TOP >作品データベース >姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う

姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う

みんなの感想/評価
「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
178
ポジティブ指数97
公開日
2011/9/24
上映時間
49分
解説/あらすじ
映画美学校で講師も務める大工原正樹監督が、同校の生徒たちと共同で作り上げた中編映画。亡くなった母の葬儀を終え、かつて暮らしていた町を何気なく訪れた妙子と治の姉弟は、次第に心に巣くう化け物の幻に襲...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • wiggling
    『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』横川シネマにて。これは完璧じゃないか。枯れまくった街の表情、トラウマで繋る姉弟の関係性、古代中国呪術、復讐と救済、49分の中編作品によくこれだけ詰め込んだものだ。しかも破綻ないどころか破壊力最強。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TcinemaholicT
    ブログ更新しました『『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』なんてタイトル、反則です』映画の見方がわかりません|http://t.co/JOHikJsY
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』『純情NO.1』の衣装について(長宗我部陽子) いい文章。文章うまいよね。なんか、この映画の関係者、みんな文章がうまい。 http://t.co/WrwSJqFE
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』も『電撃』も、濃厚な短編だと思うよ。しかしなあ、やっぱり映画美学校ってのは「悪の巣窟」だよなあ。「虎の穴」的な。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    【今日わかったこと】『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』は男子映画。『電撃』は女子映画。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    『電撃』さ、なんで、あんなとこに、あんな写真入れるかねえ。つか、どうしてそんなこと思いつくかねえ。もう、頭の中『電撃』vs『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』です。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    もうさあ、『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』の姉ちゃんなんかさ、布団の中で浴衣の帯ほどいて、手首に口使って結んじゃうんだからね。終始、そんな映画でしたね。は、また見たい。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    章立ての羅列っていっても、どこがどこにつながるんだか最終的にはわからないのが『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』の悩ましいところ。「残る」映画。また見たいですよ。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』も強力な映画だった。細かい章立ての羅列なんだけど、「?」っていう場面が混じってる。たいていの映画は、できあがった形が均整の取れた物になってる気がするが、これはアンバランス。章立てを示す「棒」のように整っていない。それが魅力。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』も、「残る」映画なんだけど、ごめんなさい『電撃』のほうが強いです。
    いいね

    良い
  • TcinemaholicT
    さてさて、これから『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』を見に行きます。今日は、これを待ってたんだ、実は。
    いいね

    良い
  • bakudanchonbo
    明日からオーディトリウムでレイト上映の『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』に主演の岡部尚さんは、まったく面識はないけど、ウィキで見ると獅子座の申年なので、なんだか勝手に親近感を感じる。磐田出身の鈴木卓繭監督の作品にも出てるし、なんだか他人と思えない。でも彼はとてもいい演技をする。
    いいね

    良い
  • bakudanchonbo
    9月24日から渋谷のオーディトリウムで上映される大工原正樹監督の「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」は必見。監督と女優と脚本がせめぎ合うかつての日本映画にあった正しい格闘のかたちが見える傑作。ゼロ年代に出来た「パリ・テキサス」ともいえる。長宗我部さんの着てるブラウス(?)が素敵
    いいね

    良い
  • tavvio
    甘利くんにばったり会った。それより感動したのは「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」で照明補で参加された広瀬さんにばったり会ったこと。去年ピンク映画でお世話になったので凄く嬉しかった。しばらく話し込む。
    いいね
  • 95trout
    逃げ方(姿の消し方)が巧いのは「電撃」>「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」>「純情No.1」の順で、決着のつけ方はまちまちだが、キスを迫ったり、手を差し伸べたり、さいごは長宗我部陽子がしっかり決めてくれる。「産みなさい」という美輪玲華のきっぱりとしたもの言いもよかった。
    いいね
  • TcinemaholicT
    そういえば、映画中ずっと「姉さん」なのに、どうして『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』なのかなーと思う。好きなタイトル。
    いいね
  • TcinemaholicT
    『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』の木更津セントラルから昔の家まで、一気に流れた感じが好きです。というか、あそこが濃厚だと思った。姉ちゃん、走るし。
    いいね
  • wota1999
    「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」「純情No.1」「電撃」〇 自分的には「純情No.1」が好きです。
    いいね
  • HoshinoYoKo
    確かに『姉さん、ホトホトさまの蠱を使う』だとちょっと距離感があるというか冷静な感じ、いま一つパンチがない気がしますが『姉ちゃん~』だとグッと距離が縮まる、キリっとしまった感じになるのが不思議。
    いいね
  • seizikondo
    先日『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』を見た。予告編を見た時から胸がざわつくような感覚を覚えた70年代的世界観がそこにはあった。併映の『純情No1』が非常にコミカルな作品だった事と合わせて見ると大工原さん自身は非常に茶目っ気のある作家なんだと改めて気付く。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mattsuanko
    1619movies / tweets

    follow us