TOP >作品データベース >がんばれ!ベアーズ

がんばれ!ベアーズ

みんなの感想/評価
「がんばれ!ベアーズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    12
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
17
ポジティブ指数100
公開日
1976/12/4
原題
The Bad News Bears
上映時間
102分
解説/あらすじ
アメリカ西海岸の町を舞台に弱小野球チームの奮闘を描き、続編やテレビシリーズ化もされた青春スポーツコメディ。メガホンをとるのは、「白銀のレーサー」(1969)などスポーツ映画を得意とするマイケル・...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • WaseiG
    『がんばれ!ベアーズ』鑑賞。古き良きファミリームービー。それ以上でも以下でもない。懐かしき昭和のにおいがする洋画というのも変な話だけど。
    いいね

    普通
  • yes_exclamation
    『がんばれ!ベアーズ』…【ココイチ】勝つために試合に出さないでと頼む下手っぴのルーパス。監督の「ベンチを温めるために生まれてきたのか」の問いにルーパスは首を振る。子供から多くを学んだ監督は「じゃあ ベストを尽くせ」と、球児を見送る。
    いいね

    良い
  • haganenaruto200
    まさに少年漫画的な、シンプルなスポーツ作品として素晴らしい。キャスティングだけでもう勝ちな作品だろう。子供たちの情けない顔、短気な顔、ナードっぽい顔、可愛い顔、みんな良い顔が揃っている!
    いいね

    良い
  • solon_ante
    『がんばれ!ベアーズ』チョー良い映画だったんだが!ベストが揺らぐ勢いで!
    いいね

    良い
  • kotani75
    『がんばれ!ベアーズ』野球をモチーフにした作品とは知っていましたが、その中に、人生の厳しさや教訓、人間関係まで詰まった作品でした。子供とコーチという出演者でここまで、深みを持つストーリーができるとは凄い。終わりもさややかで良いです。
    いいね

    良い
  • brimley3
    『がんばれ!ベアーズ』テイタム・オニールが可愛かったw。
    いいね

    良い
  • ka_mito
    『がんばれ!ベアーズ』確かに町山さんがもしドラの話で引き合いに出すのも納得。 今観るとちょっとやり過ぎなコテコテな展開もあるけど、それ以上に子供達と監督への没入感が強過ぎて漏れなく感動させてくれる。そしてアマンダが可愛すぎる。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『がんばれ!ベアーズ』、8歳の時に映画館で観て、子供ながらにとても感動し、泣いた。30数年を経て、「午前十時の映画祭」であらためて観てみたら、子供たちの口に悪さに大笑いし、また彼らの生き生きとした表情と真剣にプレーする姿に胸が熱くなった。
    いいね

    良い
  • kinoppling
    『がんばれ!ベアーズ』スポーツを通じて主人公達が現状を認識し(努力して)抜け出そうとする成長譚の基本テキスト、と思ってたけど...今見るとあまり「努力」してなかったりする。年齢からか監督に共感する自分もいて再発見。何度でも観たい作品。
    いいね

    良い
  • maz0131
    『がんばれ!ベアーズ』スポーツ ヒューマン★★★★☆
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『がんばれ!ベアーズ』この映画のテイタム・オニールに恋してました。(笑)同年代かと思ってたら、年上だったんですね。
    いいね

    良い
  • e_style8
    『がんばれ!ベアーズ』ティータム・オニールは勿論だけど チームのメンバー全員かわいいウオルター・マッソーのザクロのお鼻が懐かしい 
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『がんばれ!ベアーズ』だめだめ監督が奮い立っちゃうのも無理はない。ティータム・オニールのトムキャットガールぶりがキュート!!物語は王道だけど、この王道をきちんと描くってのが結構難しいよね。ウオルター・マッソーってアルコール臭強いよね。おほほ
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • KENG3
    朝10「がんばれ!ベアーズ」。 どうしてこの作品が100本の中に?と思いましたがやはり話が良い。監督役のウォルター・マッソーのダメダメ具合はひどいですが子供に対する接し方がうまい。体罰教師に見せたい作品。本作のテータム・オニールもかわいいがやはり彼女は「ペーパームーン」かな。
    いいね

    良い
  • SIVK____
    11/15@TOHOシネマズ六本木ヒルズ 『がんばれ!ベアーズ』
    いいね

    良い
  • kazuhiro_uraga
    今日はみゆき座で『がんばれ!ベアーズ』を観てから、新橋で弟とお酒を飲みました。
    いいね