TOP >作品データベース >戦場のレクイエム

戦場のレクイエム

みんなの感想/評価
「戦場のレクイエム」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
2
ポジティブ指数100
公開日
2009/1/17
原題
集結號/ASSEMBLY
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
124分
解説/あらすじ
第二次世界大戦後の中華人民共和国建国前夜。毛沢東率いる人民解放軍と蒋介石率いる国民党軍の戦いの中で最も死者が多く、熾烈な戦いと言われた准海戦役が勃発。人民解放軍の9連隊長、グー・ズーティ(チャン・ハンユー)は47名の部下と共に准海戦役の最前線に送られた。圧倒的に数で勝る国民党軍の攻撃に、次々と命を落としていく部下たち。そして、自分の部隊だけ全滅という最悪の結果だけが残った。激戦の中でたった一人生き残ったグーは、自責の念に囚われていた。そして、戦場に散った仲間は名誉の戦死ではなく、失踪者扱いになっていることが分かる。グーは、仲間の名誉を取り戻すために長く困難な闘いへと身を投じる。果たして、彼は仲間の名誉は取り戻すことが出来るのか…!? 中国の“国共内戦”によって引き起こされた悲劇を基に、戦うことの愚かさや人間の持つ脆さ、そして強さを描く戦争ドラマ。監督は、『イノセントワールド−天下無賊−』や『女帝 [エンペラー]』のフォン・シャオガン。
© 2007 Huayi Brothers Media & Co.,Ltd. Media Asia Films (BVI) Ltd. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sorairoo
    『戦場のレクイエム』激しい戦闘シーンは戦場にいる兵士の視点そのもので、ものすごく臨場感がある。中国の映画でもここまでできるのかと感動すら覚えた。戦友の名誉を取り戻す為の辛く長い戦いが、最後は報われてよかった。
    いいね

    良い
  • aokont_herewego
    『戦場のレクイエム』簡単に人が吹っ飛ばされたり、死んで行ったりする全編クライマックスな映画。戦車相手に機関銃で戦ったり、明らかに相手より人数が少なかったり明らかに無謀。救いがない。戦争って救いがない。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4517movies / tweets

    follow us