細雪

みんなの感想/評価
「細雪」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    13
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
22
ポジティブ指数93
公開日
1983/5/21
原題
The Makioka Sisters
配給
東宝
上映時間
140分
解説/あらすじ
三女の縁談を中心に四人姉妹のそれぞれの一年間の出来事を、四季折々の風物を絡めながら描く、谷崎潤一郎の同名小説の映画化で、脚本は「幸福」の市川崑と同作の日高真也の共同執筆、監督も市川崑、撮影も同作...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『細雪』女優の競演もので姉妹物語は映画の中では定番なんだろうけど4姉妹っていうのは日本映画は多いのは、この『細雪』の影響か。岸恵子の長女(本家)と佐久間良子の次女(分家)の遣り合いが見事だった。それにちょっとアホなのかと思わせる三女の吉永小百合と末っ子の奔放な古手川祐子も適役。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『細雪』鑑賞。原作には及ばないが、それを求めるのは酷。カメラを通すことで、どうしてもキャラ達と心的距離が生まれてしまい、それが原作の魅力を損なっている。それでも2時間強にまとめたことは十分に評価に値する。
    いいね

    良い
  • mirena_33
    市川崑監督『細雪』鑑賞。日本の四季を背景に四姉妹と二養子の男が、船場言葉を使い織りなす薄暮の一族の話。姉妹の会話は優雅だが迫力が凄く、もし当事者なら逃げ出したくなるほど… 金田一耕助シリーズよろしく事情多き家族の描き方が素晴らしい。◎
    いいね

    良い
  • brimley3
    『細雪』冒頭の会話シーンから圧巻。桜と4大女優の着物は絵になりすぎでしょー。佐久間良子は薬師丸ひろ子に似てると思ったw。これは意外と掘り出しもんだわ・・
    いいね

    良い
  • AMINari_
    『細雪』なぜこいさん、きあんちゃんと呼ばれてるのだろう。 皆上品だけど迫力があって終始圧倒されてしまった。着物は第二の主役だったのでは。 石坂浩二が今と変わってなくて驚きでした。 後ろのオバハン二人がずっと喋ってなければ最高やったのに。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『細雪』@六本木。市川昆監督の独特の映像美、見ごたえあるこれぞ女優という美の競演と衣装の拘り、今の日本映画にはない貫禄映画。谷崎文学の一捻りある厭らしさもこの映画からは不思議と上品さを感じる。日本美溢れる大作#eiga #movie
    いいね

    良い
  • wtjiro
    『細雪』文字通り、見応えのある作品。内容も好きだけど、やはり視覚に訴える。着物の素晴らしさには唸るものがある。岸恵子と佐久間良子が、年を重ねていても麗しい。
    いいね

    良い
  • ___ism
    音楽は思ったより80'sの音でダメね。
    いいね

    残念
  • ___ism
    「監督がアホやから演技ができへん」と言われないようエモやんがセリフなしだったのは正解。
    いいね

    良い
  • ___ism
    今さらながら、4月のこの時期に関西の劇場で『細雪』を観られるとは。それだけでアガる!
    いいね

    良い
  • kyuku99
    こいさん、きあんちゃんという呼び名がすごく好きで。文字で読んでたこいさん、きあんちゃんが声で聞けたのがなんだかうれしく。吉永小百合の雪子はよい!ああいう女性が近くにいたら女としては恐ろしい存在なわけで。
    いいね

    良い
  • kumanHHH
    『細雪』移り行く時代の中で消えていく何か。その儚さ。女優陣や着物の「美しさ」も、それを表現する為のメタファーとしても作用しているのでは。三女の度重なるお見合いも流れに抗っているようにも見える。何かを封じ込めることに成功した大作。
    いいね

    良い
  • e_style8
    『細雪』これは市川崑の作品だったのよね 久しぶりに昔の作品と見比べてみたくなった 歴代の女優の顔かたちも着物やお道具類も少しづつ変わってきてるだろうから ちょっと楽しみかも・・
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『細雪』着物が本当に綺麗。船場の名家の話だから、贅を尽くした衣装は見もの。着物って所作が美しくないと映えないもんだなあってことも実感するよ。今着物が昔ほど…っていうのは、美しい所作を身につけた人間が少なくなっているからかもしれないねえ
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kazuhiro_uraga
    午前十時の映画祭で『細雪』を観たのでポスターを写真に撮ろうと思ったら、サザンオールスターズのポスターに変わってた!ちくしょう〜サザンめ〜。#サザンのファンに喧嘩を売っているわけではない
    いいね

    良い
  • akafundosi
    細雪('83)。落ちぶれた?旧商家問屋の跡取り美人四姉妹の三女の結婚話を軸に展開する。なんしか女優陣の着物の着こなしが見事!四季の風景とも相まって綺麗かこと綺麗かこと。三女の「吉永・雪子」の時おり見せる小悪魔的な笑顔が最後の「佐久間」「岸」の台詞で納得。
    いいね

    良い
  • totiegu
    シンセがどうにもアレだが『細雪』次女が三女と夫の怪しげなとこを見てヤキモキする件、何回観ても笑える。三女の「なに考えてるかわかんない」感と含みのある表情などは小百合ちゃんハマってたわ #twcn あと若尾文子が出てれば五社協定ならぬ五社共演だったね #asa10eiga
    いいね
  • ___ism
    『細雪』で船場の旧家出身である姉妹たちが船場吉兆に信頼を置いているのは秘密だよ
    いいね
  • ___ism
    『細雪』戦前の関西が舞台なんだけど、嵯峨や箕面の滝はセーフだけど、四女が転がり込む阪神間の河口付近の風景は撮影当時の1980年代にも面影は残ってなかったのね
    いいね
  • ___ism
    兄弟姉妹の年長に特別なレジェンド感を抱くのは僕が末っ子でいつも見上げてた故なのか。それとも犬神の松子を引きずってるからなのか。
    いいね
    もっと見る Loading...