TOP >作品データベース >ムアラフ-改心

ムアラフ-改心

みんなの感想/評価
「ムアラフ-改心」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
15
ポジティブ指数100
公開日
//
(劇場未公開)
原題
Muallaf
上映時間
87分
解説/あらすじ
父を嫌って家出したマレー系の姉妹。叔母の所有する空き家に暮らす2人は、中国系のキリスト教徒の青年教師と出会う。彼は子供時代のつらい記憶から宗教を憎悪していたが、信仰を大事にする姉妹に惹かれるうち、自分を前向きに変えて行く。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『ムアラフ 改心』ムスリムとカトリック、異なる信仰も人間として向き合うアニ、アナ、ブライアンの心に残る傷と根源的な優しさ。規範は自身の心の中に。一歩前へ進み始める人間の尊さと共に、その旅路が其々の望んだ「家」へと続く淡い希望に涙する
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ムアラフ 改心』ムスリムとクリスチャンの結婚のハードルの高さは、大半の日本人にはピンと来ないと思う。アニのスクーターはおんぼろでエンジンがかかりにくい。その不安定さこそ姉妹たちのメタファーにつながっている。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ムアラフ 改心』わだかまりのある親と和解出来るのか、宗教の壁を越えて家族になれるのか、葛藤に揺れる若者の姿をじっくりと描き出す。同僚シンディの“改心”にも胸が熱くなる。未来に厳しさを内包していても、希望が感じられる。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ムアラフ 改心】マレーシア映画ウィーク。父の虐待から逃れる姉妹の明るさとカトリック学校青年講師の静穏さの対比に覗くユーモア。ムスリムなのに聖書にも通じるアニ&アナの博識と明晰さも相まってブライアンの変容と過去への対峙に共鳴。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • jujunoshippo
    【ムアラフ 改心】ヤスミン監督4作目鑑賞。キリスト教の下地がそれなりにある私でもわりと必死やったので、日本人は難しいと感じるのかも。私が教会から離れたことも思い出さしてもらったし、作品的にも素晴らしく深く刺さる。 字幕では「回心、ムアラフ」となってたのが気になった。回と改。
    いいね

    良い
  • koiddon
    ヤスミン・アフマド特集で『ムアラフ ー改心』を鑑賞。スクリーンで観るのは3回目。宗教を巡る寛容とボーイ ミーツ ガール。それらは硬軟の両極のようでいて他者を受け入れることに何ら変わらない。心に傷を持つ主人公の自己救済のための変化と成長がユーモアを交えて丁寧に描かれており心地好い。
    いいね

    良い
  • koiddon
    イスラーム映画祭で『ムアラフ 改心』を鑑賞。今年のマレーシア映画ウィーク以来の2回目。自分がこれまでに観ているヤスミン・アフマド監督の作品の中では一番好き。画面から伝わる監督の慈しむような眼差しが心地好い。次のトーク付き上映も観に行っちゃうか!
    いいね

    良い
  • kera_ma_go
    上半期ベスト12鑑賞順 トラッシュ 激戦 エリートスクワッド アメリカンスナイパー きっと星のせいじゃない イミテーションゲーム 香港仔 三ツ星シェフ ムアラフ/改心 ワイスピ7 国際市場 MADMAX4 ショートフィルム・初見旧作も含めた全150本から。
    いいね

    良い
  • koiddon
    マレーシア映画ウィークで『ムアラフ 改心』を鑑賞。緩く緊張感を漂わせながら、適度にユーモアを交え、緩急自在に物語を紡ぐ語りの巧さ。そして登場人物に実在感を与え、その心情を伝える細やかな描写の巧さに瞠目! 宗教という枠を越えた、より原初的な人との関わりというものが心にしみる。
    いいね

    良い
  • kera_ma_go
    「ムアラフ 改心」近作になるほどどんどんテーマの表現がすっきり洗練されていくのがすごい。四作の中で今一番これが好きだけどタレンタイムはもっと凄いのかな。必ずしも赦さなくてもいいんだよというところだけは譲れないけど彼女のポリシーは理解する
    いいね

    良い
  • takenomura
    ヤスミン・アフマド「ムアラフ」で渋谷でのヤスミンの世界は私の中で終了。これまで観た作品と違って最初から死者が在るという点でまさしく 取り憑かれている映画であったし、若くして死を遂げたヤスミン監督自身の亡霊的な作品になっていた。
    いいね
  • ikakene
    「ヤスミン特集」一人の人物の年代記が多くて数本に絞る場合はどれを観たらよいのやらと悩んでいるうちにどんどん日が過ぎた。「ムアラフ」今日だったのか
    いいね