TOP >作品データベース >ジュリア

ジュリア

みんなの感想/評価
「ジュリア」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
57%
  • 良い
    4
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
9
ポジティブ指数80
公開日
1978/6/17
原題
Julia
配給
20世紀フォックス
上映時間
118分
解説/あらすじ
アメリカ演劇界の女流劇作家として知られるリリアン・ヘルマンが74年に出した回顧録(「ジュリア」パシフィカ刊)の映画化で、ヘルマンに絶大な影響を与えた女性ジュリアとの美しい友情とハードボイルド作家...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • croaton0
    友情ドラマと思いきやいきなり戦争サスペンスにシフトする流れに軽く戸惑うし、二人の関係とジュリアの存在の大きさの印象付けも弱いため主人公が命懸けで行動する展開も今一つしっくりとこない。せめて内容の方向性だけでもハッキリさせて欲しかった
    いいね

    普通
  • paranoiafreaks
    『ジュリア』よくある女性の長年にわたる友情物語かと思ってたら大人になった2人が一緒にいるシーンはわずかだし、後半はスパイ映画ぽいし。かと言ってサスペンスフルでないし。でも実話だからアルサスのパン屋から消えた子供が心配でならない。
    いいね

    普通
  • mu_4o
    『ジュリア』ベルリンの気高きうんちゃらかんちゃらって感じの映画でよかったけど,なんか女性的すぎるつうか
    いいね

    良い
  • brimley3
    ジェーン・フォンダ、バネッサ・レッドグレーブ2大女優対決でしたが貫禄の差はハッキリ出てましたな。主人公リリアンの書く戯曲『子供の時間』は劇中に出てくるけどあの原作映画は『噂の二人』(オードリー・ヘプバーン、シャーリー・マクレーン)なんだね
    いいね

    良い
  • maz0131
    『ジュリア』自伝 戦争★★★☆☆
    いいね

    良い
  • e_style8
    『ジュリア』これは何度観てもやっぱり好きな作品です 女性同士の中の憧れと愛情と尊敬の念って貴重で中々得難いもの
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『ジュリア』同じジンネマン作品でも『ジャッカルの日』にあった緊張感は皆無。演出も生真面目過ぎる。撮影は良かった
    いいね

    残念