TOP >作品データベース >バリー・リンドン

バリー・リンドン

みんなの感想/評価
バリー・リンドン
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    12
  • 普通
    0
  • 残念
    2
総ツイート数
19
ポジティブ指数86
公開日
1976/7/3
原題
BARRY LYNDON
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
186分
解説/あらすじ
18世紀後半のヨーロッパ。アイルランド人のレイモンド・バリーは英国貴族となって生きようと野望に燃えていた。第1部ではそんな彼の立身出世を、第2部では晩年の悲惨な人生を描く。
© Courtesy of Warner Bros. / Park Circus Limited
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • boushi24
    『BARRY LYNDON』虚飾の人生
    いいね

    良い
  • wantmoat
    銃弾が降り注ぐ中行進曲に併せてロボットのように進軍をする兵卒たち。白塗りホクロ顔でギャンブルに興じる貴族、子供への折檻。18世紀半ばのヨーロッパの話ではあるけれど。シーンを切り取ればそのまま絵画になりそうな映像美。#バリー・リンドン
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『バリー・リンドン』U-NEXTで鑑賞。18世紀の欧州を舞台に、ある青年が辿る数奇な運命を描いた歴史大作。自然光に拘った映像の、絵画のごとく美しさに息を呑む。淡々と物語を綴る3時間強の長尺ながら、最後まで大いに惹き込まれた。傑作です
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『バリー・リンドン』映像美の評価が良かったから観たけど、キューブリックに求めてたのは毒っ気と非現実的な映像美だったんだなぁーと気づいた作品。
    いいね

    残念
  • WaseiG
    『バリー・リンドン』鑑賞。主人公ならうまく切り抜けそうなところに引っかかってしまう序盤の展開が、映像美と相まって物語の史実っぽさを増している。筋自体は大きな起伏はないんだけれど、リアリティが全編を支えている。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『バリー・リンドン』キューブリックの中ではオーソドックスなスタイルかも。それだけに映像美が楽しめる。光の当て方は「ハリウッド白熱教室」の教科書的に野外での明るい風景から蝋燭で醸し出すレンブラント・ライトやバリーが絶頂の時には後光が射していたり黄昏れた城を映すなど陰影が見事だった。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『バリー・リンドン』BDで一気に観た。18世紀のヨーロッパを忠実に再現した衣装やセットが素晴らしいですね。音楽も含め映像がとにかく美しい。というかそれしか感想が出てこないw
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『バリー・リンドン』3時間もある映画だが、ずっとストーリーが進んでいくし、どこをとっても絵画のような映像が素敵だし、緊張感を高める音楽も魅力で全然飽きなかった。
    いいね

    良い
  • rumia1126
    『バリー・リンドン』美しんだけどね~。どうにも、主人公がやなやつにみえちゃって~。きれいなのに、食べてみると、ぜんぜん好みじゃなかったよ。
    いいね

    残念
  • TaMaP97
    『バリー・リンドン』途中に休憩が入るぐらいの大作かつ、歴史ものに近い物語であり 淡々と語り部と共に進んでいく作品なのだが、一切眠くならなかった。 ロウソクの灯がとても美しい。
    いいね

    良い
  • tedawin
    『バリー・リンドン』溜息が出るほど美しい映像の連続。中世の絵画から抜け出てきたような人ばっかり。物語は淡々と進むので、ゴージャスな絵本を読んでいる感覚です。蝋燭の灯りだけで撮影されているその柔らかさと奥行きのある暗さは芸術の域。
    いいね

    良い
  • maz0131
    『バリー・リンドン』歴史 ドラマ★★★☆☆
    いいね

    良い
  • kyougoku1515
    『バリー・リンドン』主人公が貴族社会に入るために四苦八苦する話。キューブリックは当時の情景を再現するために照明を使わず蝋燭の灯で撮影をした。構図、画作りは同監督作品の中でも屈指。しかし、主人公に感情移入しずらく万人向けではない。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『バリー・リンドン』映像面におけるキューブリックの最高傑作。古今屈指の映像美。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • jujunoshippo
    【バリー・リンドン】1975年の作品、初見。古さを感じない流石の作品。 185分の長尺で覚悟して見たけど、全然飽きひんかったなー。 面白かった。 映画館で見ることができてよかった。
    いいね

    良い
  • CYUH27
    『バリー・リンドン』 長い。冗長な感じ。 ただ、とても美しいカットが多い。 光の使い方がすごい。 絵になる。 ただ、話は長い。
    いいね
  • 138_kaz
    『バリー・リンドン』あとこの時代にもホモがいてほっこりした。
    いいね
  • ronyoritsumoko
    『バリー・リンドン』これはファンタジーなの。それとも一代記なの。序盤の山賊が一番の見所でしょうか。長すぎます。いづれまた見返したいです。
    いいね
  • It_is_empty
    『バリー・リンドン』観たキューブリック作品の中で一番苦手。史劇、しかも3時間とあって元々抵抗感があった訳だが、そんな気持ちで観たからいけなかったのかな。内容が心まで届かなかったよ。映像美は当たり前だけど凄かった。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4360movies / tweets

    follow us