラッキー』と同じで倒れるところから話が始まっていく。砂漠を彷徨い歩く姿はもうすでに爺さんかという感じだが、息子の為に良き父親になろうと努力するする姿がいい。あと弟夫婦と子供と奥さんの5人で撮った8ミリのシーン。そこでぐっと引き付けられた。その後に、
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『パリ、テキサス』本当はまた3人で暮らしていきたいけど、過去のことがあるからな、男の不器用な愛ですよ
    いいね

    良い
  • hrsEEE
    『パリ、テキサス』見るの4回目ぐらい、今回はそんなに泣けんかった。弟夫婦が地味にいいやつだと思ったこと、ジェーンと息子のハンターが再会で抱き合うところがいいのと、マジックミラーのシーンでトラヴィスわかってんじゃんと思ったこと。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『パリ、テキサス』サム・シェパードの訃報を知り思い出したのがこれ。ライ・クーダーのギター、ロビー・ミュラーのカメラ。色、柄、空、8ミリフィルム、マジックミラー…散文的になってしまうけれど脳裏に焼き付いたシーンが多々。再び観たい。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『パリ、テキサス』「お父さん!あなたちょっと問題ありますよ!」という話が自分は嫌いになれない性分でして。 一緒に下校する場面、微笑ましい…けど何か大事な責任を棚上げしているような…でもこの瞬間がずっと続いてほしい…と、そんな気分に。
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『パリ、テキサス』子役、こんなに良かったっけ・・全部わかっている上での無邪気さが愛おしい。二人で並行して下校するシーン。再会場所の装置の見事さ、ナスターシャ・キンスキーの美しさ、ラストの配置。映画でしか体験できないものに満ちている。
    いいね

    良い
  • no_akouji
    『パリ、テキサス』テキサス州で暮らす家族が一度は分裂するが再生していくと思いきや、せず男だけは旅に出る物語。考えながら見れる。
    いいね

    普通
  • misumy3
    『パリ、テキサス』★★★★☆
    いいね

    良い
  • sentokun7
    『パリ、テキサス』 期待していた「息子とのロードムービー」とは違ってたけど、良作。ラストの会話シーンにはグッと引き込まれた。ナスターシャ・キンスキーが美しすぎ。中年と若い娘の恋は破滅に向かって転がり続けがちと戒めに。
    いいね

    良い
  • mpwjdgwj
    相容れない物同士が間接的な対話で絆を紡ぐ物語なのかなと思ったら、もうちょっと複雑な物語。気まずい親子関係の修復の仕方が良かった対岸の道沿いを歩く、父親は目を引く姿を取り戻す。これはロードムービーではなく電波ムービーって感じがする。
    いいね

    良い
  • _ru_chan
    観ました『パリ、テキサス』。画も音楽も乾いた空気感もオツ。ロスのだだっ広さもいい効果出てますね。ただ話的には兄夫婦に不義理しまくりなエゴの塊のヒゲ面オッサンに最後まで感情移入できないまま。これじゃ兄夫婦があまりに気の毒で。子役が○。
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『パリ、テキサス』鑑賞。視覚よりも聴覚で話が進行していく会話劇なので、英語が分かればもっと面白いだろうなぁと思った。しっとりしながらべたつかないロードムービーで、会話も余人にはそうそう書けそうにないもので、たいへんよかった。
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『パリ、テキサス』「デリンジャー」で真の男の死に様を最高に格好良く見せてくれた、ハリー・ディーン・スタントン主演の傑作。ナスターシャ・キンスキーの働く個室テレクラの支配人役で、ジョン・ルーリーが出ていたのは今回気がついた。
    いいね

    良い
  • AMINari_
    TSUTAYA発掘良品『パリ、テキサス』友人一押し映画で随分前から気になっていたのをようやく鑑賞。すごい映画だ。どっと疲れた。ロードムービーの金字塔というけれどロードムービーか?弟の奥さんに感情移入して終始やりきれない切なさを感じていた。馬鹿な男と女の話だと感じた。でも愛おしい
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【パリ、テキサス】ロード・ムービーというより、謎めいていた過去が一気に露わになるあの独特の状況に深い思い入れができた作品。ただ、今見ると80年代のものに見かける色調補正処理をかけた様な色合いには残念さを感じずにいられなかった。 #映画
    いいね

    良い
  • taro_ufufu
    『パリ、テキサス』観た。良い!! すごく良い!!! 何が良いとか言えないのだけれども、なんかいい!!! この男の不器用さが、またいいんだよね。特に前半の主人公が一言も喋らないのがオシャレ。男のバカさを見事に描いている。そこに愛がある。
    いいね

    良い
  • komatsuda560
    『パリ、テキサス』30年たった今でも色褪せず、撮影、音楽、ストーリー構成から1級品です。親族の温みで正気を取戻し、伝えるべき思いを妻に伝えて去っていくトラヴィス・・・傑作です。N・キンスキー美しいです。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    ヴェンダースによる米映画への憧憬がどこまでも謳われる。荒野から荒野へ去る主人公、列車、大きな空、家族の再生、旅。ここまで露骨だと逆に恥ずかしいくらいだが、ロビー・ミュラーの撮影が単なる再生産ではない清新な質感を映像に寄与している。
    いいね

    良い
  • zakin_chan
    『パリ、テキサス』 このエンディングは何度みてもシビれる。哀しみ喜びを超越した、今までにない感情が湧き上がってくる。愛を貫くことの尊さと難しさを伝えてくれた監督の手腕に敬服。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...