TOP >作品データベース >ガルシアの首

ガルシアの首

みんなの感想/評価
ガルシアの首
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    9
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
10
ポジティブ指数100
公開日
1975/7/12
原題
Bring Me the Head of Alfredo Garcia
配給
ユナイト映画
上映時間
 
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ariy_opp1955
    『ガルシアの首』賞金がかけられた死体の首。醜悪なそれを、生者がそれ以上に醜悪で血生臭い争奪戦を繰り広げる。ショッキングかつバイオレンス。ペキンパーのらしさが全編にわたって全開の骨太な作品。見たあとの疲労感は確実に死に取り憑かれたため
    いいね

    良い
  • pan146k
    『ガルシアの首』「昔の男なんて忘れろ」と言ってた男が、"昔の女"が忘れられなくなる羽目になる。懸賞金そのものよりガルシアの首を切り刻むこと自体に、過去の汚点を清算したい動機づけがあったように思えた。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『ガルシアの首』鑑賞。紆余曲折の中にいろいろとショッキングな出来事もあるのだけれど、正直言ってあまり響かなかった。ペキンパーらしい作品だなぁとは思った。
    いいね

    普通
  • Hawkwindhawks
    『ガルシアの首』死体から切り取った首を運ぶ男という、ハードなシチュエイションのペキンパー監督作品。今時こんな男臭い映画を作る監督も役者もいないせいか実に新鮮。この頃のWオーツは、パイオニアのカーステレオのCMに出ていたのを思い出す。
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『ガルシアの首』最初から最後まで持続する緊張感。首の持つ象徴性。そして主人公の狂気。この映画を構成する要素ひとつひとつはいびつなのだけれども、それらが乾いた世界の中で混然一体となって、男の世界というほかない空気を作り出していた。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ガルシアの首』ウォーレン・オーツいいっすね~!ロードムービーでもあるし復讐劇でもあるし、男と女のお話でもあり、たまに、これなあに、というシーンもありの、ある意味ごった煮なんですけど、生命力を感じます。ペキンパーの死の舞踏も勿論あり。
    いいね

    良い
  • taro_ufufu
    『ガルシアの首』観ました。ストーリーが面白かったです。ガルシアの首に右往左往しちゃうのが、おもしろいですよね。これ、コメディ的な面白さだと思います。つまり、小道具に引っかき回される人間ってのはコメディなんですな。映像も面白いですよね。
    いいね

    良い
  • touten3
    『ガルシアの首』3 巨額賞金首ガルシアを追う人。緩急が少なくてあまり楽しめなかった。ラストにつれて派手になっていくのは良かった。恐らく結論は賞金首を追うとろくなことないってことが言いたいのだと思う。
    いいね

    良い
  • maz0131
    『ガルシアの首』バイオレンス★★★☆☆
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『ガルシアの首』第一印象は薄かったが、観れば観るほど味わいが出てくる。初見時にだれたところも見直すと案外面白い。あまり語られることはないが、ペキンパー映画の映像は美しい。
    いいね

    良い