TOP >作品データベース >機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇

機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇

みんなの感想/評価
機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    9
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
9
ポジティブ指数100
公開日
1981/7/11
配給
松竹
上映時間
134分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trans_american
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』ファーストガンダムの第2部は突っ込みどころが多い。 主人公はなりゆきで軍人になったとはいえ、戦争をなめてるところがあり、いただけない。でも、敵味方それぞれの色んなドラマがあり、飽きない内容だった
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』@ 塚口サンサン劇場観。戦いの中で出逢った"人"や"大人"達の敵味方双方の死と哀しみ。劇場参部作で壱番哀れで切なく哀しい文字通り「哀・戦士」編。戦争の無情、悲惨さや人の死を知り人間として少しずつ成長していく若者達…哀は愛を知り啼く。
    いいね

    良い
  • ytaro716
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』★★★★★。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』仲間との別れや初めて敵を人として認識して行く事によって成長していくアムロを通して描く戦争の哀しさと悲惨さ・・・展開の切なさでは三部作の中で随一。
    いいね

    良い
  • orenama
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』「ホワイトベース単体の生き残りをかけた局地的な戦闘」から、オデッサやジャブロー攻防戦に至る、大部隊がぶつかり合う戦術的な会戦へのスケールアップ。駒になった個人が使い棄てられるのが戦争、と言わんばかり
    いいね

    良い
  • yamadatarono
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』観た。ウジウジ展開は今や食傷ものだけど、この作品が発明したと思うとなんだか感慨深かったり。大量のメロドラマの投入に、ベルばらとかと近い気がしてきた。ランバ・ラル関係の話が好き。あとズゴッグが可愛い。
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』ん~3作と考えるとどうしても、真ん中は長い予告篇にかんじてします。でも、やぱり書き直しは美しい。2日目のシチュー
    いいね

    良い
  • mokomokobakudan
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』ダイジェストで見る分には十分やと思う。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』「つなぎ」にしては大変面白い。惜しむらくは時間の制約上、敵側の登場人物の掘り下げが足りなかったこと。
    いいね

    良い
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    1793movies / tweets

    follow us