HOUSE

みんなの感想/評価
HOUSE
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
76%
  • 良い
    14
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
26
ポジティブ指数94
公開日
1977/7/30
配給
東宝
上映時間
88分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trans_american
    『HOUSE』ホラー要素あるけど、怖くなるどころか、どの場面も笑うしかなかった。映像はチープというか、ぐちゃぐちゃだし、好み分かれるかと。それにしても、ヒロインのオシャレ若いな。あと、クンフーってアクション俳優なんだww
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『HOUSE ハウス』@ 塚口サンサン劇場観w大林監督作品待望の初観賞!噂違わずなチョーカルト作品だった!色々な物をぶちまけひっくり返した様なサイケデリック感!画質等も重なり懐かしさも感じる。若さへの渇望と叶えられなかった願望への欲を…と解釈(?)!最後は鰐淵嬢のPVへと舵切りw
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『HOUSE』噂は聞いてたけれど、百聞は一見にしかず… ホームセンターのペンキと接着剤で作られた、ニオイに頭やられそうな印象の作品でした。 あらすじそのものは王道なホラーなんだけど、話よりも画面を弄る「手」が見えてくるようで不安に…
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『HOUSE』公開当時は十代だったので今までの邦画にない、恰もおもちゃ箱をひっくり返したようなポップな色彩とシュールな展開にワクワクし、「ハウスガールズ」と呼ばれた7人の個性豊かな美少女達の一挙一動に胸ときめかせた事を思い出します。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『HOUSE』U-NEXTで鑑賞。"おばちゃま"の屋敷を訪ねた七人の少女を襲う怪異。姦しい遣り取りを描く序盤から既に厖大な情報量を孕んだ前衛的な演出が炸裂し、それと地続きに起こる怪奇現象の数々、仰天の展開に圧倒されるばかり。怪作です
    いいね

    良い
  • kmrks
    『HOUSE』鑑賞。186 新宿武蔵野館100周年記念企画@cinema_qualite ‬ 「77年の革新的映画ってこんな風?!」という驚き。ツッコミつつ皆でワイワイ観たい。池上季実子キレー。 #eiga
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『HOUSE』学校の倶楽部活動以来の鑑賞。独創的な色彩感覚から繰り広げられる今見ても前衛的な映像体験!池上さんの妖艶さと南田さんの抜群の存在感・・・WOWOWさん「スウィートホーム」もそろそろ放送してください(笑)
    いいね

    良い
  • honkou
    『HOUSE』評価の高さがわからない!何が面白いのか?演出もBGMも話も何もかにもわからない。理解不能。
    いいね

    残念
  • pervert_phantom
    『HOUSE』早すぎた『死霊のはらわた2』 序盤は自主映画のようなノリでキツイですが、中盤からの狂った展開は今見ても新鮮。未見の方は、この大林監督の最高傑作を見ずしては死ねませんぜ!(笑)名物、無駄に脱ぐ女優陣も健在!
    いいね

    良い
  • goro859
    『HOUSE』ちょっと奥さん?未だ観てないの? 100年経ても大傑作◉◉
    いいね

    良い
  • hiroopen
    『HOUSE』@ロイヤル劇場。巨匠の映画ということで鑑賞。サイケデリックトランスな美少女もの&ホラー&カンフーで、かなり盛盛り。退屈しないし、画面が面白い。が、眠くなったな。話の進む方向が分からないからなか。
    いいね

    普通
  • writelefthand
    映画『HOUSE』鑑賞。家の中に入った少女たちが食べられる、というのはホラーのはずなのだが、前半の少女たちのうきうき遠足具合を見るとおおよそホラーとは思えないガーリー感。家に込められた怨念は深いはずなのに、創りたい画を優先したと思われる大林宣彦のセンスは今作から始まっていた。
    いいね

    良い
  • Ryougi_4ki_KA
    『HOUSE』 前半は青春映画、後半はホラー映画という奇抜な展開と 大林監督ならではのトンデモ演出と酷すぎる合成技術で何か色々と凄い映画 この映画の様な映画を観るにはこの映画を観るしかない、そんな映画
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『HOUSE』(1977)大林宣彦デビュー作で、有名なカルト映画。久しぶりに鑑賞。今見てもぶっとんだ内容で、素人臭さを恐れない才気が溢れまくり。前衛的な映像が多く、移動長回しのようなショットも。全体に凄いのかショボいのか分からない面白さで、彼の少女趣味や死生感の原点でもあった。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『HOUSE』観たけど何から何まで独特過ぎィ!正直独特過ぎてこれが凄いのかどうかも分からんけど、一度は観ておいて損は無いくらいの強烈なパワーとインパクトがあるよ
    いいね

    普通
  • croaton0
    独特なノリとクセのある演出が魅力的な作品 この先何年何十年経ったとしても、今後日本で本作以上の破壊力を持ったアバンギャルドなホラー映画は絶対出てこない! 観たことが無いホラー映画マニアは何があろうと一度は絶対に観るべき作品!
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『HOUSE』大林監督の最高傑作。このハチャメチャさ加減は半端ないです。どんだけ金使ってリメイクしても、このオリジナルを超えられはしません。見るべし!まだ未見の映画好きはたちどころに見るべし!
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『HOUSE』これって今でこそ名作だのなんだのって評価されているけれど、公開当時は、ぶっとび過ぎだってあんまし評判良くなかったって記憶がある、第二の鈴木清純つまり干されるんじゃないかって思ったもんだったよ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • takora1973
    新文芸坐で『HOUSE』観た。その後に連なる全てが詰まった大林宣彦監督の商業映画デビュー作。リアルさは求めてないので家が女の子を食べると言う無茶だが思い切りの良い描写は唯一無二の存在。いろんな意味でここから日本映画が変わっていく。
    いいね

    良い
  • yfurui
    「HOUSE/ハウス」続き。回想(?)中に三浦友和が登場する場面、神保美喜が「気のせいか」とつぶやく場面、パパの婚約者が常にヒラヒラさせてるさまなどには腹を抱えて笑った。それにしても、当時の南田洋子が現在の原田知世にそっくりだったとは。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2289movies / tweets

    follow us